kawasimoのファイターズBLOG

文京区から発信中!球団・選手・ファンの為にも新球場建設を!

12年度生観戦振り返り第6弾 守りをしっかりと!

今日は暖かかったですね、北海道。雨が降ってましたもの。実家は落雪の嵐ですww
こっちに戻ってきて札幌の大雪に驚かされましたが、雨まで見るとは流石に思いませんでした^^;
でも、年の瀬でも気温が雨になることって時々あるんですよね。一度ひどい目に遭いましたww


さて、今日もやります12年度生観戦試合を振り返る企画、今回で第6弾となります。

11試合目は7月14日、2軍対東京ヤクルト12回戦(鎌ヶ谷)でした。観衆は2,100人です。

東 400 043 203 16 18 0
日 032 010 100  7  9 4

勝 徳山  負 齊藤勝

HR 佐藤7号2ラン 市川3号ソロ 鵜久森9号2ラン 福川1号2ラン 又野2号ソロ 雄平5号ソロ

鎌ヶ谷:1回目
観戦席:バックネット裏
2軍戦:0勝1敗

当該試合観戦記はこちら

炎天下の中とんでもない試合を見てしまいましたww まあ、2軍らしい展開ですよ^^;
得点経過だけ書いてみますかww

1表 野口タイムリー3塁打、新田右前タイムリー、石川の左飛落球(2者生還)で4失点
2裏 佐藤右越2ラン、市川右越ソロで3得点
3裏 鵜久森左越2ランで2得点(逆転)
4裏 無死満塁の好機を作るも大嶋一ゴ、加藤一飛、村田二ゴでなんと無得点
5表 新田2点タイムリー2塁打(逆転)、曲尾の犠飛+大嶋捕球ミスで計4失点
5裏 尾崎の打席、徳山の暴投で1得点(この時点で6-8)
6表 今浪のミスからユウイチ左線タイムリー2塁打、福川左越2ランで3失点
7表 又野左越ソロ、雄一左前タイムリーで2失点
7裏 尾崎の犠飛で1得点
9表 雄平右越本塁打、今浪の送球ミスで2失点

何だこりゃ… とにかくね、四球を含めた守りのミスが失点に絡みすぎです。いかんでしょ…
どんだけ打撃面で貢献しても、守りで致命的なミスをしてるようでは1軍にはあげられませんよ。
うちのチームカラーを考えても、まずは守備をきっちりと言うチームですから、なおさらです。



続いて12試合目は8月8日、2軍対読売12回戦(ジャイアンツ球場)でした。観衆は536人です。

日 000 000 130 4  9 3
読 020 020 03X 7 11 0

勝 金刃  負 榎下  S 一岡

HR ボウカー2号②-齊藤勝 隠善5号③-榎下

ジャイアンツ球場:1回目
観戦席:バックネット裏
2軍戦:0勝2敗

当該試合観戦記はこちら

せっかく4点差を追いついたのに一瞬で台無し。大いに喜んだのに一気に脱力した試合です。

2裏、1死満塁で山本の打球を松本が、丸毛の打球を岩舘がファンブルし早速2点を失います。
この日も2軍戦でミスが失点に絡みました。頭を抱えましたよ。ダメダメだこりゃ…って。
更に5裏、ボウカーの2ランで更に2失点です。え?ボウちゃん欲しい? あーげないwww

7表、2死満塁で石川のタイムリーで1点を返します。8表にも谷口が左前2点タイムリー。
更に浅沼が右前タイムリーを放ち、ついに同点に追いつきます。やればできるんですハム打線。
ただ、両方の回で2死満塁で打席に立った松本は2回とも凡退。これが正直勿体なかったなぁ…

すると8裏、榎下が1死から四球をきっかけに3連打を喰らいます。失点は谷口の好返球で阻止…
のはずが続く隠善に右越3ランを打たれて万事休す。だから四球はダメだって言ってるのに…


前の試合は4失策、そしてこの試合は3失策。こんなんじゃあ、全然話になりませんよねぇ…
四球も正直投手の失策みたいな面はありますから、それを含めるととんでもない数になります。
今季ハムの2軍が下位に低迷した理由が、凝縮されているような2試合だった気がしますね。

12年の当ブログの更新は今日が最後です。3月の更新再開から、実に10か月経ちました。
ずっとご覧いただいた皆さん、本当にありがとうございます。それでは、よいお年を!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/30(日) 22:54:05|
  2. 12年度オフ・振り返り企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度生観戦振り返り第5弾 生観戦の恐ろしさ

12年公式戦を13年に振り替える企画のデータを採集していますが、統一球恐ろしや…
あの企画は統一球になってから初めてやるんですが、明らかにロースコアになっています。
10年公式戦の時の数字も少し載せる予定なので、統一球の威力を感じられると思いますね。


さて、今日もやります12年度生観戦試合を振り返る企画、今回が第5弾です。

9試合目は6月28日、対東北楽天9回戦(東京ドーム)でした。観衆は16,801人です。

楽 000 110 010 3 11 1
日 022 000 12X 7 11 0

勝 八木  負 塩見

HR 二岡2号②-塩見 陽3号①-加藤大

東京ドーム:7回目
観戦席:ライト外野席
ハム戦:4勝3敗

当該試合観戦記はこちら

交流戦が明けて苦戦が続いていましたが、どうにかものにして一安心、そんな試合でした。

まず2裏に二岡の2ランで先制、3裏にも2死満塁で陽の2点タイムリーと幸先のいい出だしです。
しかし、3表以降八木の投球が苦しくなり、4回は犠飛、5回はタイムリーで1点づつ失います。
6回以降継投に入ってどうにかしのぎますが、2点差にされた時はまたか…?と怖くなりました。
更に8回には絶不調だった増井が1点を失うなど、投手陣が少し苦しかったですね。

ただ、7回の賢介タイムリー、8回の陽本塁打と鶴岡タイムリーの3点が本当に大きかったです。
あれがなければすごく苦しい展開になっていました。すごく意味のある3点だったと思います。
なお、高須の代打で岩村が出てきました。結果は中飛。あの時の増井を打てないようでは(ry



続いて10試合目は6月30日、対埼玉西武10回戦(西武ドーム)でした。観衆は24,049人です。

日 002 003 000  5 13 0
西 000 009 01X 10 12 1

勝 牧田  負 吉川

HR ヘルマン1号④-森内 中島7号①-若竹

西武ドーム:2回目
観戦席:ライト外野席
ハム戦:4勝4敗

当該試合観戦記はこちら

忘れたくても忘れられません。5点差を目の前でひっくり返されて、ダメージは相当なものですww

6表まではよかったんですよ。無死3塁で無得点もありましたが、3回に2点を先制しました。
6回は1死からなんと6連打が飛び出して3点を奪い5-0です。右翼席はお祭り騒ぎだったんですよ。
吉川は時々不安定になりながらも5回までを無失点に抑え、流石に大丈夫だろうと思ったのに…

しかし、西武ドームでは本当に良く点を取られましたよね。ピンチで空気に飲まれているのが…
今季西武ドームでは3勝7敗1分けでしたが、点を取られ過ぎなことが大きく影響していますよね。


あれ?今日はずいぶんと短くまとまりましたね。まあいいか←

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/29(土) 22:30:24|
  2. 12年度オフ・振り返り企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度生観戦振り返り第4弾 左腕の快投

北海道に帰ってきました。いやぁ、雪が多すぎてびっくりしますよ本当にwww
全く雪のない世界からたった1時間半で一面の雪景色。飛行機って凄いですねwww
予想通り電車が遅れていましたが、動いてはいたのでどうにか実家には戻れました。


さて、今日も12年度生観戦試合を振り返る企画ですよ。今日は第4弾です。

7試合目は6月10日、読売対千葉ロッテ3回戦(東京ドーム)でした。観衆は46,438人です。

千 110 000 000 2 6 0
読 000 000 001 1 4 0

勝 成瀬  負 ホールトン

HR 大松2号①-ホールトン

東京ドーム:5回目
観戦席:1塁側内野立見席

当該試合詳報はこちら(マリーンズ公式サイト)

この試合以降、時々観戦記がない試合があります。その辺はどうかお許しをww

「中盤戦までの」成瀬の投球は見事でしたよね。この日も抜群の制球力で読売を抑えます。
あの読売打線が9回1死まで内野安打2本しか打てないんですから。本当に見事でした。
読売も右打者を揃えて成瀬対策をしたんですが、成瀬の制球力はそれを上回っていましたね。
そんな成瀬があるときを境に急に被弾癖が復活し、打ちこまれるんだから投手って難しい…

ホールトンは立ち上がりは不安定も少しずつ良くなり、締まった投手戦となっていきます。
9回にようやく読売が1点を返しなおも2死2塁の場面、村田は力のない投ゴで試合は終了。
村田は状態が良かったですし、何か起こるかもと思いましたが、何も起こりませんでしたww



続いて8試合目は6月26日、対東北楽天7回戦(東京ドーム)でした。観衆は14,995人です。

楽 200 000 000 2 10 0
日 000 001 000 1  1 0

勝 川井  負 武田勝  S 青山

HR 杉谷1号①-川井

東京ドーム:6回目
観戦席:3塁側内野席
ハム戦:3勝3敗

当該試合観戦記はこちら

1点しか取れないのはよくあることですよ。でも1安打しか打てないってどういう事ですかwww

無援護エース勝さんの無援護属性がこの日も発揮されましたww 初回の2点がねぇ…
1点目はまあ大目に見ても、2死1塁から更にもう1点取られたのがどう考えても余計でした。
2回以降は立ち直り、8回途中まで好投し追加点は与えません。救援陣も完璧でしたし。

しかし、左腕が苦手なハム打線、川井に大苦戦www 走者は5回まで四死球の3人のみ。
お、またネタ記録作りますかwwと思っていた矢先、杉谷が大きなプロ初本塁打を放ちます!
びっくりしました。まさか杉谷が大きいのを打てるとは思っていなかったもんでねぇ…

なお、その後はお互いの救援陣が好投し、そのまま試合は終わりましたww 1安打ってww
6~7月ってそんなに打線の状態は悪くなかったんですけど、いくらなんでもこれはちょっと…


