kawasimoのファイターズBLOG

文京区から発信中!球団・選手・ファンの為にも新球場建設を!

新スローガン&ユニ発表 谷元のユニはサイズ的に便利?

沖縄キャンプもいよいよ間近となりましたが、先日11年のチームスローガンが発表されました。

2011年チームスローガンは「ONE_1」(ファイターズ公式サイト)

ONE_1ですか。いいと思いますよ。1試合、1勝、1球、1プレーを大事に戦い、1位を掴んでもらいたいものです。
掴んでもらいたいじゃなくて、掴んでくれないとダメですよwww
題字を書いた方が坂本竜馬の当主であることはよくわからないのでスルーします(ぁ


続いて、発表された際に物議を醸した新ユニフォームです。いよいよ発表になりました。

「HOKKAIDO PRIDE~北海道の誇りを胸に~」を表現 ユニフォームデザインを刷新 (ファイターズ公式サイト)
HOKKAIDO PRIDE スペシャルサイト

最初見たときは「なんやこれw」と思いましたが2分もしないうちにしっくり来ましたwww
特にビジターは昨年のWLHユニと色がほぼ同じため、見覚えがあるんですぐしっくり来るはずです。
おいおいダサダサなユニになったら困るぞぉ~wと思っていましたが、これなら問題ないでしょう。
個人的に重視している「ホーム・ビジターの差別化」がきっちりとされている点には天晴れです(ぁ

ちなみに特設サイトのユニ紹介で使用されているのはなんと谷元のユニフォームですwww
真ん中の2文字がIとMで、ビジユニ紹介では下に48と言う数字が出てしまってるのでほぼ谷元で確定ですww
背が小さいからユニフォームも小さくて済むのでサイズ的に便利だったんでしょうねwww

まず少し見覚えのあるビジユニから見て行きましょう。色は皆さんご存知、昨年も使った黄金色です。
新ユニにすると発表があった際の説明を見て「黄金色か?」と思われた方も多いでしょう。
まあ予想通りでしたwが、この色は「ハーベストゴールド」と言う色なんだそうですね。
黄金ユニで気になるのが昨年のWLHユニもそうだったように、汗の色が出てしまわないか気になります。
このユニで72試合戦うわけですし、夏に猛暑の内地でも使うわけですからその辺は大事になりますよ。
自分も異論を呈した帽子の「H」ですが、北海道の七光星もあしらわれてますしまあ無難ですかね。

続いてなんかビジユニより大きく刷新された気がしてならないwホームユニです。
やはり一目見て目立つのがユニ左側で存在感を見せる青色と、新しくなったFIGHTERSロゴでしょう。
12球団唯一の左右非対称スタイルは継承・・・って12球団唯一だったんですか?!へぇ~(ぇ
ビジユニもそうですが、襟裏には優勝回数をあしらった金星1つ、銀星3つがついています。
日本一になれば星が2つ増えるわけですから、これをどんどん増やしていけるようにしたいですね。
帽子には特に変更点は見られません。結構イメージが変わってますが、案外すぐ慣れるもんです(ぁ

そして「BP TOP」です。いわゆるサードユニ的な感じなんですか?昨年までなかったはずですが・・・
これ以上ない黒と言う黒の中に最小限の装飾(ロゴ、スポンサーなど)というシンプルな構成です。
08年のWLHシリーズでも黒基調のユニを使いましたが、ロッテとやったら色が被るでしょうwww
特に去年からロッテはグラデーションをやめ黒一色なだけに、どっちがどっちかわからなくなりそうwww
あ、このレプユニを着てマリサポが大量に陣取るビジター応援席にまぎれてもパッと見わかりませんよ(ぁ
帽子はホームユニと共有なんでしょうか。WLHシリーズの限定ユニはやめてしまうんですかねぇ?


全体的に無難なものに仕上がっているので自分から何も言うことはありません(お前何様だw
いつかはこれまで着用していたユニフォームも「復刻版」と称して着る機会があるかもしれませんね。
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/30(日) 16:42:35|
  2. ファイターズ関連ニュース
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

11年度秋季キャンプ・メンバー決定 光夫頑張んなさいよwww

1月になって振り返り企画以外の記事を更新するなんて久しぶりですねwww

さて、今年もいよいよ始まる沖縄キャンプ、メンバーが発表されましたね。

春季キャンプメンバー決定のお知らせ(ファイターズ公式サイト)

まず投手から見て行きましょうか。1軍20人、2軍14人です。
外国人3人は1軍スタート、新入団では斎藤佑・根本の2人が1軍スタートとなっています。
須永がいなくなり、未完の大器は吉川だけとなりましたがそれでも吉川は1軍ですwww
期待の若手が多数入っているのも見逃せません。若い勝・土屋・植村・谷元などが1軍スタートですね。
一方、昨年先発で勝ちを挙げている矢貫・増井が2軍スタートなのは意外です。
個人的に王子よりも即戦力として期待している、乾が2軍スタートなのは個人的に残念でしたww

続いて捕手。今年も今成が1軍スタートです。貴重な左打ちの捕手なのでそろそろ伸びてきて欲しいです。
個人的には大野の打撃の成長と、中嶋さんがどれだけ今年ハッスルするのかに注目していますww

内野手は昨年に引き続き1・2軍の偏りが激しいですwww
注目点は盛り上げ役・杉谷の1軍スタートでしょう。今浪にも今キャンプで打撃を成長して欲しいです。
小谷野と二岡という、バリバリ1軍で働いている2人が2軍スタートのため岩舘当たりは頑張らないと^^;
そういえばホフパワーなんて外国人とってましたね。そういえば内野手でしたね。前過ぎて忘れてたww

意外と少ない外野手。まあメンバー的にはこれが妥当なメンバーなのですかねぇ?
前からそうでしたが、ひちょりが抜けたとはいってもそれでも外野手は相当な争いが見込まれます。
糸井・稲葉が守備に付けば後1人しか守れません。鵜久森も佐藤も松坂も中田も陽も使ってみたいですねぇww
昨季終盤は中田一塁、陽左翼が多かったですが今季は果たしてどのような布陣になるんでしょうね。

