FC2ブログ

kawasimoのファイターズBLOG

文京区から発信中!球団・選手・ファンの為にも新球場建設を!

毎年恒例・球団回顧企画第1弾 北海道日本ハム編(凄く長文w)

今年も、シーズンオフを迎えて毎年恒例・回顧企画の時期がやってきました。
オフシーズンの楽しみってほとんどないんでねw、数少ない楽しみの1つですwww
では、まずはいつもどおり我らがファイターズから振り返って行きましょう。


・・・あまりにも長すぎる記事になったので内容を観戦記のように分割しましたwww
右のリンクからどぞー


0.(ファイターズファン以外の方のみお答えください)一番好きなチームはどこですか?
ここはスルーで


1.今年活躍したと思うファイターズの投手をお答えください。(3名まで)
・武田 勝(26試合14勝7敗、防御率2.41)
あれだけ先発陣が薄くて苦労した今シーズン、ここまで来れたのは三十路勝抜きには語れません。
シーズン序盤はチームの状態のように調子が上がらず苦しみました。1勝4敗でしたからね。
しかし、交流戦で3連勝してから少しづつ状態を上げ、7月8日からは自身初の8連勝も飾りました。
お得意ソフバンには7試合で驚異の防御率1.07に加え、苦手西武にも2勝し意地を見せました。
大野の存在も大きかったかなと思います。チームの勝ち頭、先発陣を引っ張ってくれましたね。

・榊原 諒(39試合10勝1敗、防御率2.63)
Hyper Rescue Sakakibara(HRS)の名の通り、先発崩壊時などの緊急時に本当にチームを救ってくれました。
6月中旬に初勝利を挙げてから神懸り的な勢いで勝ちを重ね、気付けば2桁勝利をあげましたwww
何度も試合を立て直す投球をしてくれたからこその2桁勝利であることは言うまでもありません。
9月末の仙台での5イニングリリーフの時も1失点に抑え勝ちを呼び込みました。本当に頼もしかったですよね。
ある意味ラッキーボーイ的な存在となり、6月中盤以降の逆襲の立役者となりましたね。

・宮西 尚生(61試合2勝1敗、防御率1.70)
ケッペルと建山と誰にするかすごく悩みましたが、1年フルに頑張ってくれた宮西を選びました。
実は自分はこの企画のこの項目で3年連続宮西を選んでいますwww
今年もずっとフル稼働で大変だったでしょうが、建山と並んで鉄壁リリーフ陣の要を担ってくれました。
9月頭の西武戦での3失点が響いていますがそれでも防御率は1.70ですから安定感は言うまでもありません。
ルーキーイヤーからずっと重圧のかかる場面で投げてきた宮西。来年もお世話になりますよwww

今年はね、もう少しで載れるのに惜しい!って人がいるんですよww せっかくなので掲載
・林 終盤の鉄壁リリーフ陣に安定感のあった林は欠かせませんでしたが、6月がねぇ…
・ケッペル 9連勝の時期と8月の2勝以外は運にも恵まれずなかなか勝ちにつながらなかったのがorz
・増井 ルーキーながら頑張ったと思いますが8月復帰後の内容が悪かったのは勿体ない


2.今年活躍したと思うファイターズの野手をお答えください。(3名まで)
・小谷野 栄一(打率.311、本塁打16、打点109)
今年のハム野手陣のヒーローといわれたら、真っ先にあがるのがこの小谷野でしょう。
決定力不足にあえいだ今シーズンの打線の中で奮起し、叩き出した打点109はチーム歴代最高です。
もちろん三塁の守備も。今年はミスも時々あったのが勿体ないですが流石としか言いようがありません。
あれだけ打って109打点の小谷野でも好機で凡退した印象もあるってどんだけ好機で回ってきてんだww
来季以降何番で起用されるかは流動的ですが、その勝負強さをどの打順でも発揮してほしいですね。

・大野 奨太(打率.230、本塁打4、16打点)
今季の成長株です。数字こそ大したことないですがw、中盤以降攻守で力をつけた印象があります。
ダルと組むこともありましたけど、基本的には左投手とバッテリーを組み、投手を引っ張ってきました。
昨年藤井が大野と組んで力を出せたように、勝と大野の相性も抜群で結果勝が14勝を挙げました。
打撃でもまだまだ率こそ低いですが、得意の引っ張り打撃を中心に着実に力をつけつつあります。
「活躍した」の項に入れてますが、大野ならもっとレベルを上げ、正捕手になる力があるはずですよ!