さあ、2012年も残すところあと3日。おそらく明日明後日とこの企画で年を終えそうですww

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/28(金) 21:13:57|
  2. 12年度オフ・振り返り企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度生観戦振り返り第3弾 劇場に耐える強い心

2月帰省の前に、どこかで一度は本州のスキー場に行きたいなと考えています。
一応自分はある程度はスキーは出来ますし、何よりせっかく東京に引っ越してきた訳ですしね。
なお、自分が行った日に限って強風や吹雪でリフトが止まるので少し怖さもありますが^^;


さて、今日も12年度生観戦試合を振り返る企画、今回は第3弾です。

5試合目は5月28日、対読売2回戦(東京ドーム)でした。観衆は38,546人です。

日 010 000 200 3 5 0
読 000 100 001 2 8 0

勝 乾  負 ホールトン  S 増井

HR 村田4号①-八木 中田4号②-ホールトン 亀井2号①-増井

東京ドーム:4回目
観戦席:レフト立見席
ハム戦:2勝2敗

当該試合観戦記はこちら

翔さんにサーセンの嵐www 東京ドームらしい空中戦を中田の活躍でものにしました。

2表、翔さんの二十何打席ぶりのヒットからつないでカトマサの犠飛で先制します。
しかし、米国の誇る最強ハムキラーホールトン。皆明らかに合ってない凡退が続きます。
八木も好投しますが、4裏に村田に2階席に運ばれる特大の本塁打を喰らい同点となります。
6裏、1死1・2塁のピンチを招きましたが賢介・糸井の好プレーで点を与えません。
この守備の2つのビックプレーが流れを変えました。7表、先頭の賢介がヒットで出塁。
続く中田が外の変化球をスタンドへ運びます!2点勝ち越し!左翼席は歓喜の渦です!
同行した友達に「あんなに躍動的になの初めて見た」と言われるほどの喜びようでしたww

さあ、ここからは劇場に耐える恐怖の時間ですww しかも相手は絶好調の読売打線ww
まず森内。1死からボウカー、2死から石井にヒットを打たれるも怖い坂本を三球三振。
宮西は凄かった。村田阿部と言う強力な中軸2人を直球でねじ伏せて三振を奪いましたから。
最後は増井。亀井に一発を喰らってひやりとしましたが、後続を冷静に打ち取り試合終了!


前日に好機で打てなくて敗因の1人となった中田、うって変わってこの日はヒーローに。
何でも、試合前に敵将の原監督から打撃指導を受けていたそうですね。そして一発を放つ。
原監督は複雑ですねぇ^^; 自分の指導のおかげで相手の4番が打っちゃったんですからww



続いて6試合目は5月30日、対ヤクルト1回戦(神宮)でした。観衆は22,536人です。

日 010 000 000 1 8 0
東 000 000 000 0 8 0

勝 吉川  負 赤川  S 武田久

HR なし

神宮球場:1回目
観戦席:レフト外野自由席
ハム戦:3勝2敗

当該試合観戦記はこちら

1-0の試合なのに3時間半かかるという長い試合。守りの時間が長すぎるんですものww

先発は吉川と赤川の両左腕。対照的な出来でした。光夫の不安定さと言ったらもうね…
1裏、光夫はいきなり3安打を浴びるもバスター併殺に助けられ無失点。怖いってwww
しかし2表、1死2・3塁からこの日1軍復活のマックがタイムリーを放ち先制します。

さあここからはもうとにかく恐怖の時間でしたww 2裏も先頭宮本に中安を打たれます。
ここで吉井コーチが登場し光夫は一気によくなりますが、4裏の四球から元に戻りますww
再三ピンチを招きましたが、バックの好プレーもあってどうにか5回を投げ切りました。
なお、この時も防御率はリーグ1位だったんですが、そんな雰囲気を全く感じませんでした^^;

6回からは救援陣の登場。森内は2死2塁で相川にタイムリー…しかし中田の好返球で刺す!
素晴らしいです。言う事なし。中田の好返球は勝利に直結することも多いですよね。
7回は宮西が1死2塁とされるも無失点。8回は増井が3人で抑えます。心臓が止まりそうww
そして9回。守護神・武田久が1軍復帰初登板。久は危なげなく3人で抑え、試合終了!
28日から続いた恐怖の時間がやっと終わりました。何年寿命が縮んだんでしょうかねぇww

守りの時間に全く気を休めることのできない、心臓に悪い試合でした。本当勝ってよかった^^;
まあ、このスリルも野球の醍醐味の1つ。ドキドキがたまらないからまた球場へ行くんですww

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/26(水) 23:28:43|
  2. 12年度オフ・振り返り企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度生観戦振り返り第2弾 終盤の動きが正反対

今日は中央道で高速教習でした。最初はビビッていましたが、予想以上に楽しかったですww
先日の事故もあって中央道の割には比較的空いていたので、追い抜きの練習もできました。
しかし、先行車にかなり詰める車や、追越車線を80km/hで走行する車がいるのはちょっと…
それが本州の常識なのかもしれませんが、少し怖いですね。でも、いい経験ができました。


さて、今日はネタ切れの穴埋め企画w、12年度生観戦試合を振り返る第2弾です。

3試合目は5月1日、埼玉西武対東北楽天2回戦(西武ドーム)でした。観衆は14,413人です。

楽 002 000 002 4 12 0
西 000 000 102 3  4 2

勝 辛島  負 牧田  S ハウザー

HR 中島2号②-ラズナー

西武ドーム:1回目
観戦席:ライト外野席

当該試合観戦記はこちら

初の西武ドーム、初の友達との観戦、初のジェット風船と、初めてづくしの試合でした。
試合終盤の動きが多くて、見ている我々もハラハラする、見応えのある試合だったと思います。

西武の先発はこの時無援護だったw牧田、楽天はプロ初先発の辛島でした。
3表、聖澤のタイムリーと銀次のヒットに西武の守備の乱れが絡み、早速2点を先制します。
この時は牧田対策の特別スタメンでしたが、その後銀次は活躍、飛躍の年となりましたね。
一方、西武打線は初対戦の辛島の前に、なかなか好機を作れないまま試合が進んでいきます。
辛島も素晴らしい投球でした。最初は3ボールになりましたが、とても落ち着いていましたね。
しかし7回、四球をきっかけに中村のタイムリー2塁打が飛び出し、試合がわからなくなります。

さあ9回です。5月と言えば西武がまだ俺達絶賛発動中だったあの時期です。牧田が降板します。
2番手の武隈はいきなり連打を許し、1死2・3塁となったところで藤田に交代します。
ところが藤田はホセにど真ん中の直球を投げ、見事に流し打たれ2点タイムリーにwww
得点圏のホセは右打ちをしてくるってわかってるのに、どうしてあんな甘い球を投げるのか…
9裏、守護神のラズナーが登板しますが1死1塁から中島が本塁打を放ちまた1点差になります。
しかしハウザーが登板し、中村を牽制で誘い出すというあっけない形で試合は終わりましたww

面白い試合でした。しかし、俺達… 9表の2点がなければサヨナラ勝ちだったかもしれません。
まさかこの時はあと西武ドームに4回も来るとは流石に考えていませんでしたwww



続いて4試合目は5月27日、対読売1回戦(東京ドーム)でした。観衆は44,936人です。

日 100 000 000 1 4 0
読 010 001 00X 2 7 0

勝 星野  負 武田勝  S 西村

HR 阿部6号①-武田勝

東京ドーム:3回目
観戦席:レフト立見席
ハム戦:1勝2敗

当該試合観戦記はこちら

また拙攻で負けましたwww ま、勝さん見殺しなんていつものことですから(震え声)

先発は「左の無援護エース」武田勝と「今季飛躍の若手右腕」小山でした。
1表、小山が不安定で糸井四球小谷野田中犠打タイムリー2塁打と、幸先よく先制はしました。
しかし、中田が三ゴで走者が進めず、稲葉も凡退しこの回1点どまり。勿体ないなぁ…
3表にも1死1・2塁の好機を作るも中田が進塁打さえ打てず、稲葉も凡退しまた無得点。
結果、4回以降登板した読売の救援陣に抑えられ、流れを作られてしまうことになりますよね。

勝さんはいつもの左打者被弾はありましたが粘り強く投げていましたが、6回に打たれました。
坂本にうまく打たれましたけど、後ろに阿部がいるとは言えもっと慎重に行けなかったのか…

結局そのまま試合終了。自分はその後都心を長々と散歩して帰宅の途に就きましたww


この記事で年を越すことになりそうですww あ、挨拶記事は今年はしっかり書きますよ~

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/25(火) 21:53:39|
  2. 12年度オフ・振り返り企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度生観戦振り返り第1弾 効率的には…

年末帰省まで残り4日となりました。9月8日に戻ってきてからあっという間の約3ヶ月半でした。
10月から通いだした自動車学校は、野球優先も響いて遂に年内に終わりませんでしたwww
教習期限は9ヶ月なのでまだ十分に余裕はあるんですが、2月帰省までには絶対に終わらせないと…


さて、今日はちょっとした新企画、「2012年生観戦試合を簡単に振り返る」です。
今季自分は1・2軍、よその試合含めて、合計で24試合の試合を球場で生観戦しました。
高校までの人生18年間での生観戦が10回なので、1年でその記録を2.5倍も更新していますww
この企画は、その自分が今季生観戦した試合を1試合ごとに振り返ろうというものです。



まず1試合目は4月24日、対千葉ロッテ4回戦(東京ドーム)でした。観衆は19,347人です。

千 000 001 010 2 9 0
日 100 000 000 1 7 0

勝 グライシンガー  負 宮西  S 薮田

HR なし

東京ドーム:1回目
観戦席:内野自由席
ハム戦:0勝1敗

当該試合観戦記はこちら

しょっぱなから負けましたwww 初の関東1人観戦だと意気込んでいたんですけどねぇ…


先制したまではよかったんですけどね。まあ、2番以降が3安打ではそうは勝てませんよね。

6回:先頭田中中安、小谷野犠打で1死2塁も糸井中飛、中田一邪飛で無得点
7回:稲葉右越3塁打で無死3塁も陽遊ゴ、スレ見三、金子誠三ゴで無得点
8回:1死から田中小谷野中安、糸井死球で満塁も中田捕邪飛、稲葉遊ゴで無得点