全部合わせて1軍スタートのメンツが41人。そこから10数人が2軍に落ちることになるでしょう。
チーム全体で行われる熾烈な競争はここから始まりますよ。お互い切磋琢磨して1軍を掴み取ってほしいです。
競い合うことで選手全体のレベルが上がれば、チームにとってもこれ以上いいことはないんですから。

blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/28(金) 21:05:56|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第10弾 点差別勝敗編

先日三省堂書店でミスター執筆の自叙伝「ダメ人間」が出版されていたので買いました。
そうですか、若い頃はあそこまで廃人だったんですね。びっくりです。自分なんて屁でもないですわww
正直1,000円を越えているのは高い気がしてなりませんが(ぁ

というわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第10弾、今回は点差別勝敗編です。

・点差別勝敗
0点差:3(H1、V2)
1点差:16-18(H10-8、V6-10)
2点差:14-12(H8-8、V6-4)
3点差:10-11(H4-4、V6-7)
4点差:10-11(H5-5、V5-6)
5点差:5-5(H3-2、V2-3)
6点差:6-2(H4-1、V2-1)
7点差:4-2(H2-1、V2-1)
8点差:2-2(H0-1、V2-1)
9点差:2-3(H2-1、V0-2)
10点差:3-0(H0-0、V3-0)
11点差:2-0(H1-0、V1-0)
12点差:0-1(H0-1、V0-0)

今までのデータに比べると幾分シンプルになりましたwww

09年は1~4点差の試合が実に102試合ありましたが、10年も102試合で実は全く数値が同じです。
4点差ゲームも実は結構ありますね。よく自分は「久にセーブが付かないでしょww」と言ってますが^^;
ただ、両年の102試合の内訳は09年が55-47なのに対し、10年は50-52と負け越してしまっています。
両年の貯金数が異なるために単純に比較は出来ませんが、接戦に勝てていなかったのは事実ですね。
う~ん、もうちょっと接戦を取りたいですね。接戦に競り勝てるのはうちのチームカラーの1つです。

とは言え、実は09年も1点差ゲームでは負け越しています。ただ、それは打線が活発で点を取ったから。
10年と同じように極貧打線に苦しんだ08年の1点差ゲームは32-16と、圧倒的な強さを誇っていましたよ。
ま、08年は2~3点差ゲームでそれぞれ6つずつ負け越して1点差ゲームの貯金を使い果たしましたが^^;
6点差で4つ勝ち越しとか、10・11点差で勝ったのが5試合もあるとか、そんなのどうでもいいんです。
そんだけ差がつけば勝ちor負けなんて決まったようなもんですし、やっぱり鍵は接戦の試合なんですよ。
3点差くらいまでなら何かのきっかけで一気にひっくり返ります。飯山の同点3ランみたくwww
建山の穴が心配ですが比較的救援陣は安定しているうち。接戦をものに出来る力はあるはずです。


次回は、中継テレビ局別勝敗編です。BSとかCSの成績はさすがに載せられませんごめんなさいm(__)m
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/26(水) 21:18:17|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第9弾 得点・失点別勝敗編

1月に入ってから更新がほとんど振り返り企画なんですが、皆さん飽きてませんかねwww
まあ、予約投稿をフル活用している当ブログではニュースの速報性に欠けますが^^;

というわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第9弾、今回は得点・失点別勝敗編です。

・得点、失点別勝敗
(表作成、得点0~16、失点0~11)

得点失点
ホームビジターホームビジター
00-70-78-05-0
12-91-86-112-1
22-5-13-76-2-14-3
36-43-6-27-54-4-2
44-47-17-55-4
56-12-43-44-6
63-12-21-70-6
76-12-01-31-3
82-03-00-20-4
92-05-00-10-2
103-01-00-1
114-00-1
121-01-00-1
131-01-00-1
161-0


このデータを下に、昨年から導入したグラフを今回も作成しました。
データはしっかりチェックしてますが万が一間違いがあった場合グラフも少しずれますwww
2010point.png
2010pointall.png
2009pointall.png

何を示しているかはなんとなくわかると思いますが、上から得点、失点、10年HV合計、09年HV合計の順です。
今回は、ホームとビジターを分け、合計では得・失点を同じグラフで示してみました。
すべてのグラフにおいて、微妙にスケールが違います。目盛りにも注意してご覧ください。
3つ目のグラフの隅に黒い四角が映っていますが、自分の消し忘れです。ごめんなさいm(__)m

皆さんは、このグラフを見てどう思いますかね。個人的には、残念な点がちょくちょくありますね。
HV合計のグラフを見て下さい。09年に比べ、10年は得点のグラフの左側が明らかに隆起していますww
それもそのはず、09年は4回しかなかった完封が去年は14回、しかもホームで7回も完封を喫しています。
更に言うと、09年の被完封はいずれもビジターで、ホームでは完封を喫したことがなかったんですよ。
やっぱりホームでの完封負けほどむなしいものはないですよ。それも7回。しっかりして下さい本当にorz
1点しか取れてない試合も09年の12試合から8試合も増えてますし、打線の不甲斐なさが目立ちます。
個人的には、得点のグラフの山は4~7点くらいに来るのが丁度よくて理想なんですけどね。
HVが別になったグラフを見ると、ビジターの方が得点が取れていることがうかがえます。

一方失点のグラフを見ると、09年と防御率はそんな変わらないだけに大きな変化は余りありません。
実際、去年は3・4失点が一番多いですが1失点も多いです。ビジターの1失点試合の多さったらもうw
失点のグラフの山が0~3点にあるというのはいい傾向です。この傾向を今後も続けて欲しいですね。
ただ、3点から続く丘がなだらかに9点くらいまで続いてしまっています。これは勿体ないですね。
丘は6~7点の内に下りきりたいですねww ビジターで大量失点が多いのが数字に出てしまっています。
にしても、完封13回って流石ですね。ほぼ11試合に1試合、つまり2週間に1回完封してるペースですもんw

