kawasimoのファイターズBLOG

文京区から発信中!球団・選手・ファンの為にも新球場建設を!

2012ドラフト速報 投手5人に内野手2人

さあ、今季もいよいよドラフトの時期がやってきました!期待の新戦力がやってきます!
今回はなぜか観覧が当たったので、楽天ファンのH君と一緒に新高輪まで行きましたww
一応スーツで行ったんですが、周りを見る限りそこまで正装でなくてもよかったようでww
いやあ、あの会場の緊張感はよかったですね。そして観客のどよめきも印象的でした。
では、今季ハムに指名された選手たちはどんな人たちでしょうか?



2012年度新人選手選択会議・日本ハム指名選手(プロフィールは球団公式から引用)

・1巡目 大谷 翔平(花巻東高・投手・右投左打)

プロフィール
言わずと知れた、最速160キロを誇る大型右腕。また高校通算56本塁打の長距離砲で、18U世界野球選手権では高校全日本の4番を任されるなど打者としての評価も高い。
「世界のトッププレーヤーを目指す」と公言し、メジャー挑戦を打ち出したその心意気に敬意を払いながらも、ファイターズは「今年1番魅力ある選手」として敢えてドラフト1位で指名した。


・2巡目 森本 龍弥(高岡第一高・内野手・右投右打)

プロフィール
185センチ・90キロの体格が魅力の大型遊撃手。高校時代は甲子園出場を逃し、大舞台での経験はないが、富山県内では一際目立つ存在だった。捉えた打球の破壊力と強肩は既にプロ級。まさに「荒削り」という言葉がぴったりはまるダイヤの原石。


・3巡目 鍵谷 陽平(中央大・投手・右投右打)

プロフィール
最速152キロを誇るパワーアーム。強気の投球とスタミナが持ち味。出身は北海道七飯町で、高校は北海高校。道産子選手として、北海道への凱旋を果たす。


・4巡目 宇佐美 塁大(広島工業高・内野手・右投右打)

プロフィール
俊足・強打が魅力の内野手。高校3年夏は激戦の広島県を制して甲子園大会に出場し、全国の舞台で高い打撃能力を見せつけた。高校通算45本塁打。


・5巡目 新垣 勇人(東芝・投手・右投右打)

プロフィール
大学卒業後、社会人5年目の27歳。最速148キロを誇るが、一番の特徴はスピードではなく抜群の制球力。完成度の高いピッチングは即戦力、とスカウト陣が太鼓判を押す。


・6巡目 屋宜 照悟(JX-ENEOS・投手・右投左打)

プロフィール
140キロ台後半のストレートが武器。高い身体能力が魅力で、社会人ではあるが今後さらなる成長が見込める素材。


・7巡目 河野 秀数(新日鐵住金広畑・投手・右投右打)

プロフィール
サイドハンドから最速146キロのストレートを投げ込むパワーアーム。キレのある曲がりの大きなスライダーはプロでも武器になる。全国的には無名の存在だが、担当スカウトが惚れ込んだ、隠し球選手。


以上7選手で指名終了



自分は投手と内野手が重点になると予想していましたが、重点どころか捕手外野手指名なし^^;

今回は事前に監督なども発言していたとは言え、やはりびっくりな大谷指名www
最悪、2年連続でドラ1が入団しないという類を見ないネタになりかねないのによくやるなぁww
そして、自分が個人的に念願だった道産子選手を指名しました!これはすごく嬉しいです!
鷹や楽天など、地元密着球団で地元選手が活躍しています。うちもぜひそうなって欲しいんです。
と思いきや、5・6巡目は明らかに沖縄系の名字の選手。何がなんだかよくわかりませんねww


いやぁ、メジャー志望を公言している大谷に対して思い切って1位指名。うちって凄いなぁww
最近思ったのは、2年連続でうちはドラフト会議と言う制度への挑戦をしている気がします。
昨年はドラフト会議の正当なルールに従って読売行きが確実だった菅野を指名し交渉権獲得。
そして今年はメジャー行きを決めた大谷に対し、こちらもルールに乗っ取りあえて指名しました。
ドラフト会議の意義であったり、ルールの不備と言ったものを、見事に突いている気がします。