がっかりの連続でした。ロッテの投手陣が粘ったのか、うちの決定力不足なのか…

多田野もよく頑張っていたんですが、宮西も含めて根元1人に好機の場面でやられました。
この日は角中も2安打でしたし、今季のロッテを支えた左打者2人がいい働きをしていました。
益田もそうですが、もしかしたらこの試合がこれら3人の選手の飛躍のきっかけになったかも?
ちなみに、8回に中田のレーザービームが炸裂しました。今季まさかあれほど補殺を増やすとは…



続いて2試合目は4月25日、対千葉ロッテ5回戦(東京ドーム)でした。観衆は20,803人です。

千 100 000 000 1  7 0
日 200 200 10X 5 15 0

勝 八木  負 ペン

HR 井口2号①-八木

東京ドーム:2回目
観戦席:ライト外野席(センター寄り)
ハム戦:1勝1敗

当該試合観戦記はこちら

ほっと胸をなでおろしました。これからも安心してハム戦を見に行けるとww
東京に移住して初めての生観戦2連戦で最初から連敗するとかダメージ半端ないですからねww

昨日とうって変わってよく打ちました。15安打ですからね。5点しか取れてませんけど^^;
何と言っても2000本安打まであと6本だった稲葉がこの日4安打。球場は凄い盛り上がりでした。
また、昨日4安打打った賢介が今日も3安打、更に陽も3安打2打点とこの3人で実に10安打です。
なお、この時打撃絶不調であった中田は5打数無安打でしたorz あの時は深刻だったもんなぁ…

八木は1回はどうなるかと思いましたが、しっかり立て直しました。4回は得意の2塁牽制刺も。
シーズン中盤までの八木の存在は本当に頼りになったんですが、8月が…
この時はまだ救援だった谷元も7回に投げて無失点に抑えています。先発転向には驚きましたね。


そんなに内容のない企画ですが、残りあと11回あるのでどうぞお付き合いくださいwww

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/23(日) 23:46:00|
  2. 12年度オフ・振り返り企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度球団回顧企画第2弾 埼玉西武ライオンズ編

中島裕之のOakland Athletics入団が正式発表されましたね。長年の夢がついに叶いました。
敵ファンながら、日本人内野手の底力を見せるためにも頑張ってほしいなと強く思います。
本当なら岩村が成功例に入るはずだったのに、晩年が…

しかし、アリーグ西地域は面白いですね。日本最高峰投手のダル・岩隈と日本最高峰野手の中島。
少し複雑な気持ちもありますが、日本人が大リーグを盛り上げてくれるとうれしいですね。


という訳で今日はオフ恒例・球団回顧企画第2弾、今回は最後まで優勝を争ったライオンズ編です。
なお、今季から他球団の回顧企画は選手評を2行にします。書きたいことが1行じゃ収まりませんww

1)今期活躍したと思うライオンズの投手は?(人数問わず)
・牧田 和久(27試合13勝9敗、防御率2.43)今季は再び先発も、期待に応える13勝は見事。
チームトップの勝ちを挙げ、1年間ローテを守り、今季の西武の先発陣に欠かせない存在だった。

・野上 亮磨(23試合8勝5敗、防御率2.97)シーズン中盤以降先発に定着し、見事な働きで8勝。
主に先発がカードの頭でエースと当たることも多かった中で、野上の働きがチームを救った。

・ウィリアムス(55試合4勝3敗4S、防御率1.70)序盤は不安定も、最後には救援陣の重要な駒に。
崩壊気味だった西武の中継ぎ陣を立て直し、2位まで持ち込んだ功労者の1人と言って過言ではない。

・涌井 秀章(55試合1勝5敗30S、防御率3.71)先発としては、本来の投球から程遠かったのも事実。
ただ、抑えに転向し抜群の安定感で30Sを挙げる。この人がいなければ、2位になれなかったのも事実。

本当は3人にしたかったんですが、どうしてもこの4人から絞れなかったのでそのまま掲載ww


2)今期活躍したと思うライオンズの野手は?(人数問わず)
・秋山 翔吾(107試合出場、4HR37打点打率.293)攻守にわたり、ファンを魅了するプレーは見事。
来季こそは1年間「センター・秋山」を守り、チームを引っ張る存在になりたいところである。

・炭谷 銀仁朗(139試合出場、0HR23打点打率.194)打撃は物足りないが、守備面での貢献が大きい。
西武の投手陣をリードするのは大変wだが、1年間扇の要を守り続けた働きぶりは十分に評価できる。

・ヘルマン(全試合出場、41盗塁60打点打率.270)41盗塁とガッツあるプレーでチームを鼓舞した。
どのポジションもどの打順もこなし、全試合出場も果たした今季のチームの功労者の1人だろう。

本当は中島も入れたいんですが、今回は他の選手に注目したかったのであえて外しました。


3)今期この人が頑張れば、もっと楽に勝てたのに!と思う選手は?(投手・野手問わず0~3名くらい)
・ゴンザレス(16試合2勝5敗3S、防御率7.04)前半壊滅的だった西武の中継ぎ陣の象徴的存在。
開幕前の好投が頭にあったのか、見限りも少し遅れた印象。なお先発では2勝した件ww

・岸 孝之(26試合11勝12敗、防御率2.45)開幕後は1人でチームを背負うなど成績的には問題なし。
しかし、エース対決であったりここぞという大一番での投げ合いに尽く負けたのが後々響いてしまった。

・片岡 易之(52試合出場、2HR19打点打率.225)故障が多い。そして離脱期間が長い。勿体ない。
本来ならば西武の不動のセカンドとして、走攻守にわたって相手を怯えさせないといけない存在のはず。


4)今期もっとも印象に残った勝利は?
・4月26日 対福岡ソフトバンク6回戦(ヤフードーム)○5-3
この試合はもうこの動画を見ていただければ十分でしょうww アツいなぁ一美さんwww


しかし、新垣は5回で6つも四死球を与えているんですねww それでも1点しか取れない西武打線…
面子自体はオーティズと嶋が入れ替わってるくらいなんですが、打てない時は打てないんですね…


5)今期もっとも印象に残った敗戦(もしくは引き分け試合)は?
・9月28日 対北海道日本ハム23回戦(札幌ドーム)●0-5

この試合が今季のパリーグの行方を決めた、まさに今季の大一番、天王山と言える試合でした。
先発は光夫と野上と言う、今季の成長株がこの大一番で登板。昨年じゃこんなこと予想できませんねww
まず1裏、1死から中田が野上の外高めの直球をとらえて左中間席へ!ハムが2点を先制します。
その後は序盤から絶好調の光夫、走者を出しても粘る野上がお互いに好投し、投げ合いが続きます。
2-0で試合が膠着状態でしたが、5裏に動きます。1死2塁の場面で、粘投を続けていた野上を代えます。
代わった小石がアウトを1つ取り、中田の場面で十亀にスイッチしますが、これが裏目に出ました。
真ん中に入った直球を中田が超完璧にとらえ、レフトの中段まで飛ばす3ランに。5-0となります。
これで試合はほぼ決し、楽になった光夫は9回を完封。結果、ハムに優勝マジック4が点灯しました。
23日にも2点リードを中田1人にひっくり返されましたし、大事な試合での負け方が痛すぎましたね。

…ああ書きにくいwww 贔屓チームが絡んでるのに公平な文章を書くのは難しい^^;
しかも、結局全然公平になっていないのは仕様ですwww


6)試合以外でライオンズに関して起きた出来事で印象的だったものを教えてください。
・涌井、週刊誌問題で約1ヶ月謹慎
まあ、未婚の男性だしそんなこともあるじゃん…とは思いますがチームの顔、そうはいきませんよね。
今季は頭から不調でしたし、自分の立ち位置・存在を考え直すという意味でも、意味があったのかなと。
しかし、この謹慎期間がなければどうなっていたことか。涌井の復活も謹慎期間のおかげなのかも…
逆に、ずっと涌井が抑えでいたら優勝できたのでは?と言う考えもあるでしょうし、難しいですね。

・選手全員背番号24
野球観戦初心者泣かせの企画ですww 選手名鑑で調べようにも全員背番号24で誰だかわからないww
で、故稲尾和久氏の功績を称えて行われた今回のライオンズクラシック、全員背番号24は画期的でした。
ちょうどうちとの対戦の時にありましたが、増井がうまいこと引き立て役となりましたよね(涙
今年は西武鉄道開業100周年記念ユニもありましたし、色々なユニでファンを楽しませてくれました。


7)今期のライオンズMVPと優秀選手は?(トータルで3名くらいでお願いします)
・MVP 牧田 和久
・優秀選手 ヘルマン、炭谷 銀仁朗

まあ、妥当な所を選びましたww エースとその女房役、チームを鼓舞する切り込み隊長です。
後半は浅村が1番だったのでヘルマンが切り込み隊長なのかと言われると答えに詰まりますけどね^^;
誰1人欠けても今季の西武の2位はなかったですけど、特に貢献度の高いと思うこの3人を選出しました。


8)新星、と呼べた選手がいたら、名前を挙げてください。
・野上 亮磨(23試合8勝5敗、防御率2.97)コメントは項目1と一緒です

・十亀 剣(41試合6勝0敗14HP、防御率2.72)変則フォームからの力のある直球を武器にブレイク。
終盤、大事な場面で打たれた悔しさを晴らすことを誓い、来季のさらなる飛躍に期待がかかる。


9)ズバリ! 埼玉西武ライオンズは、どうしたら優勝できるでしょうか?