結局この文章では表を全く使っていませんがw、自分の理想の得失点の山は勝敗の均衡してる所です。
得点では3点を下回ると、失点では5点を越えると勝率がぐっと下がることを表が示していますね。
だから、打線が4点を取り、投手が4点以内に抑えるとおのずと勝ち星が増えてくると思います。
え?4-4じゃ延長戦じゃないかって?そんな細かいことをいちいち気にしたら負けですよwww


次回は、点差別勝敗編です。僅差の試合をきっちりものに出来るチームが、強いチームです。
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/24(月) 21:11:52|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第8弾 球場別勝敗編

王子フィーバーで鎌ケ谷は大変ですが、もっと皆さん他の選手にも目を向けましょうwww
一部ファンには乾が「佑ちゃんのキャッチボール相手」として認知され始めているようですが^^;

と言うわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第8弾、今回は球場別勝敗編です。

・球場別勝敗
ホーム球場 39-32-1
札幌ドーム:58試合31-26-1
東京ドーム(ビジター試合含む):10試合3-7
旭川スタルヒン:2試合2-0
函館オーシャン:2試合2-0
帯広の森:2試合1-1

ビジター球場 35-35-2
Kスタ宮城:10試合4-6
秋田:1試合0-1
盛岡:1試合1-0
西武ドーム:10試合4-6
埼玉県営大宮:1試合1-0
ハードオフ新潟:1試合1-0
千葉マリン:12試合5-6-1
京セラドーム大阪:9試合5-3-1
スカイマーク:3試合0-3
福岡ヤフードーム:11試合6-5
北九州:1試合1-0
神宮:2試合1-1
横浜:1試合1-0
相模原:1試合1-0
ナゴヤドーム:1試合0-1
石川県立金沢:1試合1-0
甲子園:2試合2-0
マツダ広島:2試合1-1

ずらっと羅列したため読みづらいかもしれませんが、その辺はご勘弁を願います^^;
特に今年はたくさんの地方球場に行っているため、いつもよりビジター球場の数が多くなっています。

去年Bクラスに沈んだ原因の1つが、やっぱりホームゲームで貯金を7つしか作れなかったことでしょう。
どうにか3位に食い込んだ08年はホームで11、優勝を果たした09年はホームで21の貯金を作りました。
そして、我らが聖地である札幌ドームでの成績もよろしくない。去年札ドで稼いだ貯金はわずかに5です。
どうにか3位に食い込んだ08年は札ドで9、優勝を果たした09年は札ドで21の貯金を稼ぎました。
何をやってもどうにもならなかった3~4月中旬に14試合もホームでやった(成績は3-11)のが響いてます。
札幌で負けても千葉で負けても福岡で負けても負けは負けですが、札幌で負けるのは勿体ないですよ。
やはり、優勝するにはホームで白星を稼がないと。ビジターよりホームの方が戦いやすいのは間違いない。
優勝を果たした09年も4位に沈んだ去年もビジターの成績はほぼ5分で健闘しているだけにより大事です。

一方、そのビジターの成績ですが09年は36-35-1、10年は35-35-2とほぼ変わっていません。
ビジターで極端に苦手な球場ってあまりないですよね。仙台・西ドがちょっと勝てないくらいですか。
読売主催の東京ドームでの試合は07年以来勝てていないのでそこくらいですかねwww
あんなに苦しんだ印象のあるロッテの本拠地・千葉も実は5-6-1です。そんなに成績は悪くありません。
そして、何故か毎年相性のいいヤフードームww 今年も6-5ときっちり勝ち越していますwww
なんたって昨年の初カード勝ち越しがこの福岡です。あの空気といい、やりやすいとは思えないんですが^^;

そして去年を象徴する数字が、地方球場の成績のよさですね。ホームでもビジターでもとにかく強かったw
スカイマークは毎年必ず行くので除くと、13試合でなんと11-2です。帯広と秋田でしか負けてませんww
地方球場と言うと「魔物が潜んでいる」と言うようにいろんな出来事があったり、プレーが難しいはず。
それにもかかわらずこの成績。正直なんでかよくわかりませんが、悪い印象はないですよねww
今年のビジターの地方球場遠征は5月にある郡山(福島県)だけです。なんか面白みに欠けますな(ぁ

次回は、得点・失点別勝敗編です。毎回恒例・得失点のグラフが登場しますww
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/22(土) 21:03:34|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第7弾 月別得失点編

全然雪が降らないのかと思いきや1月の中旬当たりから何故か札幌圏集中攻撃が続いていますww
先日、北西季節風が弱い旨の話をしましたが、今は丁度札幌~岩見沢にかけベルト状の雲があるようです。
ただですら雪が強いのに、ベルト状ということで、いつまで経っても雲が切れず降雪量を増やしています。
函館線も通る最重要区間だけに本当に勘弁してもらいたいものです^^;

一方、時々中空知も大雪が降るようになりましたが、降らない日も多く極端ですwww
やっぱり北西方向からの風は暑寒別岳ががっちりガードしているようで、滝川も雪少ないですもん。

前置きが長くなりましたが10年公式戦を11年に振り返る企画第7弾、今回は月別得失点編です。

・月別得失点(カッコ右の数字は順番に1試合平均得点、平均失点、月防御率、月打率)
3月:8試合35-41(H5試合26-23、V3試合9-18)4.38点、5.13点、4.40、.253
4月:25試合93-116(H13試合43-62、V12試合50-54)3.72点、4.64点、4.36、.245
5月:18試合73-56(H10試合32-21、V8試合41-35)4.06点 3.11点、2.77、.280
6月:24試合141-80(H9試合52-29、V15試合89-51)5.88点 3.33点、2.91、.305
7月:22試合96-98(H10試合49-47、V12試合47-51)4.36点 4.45点、4.18、.277
8月:24試合108-98(H13試合67-55、V11試合41-43)4.50点 4.08点、3.97、.299
9月:23試合66-59(H12試合33-33、V11試合33-26)2.87点 2.57点、2.45、.245
合計:144試合612-548(H72試合302-270、A72試合310-278)1試合平均得点4.25点 失点3.81点