・田中 賢介(打率.335、本塁打5、54打点)
陽と悩みましたが、1年コンスタントにヒットや四球で塁に出続けてくれた点を評価しました。
西岡が鬼だったためw公約だった首位打者こそなりませんでしたが、こんだけ打ったんだからいいでしょう。
せっかく得点圏打率が高いのに全然得点圏で回ってこないから打点がそんなに稼げていない^^;
ただ、今年は守備に関してはいまいちでした。イージーミスが目立ちましたね。ちょっとねぇ…
正直言うと、おまけといったら語弊がありますが、下記の惜しい!人たちに入れてもいいくらいですww

はい、こちらも惜しい!人たちがいますのでまた紹介しましょうw
・飯山 誠がいない穴をよく埋め、意外性の打撃も時々炸裂しましたが、3・4月はちょっと…
・中田 一時期ブレイクしたと思いましたが、プロはそんな甘くないことは本人が一番実感したはず。
・二岡 苦しかったシーズン序盤に孤軍奮闘してくれましたが、6月以降は故障もあり不本意でしたね。
・陽 賢介を選んだ理由は、陽はこれからもっと伸びる選手ですし、今年という点では大野より下かな?と


3.今年イマイチだったと思うファイターズの選手をお答えください。(3名まで)
・八木 智哉(9試合1勝4敗、防御率6.92)
昨年復活し9勝を挙げたときの八木と、今年の八木の姿は大きく違いました。苦しみましたね。
期待、そして必要性の大きい選手だっただけに今年のふがいなさはちょっと目立ってしまいますね。
球のキレで勝負しにかかっているシーンが時々見受けられましたが、八木の基本は低目への制球ですよ。
来年以降も貴重な左腕、必要になってくる選手です。基本を見つめなおし、頑張ってもらわないと。

・武田 久(58試合1勝5敗、防御率3.83)
まさかの大乱調から始まり、その後も調子がいいんだか悪いんだかわからないまま終わってしまいました。
シーズン序盤は明らかに球のキレが悪かったですが、その後も時々突発的に炎上するシーンがありました。
これぞ久!経験豊富!流石だ!って時もあれば9月21日の対オリ戦みたく2死から連打を喰らったりね。
58試合投げてくれたのは評価すべきなんでしょうが、ある意味今年のハムを象徴している気がしますね。

・糸数 敬作(8試合2勝2敗、防御率6.69)
昨年の内容を考えても、今年の糸数はあまりにもふがいなかったですね。特に走者を出してから。
被弾は大目に見るにしても、走者を出すと急に「攻める投球」ができなくなるのは1年変わりませんでした。
本文でも何度か述べましたけど、糸数はシーズン終盤の大事な時期に先発を任された意味をわかってますか?
他にもいっぱい投手はいるんですよ?期待されてるということを感じ、レベルアップしてほしいと思います。


4.来年が楽しみなファイターズの選手をお答えください。(3名まで)
※中田翔、斎藤佑樹と答えるのはあまりにも普通すぎるので当ブログではあえて他の選手からwww
・中村 勝
プロ初登板初先発初勝利を挙げ、その後も将来性を感じる投球をした若い勝、今後が本当に楽しみです。
140km/hしか出てないのに空振りを取れる、伸びのあるストレートなんか見ていて惚れ惚れしますwww
まずはしっかり体を作ってもらいたいです。将来的には先発ローテを担ってくれると、確信していますよ。

・杉谷 拳士
イースタン首位打者を取るなど、鎌ケ谷で攻守にわたってめきめきと力をつけてきています。
そして何よりも彼に求められるのが、元気のよさです。ひちょりがいないだけでまぁ~ベンチの暗いことww
やり杉谷のように、声を出してチームを鼓舞してくれる選手がもう1枚くらいほしいんで期待してます。

・増井 浩俊
シーズン序盤に先発を務め、3勝4敗とまずまずの成績を残したこの増井にも求められるのは体作りです。
6月に離脱後2ヶ月戻ってこれず、戻ってきた後は離脱前より内容が落ちてしまいましたからね。
ただ、一時期ローテを務めたという経験は、他の選手よりも上を行っています。自信を持ちましょう。
そして、いつも言いますが美人な嫁さんもらったんだから頑張らないと嫁さんもがっかりしますよwww