どうも西武って勢いに頼りがちな印象があるんですよね… 戦いに少しムラを感じます。
3年連続で優勝を十分に可能な戦いをしているのに、一時期の不調が響いて頂点に届かずに終わる。
特に去年今年は不調からの脱却に時間がかかったことで、頂点が遠のいてしまった感があります。
その苦しい状況を打開するのは大変ですが、誰かがきっかけにならないといつまでも抜けられません。
うちも去年そういう状態に陥ったので、どうすればいいのかと言うのを少し考えてみました。

という訳で、今回は「盛り上げ、声出し役の選手とチームを引っ張るリーダー」の存在を挙げます。
後者は西武には栗山巧と言うキャプテンがいますからいいんですが、前者はなかなか出てきません。
そういう意味では、退団になりましたがカーターがベンチでチームを鼓舞する姿は感銘を受けました。
ただ、言葉の壁がありますから、やはり日本人でそういう存在の選手が出るべきなのかなと思います。
西武は若くて活気のあるチーム。そういう存在がいることで更にチームに火がつけばいいですね。


10)来期の活躍を期待している選手、この選手をプッシュしたい!と思う選手を教えてください。(何名でも)
・菊池 雄星(14試合4勝3敗1S、防御率3.10)2年連続で4勝止まりだが、内容はよくなってきている。
体を万全にして、来季こそは1年先発ローテで投げたい。そうすれば2桁勝利は十分に可能な素材。

・大石 達也(24試合1勝1敗2HP、防御率2.75)早大時代の力のある直球が戻ってきているとのこと。
強い心を持って打者に立ち向かうことが大事。実績で斎藤・福井を差し置き一歩先んじたいところだ。


11)ネタ質問
今年もまるまさんの趣味丸出し!行きます! NPBイケメン新人王決定戦!
2012NPB新人王資格選手…とまで厳密じゃなくても構いませんが、今年頭角を表したニューイケメンを教えて下さい。何名でも可!

ハムから選出するのが毎回の自分の決まりwなので、今回はうちから西川遥輝を推薦します。
最近ではハム戦に行くと「遥輝」と書かれた手作りグッズを持っている人も良く見かけますよ。
それくらいハムファンの間でも西川遥輝の名前が浸透し、人気になってきている証です。
なお、私生活はかなりリッチなようで、私服をブランドで固めたりかなりのお金を使っているとか。
将来に備えてちゃんと貯金しないとダメですよ(震え声)


bコース !ライオンズ以外のチームのファンの方へ!
14)あなたはどのチームのファンですか?

北海道日本ハムファイターズです。


15)来期のライオンズの脅威度を数字にすると、何%くらい?

65%と予想します。以前は自分の中学時代のテストの点数くらい高めに予想していたんですが…

やはり中島のオークランド移籍、中村の前半戦絶望など、マイナス要素の大きさは隠せません。
特に中島ですよね。守備の要で、特に打撃は日本の右打者では内川と並ぶ最高峰の選手だと思います。
勿論西武にも将来有望な若手がいますが、さすがに1年目ではこの穴は埋まらないのではないかなと。
まあ、中島の穴が完璧に埋まるのは厳しいでしょうが、それを見据えて球団も育成をしていたはずです。

でも、それでも怖いのが西武と言うチーム。元々うちは西武の投手あまり得意じゃないですしww
あの爆発力は他球団には猛烈な脅威です。西武ドームの好機での空気とか、飲まれる気しかしません…
投手陣だって今季中盤以降を見ていると、先発が少し薄いものの全体的にはしっかりしてましたもの。
主力が抜けてもなおパリーグの優勝争いに加わる存在になることは間違いないと、自分は見ています。



いつものことですが、回顧企画では文章が異常に長くなりますねww お疲れ様でしたww

しかし、あまり回顧企画を行うブログもなくなってしまいましたね。Twitter全盛の時代です。
なお、自分は仕組みをよく理解できないのでTwitterはやらずFacebookのみですww
ただし、LINEと連携を始めたことで自分の中で不信感が募り個人情報をかなり消しましたけどね。
はっきり言って効果はそれほどないとは思いますが、自分はLINEを全く信用していないもんで…

話が逸れてしまいましたが、自分も参加してみたい!と言う方はまるまさんのサイトからどうぞ


**********************テンプレ始まり

【埼玉西武ライオンズ】i believe lions.【回顧企画2012】

埼玉西武ライオンズは今年も勝ちきれずに終わってしまいました。そろそろ優勝に飢えているファンのみなさんも多いことと思います。
そこで。
ことしのはんせい、ことしのうちに。
2012ライオンズを一緒に振り返ってもませんか?

《締切》
→2012年12月31日、23:59:59。この日時は「一定の目安」です。
集計結果については、鋭意努力しますが、母数によって判断させて頂きます。ご了承下さい。

《ルール》
→下記設問をブログまたはfacebookに投稿します。
元記事……http://http://hitobito-lions.seesaa.net/article/302006557.html

ブログの方は、元記事にトラックバックをお願いします。
トラックバックURL……http://http://blog.seesaa.jp/tb/302006557

facebookでご参加の方、何らかの事情でトラックバック出来ない方は、元記事のコメント欄に該当投稿のURLを貼り付けてください。

ブログを持たない方は、元記事のコメント欄でご回答ください。

《注意》
誹謗中傷はもちろんですが、極端な自虐コメントもお控えください。
ライオンズ・選手個人・他球団に関しても同じです。企画主が違反と判断した記事・コメントに関しては、削除の上集計から除外させていただきますのでご了承ください。

《設問》※極力理由もお書き添えください。
1)今期活躍したと思うライオンズの投手は?(人数問わず)

2)今期活躍したと思うライオンズの野手は?(人数問わず)

3)今期この人が頑張れば、もっと楽に勝てたのに!と思う選手は?(投手・野手問わず0~3名くらい)

4)今期もっとも印象に残った勝利は?

5)今期もっとも印象に残った敗戦(もしくは引き分け試合)は?

6)試合以外でライオンズに関して起きた出来事で印象的だったものを教えてください。

7)今期のライオンズMVPと優秀選手は?(トータルで3名くらいでお願いします)

8)新星、と呼べた選手がいたら、名前を挙げてください。

9)ズバリ! 埼玉西武ライオンズは、どうしたら優勝できるでしょうか?

10)来期の活躍を期待している選手、この選手をプッシュしたい!と思う選手を教えてください。(何名でも)

11)ネタ質問
今年もまるまさんの趣味丸出し!行きます! NPBイケメン新人王決定戦!
2012NPB新人王資格選手…とまで厳密じゃなくても構いませんが、今年頭角を表したニューイケメンを教えて下さい。何名でも可!

※以下、選択制です。
aコース !ライオンズファンの方へ!
12)ライオンズ以外で今期頑張ったと思うチーム・選手を教えてください(各1)。

13)来期、脅威を感じるチーム、選手を教えてください(各1)

bコース !ライオンズ以外のチームのファンの方へ!
14)あなたはどのチームのファンですか?

15)来期のライオンズの脅威度を数字にすると、何%くらい?


以上です。
ブログ記事作成の際には、なるべく、テンプレートを貼り付けていただけると助かります。

企画:ひとびと-ライオンズver. http://hitobito-lions.seesaa.net/

*********************テンプレ終わり

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/20(木) 13:48:09|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

12年度契約更改第10弾 あと2人

東京も寒い日はすごく冷えますね。手袋が薄かったせいで指がおかしくなりかけましたww
なお、北海道では大荒れだったようでww 来週からは強い寒気も入ってくるようですね。
頼むから自分の帰省の日だけは天気が荒れないで下さい。羽田に一泊とか嫌ですよwww


さて、今日は2選手と契約更改が行われましたのでそちらの記事です。

背番号/選手名/変動額/推定年棒/備考
1/陽 岱鋼/4600万↑/9200万/前回提示から変更なし
62・モルケン、契約合意

今日は個人的にいろいろやることがあるので、かなり簡潔に行きますww

陽は結局上積みはありませんでした。まあ妥当な額ですし、本人も納得したようです。
よく考えたら4600万↑の9200万って倍増ですし、十二分に評価されているんですけどねぇ…
来年は1番を背負う事ですし、しっかり働いて自らの手で1億円プレーヤーの座を掴みましょう。

そして、今季途中入団のモルケンと、来季の契約が合意に至りました。
正直、再契約は意外でしたね。今回のドラフトであれだけ社会人の投手取りましたし…
来季も1年働くにはちょっと中途半端な印象があるんですよ。直球も変化球もそうなんですが…
他の若手投手の方が良ければそちらが優先されますから、絶対的な力をつけないといけませんね。


残りの未更改選手は糸井とケッペルのみとなりました。糸井が時間かかりそうな気がするなぁ…

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/19(水) 23:18:47|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度契約更改第9弾 欠かせない存在

気付けば年末帰省まであと10日となりました。嵐のように1年が過ぎ去っていった感じです。
「岩見沢の」大雪に振り回されたセンターに始まり、無事首都大に合格し初めての東京暮らし。
野球三昧の前期、自動車の練習にいそしむ後期と、いつも以上にイベントがあった1年でした。


…まだ1年を締めくくってはいけませんねww 2012年はまだ15日残されていますww
という訳で、今回は今日行われた2名との契約更改交渉の記事です。

背番号/選手名/変動額/推定年棒/1軍成績
18/斎藤 佑樹/500万↑/3500万/19試合5勝8敗、防御率3.98
21/武田 久/1000万↑/2億4000万/56試合4勝4敗32S、防御率2.32

なお、久は「今日までに契約を更改しておりました」と言う曖昧な言い回しなんですよね。
いつなのかはっきりしませんが、検索するのも面倒なので今日更改したことにしておきますww

斎藤佑は壁にぶち当たった1年でしたが、7月までローテを守った点が評価されているんでしょう。
今季のハムの開幕ダッシュも、斎藤のあの完投勝利があったからこそうまく行ったと思います。
6月以降はらしさがどこかへ行ってしまいました。ブランコに特大弾を打たれてからがなぁ…
先発ローテは確約されていません。勝さんなどを除き全員が横一線ですから、掴み取りましょう。

久は中盤まで不安定で中田に何回か救ってもらいましたが、9月以降の安定感は抜群でした。
自分は、今季ハムが9月にスパートをかけて優勝できたのは、久のおかげだと思っています。
詳しくはハム回顧企画で述べていますが、一番大事な時期に安定した仕事ができるのは流石です。
球団も、今季離脱があり不安定な時期も多かった久にアップ査定をしたのはその辺だと思います。
統一球の影響か相変わらずロースコアの接戦ばかりですから、久の役目は本当に重要ですね。


現段階での未更改選手は、糸井・陽の保留組とケッペル・モルケンの外人2人となりました。
賢介はメジャーを目指しているので別ですが、できれば年内に全て更改を終えたいところです。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/17(月) 23:38:27|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年オープン戦日程発表 いくら関東とは言え千葉は…