随分と波がありますねw いくら投打とも好不調の波があるとはいってもここまで数値動きますか^^;

まずパッと見て目を引くのは、3月の平均失点の5.13、そして6月の平均得点5.88ですかね。
3月はそもそも1勝しかしてないのに得失点が6しか違わないってのも考えると不思議ですけどね^^;
まあ、3月のデータは開幕3戦目の16-5と言う数字が入るので特に得点のデータが狂いますが・・・
そして6月の5.88です。これはすごいですね。09年4月の平均得点5.86も上回ります。
確かにリーグ戦再開後の打線の勢いったら恐ろしいものがありましたし、6月の2桁得点は実に5試合ww
対ロッテ戦の2試合連続2桁得点と言うのは、打線があれほど活発だった09年でもありませんでした。
火が付けばこれくらい打っちゃう打線なんですが、なかなか火が付かないから困るんですよねぇorz

9月の数字はハムらしいちゃあハムらしいんですが、喜ぶに喜べませんね^^;^^;^^;
平均得点が2.87です。1試合で3点も取れてませんw 月間打率が同じ4月より点が取れてません。
4月の打線も相当深刻な貧打だったのに、9月はそれを上回る深刻さだったということになりますwww
一方平均失点も2.57です。1試合で3点取られませんwww いくら守りのハムとは言えすごすぎる^^;
4月との決定的な違いはここですね。4月は月間防御率が4.36で、9月の月間防御率は2.45でした。
恐ろしいほどの極貧打線を守りでカバーできたかが4月の9勝16敗、9月の15勝8敗と結果に出ています。

残念なのは、3・4月に加え7月も月間防御率が4点台であること、8月も4点台に相当近いことですね。
09年は5~8月をきっちり防御率3点台で戦いましたから、ちょっとこの数字は物足りないです。
やっぱり守りのチームですしね、打線が強力ではないですから少しでも失点を減らさないといけません。
こうは書いてますけど、実は09年の平均失点も3.82点なので実はほとんど変わってないんです。
むしろ、失策絡みの失点が増えてますし実は昨年より防御率は下がっていると思うんです。
だから、平均得点が09年の4.78から0.53も下がっていることがやっぱり響いているんでしょうね。
後日特集する「点差別勝敗」でも、今年ハムが勝ちを伸ばせなかった原因が浮かび上がってきます。


次回は、球場別勝敗編です。上位進出には去年の中日みたくホームで勝ちを重ねるのは絶対条件ですが・・・
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/20(木) 21:01:40|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第6弾 チーム別得失点編

旭川にある「マルカツ」の6階の本屋「冨貴堂MEGA」がつぶれるそうです^^;^^;^^;
まあ確かに三省堂が西武9階にありますから週ベ立ち読みに問題はないとは言っても、ねぇ(ぇ

と言うわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第6弾、今回はチーム別得失点編です。

H:109-73(H60-40、V49-33)1試合平均得点4.54点 失点3.04点 防御率2.82 打率.260
L:105-98(H48-43、V57-55)1試合平均得点4.38点 失点4.08点 防御率3.86 打率.282
M:102-116(H64-62、V38-54)1試合平均得点4.25点 失点4.83点 防御率4.59 打率.270
Bs:89-85(H37-45、V52-40)1試合平均得点3.71点 失点3.54点 防御率3.34 打率.273
E:95-97(H50-47、V45-50)1試合平均得点3.96点 失点4.04点 防御率3.77 打率.269
パ:500-469(H259-237、V241-232)1試合平均得点4.17点 失点3.91点 防御率3.68 打率.271

D:26-10(H14-0、V12-10)1試合平均得点6.50点 失点2.50点
T:16-13(H4-7、V12-6)1試合平均得点4.00点 失点3.25点
G:21-15(H10-2、V11-13)1試合平均得点5.25点 失点3.75点
S:18-22(H5-12、V13-10)1試合平均得点4.50点 失点5.50点
C:12-10(H6-7、V6-3)1試合平均得点3.00点 失点2.50点
YB:19-9(H4-5、V15-4)1試合平均得点4.75点 失点2.25点
セ:112-79(H43-33、V69-46)

正直セリーグのデータは4試合しかなくてあまり参考になりませんが、一応今回も掲載w

前回の当該企画の予告でも述べたとおり、この数字にはチームに対する相性がよく現れます。
14-10で勝ち越したソ・西だと得点が失点を上回り、ほぼ5分だったオ・楽だと得失点がほぼ均衡。
そして10-13-1で今季唯一負け越したロッテだけ失点が得点を上回っているんですよね。
おいおい西武とオリの得失点差は3しか違わないぞと言う指摘は勘弁してくださいwww

防御率がいいはずのソフバから一番点を取り、防御率はそんなでもないはずのオリから一番点が取れてないw
うちの防御率はパリーグ1位ですが、それでもロッテには平均4.8点奪われています。
ただ、今年から入れたチーム別防御率・打率を見ると、実は打率は平均得点とあまり比例してないですね。
ソフバからは一番点を取っているのかと思いきや、実は打率は.260で5球団中最低なんですよね。
でも、防御率は嘘をつきませんww 一番点を取られた対ロッテの防御率は飛び抜けて悪いですww


次回は、月別得失点編です。その月のチームの勢い、打線、投手の調子が数字によく現れます。
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/18(火) 21:19:59|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第5弾 対東北楽天全試合振り返り

カオス学校恒例のスキー授業が3学期スタート早々から始まります。
昨年は4回の授業中2回で猛吹雪に見舞われましたが、今年も自分の悪天候を呼ぶ力が炸裂するのか?ww

というわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第5弾、今回は対東北楽天全試合振り返りです。



1回戦 4月6日 札ド ●1-3 先発:多田野①-永井① 勝:永井 負:多田野
多田野は途中までノーノーかという投球も突如崩れ、打線も永井に手を焼き多田野を援護できず。