結局、入団するかはまだわかりません。気持ちは変わらないと言ってますし、拒否ですかね…
それでも、もしハムにお世話になるならどうぞ来てください。我々は心から歓迎しますよ!
そして、あなたを夢であるメジャーに通用するレベルに育て上げ、笑顔で送り出すと約束します。
なお、説得に当たっては首脳陣は勿論ですが、マイナー経験もある多田野を用意すべきですねw

2・4巡目では右打ちの内野手2人を取りました。ロマンあふれる強打者2人となるでしょうか。
正直、内野は近いうちに全ポジションで定位置の争奪戦が起きると思っています。
そうなれば、この2人にも勿論チャンスがあります。練習を重ね、実力で定位置を掴み取ろう!
しかし、中島卓がどうしても右打ちのイメージが自分の中であるのはなんででしょう^^;

そして3巡目!自分期待の道産子・鍵谷です!北海高校から中央大を経て、北海道に凱旋です!
確か自分が中3の時に、北海高校のエースとして甲子園に出場していた記憶があります。
あれから4年。帰ってきました。本人も故郷の北海道でプレーできて嬉しいだろうと思います。
七飯出身ですから、函館開催の試合でぜひ投げて欲しいですね。ただ天候条件は・・・^^;

そして、ここから社会人投手怒涛の3連続指名が始まりますww まず5位は新垣です。
新垣と言うとどうしても暴投のイメージがありますが、彼は制球力がいいとのことですよww
東芝出身という事で、増井の後輩に当たります。先輩に追いつき追い越しましょう!
続く6位は屋宜。「やぎ」投手は2年目ですが、こちらは難しいほうの「やぎ」ですね^^;
高い身体能力で直球が武器。中継ぎですかね。計算が立つようになれば増井が楽になります。
最後の7位は河野。サイド投手です。こちらも中継ぎでしょう。とにかく増井を楽にして~ww
江尻の移籍以降、右の強打者狩り投手がいません。そういう意味では貴重な存在ですよ。


さて、せっかくなので今回は各選手の動画をyoutubeで探したので埋め込んでみますね。
ただし、2位森本内野手と7位河野投手の動画はありませんでした。残念…

まずは1位・大谷投手。直球の速さは有名ですが、スライダーのキレも凄いですよ。


続いて3位・鍵谷投手。直球は力があります。緩い球を習得すると更にいいかも?


続いて4位・宇佐美内野手。高校野球でマツダスタジアムを使えるとは贅沢ですねww


続いて5位・新垣投手。見た感じ、紹介文通り制球力はありそうなです。


最後に6位・屋宜投手。読売2軍との交流試合です。なお、国士舘大出身とのこと。


こんな感じです。次世代のハムの主役を担うのは君たちだ!心から期待していますよ!
なお、今回のドラフトは最後に鷹が育成4位で「宮崎駿」を指名して終了しましたwwwww

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/10/25(木) 23:55:01|
  2. ファイターズ関連ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<やめよう、球場でのフラッシュ 対読売日シリ第1戦(10月27日) | ホーム | 12年戦力外通告第1弾 20代後半は勝負所>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kawasimo18b.blog95.fc2.com/tb.php/1007-5811ad4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012年ドラフト会議、ファイターズ7選手の指名権獲得

ハムが1年で一番輝く日、それがドラフト。
  1. 2012/10/26(金) 06:37:00 |
  2. にわか日ハムファンのブログ

プロフィール

kawasimo

Author:kawasimo
北海道砂川市出身で現在は東京都文京区に在住の、23歳です

上京してから早4年、地元には見切りをつけるも、05年から応援してきた地元の贔屓球団をどうしても見捨てることができず、今日もゆる~く見守り中。そんな管理人です

日本各地の球場を訪問中。15年8月28日、ヤフオクドーム参戦により12球団本拠地完全制覇!
16年3月31日、イーグルス利府球場訪問により12球団1・2軍本拠地完全制覇!残すは新規に建設されたタマスタ筑後のみ…

コメ・TBは荒らし対策のため承認制及び投稿時に数字認証制としています。反映まで時間がかかりますので、ご了承ください。


09年8月9日より「にほんブログ村」のファイターズカテゴリに参加しました。マンネリ化+文章が日に日に長くなる当ブログですが、アクセスは増えるでしょうか(ぁ

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する