ネタがなかったもんで、長らく更新が止まっていました。突如止まってごめんなさいm(__)m
西武の回顧企画がもうすぐ仕上がりそうなんですが、それ以外のネタが全くないのが辛い…
1月は恒例の「12年公式戦を13年に振り返る」企画のため、更新は安定する予定ですww


さて、今日は昨日?発表になった2013年オープン戦の日程についての記事です。
まずは日程を見ていきましょう

2月23 対阪神 名護
2月24 対広島 名護
3月2・3 対ヤク 札ド
3月6・7 対読売 札ド
3月9 対阪神 甲子園
3月10 対オリ 京セラ
3月12・13 対楽天 松山
3月16 対オリ 鎌ヶ谷
3月17 対中日 鎌ヶ谷
3月19 対ロッテ マリン
3月20 対ヤク 神宮
3月21 対楽天 東ド
3月23・24 対ヤク 札ド

対戦数 楽天3、ロッテ1、オリ2、読売2、中日1、ヤク5、広島1、阪神2(合計17)
西武、ソフバ、横浜とは対戦なし


相変わらず西武ソフバとは対戦がないんですねww 所沢くらい行けないものでしょうか…
そしてヤクルト戦。13年はなんと5試合もありますww ホームビジター共にありますしね。
3月頭恒例の対ヤク戦@札ドは今年もありますし、いつになってもお互い仲がいいですねww
楽天戦と言えば倉敷のイメージがあったんですが、今年は松山です。意外な感じがします。
9表1点リード2死2・3塁で大野が捕逸してそのまま逆転負けとか勘弁して下さいよwww

自分にとっての最重要事項である関東圏開催は今回は5試合。まあ、これはいつも通りですかね。
しかし、千葉で3試合は多摩の丘の中に住んでいる自分にとって、金銭的に負担が重いですwww 
千葉だと往復だけで2000円近くかかってしまうので、気が向いたら…とはならないのが現状です。
いっそのことジャイアンツ球場でやってくれたら、俺は大喜びで行くんですけどねwww
もしかしたら、2~7日は帰省中かもしれないのでどこかで札幌ドームに行けるかもしれません。
…こんなことを言っていますがまだ行きの航空券すら取ってないので、それ以前の問題ですが^^;


まだまだ先のこととはいえ、少しづつ球春が近づいています。オフをがんばって耐えましょうww

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/15(土) 20:39:06|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大谷翔平、ハム入り決定!我々と共に夢を叶えよう!

明日イトーヨーカドーで68円だったのを忘れて、三和で塩鮭を78円で2枚買ってしまいましたww
しかも、三和は明日だけ塩鮭が58円になるそうで。情報は頭に入っていたのに完全なミスですww
ま、自分は魚を1日1枚消費する人ですから何枚あっても損はないため別にいいんですけど、ねぇ…


さて、ついに今日、本人からの正式な発表がありました!

【日本ハム】大谷「最終的にはメジャー」(日刊スポーツ)
【日本ハム】栗山監督「喜びより責任」(日刊スポーツ)

という訳で、今季のドラフト1位指名選手・大谷翔平のハム入団が決定しました!
指名直後はハム入団の可能性をゼロと公言していただけに、まさに大どんでん返しですねww
相当悩み抜いた末の決断だったはず。当初の決断を切り替えてまでの入団、心から感謝します!
我々はあなたを待っていました。ハムの一員になってくれることを、とても嬉しく思います。

大谷君、ようこそファイターズへ。この球団にはキャラの濃いネタ満載の人たちが沢山いますww
先輩でも後輩でも容赦なくいじられますww 大谷君にも被害が及ぶことは間違いないでしょうww
ハムに入団するという事はそう言う事ですから、十分覚悟をしておいてくださいねwww
どんな選手であっても、ハム色に染まります。純朴な大谷君は染まりようがありそうですねwww

ただ、ネタ球団ですが毎年安定した戦いをできる、つまり選手が勝ち方を知っているのも事実です。
人をいじったりネタに走る選手も、皆しっかりと準備をして、数字を残してチームに貢献しています。
経験豊富な選手もいますし、様々な先輩から「プロ野球のいろは」を吸収してほしいなと思いますね。
そして、我々は大谷をメジャーに通用するレベルに育て上げ、送り出すと言う使命も持っています。
これは当然ですよ。1年目からメジャーに挑むと決めた人に説得を重ね、決意を曲げさせたんですから。
先輩・コーチ・フロントなどが一丸となって大谷の夢を叶えることは、我々に課せられた責務です。
勿論大谷自身も、相当な努力をして下さい。努力を惜しまない選手を、球団は強力に後押ししますよ。

で、今回の件でドラフト制度の不備が改めて露呈する形となりました。メジャー絡みは難しい…
うちの指名も、ルール上問題はないとは言え、やはりフェアじゃないのかなと言う気持ちは残ります。
当然他の球団も大谷が欲しかった訳ですし、2年連続ドラ1で賭けに出れるのも、うちくらいですよ。
今後も直接メジャーを志す人は出てくるでしょうし、何らかの対策を打たないといけないですね。


さあ、夢は正夢です!夢は叶えるためにあります。我々と一緒に、メジャーに挑む夢を叶えましょう!
そして、大谷君の勇気ある決断を絶対に無駄にしてはなりません。この球団の育成力が試されますよ!

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/09(日) 22:51:19|
  2. ファイターズ関連ニュース
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

12年度契約更改第8弾 もっと評価してよ!!

さあ、今日も契約更改の記事ですよ。昨日は4選手との契約更改交渉が行われました。

背番号/選手名/変動額/推定年棒/1軍成績
7/糸井 嘉男/1000万↑/2億(保留)/134試合出場、9HR48打点打率.304
8/金子 誠/350万↓/8900万/103試合出場、0HR22打点打率.227
23/二岡 智宏/変動なし/6200万/65試合出場、2HR14打点打率.353
65/多田野 数人/1900万↑/3800万/18試合6勝5敗、防御率3.70

2人目の保留者が出ました。この球団で2人が保留するっていつ以来でしょうね?珍しい…

糸井は好機で打てなかったり凡ミスがあるなど悪い要素もあるとは言え、1千万↑ではねぇ…
打率は規定到達者で球団トップですし、9月終盤からCSまでの糸井の好調は本当に大きかったです。
球団の気持ちもなんとなくわかりますが、でもこれだけ数字を残している点は評価しないと。
陽の保留は正直??ですけど、糸井に関しては同情します。2.2~2.3億くらいが妥当ですかね…
まあ、昨年の上昇額がオーバーだった感が否めないので、補正がかかっているのかもしれませんw

マックは今季も頑張りましたが打率が物足りない。なんだかんだで数字を残す選手なんですが…
正直、今季は打撃ではあまり期待が持てませんでした。うーん、何が悪かったんですかねぇ?
守備に関してはいつも通りだったんで頼りになったんですが… なんか小谷野と似た感じですね。
しかし、なかなかマックの後継も出てきません。守備だけなら中島は十分後継になれるんですが…

二岡は現状維持ですか… いくらほぼ代打専門で出場が少ないとは言ってもこれはどうなんだ…
自分は入団した年の更改からずっと二岡の評価が低すぎることに、少し不満を持っています。
糸井もそうですが、全員に厳しい査定なら「ああ、相変わらずケチ球団だなw」で済むんですが…

多田野は倍増。1年間先発が苦しい所で投げて、不定期な登板でも頑張ってくれましたから。
何で自分の多田野への印象があまりよくないのかと考えたら、目の前で炎上したからでしたww
主にローテの谷間での先発だったので、登板が不定期なことも多かったなかでの6勝ですからね。
ただ、いい時と悪い時が比較的はっきりしている傾向があるので、その辺は今後気をつけましょう。


明日は多分お休みですww 日曜日はいよいよ進路表明・大谷翔平の決断を記事にする予定です。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/07(金) 22:58:29|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度契約更改第7弾 他を圧倒する武器を持つべし

路上教習中に、一方通行の道で逆走車に出会いました。それでは今日の記事に参りましょう(ぁ
昨日は3選手との契約更改が行われました

背番号/選手名/変動額/推定年棒/1軍成績
2/大野 奨太/300万↓/2900万/70試合出場、2HR11打点打率.171
25/宮西 尚生/3000万↑/1億2000万/66試合登板2勝2敗41HP、防御率2.25
51/村田 和哉/150万↓/1000万/15試合出場、HR打点なし打率.111

こう見ると宮西が変動額・推定年棒共に一人飛び抜けてますねww

大野はとにかく打撃に苦しみ、勝さんの女房役を鶴岡にとられ、結果ウルフ専任捕手となりました。
プロ入り後最大のスランプでしたねぇ。自身初の2軍落ちに近藤の昇格と、本人も不安だったはず。
攻守どちらでもいいから、鶴岡を上回るものがないと、今後も出場機会が減ってしまいますよ…

宮西は8月終盤以降バテましたが今季も66試合に登板し、1年間を通してフル回転でした。
特に今年は、石井がめまいで9月までいませんでしたから、宮西の働きは非常に大きかったです。
しかし、本当に宮西はタフですよね。5年連続で50試合以上投げても故障が一度もないんですから。
左投手という事もありどうしても酷使気味になってしまうんですが、とても頼りになる存在です。

村田はどうなんですかね。脚しか武器のない現状を打ち破らないとそろそろまずいと思いますよ?
正直なところ、村田と紺田で代走で使うなら自分は紺田の方が信頼を置けるという印象があります。
読売の鈴木くらいの確実そして圧倒的な走塁技術を身に付けないと、出場機会はなくなるでしょう。


今日も4選手と契約更改交渉が行われましたので、明日はそれを記事にします

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/06(木) 22:21:39|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度契約更改第6弾 選手を支える丈夫な体

春休み(冬休み?)の帰省を2月中旬~3月頭で計画しています。避暑ならぬ避寒ですww
へ?と思いの方。部屋の中だけで考えると、断熱がしっかりしている北海道の方が数段暖かいです。
後、石油ストーブを24時間焚いてることもあって、家の中は常に24℃以上はありますね。
一方、東京の家は窓ガラスが1枚というのが大きいんですかね。空調を切るとみるみる室温降下ww
こうやって文章を打っている今もエアコン稼働中ですww ないと寒いんですもの^^;