2回戦 4月7日 札ド ●3-6 先発:カーライル①-長谷部① 勝:長谷部 負:カーライル
カーライル独り相撲の幕開け。野手の再三の好守も、二岡の追撃弾も一人でぶち壊し。

3回戦 4月8日 札ド ○8-4 先発:ケッペル①-ラズナー① 勝:ケッペル 負:ラズナー
肉離れから復帰したケッペル、6回4失点と内容はイマイチながらも打線の援護に恵まれ初勝利。

4回戦 4月23日 Kスタ ●2-11 先発:カーライル②-ラズナー② 勝:ラズナー 負:カーライル
中嶋聡大先生でも制御できないカーライル独り相撲。しょっぱなで試合が決まり、カーライルは2軍へ。

5回戦 4月24日 Kスタ ●0-3 先発:ダル①-岩隈① 勝:岩隈 負:ダルビッシュ
低迷序盤戦を象徴するような試合。2安打しか打ててないのに3失策と言うgdgdっぷりで自分も怒り爆発^^;

6回戦 4月25日 Kスタ ●3-4 先発:勝①-田中① 勝:田中 負:武田勝
0-2から打線が粘りを見せ、6回に勝ち越したもののその直後にダブル武田がやられて勝ち越され被3タテ。

7回戦 5月8日 函館 ○1x-0(10)先発:ダル②-岩隈② 勝:宮西 負:小山
ダル・岩隈の壮絶な投手戦はお互い流石の投球で決着が付けられず。延長で賢介の機動力・稲葉で決めた!

8回戦 5月9日 函館 ○7-3 先発:勝②-田中② 勝:谷元 負:田中
勝はgdgdで3回で降板も、3-3からの7裏に不調にあえいでいた信二勝ち越し満塁弾!函館はお祭り騒ぎ!

9回戦 7月2日 Kスタ ●2-5 先発:勝③-岩隈③ 勝:青山 負:武田勝
7回まで勝と岩隈による投手戦が展開されるも、8裏に勝の後を受けたカトタケ大誤算。しかも勝負け投手orz

10回戦 7月3日 Kスタ ○2-1 先発:ダル③-永井② 勝:ダルビッシュ 負:永井
これぞエース!打線が2点しか取れないならそれ以内に抑えればいい、と言わんばかりの熱投!

11回戦 7月4日 Kスタ ○11-5 先発:ケッペル②-川井① 勝:建山 負:青山
まさかのケッペル炎上も打線が川井を攻め、途中膠着状態も9回に川岸から一挙6点を取りきっちり勝ち越し。

12回戦 7月16日 Kスタ ○5-4 先発:勝④-岩隈④ 勝:武田勝 負:岩隈
岩隈まさかの絶不調に乗じ5点を奪い、投手陣も少しずつ追い上げられるもどうにか逃げ切った。

13回戦 7月17日 Kスタ ●2-4 先発:ダル④-長谷部② 勝:長谷部 負:ダルビッシュ
ダル一球に泣く。全然合ってなかったはずの山崎に逆転3ランを喰らい、打線も反撃するだけの力はなし。

14回戦 7月18日 Kスタ ●2-3 先発:金森①-永井③ 勝:永井 負:金森
序盤から金森が炎上、3点に食い留めたもののハムキラー永井をいつも通り打ち崩せずわずかに及ばず。

15回戦 8月6日 札ド ○10-4 先発:ダル⑤-ラズナー③ 勝:ダルビッシュ 負:佐竹
翔祭り第1弾。ダルが4失点も打線が強力援護、中田が2本塁打4打点!怪物伝説にファンも酔いしれる。

16回戦 8月7日 札ド ○8-3 先発:勝⑤-川井② 勝:武田勝 負:川井
翔祭り第2弾。中盤まで拙攻が続き1-1が続いていたものの中田の一発で一気に火が付き一挙7点ww

17回戦 8月8日 札ド ●1-7 先発:吉川①-田中③ 勝:田中 負:吉川
翔祭り第3弾。中田、田中からも一発を放つ!田中と吉川と言うドラ1・外れドラ1対決は格の差はっきり。

18回戦 8月24日 秋田 ●1-4 先発:ケッペル③-岩隈⑤ 勝:岩隈 負:ケッペル
翔祭り第4弾。ケッペル初回だけ炎上、打線も苦しむ中中田が唯一のタイムリー、9回にも2塁打と孤軍奮闘。

19回戦 8月25日 盛岡 ○11-4 先発:糸数①-川井③ 勝:榊原 負:川井
糸数も川井もコツコツと失点を重ねる中、HRSが出てくればもうこっちのものw 打線も追加点を重ね11点。

20回戦 9月14日 札ド ●0-9 先発:中村①-永井④ 勝:永井 負:中村
緊急事態を救うべく若い勝登板も本人も疲労がたまっていたかプロの洗礼を浴びた。打線は相変わらず。

21回戦 9月15日 札ド ○7-5 先発:ウルフ①-松崎① 勝:ウルフ 負:松崎
ウルフ先生最高やww 打線も若手育成モードの楽天投手陣を攻め、久が炎上もどうにか逃げ切る。

22回戦 9月16日 札ド ○3-0 先発:勝⑥-川井④ 勝:武田勝 負:川井
勝は流石の投球で無失点に抑え、打線も3安打しか打てなかったもののインチキくさく3点を取り勝利。

23回戦 9月22日 札ド ●1-3 先発:勝⑦-川井⑤ 勝:川井 負:武田勝
中5が続いた影響か勝は2本の本塁打を喰らい、オリ戦で力を使い果たしたか打線も元気なく痛い敗戦。

24回戦 9月24日 Kスタ ○4-2 先発:木田①-岩隈⑥ 勝:榊原 負:岩隈
打線が数少ないチャンスをしっかり生かし4得点、HRS神懸った5イニングリリーフで執念で勝利をもぎ取る!