5.今年最も印象に残ったファイターズの試合をお答えください。(3試合まで)
1位 8月20日 対埼玉西武18回戦(札幌ドーム)○5x-4(10回)
中田のビデオ判定弾、ダル大炎上、飯山の事故3ラン、高口(涙 自身初サヨナラ打と見所満載な試合でした。
相手先発が苦手平野。しかし3回、中田が左翼ポール際超ギリギリに大飛球を放ちビデオ判定に。
結果は本塁打となり、しばらく不振だった中田も時間差で喜びますw しかしその後は点が取れず・・・
ダルの調子は絶好調でした。ところが7回、大野の単調な配球と西武の徹底した右打ちに捕まり4失点。
調子が落ち気味だったチーム、7・8回と平野に抑えられ、9回はシコースキーから無死1・2塁としました。
しかし期待された中田は応えられず見逃し三振、鶴岡はある意味期待通りのw中飛で2死となります。
バッターは飯山。万事休すか、せめて賢介に回してくれ・・・ そして2ストライクと追い込まれた矢先。

なんと飯山が抜けたフォークを強振!打球はそのまま左翼ポール際へ消えていきましたwww

あの日はSTVが中継していました。テレビの前で「嘘だろ?!w」と思ったのは自分だけではないはずww
これぞ意外性の飯山ですね。この意外性があるから飯山には味がありますよね(意味不明
ちなみにその後賢介が2塁打で一気にサヨナラかというところでひちょりが凡退したのはお愛嬌(違
ただ、もう雰囲気はハムのもの。10表を菊地が3人でピシャリ、そしてその裏1死から走者が出ます。
そうなればもう止まりませんw ネクストは中田でファンも期待したでしょうが高口が一気に決めましたww

試合の振り返りだけで13行も費やしてしまったのでまとめますw あの試合は希望をもたらしてくれました。
ちょっと7月の中盤あたりから調子が落ち気味でその前も連続でカードを負け越していただけにね。
結局このカードで首位・西武を3タテし、まだまだ諦めない!という逆襲のきっかけになった試合でした。

え?この行含めて1試合に16行って使いすぎだ?ええ自分もそう思いますwでも別に気にしませんwww


2位 9月21日 対オリックス23回戦(札幌ドーム)○4-3
CS出場がかかる大一番、両者とも絶対に落とせないという意地と意地がぶつかった好ゲームでした。
先発はウルフと中山。ウルフは5回1失点にまとめ、一方オリはなんと4回から継投リレーに入ります。
しかし、4回に比嘉から1点、6回は平野から1点、8回は岸田から2点とこつこつと点を重ね、3点差で9表へ。
苦手だった中山、勝ちパターンの投手である比嘉・平野・岸田から4点をもぎ取ったのは価値がありました。
ところがオリだってこのまま終わるとCSがほぼ潰えてしまう、このまま終わるまじと反撃に出ます。
9表、2死からです。カブレラ、T岡田の連打、バルディリスのタイムリー2塁打で1点を返しなお2・3塁。
そして打席には北川。久の球をセンター前に弾き返します。2死ですし当然バルディリスは3塁を回ります。
さあ糸井がバックホーム!好送球でタイミング的にはほぼアウトでしたがバルディリスが鶴岡にタックルw
タッチアウトになると試合終了ですしバルディリスも強引にホームを狙います。鶴岡吹っ飛ばされますww
しかし、鶴岡はボールをミットからこぼしませんでした!あの時の鶴岡は本当に「漢」でしたね。
糸井の送球もよかったですが、やはり鶴岡でしょう。球がこぼれたら同点ですから。本当よくやりました!

また試合の振り返りで11行も使っていますwが、地味に伏兵の頑張りも光っていたんですよ。
この日は飯山が2本のタイムリーを放ちました。陽も1本タイムリーを放ち、2人でお立ち台に立ちました。
飯山陽のお立ち台。今季を象徴していますね。2人とも今季はよく頑張りましたから。
その次の試合で力なく負けてしまったのが今考えるともったいないですね^^;^^;^^;


3位 5月8日 対東北楽天7回戦(函館オーシャン)○1x-0(10回)
ダル・岩隈というパリーグを代表するエース同士のしびれる投手戦、見ているこっちも体力を使いましたw
あれほど点が入りそうな雰囲気がかすかにもしない試合、久々でしたww
両エースともに全く危なげない投球をし、先にピンチを迎えたのは5表のダルでした。
2つの暴投も絡んで1死2・3塁のピンチを招き、1点はやむなしかというところで聖沢・内村を2者連続三振!!
一方の岩隈も8裏2死から連打でピンチを招きますが、小谷野に内角攻めの後最後は外の変化球で見逃し三振。
これぞ技巧派のエース!という素晴らしい投球をやられました。あれ、もう天晴れというしかありませんww
結局両エースとも失点は喫さずに延長へ。両チームとも貧打とはいえw、見ごたえのある投手戦でした。
ただ、リリーフ同士の対戦になればハムが上ww 10表を宮西が3人で切り流れを作ります。
そしてその裏、小山から賢介が出塁→とても価値のあった盗塁→犠打で3塁へ進み、稲葉のサヨナラ打!!
もうね、これで決まらず12回なんてなったらファンの体力は尽きていたでしょうw 稲葉さすがですww