という訳で今日は4日に行われた4選手の契約更改の記事です。

背番号/選手名/変動額/推定年棒/1軍成績
5/小谷野 栄一/1000万↓/1億500万/134試合出場打率.228、3HR39打点
22/鶴岡 慎也/3400万↑/7600万/116試合出場打率.266、0HR25打点
34/吉川 光夫/5900万↑/7000万/25試合登板14勝5敗、防御率1.71
41/稲葉 篤紀/変動なし/2億/127試合出場打率.290、10HR61打点

更改する面子もすっかり主力級の選手になりました。しかし、鶴岡って116試合も出てたんだ…

小谷野は今季もチームに欠かせない存在であったことは間違いないですが、やっぱり打率がなぁ…
守備は今年も変わらぬ安定感でしたし、いろんな打順をこなしたのは評価できるんですけどね。
先日の回顧企画でも書きましたが、レギュラーの小谷野が打たないと打線が活発になってきません。
来季は6番で固定するなどして、本来の持ち味である思い切りのある打撃を取り戻してほしいです。

一方、鶴岡は意外なほど上がりました。選手会長としての任務を担ったことも加味されたんでしょう。
大野が精彩を欠いたこともあり、今季はほぼ正捕手としてずっとマスクをかぶり続けました。
しかし、昨年の開幕前を除いて鶴岡って殆ど故障しませんよね。丈夫な体ですわww

光夫はなんと昨年の5倍以上となる7000万。それでも7000万ですってww 元が低いですしね^^;
成績は文句なし、貢献度も文句なし。内容も回を追う事に凄みを増しました。成長しましたね。
まずは怪我をしっかりと治し、来季に備えましょう。丈夫な体を作ることもエースの条件ですよ。

稲葉は今季も現状維持の2億。来季からはコーチ兼任となり、更にチームを支えてくれるでしょう。
以前知って意外だったのが、稲葉って意外とライト方向の引っ張りの打球が多いんですよ。
巧打者って流し打ちが多い印象がありますが、あくまで自分の打撃をしているということですかね。
確かに流し打ちも十分うまいですが、稲葉の打球は引っ張ってこそ力強さがありますからね。


今日も3選手が契約更改を行いました。明日は今日の更改を記事にします

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/05(水) 23:23:16|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度契約更改第5弾 久々に保留

年の瀬が近付いてきました。なんだか今年もあっという間に過ぎ去りましたね。
そういえば、去年はこの時期から完全に更新を止めていたんでしたっけ…
あれからもう1年ですか。これからセンター試験の人々は今時期大変ですねww

さて、今日は3日に行われた契約更改の記事です。今回は事情により表にしませんw

背番号/選手名/変動額/推定年棒/1軍成績
1/陽 岱鋼/4600万↑/9200万(保留)/全試合出場打率.287、7HR55打点
6/中田 翔/4000万↑/8500万/全試合出場打率.239、24HR77打点
27/中嶋 聡/変動なし/3200万/3試合出場、打席なし
38/武田 勝/3000万↑/2億/28試合登板11勝7敗、防御率2.36

09年の信二以来の保留が出ましたね。この球団で保留が出るってのは珍しいです。

陽は増井同様、1億行くだろうと読んでいたんでしょう。でも1億は厳しいかな…という印象。
1番以外を務めていた時期もあったとはいえ、出塁率が.337では少し物足りないですね。
まだまだ伸びるという期待を込めて1億にしなかったという意味合いもあるかもしれません。
あまりもめないでほしいんですけどね… お互いに納得してハンコを押してほしいです。

逆に意外と上がったなというのが中田。勝利打点・殊勲打の多さが評価されたんでしょう。
打率・勝負打点とも今の数字では物足りませんから、さらに上を目指さないといけません。
中嶋さんはほぼコーチとして安定の年棒ですww 今後も変動はほぼないでしょうww

勝さんはついに2億に乗りました。これで4年連続で1年間ローテを守っていますからね。
今年も安定して試合を作りましたし、本当に頼りになる存在だったと思います。
ただ、よく見ると10試合で勝ち負けがついていないんですね。いっつも無援護なんだなぁww


今日は、光夫ら4選手の更改が行われたので、この記事は明日更新します。

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/04(火) 23:02:29|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12年度球団回顧企画第1弾 北海道日本ハムファイターズ編

南大沢でみぞれが降りましたww やっぱりこの辺でも雪が降ることはあるんですねww
しかしね、家の中が非常に寒いです。外出から戻ったら16℃まで下がってるんですもの…
本州の蒸し暑い夏は扇風機中心で乗り切れたんですが、今はエアコン使いまくりです^^;


さて、今日はオフの恒例行事・球団回顧企画の第1弾として我らがハムについて振り返りましょう。

1.今年活躍したと思うファイターズの投手をお答えください。(3名まで)
・吉川 光夫(25試合14勝5敗、防御率1.71)
日シリでは肘痛でイマイチでしたが、それがあってもやっぱり今年は光夫がここに入るでしょうww
4年間勝ちのなかった投手が一気に覚醒、気付けばリーグ2位の14勝、防御率1.71はリーグ1位ですよ。
危機感は当然あったと思いますが、今季は何よりも心が強くなった。ピンチでも臆しませんでした。
今季初登板は無援護でしたが、その次の試合で苦しみながらも勝ちが付いたのが大きかったですかね。
エースとしての重圧も体験した光夫。来季以降も力強くチームを引っ張っていくことを期待します。


・武田 勝(28試合11勝7敗、防御率2.36)
09年からこれで4シーズン連続で1年間ローテを守っての2ケタ勝利。先発2番手の存在感は大きいです。
更に、8月を除いて月間防御率は全月2点台以下。この安定感はチームに欠かせないものでしたね。
相変わらずの無援護で勝ちがつかない時期もありましたが、その辺はいつものことですから^^;^^;^^;
これで去年のケッペル並みの援護があれば、勝さんは毎年楽々15勝しているのかも…
しかし、来年で35歳ですか。年齢を重ねていますが、全く衰えが見られないのが心強いですね。


・武田 久(56試合4勝4敗32S、防御率2.32)
3人目は誰にするかかなり迷いました。色々考えて、終盤のスパートに大きく貢献した久にしました。
序盤は故障もあり苦しみましたし、それ以降も明らかに本来の投球ではありませんでした。
ただ、勝負どころの9・10月に15試合登板で防御率0.61で12セーブと、流石の力強さを見せました。
増井と宮西が疲労で崩壊気味だった中、石井と久の2人が救世主になってくれたと思っています。
序盤の状態がずっと続いていたら、優勝はなかったでしょう。それくらい久の存在感は大きいんです。



2.今年活躍したと思うファイターズの野手をお答えください。(3名まで)
・陽 岱鋼(打率.287、7HR55打点)
センターへのコンバートもがっちりハマり、何番でも打てる器用さと守備の巧さが光りました。
守備では中田が目立ちますが、陽も捕球が非常にうまく、抜けそうな打球を何度も取っています。
そして糸井に次ぐチーム2位の17盗塁。走塁技術を磨けば、もっともっと走れるはずですよ。
今後はもっと出塁率を上げたいですね。打率はまずまずなので、四球を選べるようになりたいです。
4月まではなんと四球が1つもありませんでしたからww 陽もまだまだ伸びる選手ですよ!


・中田 翔(打率.239、24HR77打点)
4番に座る守備職人ww 今年は特に上達した守備でチームのピンチを何度も救ってくれましたね。
19補殺に9併殺は両方12球団トップ。正確かつ鋭い送球で何人もの俊足の走者を刺しました。
記録に表れない巧いプレーも多く、ハムが誇る鉄壁の外野陣にとって欠かせない存在でした。
でも、打撃はまだまだ。勝負所で打って試合を決めたことはありますが、もっと好機で打てないと。
1年間4番として打席に立ち続けた経験は、必ず来季に生きる。我々はそう信じて応援しますよ。


・二岡 智宏(打率.353、2HR14打点)
代打専門ながら驚異の打率3割5分。職人技の打撃技術で、一振りでチームに貢献してくれました。
特に天王山の西武戦2戦目やCSと、大舞台でもしっかり仕事をこなすその姿は見事の一言。
一時は殆ど代打なのに打率4割台でしたからね… これだけ信頼できる代打はそういませんよ。
あまり野手の層が厚くないうちの野手陣において、勝負をかけられる非常に貴重な駒ですよね。
暫くは二岡の代わりなんて出てこないでしょうww これからも大一番であなたの打棒に期待です。



3.今年イマイチだったと思うファイターズの選手をお答えください。(3名まで)
・大野 奨太(打率.171、2HR11打点)
守り自体はまあまあだったものの、どうしたんですかこの打撃は。打率は近藤も下回りました。
今季は自身初めて不振での2軍落ちを経験するなど、最後まで煮え切らない1年間でしたね。
鶴岡が今季中盤まで打撃が好調だったこともあり、ウルフ専任捕手と化してしまいましたからねぇ…
近藤が入ってきたとはいえ、鶴岡ももう若くないんですから、大野がもっと奮起しないといけません。


・斎藤 佑樹(19試合5勝8敗、防御率3.98)
最初こそスイスイ行ったものの、途中でドツボにはまり、抜けられないままになってしまいました。
いつかスランプが来るとは思いましたが、まさかここまで自身の投球を見失うとは想定外です…
おそらく人生で最大のスランプなんでしょう。持ち味だったメンタルの強さも見られないですし…
オフはとにかく練習ですね。スタートはほかの若手と横一線。自分の力でローテを勝ち取りましょう。


・小谷野 栄一(打率.228、3HR39打点)
GG賞こそとりましたけど、信じられないほどの低打率。何と規定打席到達者で打率は最下位です。
月間打率を見ても.270を超えた月がなく、こちらもイマイチなままシーズンが終わってしまった感が。
39打点はチーム5位で決して悪い訳ではないものの、やはりいい時の小谷野と比べると見劣りします。
守備が完璧で小谷野は外せないだけに、もう少し打撃が向上してくると打線が活発化するんですが…