先発内訳
日:勝7、ダル5、ケッペル3、カーライル2、木田・ウルフ・中村・糸数・吉川・金森・多田野1
楽:岩隈6、川井5、永井4、田中・ラズナー3、長谷部2、松崎1



注目ポイント
・12勝12敗。1位のソフバ、2位の西武は楽天をカモにしていただけに正直物足りないかな?
・ダル登板試合は3勝2敗、勝登板試合も4勝3敗、ケッペル登板試合も2勝1敗。あまり貯金稼げてないな…
・岩隈も得意じゃないです。田中も時々しか打てません。でもそれよりも永井が打てませんorzorzorz
・楽天との試合ってなんか展開が地味な試合が多い気がするのは自分だけ?
・ソフバンと楽天に7試合も投げてるのにロッテとオリには1試合しか投げてない勝の登板の偏りったらもうw
・函館の2試合は神懸ってました。いや本当に。先発が吉川と矢貫だったらさらに神懸ってますが(ぁ


次回は、10年チーム別得失点編です。前からやっていて思いますが、結構相性が現れますね。

blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/16(日) 21:15:08|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第4弾 対オリックス全試合振り返り

日本人女子陸上短距離のホープ・福島千里選手のコメントが糸井並に危なっかしいと思うのは自分だけ?w

というわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第4弾、今回は対オリックス全試合振り返り編です。



1回戦 3月30日 東ド ●4-8 先発:糸数①-岸田① 勝:岸田 負:糸数
糸数は2回に走者を出した途端大炎上、打線も高口がプロ初本塁打を放っただけで元気なし。

2回戦 3月31日 東ド ●2-3 先発:カーライル①-山本① 勝:山本 負:ウルフ
カーライルが6回無失点で今季唯一の好投を見せるも新守護神・ウルフがT岡田に3ランを喰らい終了。

3回戦 4月20日 スカイ ●3-4x 先発:増井①-岸田② 勝:小松 負:ウルフ
増井は制球に苦しみながらも2失点に抑え、糸井の逆転2ランで勝ち越すもウルフまたしても炎上。

4回戦 4月21日 京セラ ●4-8 先発:吉川①-山本② 勝:加藤 負:谷元
オリの伏兵祭り。打撃の人ではない鈴木に6打点と試合を決められる。吉川の投球はこの日は悪くなかった。

5回戦 4月22日 京セラ ○11-1 先発:ケッペル①-近藤① 勝:ケッペル 負:近藤
ケッペル兄さんのお目覚めだ!打線の援護もあり8回1失点の好投で自身9連勝の口火を切る勝利。

6回戦 4月27日 札ド ○1-0 先発:増井②-岸田③ 勝:増井 負:岸田
本格派右腕躍動!増井が7回無失点の好投、8回には稲葉がライトゴロを完成させる!増井プロ初勝利。

7回戦 4月28日 札ド ●5-13 先発:吉川②-山本③ 勝:山本 負:吉川
打線が5点取るも、吉川は炎上ほどではないも苦しみ、プロ初登板の土屋もプロの洗礼を浴び大敗。

8回戦 4月29日 札ド ○5-3 先発:ケッペル②-近藤② 勝:ケッペル 負:近藤
ケッペルが好投を見せれば、ここまで苦しんでいた稲葉に久々の一発!でもお立ち台は泣きそうなので断るw

9回戦 6月18日 京セラ ○3-0 先発:糸数②-金子① 勝:榊原 負:金子
ハムの逆襲スタート!調子の悪くない金子から糸井の超特大弾などで3点取り、HRSが降臨すれば勝ちは安泰w

10回戦 6月19日 京セラ ○3-1 先発:ダル①-山本④ 勝:ダルビッシュ 負:山本
交流戦絶好調の山本から2点を取り、平野からも1点をもぎ取る。8・9回の守りは見ていて怖かった^^;

11回戦 6月20日 京セラ ○11-1 先発:ケッペル③-近藤③ 勝:ケッペル 負:古川
ケッペルはさすがの投球、打線も拙攻続きの鬱憤を晴らす1イニング2発の満塁弾で3タテを決めた!

12回戦 7月9日 札ド ○4-2 先発:木田①-山本⑤ 勝:木田 負:山本
先発起用の木田が好投を見せ、打線も山本を集中打で打ち崩すなどWLHシリーズ黄金ユニで1勝。

13回戦 7月10日 札ド ○5-2 先発:ダル②-小松① 勝:ダルビッシュ 負:小松
打線が早々に小松を攻略し、後はダルの完封だけだったものの鶴岡の不思議配球で後藤にやられ終了ww

14回戦 7月11日 札ド ●1-5 先発:ケッペル④-近藤④ 勝:近藤 負:ケッペル
近藤が意外とよくて手を焼き、疲れの見え始めたケッペルがT岡田に3ランを喰らうなど3タテはならず。

15回戦 7月27日 スカイ ●2-6 先発:ケッペル⑤-金子② 勝:金子 負:ケッペル
怪物伝説の本領発揮!中田がオリのエース金子の自慢の直球をスタンドへ!それだけでもうお腹いっぱい(ぁ

16回戦 7月28日 スカイ ●1-5 先発:木田②-近藤⑤ 勝:近藤 負:木田
前回に引き続き調子のいい近藤に手を焼き、木田も課題の5回に崩れ球宴明け連敗。

17回戦 8月27日 京セラ △3-3 先発:中村①-小松②
約1ヶ月ぶりのオリ戦、3-3になってから試合が膠着状態に。16安打を放つも決め手に欠き勝ち星を逃す。

18回戦 8月28日 京セラ ●1-2 先発:ダル③-中山① 勝:中山 負:ダルビッシュ
ダルの粘投に報いたくないのかハム打線。相手先発の中山に手を焼き、1点しか奪えず勿体ない敗戦。

19回戦 8月29日 京セラ ●6-9 先発:増井③-山本⑥ 勝:平野 負:建山
どこまで投打が噛み合わないのか。ここまで低調だった打線が6点も取ったのにリリーフ崩壊ってorz