この試合でも10行費やしてしまいましたwが、この試合と、その次の試合を取れたのが本当に大きかった。
うちがダル勝とはいえ、向こうも岩隈田中と投じていただけに、1勝1敗じゃなくて2勝できたこと。
低迷が続いていたシーズン序盤からの脱却を象徴するような、そんなカードでしたよね。

え?試合の振り返りくらいその試合の記事でやってるからいいだろ?ちょっとそれは自分も思います(ぁ


6.今年最も印象に残ったファイターズの出来事・事件をお答えください。(3つまで)
・プロ野球史上4度目1イニング2本の満塁弾
これはびっくりしました。特にその試合はそれまで拙攻の嵐だっただけに満塁弾2発ってあなた^^;
1死からオリのルーキー阿南を攻めました。賢介四球ひちょり左安稲葉死球で満塁とし小谷野ドカーンww
「最低でも犠飛」を狙った打球は伸びてそのままスタンドへ!7-1となったのに猛攻をやめませんwww
糸井三振で2死となった後信二遊安紺田左安鶴岡投安で満塁としこの回2打席目の誠ドカーンww
これで交流戦明け最初のカードだった対オリ3タテに成功し、一気に波に乗っていきましたよね。
ちなみにうちにはプロ野球史上他にはいない2イニング連続満塁弾を放った選手がいます。誰でしょう?
気になる方はぜひコメントしてくださいwww

・(シーズン中盤まで)エラー数12球団ワースト
低迷するシーズン序盤の元凶となっていた守備のミス続発。あんだけやったら12球団ワーストになりますよ。
開幕での信二のエラーに始まり、飯山が、賢介が、他の選手もボールをポロポロ・・・
2試合に1試合は必ずエラーがあった印象があります。更に1カードでエラーが5つってカードもありました。
特に象徴的だったのが4月24日の2安打3エラーでの敗戦、飯山の出場3試合連続エラーですかね。
昨年のシーズン終盤から気になってはいましたが、守りは堅実なはずの飯山がどうもボールが手につかない。
8月以降の飯山はエラーも少なく、だいぶ本来の飯山が戻ってきたかなと安心はしています。

・ドラフト直前急遽王子に指名変更→藤井球団社長のGod handが当たりくじを引き当てるww
うちは10年のドラフトに関し、かなり早い(シーズン始まる前くらい)段階で王子指名を明言してました。
しかし、他球団との競合は目に見えています。大石などがいたとはいえ、王子を取れる保証がありません。
直前になり八戸大の塩見(楽天ドラ1)だとか中央大の澤村(読売ドラ1)だとか様々な憶測が出ました。
ところがドラフト当日の日刊スポーツに「ハム斎藤」の文字が躍るww そして本当に指名するwww
そして藤井さんの神の右手が当たりを引くww 出すのに時間がかかり、わざとらしいガッツポーズwww
演技は下手だなという印象を受けましたが中田といい王子といい藤井さんの右手は本当Godです(^^)


7.ファイターズ流行語大賞候補を挙げてください。(3つまで)
・「勝ち頭で~す」by三十路勝
勝らしいゆる~い名言ですwww ただこういう言葉がいえるのも今年本当に頑張ったからですね。
大野とは気持ち悪いくらい仲がいいコンビとしてすっかりお馴染みになりましたwww
終わってみれば榊原に4つ、ダルケッペルに2つ差をつけての勝ち頭でした。14勝ですか。いやぁすごい。
球威なんてないに等しい投手でも、投球術と制球、球の切れで勝ち頭になれることを証明していますよね。

・「(鶴岡が)どうでもいい存在です」byひちょり
5月の読売戦でした。ケッペルとひちょりでお立ち台に立ちました。そこで事件はおきましたww
ケッペルの話を翻訳しようとしたら通訳の前にスキンヘッドの男性wが乱入し適当な翻訳をしますww
ただ、インタビュアー(多分HTBの谷口君w)も「鶴岡選手はどういう存在ですか」って狙ってるでしょww
この質問ならおそらくひちょりが乱入してくると思ったんでしょう。乱入しないはずがありませんwww