4.来年が楽しみなファイターズの選手をお答えください。(3名まで)
・中村 勝(8試合2勝2敗、防御率1.79)
8月からローテに定着し最後まで投げ、日シリでも強力読売打線に真っ向勝負で7回無失点。
ルーキーイヤーの初勝利からずっと期待していましたが、ようやく才能が花開きつつありますかね。
初めて1軍でローテを担ったのが大事な8月以降の戦いで、そこで防御率1.79ですから大したものです。
ローテで投げて初めて分かった課題もあるでしょう。その辺はオフにきっちりと修正したいですね。


・西川 遥輝(打率.239、2HR13打点)
天才と称される類まれな打撃センス。その片鱗が見えるような打球。将来がすごく楽しみです。
鷹のエース攝津から一発を打ってますし、自分は目の前で2本もタイムリーが見れましたww
賢介離脱後は守備の要であるセカンドも任され、不安定ながらも少しずつステップアップしています。
来年はもっと確実性を上げたいところ。ポスト賢介の期待も高いですし、頑張ってほしいですね。


・鍵谷 陽平(ルーキー)
自分がずっと待っていた地元出身の選手が、07年の浅沼以来久々に指名されましたwww
北海高校でエースとしてチームを甲子園に導いてから4年、北海道のチームに来るのも何かの縁ですよ。
大学に行き直球は力強くなり、先輩の澤村の下、筋トレも積極的に行っています。体は丈夫かな?
自分は救援で投げるかなと予想します。社会人の選手も沢山いますし、後ろは厚くなりそうですね。



5.今年最も印象に残ったファイターズの試合をお答えください。(3試合まで)
・6月30日 対埼玉西武10回戦(西武ドーム) ●5-10
いやぁ、目の前でこの惨劇を見てしまったもんで、忘れたくても忘れられないんですよorzorzorz
先発は吉川と牧田。3回に賢介と中田のタイムリーで2点を先制、光夫は5回まで無失点。
6回には陽西川鶴岡と3本の長打タイムリーで3点を奪い、もう大丈夫と思った矢先でした。
4回から走者を出すと制球が狂っていた光夫が6裏、先頭を四球で出してから悲劇は始まりました。
あれよあれよと1死満塁になり、浅村・大崎のタイムリーで3点を失い、なお2・3塁で光夫は降板。
代わった森内も空気にのまれ星秀タイムリー、片岡犠飛で追いつかれ、とどめはヘルマンの満塁弾…
3点を取って5-0とリードを広げたのに、気付けば5-9ですよ。唖然として動けませんでした。
その後中島にも一発を喰らい、結果として5点リードを2桁失点でひっくり返されての敗戦でした。
交流戦明けの泥沼、特に投手陣の崩壊を痛感させられる、インパクトの強い試合だったなぁ…


・9月28日 対埼玉西武23回戦(札幌ドーム) ○5-0
エースが完封、4番が2発。優勝を争う西武を撃破しマジックが点灯。優勝が目前になった試合です。
先発は吉川と野上。光夫が上々の立ち上がりを見せると、その裏にまず中田の22号2ランで先制。
光夫は2回の無死2塁のピンチを危なげなくしのぐと、その後はスイスイと相手を抑えていきます。
すると5裏、2死1・2塁での場面で中田が十亀の真ん中の直球を左翼ポール際中段まで運ぶ3ラン!
早めの継投に出た西武でしたが、相手の希望を完全に打ち砕く一発。これで試合を決めました。
光夫は結局ヒットを2本しか打たれずに、95球完封勝利。まさにエースと主砲の晴れ舞台でした。
今季手綱にかけて育ててきた2人が、優勝のかかる大一番でこの働き。栗さんも感慨深かったはず。
23日の西ドで2点差を逆転した試合とこの試合。この2試合で優勝は決していたんでしょうね。


・10月17日 対ソフバンCS2nd第1戦(札幌ドーム) ○3-2
光夫が2点を先制された裏に逆転して勝利。うちってこんな勝ち方できるのかと感心しましたww
先発は吉川と陽兄。光夫はいつも通りの安定した投球、陽兄も伸び伸びと自分の球を投げ込みます。
ポストシーズンらしい締まった展開で、光夫が被安打3、陽兄が被安打1と試合が動く気配なしww
そんな中での7表。先頭本多が遊安で出塁すると内川も右安で続きます。お、チックゥー!
その後小久保とのしびれる粘り合いを制し2死2・3塁とするも、多村の当たりが詰まって左前へ…
0-2と先制され、自分も半分諦めかけでした。その裏陽のヒットの後、杉谷は送って1死2塁。
続く糸井、抜けたスライダーをジャストミート!打球は高い放物線を描いてスタンドへ!同点!!
さらに中田が遊安で出塁したところで投手が森福に交代。2死から小谷野の左安で1・3塁に。
そして登場したとっておきの代打・二岡が初球を流し打ちの右前タイムリー!一気に逆転!!
1点をリードし、8回は増井が劇場開演も無失点、9回は久が3人で抑え、試合を締めました。
いやぁ、7裏は叫びましたね。あそこまで興奮したのは久々です。この試合が勢いをつけましたね。


※なお、今年はこれでは足りないくらい印象的な試合が多かったので、次点も紹介しますww
・4月19日 対西武 ○3-2 絶好調岸から鬼稲葉逆転打、最後は大劇場の末勝利。心臓に悪い…
・5月12日 対西武 ●8-9 斎藤炎上で9点差を俺達発動で1点差に追い詰めた究極のネタ試合
・8月8日 対ソフバ ○7x-6 八木が5失点炎上すれば攝津まで6失点炎上。恐ろしき帯広の魔物
・8月21日 対オリ ○13-3 クソ暑い旭川で大猛攻、1イニング11得点は球団タイ記録(生観戦)
・9月21日 対西武 ●2-4 初回に2点を先制し光夫好投も8回に集中打を喰らい痛すぎる逆転負け
・9月23日 対西武 ○6-2 負ければ首位陥落、2点差で重い空気をこじ開けた主砲の二振り
・10月9日 対ロッテ ○9-8 金本引退試合の裏で行われたネタ試合、逆転に次ぐ逆転で締める



6.今年最も印象に残ったファイターズの出来事・事件をお答えください。(3つまで)
・今年もネタドラフト、メジャー志望の大谷を強行指名
昨年に引き続き、ネタでは済まされない暴挙ですww 本人がメジャー行くって言ってるのにww
しかも、栗さんは大谷の件について聞かれた際に少し涙ぐみながら話していたそうですね。
あえて厳しい環境に身を投じて成長しようとする若武者を、栗さんは応援したかったんでしょう。
ただ、残念ながらうちのチームには監督に人事権はありませんww そういう球団ですww
親は国内希望なのがまた難しい。親としたら子供を18で米国に渡らせるのは怖いですからね…

本人はその後の交渉で「野球評論家」栗山英樹の言葉も影響し、心が大きく揺れているようです。
決めるのは本人です。悩みに悩み抜いて、後悔せずに自分の納得いく結論を出すべきですよね。
勿論大谷がハムに来ることになったら大歓迎ですよ。我々と一緒に、大きな夢を叶えましょう。


・稲葉、2000本安打+250本塁打+400二塁打を達成
40歳になった稲葉、偉大な3記録を1年で達成するという、まさに記録づくめの1年となりました。
まずは4月28日、仙台で2000本安打。5月4日には札幌で250本塁打。19日に広島で400二塁打。
こう考えると、開幕から2ヶ月で達成できそうな記録はすべて達成してしまったんですねww
ただ、3記録達成後の成績はちょっとらしくなかったですね。結局今季の打率は.290でしたし…
08・09年も3割ギリギリでしたけど、これで3季連続打率3割を切りました。そろそろ正念場かな…


・満塁で点が入らないジンクス発動
ネタ記録からも1つ挙げるとするとこれですかね。9月中旬は満塁でとにかく点が取れなかったww
最終的には満塁機で21回連続安打なし、18回連続無得点まで行きました。こう見ると酷いなぁ^^;
ただ、実際には2死満塁のケースが多かったんですよ。安打を打たないと点になりませんからね。
とはいえ、こんだけ満塁のチャンスを作って無得点ばかりってそりゃないですよあなた達www
なお、満塁以外の好機ではしっかり点が取れていたので、まだ笑い話で済んだんですけどね…



7.ファイターズ流行語大賞候補を挙げてください。(3つまで)
・今年ダメなら、俺がユニホームを脱がせる(栗山監督)
秋季キャンプで栗さんが、4年間未勝利で殻を破れない光夫に、奮起を促すべくかけた言葉です。
そして、1年間腕を振り続けろという事も言いました。この言葉が本当に大きかったんでしょうね。
今季、光夫が1年間ローテを担い14勝で防御率1.79。栗さんのハッパなしにはありえなかったはず。
指揮官の厳しい言葉が、素材を生かせてなかった投手をここまで変えたというのも凄いですね。


・サンキューで~す(陽)
すっかり陽の代名詞となりつつあるこの「サンキューで~す」。なんと球宴でも披露されましたね。
第3戦で三浦から3ランを放つなど3安打4打点と大暴れで、この試合のMVPに選ばれました。
ちなみに第1戦では杉内から逆方向本塁打を打ってます。しかし、あれ全国に流れたのか…^^;
陽も長いこと日本にいますけど、未だにヒロインの時不安になるのは自分だけでしょうかww


・最強の24歳(斎藤佑)
ネタ発言からも1つ… え?ネタ発言ではない?そうですよね、盛り上げるためですよね(震え声)
背負ってるとか最強の24歳とか、斎藤はこれを一体どういう意図で言ってるんですかね。
自分を奮い立たせる意味合いがあるのか、それともただ強がった発言をしてしまう性格なのか…
最強の24歳なんてもう無理ですwから、「苦悩と逆襲の24歳」として来季は巻き返したいですね。