20回戦 9月18日 札ド ○3-0 先発:ダル④-山本⑦ 勝:ダルビッシュ 負:山本
負けられない一戦で、エースが本領を発揮。付け入る隙を与えない完璧な投球で初戦を盤石に取る。

21回戦 9月19日 札ド ●0-4 先発:ケッペル⑥-金子③ 勝:金子 負:ケッペル
背中の張りが残っていたのかケッペルはピリッとせず、打線は半分予想通りにエースに完封を喰らう。

22回戦 9月20日 札ド ○3-2 先発:糸数③-木佐貫① 勝:榊原 負:木佐貫
糸数はいつも通りもリリーフが3回から無失点の完璧リリーフ!虎の子の1点のリードを最後まで守り抜く。

23回戦 9月21日 札ド ○4-3 先発:ウルフ①-中山② 勝:林 負:平野
ウルフ好投、打線も相手の鉄壁救援陣からコツコツ点を取り、9回は鶴岡決死のブロック!気迫の勝利。

24回戦 9月28日 京セラ ○4-0 先発:勝①-中山③ 勝:武田勝 負:中山
今季初のオリ戦登板の勝は変わらぬ安定感、ダルがリリーフ登板し塩崎と小谷野に華を持たせるww

先発内訳
日:ケッペル6、ダル4、糸数・増井3、木田・吉川2、勝・ウルフ・中村・カーライル1
オ:山本7、近藤5、中山・金子・岸田3、小松2、木佐貫1



注目ポイント
・山本(横浜に移籍)と近藤(背番号が11に変更)だけで全対戦の半分ww
糸数、増井、木田、吉川だけで10試合って危なっかしいですね(コラ
・ダルのリリーフ登板はネタ満載で本当に面白いwww
・1敗挟んで8連勝したかと思えば1分け挟んで5連敗と、相性がいいんだか悪いんだか^^;
・勝った試合は全部3点以内に抑えてます。やっぱり投手って大事
・札幌ドームでは7勝3敗と、去年(7勝2敗)もそうでしたけど比較的相性は悪くないんですよね。


次回は、対東北楽天全試合振り返りです。最下位に沈んだ楽天ですがハムが意外と苦戦したチームです。
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/14(金) 21:13:49|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第3弾 対千葉ロッテ全試合振り返り

最近何故か流行りだした「タイガーマスク運動」。悪いことではないと思いますよ。
ただ、米と白菜と大根、ネギなど野菜を「伊達直人」名義で送るのもどうかと思いますwww
鍋にして欲しかったんでしょうか。だったら肉も欲しいですよね

というわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第3弾、今回は対ロッテ全試合振り返りです。



1回戦 3月26日 マリン ●1-9 先発:八木①-成瀬① 勝:成瀬 負:八木
今季の低迷を予告していたかのような八木大炎上。打線も二岡の技あり弾による1点だけで終了。

2回戦 3月27日 マリン △3-3 先発:ダル①-渡辺俊①
強風に苦しめられながらダルが1失点にまとめるも久炎上で同点に。延長戦は特に動きもなくドロー。

3回戦 3月28日 マリン ●5-6x 先発:勝①-小野① 勝:伊藤 負:武田久
対ロッテ戦3年ぶりの登板の勝は好投も、今季の低迷を象徴するかのような久大炎上で勝ち星を逃す。

4回戦 4月13日 札ド ●7-8(10)先発:多田野①-唐川① 勝:小林宏 負:ウルフ
多田野と木田が揃って炎上も打線の粘りで延長に持ち込む。しかしウルフが福浦に一発を浴び終了orz

5回戦 4月14日 札ド ●1-6 先発:カーライル①-大嶺① 勝:大嶺 負:カーライル
カーライル独り相撲。打線も昨年は打ち放題打った大嶺の前に3安打に抑えられ見所のない試合。

6回戦 4月15日 札ド ●3-6 先発:ケッペル①-川越① 勝:川越 負:ケッペル
ケッペル珍しく炎上。打線も川越の前に3点を返すのが精一杯、今季初の同一カード3連敗を喫する。

7回戦 5月3日 マリン ●5-8 先発:増井①-渡辺俊② 勝:古谷 負:増井
増井・渡辺俊そろって炎上し中盤までは接戦もじわじわ点を取られ反撃及ばず。宮西が今季初失点。

8回戦 5月4日 マリン ●1-10 先発:吉川①-唐川② 勝:唐川 負:吉川
直球でしかカウントを取れない吉川が炎上、その後登板の土屋もまだまだ力不足で炎上。対ロッテ7連敗。

9回戦 5月5日 マリン ○8-3 先発:ケッペル②-香月① 勝:ケッペル 負:香月
ケッペル兄さん最高やww 打線も若手投手陣からコツコツ点を取り、今季対ロッテ9試合目にして初勝利^^;

10回戦 6月25日 札ド ○7-3 先発:金森①-成瀬② 勝:金森 負:成瀬
絶好調確変中打線にしたらエース成瀬もへっちゃら?金森は2点取った直後に3ラン喰らうも今季初勝利。

11回戦 6月26日 札ド ○10-4 先発:ダル②-マーフィー① 勝:ダルビッシュ 負:マーフィー
絶好調確変中打線にしたらここまで無敗のマーフィーもへっちゃら?序盤大量点であっさり試合を決める。

12回戦 6月27日 札ド ○10-3 先発:ケッペル③-小野② 勝:ケッペル 負:小野
絶好調確変中打線にしたら小野もへっちゃらww ケッペルさすがの安定感で札ド被3タテの借りを返す。

13回戦 7月19日 札ド ●3-5 先発:ケッペル④-コーリー① 勝:コーリー 負:ケッペル
夏場に入り疲れの見えるケッペルは球の動きが鈍い。打線も打てそうで打てないコーリーに手を焼いた。