・「諦める理由なんてない。」
今季終盤のチームスローガンといっても過言ではなかったでしょう。勿論自分もそう思っていましたよ。
8月を終えた時点でそれほど首位とも差がなかったですし、諦める必要性が全くなかったですし。
このスローガンが出たのは8月ですが、自分ははるか前の6月に諦めるつもりはないと宣伝していますw
9月でシーズンを終えるつもりはない!と前書きで書きました。確かに9月では終わりませんでしたがねorz


8.ファイターズ以外で、今年表彰したいチーム・選手を挙げてください。(それぞれ1チーム・1人)
チーム:中日ドラゴンズ
個人的には文句なしの選出です。読売独走、打撃中心だったセリーグに風穴を空けた功績は大きいです。
セリーグでは文句なしで1番の投手力・守りを武器に猛打の読売・阪神に毅然と立ち向かいました。
ホームでの圧倒的な勝率も凄かったですが、そんな中日に勝ったロッテもやっぱり凄いwww

選手:和田 一浩(中)
40代も目前に迫ってきた和田ですが、打率.339に37本塁打ですよ。ずば抜けた打撃技術はまだまだ健在です。
落合監督が貧打と自嘲する打線の中で4番を務め、チーム一の打点など何度も勝利に導いてきましたね。
体がねじれるんじゃないかというあのフルスイングはいつ見ても圧巻ですww


9.ファイターズ戦以外で、今シーズンのベストゲームを1試合だけ挙げてください。(1試合のみ)
・11月7日 日本シリーズ第7戦千葉ロッテ対中日 ロ8-7中(12回)
死闘。この一言がぴったり来る試合だったと思います。あの試合の良さがわからないとは言わせませんww
テレビで見ていた方も多いと思いますが、興奮しましたよね。ロッテの4点差からの猛攻での逆転劇。
渡辺俊をKOし、9裏無得点で負けという場面で執念の同点と中日打線の粘り。苦労人岡田の決勝打。
野球の醍醐味があの1試合、5時間近い試合にぎっしりと凝縮された、素晴らしい試合だったと思います。
もう「今年の日本シリーズは地味だ」とか「面白くない」とか言わせませんよwww


10.最後に、2011年に向けてファイターズに一言。
※昨年は自分だけこの項目が異常に長かったので今回は簡潔に行きましょうwww

08年以上に苦しんだ10年シーズンでしたが、沢山の感動、希望、そして笑いも届けてくれてありがとう!
今年もハムと一緒に過ごした約6ヶ月は楽しかった!やっぱりハムがないと生活がマンネリ化しますwww
来年は今年以上に苦しいシーズンになりそうな気がしますが、うちのチーム力は日本一と信じています。
あの絶望的な10ゲームを追いつける力のあるチームです。大事な試合の戦い方も心得ているチームです。
戦国パリーグを勝ち抜くのは相当しんどいとは思いますが、うちならできると信じていますよ!
自分は受験生なので今年ほど熱中はできませんがw11年も全力でファイターズを応援するぞ!
来年こそは、今年取れなかったCS、パリーグ王者、そして日本一を掴みに行こう!一緒に頑張りましょう!


・・・え?全然「一言」が簡潔になってない?いいべ別に(コラ

おいおい何文字あるんだよwww この企画の参加は3回目ですが、おそらく一番文章が長いはずww
ここまで読んでくださった皆さん、文字ばかりでうんざりしたでしょうがご苦労様でした^^;^^;^^;

参加してみたくなった方は、以下のテンプレをご利用になってください

- - - - - - - テンプレートここから - - - - - - -


【2010年ファイターズ回顧企画】『プレイバック・ファイターズ2010』

○ 企画の趣旨 ○
 まさかの大苦戦に、まさかまさかの猛チャージ。今年もいろいろありました。
 そんな2010年のファイターズを、楽しく振り返ってみませんか?