8.ファイターズ以外で、今年表彰したいチーム・選手を挙げてください。(それぞれ1チーム・1人)
・チーム 読売ジャイアンツ
おかしかったですww 勝てる相手ではなかったですww なぜ4月はあんなに低迷していたのか…
「また金の勝利か」とかいう人も当然いるでしょうが、今季の読売を支えたのは自前の選手です。
打線を支えたのは由伸や阿部などのベテラン、投手陣では高木京や宮國などの若い選手。
両者がうまく噛み合ったからこその大正義優勝でしょう。しかも、中盤以降は純国産打線でした。
最近の読売は下位指名の選手で逸材を掘り出すのがうまいです。ドラフト戦略の勝利でしょうね。
しかし、公式戦とCSでスタートに躓き、日シリでも2勝したのに2敗して追いつかれました。
ファンはすごく心配したでしょうが、その後の試合を取って栄冠をつかむとはドSなチームですww


・選手 三浦 大輔(横)
今季9勝。ハマのエースとして、今季も低迷したベイスを自ら引っ張っていくような存在でしたね。
2年間思うような成績が残せずに迎えた今季、チームが新しくなって心機一転を図る好機でした。
そして今季、開幕からエースとしてフル回転し、3年ぶりの2桁勝利はならずも見事な大活躍。
ベイスですからねぇww あのチームで9勝ならうちでは15勝に値するのではないですかねww
下記で述べる金本との引退試合で投げたり、読売に久々に勝つなど印象的な試合も多かったです。
来季で40歳ですが、若手が育つまでは三浦がバリバリ投げないといけません。来季も大変ですよ^^;



9.ファイターズ戦以外で、今シーズンのベストゲームを1試合だけ挙げてください。
・10月9日 セリーグ公式戦 阪神対横浜DeNA(甲子園)T3-0DB
日本が誇る鉄人・金本知憲の引退試合。金本は1安打1盗塁、阪神も勝ちいい試合になりましたよね。
先発は奪三振の記録を伸ばしたい能見wと、金本が通算で一番多く対戦した投手・三浦でした。
能見は荒波と筒香を三振に打ち取り奪三振トップとなったところでメッセンジャーに交代しますww
そのメッセンジャー、2回には1死1・3塁でレフトへ2点タイムリー2塁打を放ち攻守に大活躍です。

金本は1回1死1・2塁での第1打席は一ゴで走者が2・3塁となるも、続く辛いさん貫禄の捕邪飛www
この引退試合のために1軍に上がったのに相変わらずの辛いさん。腹を抱えて大爆笑しましたwww
しかし2回、上記の通り投手・メッセンジャーの2点タイムリーで阪神が2点を先制しました。
金本の第2打席は3回1死走者なし、空振り三振でした。続く辛いさんも貫禄の二飛でしたwww

そして第3打席。6回先頭打者でセンター前へのヒット!さらに新井兄の打席で盗塁を企て、成功!
自分もとてもびっくりしましたが、その後に辛いさんがヒットで続いた方が更にびっくりですwww
続く新井弟のタイムリーで金本が3点目のホームを踏みました。甲子園は大盛り上がりです。
7回には2死1・3塁で第4打席が回ってきましたが捕飛に。これが金本の最後の打席になりました。
そして9表2死で打者荒波。打った打球は左飛で、金本がボールを捕球して締める見事な形でしたね。

試合としてはとても盛り上がる形で、阪神ファンもお腹いっぱいの試合となりました。
しかし、ベイスねぇ… 三浦が8回を投げ切りましたが、援護なく今季10勝に届きませんでした。
2安打ですもの。しかも1安打は三浦の中安で、野手のヒットは荒波の二安だけってもう…
メッセンジャーが良かったのは事実ですけど、ベイスもなかなか来季への希望が見えてきませんね。
最後の金本のあいさつで「選手より監督が目立つようではだめ」と言われる始末ですし^^;



10.ファイターズが日本シリーズで優勝するために、最も必要なものは何だと思いますか?1つだけお答えください。

難しい設問ですけど、自分が前から思っていたのはずばり「正捕手の存在」だと思います。

セとパの最大の違いとして、正捕手の存在感の大きさがあると自分は考えています。
読売では阿部、中日では谷繁と、強いチームは信頼のある捕手がどっかりと座っています。
しかしうちはどうか?鶴岡や大野は居ますけど、鶴岡でも他の捕手と比べると物足りないですよ。
パは攻守揃った捕手が殆どいません。細川や炭谷は守備はいいのに…で嶋は打撃はいいのに…です。
ただ、そうはいってもここ最近は、ハム以外のパのチームは日シリを制していますからねぇ…

その格の差がはっきり出た象徴的なシーンが、ポストシーズンでの強打者への攻めだと思います。
阿部がうちの中軸に対し、しっかり対策をして抑え込んだ。うちは中軸に好き放題打たれました。
この差だと思うんですよ。勿論投手がリード通り投げられるかと言うのも関係しますけどね…
今回だけではありません。07・09・12と3回の負けたシリーズでは打たれすぎの印象が強いです。
パの公式戦、交流戦は抑えられたけど~じゃ駄目なんですよ。日シリは特別な舞台なんですから。
日シリでは、本当に歯がゆくなる展開ばかり。捕手を中心に、戦い方を再構築するのも手ですかね。



11.最後に、2013年に向けてファイターズに一言。

低い下馬評を覆すのはもはやうちのお家芸。今年も厳しい台所事情ながら本当によく戦いました。
投手力で勝ってきたチームから、後継も育たぬうちにエースという大黒柱が抜けた訳ですからね。
そんな中で始まったシーズンでしたが、選手達は我々の予想以上の力を発揮してくれました。
去年の8月以降の大失速を見ていたので、今季のこの安定した戦いぶりには、すごく感心しました。
ただ、最後がアレだったため、結局悔しさしか残らないシーズンになってしまったのが残念です。

さあ、来季は球団2度目の連覇、そして7年ぶりの日本一奪還への戦いが待っています。
コーチ陣もかなり変わりますし、2年目となる栗山監督の真価が問われる1年となるでしょうね。
楽しく、そして手堅く、王座奪還への道を歩みましょう!来季も期待してますよ!



今回も文章がクソみたいに長くなりましたww 最後まで読んだ人は本当にお疲れ様です^^;
回顧企画になると、いつも長い文章が更に長くなるのは当ブログの仕様ですwww


自分も参加してみたい、と言う方は以下のテンプレを使うかルパートさんのブログでどうぞ

- - - - - - - テンプレートここから - - - - - - -


【2012年ファイターズ回顧企画】『プレイバック・ファイターズ2012』

○ 企画の趣旨 ○
 気がつけば3年ぶりのリーグ優勝。そんな2012年のファイターズを、楽しく振り返ってみませんか?

◎ 参加方法 ◎
 ブログをお持ちの方は、下記の質問への回答を書いたエントリをあなたのブログで作成し、下記のトラックバックURLにトラックバックしてください。
 ブログをお持ちでない方は、回答をコメント欄に書き込んでいただければ結構です。
・元エントリURL:http://blog.goo.ne.jp/ruppert_jones/e/7984970b1cbe93f606168082c1c15d1d
・トラックバックURL:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/7984970b1cbe93f606168082c1c15d1d/16

☆ 質問 ☆
※振り返るのが目的ですので、極力理由もお書き添えください。

0.(ファイターズファン以外の方のみお答えください)一番好きなチームはどこですか?
1.今年活躍したと思うファイターズの投手をお答えください。(3名まで)
2.今年活躍したと思うファイターズの野手をお答えください。(3名まで)
3.今年イマイチだったと思うファイターズの選手をお答えください。(3名まで)
4.来年が楽しみなファイターズの選手をお答えください。(3名まで)
5.今年最も印象に残ったファイターズの試合をお答えください。(3試合まで)
6.今年最も印象に残ったファイターズの出来事・事件をお答えください。(3つまで)
7.ファイターズ流行語大賞候補を挙げてください。(3つまで)
8.ファイターズ以外で、今年表彰したいチーム・選手を挙げてください。(それぞれ1チーム・1人)
9.ファイターズ戦以外で、今シーズンのベストゲームを1試合だけ挙げてください。
10.ファイターズが日本シリーズで優勝するために、最も必要なものは何だと思いますか?1つだけお答えください。
11.最後に、2012年に向けてファイターズに一言。

● 参加に際してのお願い ●
1. 各質問の後ろに書いてある回答数の制限は、必ずお守りください。指定回答数をオーバーした場合、その質問の回答はすべて集計から除外いたします。

2. 笑える範囲の自虐ネタはもちろんOKです。ただし、回答が質問からかけ離れていたり、誹謗中傷にあたると当方が判断したエントリまたはコメントは、集計から除外の上、予告なしに削除されることがあります。

3. 一部の質問のみにしか回答していないエントリまたはコメントは書き捨てと判断されることがあります。その場合、集計から除外の上、予告なしに削除されることがあります。

3. 混乱を避けるため、このエントリに他球団企画へのご回答を送るのはご遠慮ください。もし送られた場合、そのエントリは予告なしに削除されることがあります。

4. どなたでもご参加いただけるように、ブログで参加される方は、ご回答の後ろにこのテンプレートをコピーして貼り付けていただけると嬉しいです。

□ 締め切り □
 締め切りは2012年12月23日(日)23時59分59秒とさせていただきます。
 それ以降もご回答は受け付けますが、集計には反映いたしませんのでご了承ください。

◇ 企画元 ◇
『にわか日ハムファンのブログ』(管理人:ルパート・ジョーンズ)

- - - - - - - テンプレートここまで - - - - - - -

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/01(土) 23:37:15|
  2. 12-13オフシーズンネタ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

プロフィール

kawasimo

Author:kawasimo
北海道砂川市出身で現在は東京都文京区に在住の、23歳です

上京してから早4年、地元には見切りをつけるも、05年から応援してきた地元の贔屓球団をどうしても見捨てることができず、今日もゆる~く見守り中。そんな管理人です

日本各地の球場を訪問中。15年8月28日、ヤフオクドーム参戦により12球団本拠地完全制覇!
16年3月31日、イーグルス利府球場訪問により12球団1・2軍本拠地完全制覇!残すは新規に建設されたタマスタ筑後のみ…

コメ・TBは荒らし対策のため承認制及び投稿時に数字認証制としています。反映まで時間がかかりますので、ご了承ください。


09年8月9日より「にほんブログ村」のファイターズカテゴリに参加しました。マンネリ化+文章が日に日に長くなる当ブログですが、アクセスは増えるでしょうか(ぁ

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する