◎ 参加方法 ◎
 ブログをお持ちの方は、下記の質問への回答を書いたエントリをあなたのブログで作成し、下記のトラックバックURLにトラックバックしてください。
 ブログをお持ちでない方は、回答をコメント欄に書き込んでいただければ結構です。
・元エントリURL:
・トラックバックURL:

☆ 質問 ☆
※振り返るのが目的ですので、極力理由もお書き添えください。

0.(ファイターズファン以外の方のみお答えください)一番好きなチームはどこですか?
1.今年活躍したと思うファイターズの投手をお答えください。(3名まで)
2.今年活躍したと思うファイターズの野手をお答えください。(3名まで)
3.今年イマイチだったと思うファイターズの選手をお答えください。(3名まで)
4.来年が楽しみなファイターズの選手をお答えください。(3名まで)
5.今年最も印象に残ったファイターズの試合をお答えください。(3試合まで)
6.今年最も印象に残ったファイターズの出来事・事件をお答えください。(3つまで)
7.ファイターズ流行語大賞候補を挙げてください。(3つまで)
8.ファイターズ以外で、今年表彰したいチーム・選手を挙げてください。(それぞれ1チーム・1人)
9.ファイターズ戦以外で、今シーズンのベストゲームを1試合だけ挙げてください。(1試合のみ)
10.最後に、2011年に向けてファイターズに一言。

● 参加に際してのお願い ●
1. 各質問の後ろに書いてある回答数の制限は、必ずお守りください。指定回答数をオーバーした場合、その質問の回答はすべて集計から除外いたします。
2. 笑える範囲の自虐ネタはもちろんOKです。ただし、回答が質問からかけ離れていたり、誹謗中傷にあたると当方が判断したエントリまたはコメント、あるいは一部の質問のみにしか回答していないエントリまたはコメントは、集計から除外の上、予告なしに削除されることがあります。
3. 混乱を避けるため、このエントリに他球団企画へのご回答を送るのはご遠慮ください。もし送られた場合、そのエントリは予告なしに削除されることがあります。
4. どなたでもご参加いただけるように、ご回答の後ろにこのテンプレートをコピーして貼り付けていただけると嬉しいです。

□ 締め切り □
 締め切りは2010年12月19日(日)23時59分59秒とさせていただきます。
 それ以降もご回答は受け付けますが、集計には反映いたしませんのでご了承ください。

◇ 企画元 ◇
『にわか日ハムファンのブログ』(管理人:ルパート・ジョーンズ)

- - - - - - - テンプレートここまで - - - - - - -

blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/12/09(木) 16:52:35|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<終わってない選手と契約更改第?弾 最強のチャレンジャー中嶋聡 | ホーム | ひちょりあんたハムを見捨てるのかぁwww 若手外野手奮起せよ>>

コメント

ご参加ありがとうございました!

先ほどTBをお送りしたのですが、届いてないようですので、コメント欄にて。
http://blog.goo.ne.jp/ruppert_jones/e/59fbd67cf8315b82663d88b5a602c882
「気持ち悪いくらい仲がいい」、確かに言ってましたね(笑)
  1. 2010/12/18(土) 20:22:31 |
  2. URL |
  3. ルパート・ジョーンズ #-
  4. [ 編集]

>ルパート・ジョーンズさん

あれ?fc2とgooはTBの相性が比較的いいはずなんですけど・・・
面倒なら結構ですが、日をおいて再送信すると届くかもしれません。

勝のあの発言は修学旅行中に大阪のホテルで見たので余計印象に残ってますww
  1. 2010/12/22(水) 16:11:47 |
  2. URL |
  3. kawasimo18b #zXzolypM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kawasimo18b.blog95.fc2.com/tb.php/697-29a587a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「プレイバック・ファイターズ2010」結果発表!(1) Q0 - Q2

「プレイバック・ファイターズ2010」、本日より結果を順次発表します!まず1回目は、Q0からQ2の集計結果です。
  1. 2010/12/27(月) 07:49:36 |
  2. にわか日ハムファンのブログ

プロフィール

kawasimo

Author:kawasimo
北海道砂川市出身で現在は東京都文京区に在住の、23歳です

上京してから早4年、地元には見切りをつけるも、05年から応援してきた地元の贔屓球団をどうしても見捨てることができず、今日もゆる~く見守り中。そんな管理人です

日本各地の球場を訪問中。15年8月28日、ヤフオクドーム参戦により12球団本拠地完全制覇!
16年3月31日、イーグルス利府球場訪問により12球団1・2軍本拠地完全制覇!残すは新規に建設されたタマスタ筑後のみ…

コメ・TBは荒らし対策のため承認制及び投稿時に数字認証制としています。反映まで時間がかかりますので、ご了承ください。


09年8月9日より「にほんブログ村」のファイターズカテゴリに参加しました。マンネリ化+文章が日に日に長くなる当ブログですが、アクセスは増えるでしょうか(ぁ

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する