14回戦 7月20日 札ド ○12-6 先発:木田①-大嶺② 勝:木田 負:大嶺
怪物伝説の幕開けだ!中田翔が大嶺からプロ初ホームラン!木田の5回はヒヤヒヤ物でした^^;

15回戦 7月21日 札ド ●2-6 先発:八木②-吉見① 勝:渡辺俊 負:八木
八木は炎上し早々に降板、9回登板の久も失点。リリーフ渡辺俊はレアですが勝てなきゃ楽しくありませんw

16回戦 8月10日 マリン ○3-1 先発:ケッペル⑤-マーフィー② 勝:ケッペル 負:マーフィー
助っ人外人投手の投手戦はケッペルに軍配。大松の打球が顔めがけて飛んでくるも人間の反射神経って凄いw

17回戦 8月11日 マリン ○4-3 先発:中村①-渡辺俊③ 勝:中村 負:渡辺俊
若き右腕躍動!若い勝が新人らしからぬ堂々とした投げっぷりを披露。打線も若い勝の頑張りに応えた。

18回戦 8月12日 マリン ●2-5 先発:木田②-唐川③ 勝:唐川 負:木田
木田が1回に炎上。打線も今年苦手の唐川を全然打てず終了。1回さえなければ2-1で勝ってるのにww

19回戦 8月17日 東ド ●2-3 先発:ケッペル⑥-マーフィー③ 勝:マーフィー 負:ケッペル
前の週同様助っ人外人投手同士の投手戦に。色々あったもののハムキラー井口の一発で試合を決められる。

20回戦 8月18日 東ド ○7-5 先発:糸数①-渡辺俊④ 勝:糸数 負:渡辺俊
早々に渡辺俊を攻め込み6点を先行も糸数炎上で気付けば1点差。しかし頼もしい救援陣が試合を立て直した。

21回戦 8月19日 東ド ●0-7 先発:中村②-唐川④ 勝:唐川 負:中村
若い勝にプロの試練。悪くない投球もインチキドームwの右中間の狭さを痛感させられた。打線は論外

22回戦 9月3日 マリン ○4-1 先発:ウルフ①-吉見② 勝:ウルフ 負:吉見
ウルフ先生の本領がいよいよ発揮されるww 稲葉の約2ヶ月ぶりの本塁打もあり快勝。

23回戦 9月4日 マリン ○1-0(12)先発:ダル③-ペン① 勝:林 負:小野
40℃を越える灼熱の中試合もダルとペンの熾烈な投手戦。試合を決めたのは飯山の中途半端な犠飛www

24回戦 9月5日 マリン ●1-5 先発:増井②-コーリー② 勝:コーリー 負:増井
増井は制球に苦しみ初回から炎上。打線もコーリーを打てず、結果この敗戦はBクラスに直結するとはorz

先発内訳
日:ケッペル6、ダル3、増井・中村・木田・八木2、ウルフ・糸数・金森・吉川・カーライル・多田野・勝1
千:渡辺俊・唐川4、マーフィー3、コーリー・吉見・大嶺・小野・成瀬2、ペン・川越・香月1



注目ポイント
・対戦成績は10勝13敗1分け。但し10回戦以降は9勝6敗。いかに4月の成績が悪かったかが浮き彫りに^^;
・ロッテ打線を3勝0敗率0.86と完璧に抑え込んだダル様あんたは凄すぎるww
・10~12回戦の3試合、1試合の平均得点が9点。うちの打線だって火が付けばこれくらい出来るんです(ぇ
・3月のカードはかなりきつかったけど、マリンってあんまり悪いイメージないですよね。
・9月3~5の3試合は修学旅行中、3試合とも5分おきに速報を確認してました(ぇ
・マーフィーがしょっちゅう先発で当たってた気がしましたが、実は3回だったという^^;


次回は、対オリックス全試合振り返りです。相性がいいんだか悪いんだか(ぇ
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/12(水) 21:10:20|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10年公式戦を11年に振り返る企画第2弾 対埼玉西武全試合振り返り

毎年恒例・HBCのベストテンほっかいどう2010年間ランキングがあったので勿論今回も録音しました。
個人的には嵐の聞いたことない曲が年間1位になってからオリコンの年間ランキングは信用してませんww
ただ、今回のベストテンのランキング、1位が坂本冬美ってのはいかがなものかと思いましたけどねwww

というわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第2弾、今回は対埼玉西武全試合振り返りです。



1回戦 4月2日 札ド ●4-6 先発:八木①-涌井① 勝:藤田 負:武田久
八木はいまいちで早々に降板、打線が涌井に喰らいつき接戦を演じるも最後はエラーで勝ち越しを許す。

2回戦 4月3日 札ド ○2-1 先発:ダル①-許① 勝:ダルビッシュ 負:許銘傑
苦しむチームをエースが救う!打線が2点しか取れなくても8回1失点に抑えチーム今季2勝目をもたらす。

3回戦 4月4日 札ド ●0-4 先発:勝①-帆足① 勝:帆足 負:武田勝
昨年は帆足、勝共に相手を大を苦手としていたはずが、終わってみれば勝は5回4失点、帆足は完封orz

4回戦 4月16日 西ド ●3-7 先発:ダース①-涌井② 勝:涌井 負:ダース
08年には同じ西ドで素晴らしい内容の投球をしたダースも、今回は救世主となれずあっさりノックアウト。

5回戦 4月17日 西ド ○8-5 先発:ダル②-許② 勝:ダルビッシュ 負:許銘傑
ダルがよもやの5失点。その悪い雰囲気を振り払ったのは、稲葉の逆転満塁弾!実況の土井ちゃん大絶叫www

6回戦 4月18日 西ド ●0-3 先発:勝②-帆足② 勝:帆足 負:武田勝
勝は凄く悪いわけではないもののピリッとせず、一方打線も前回同様に帆足を打てず点差以上に完敗。

7回戦 4月30日 札ド ○3x-2(10)先発:木田①-涌井③ 勝:ウルフ 負:藤田
今季初先発の木田が6回2失点と大健闘、延長に入り糸井が決めた!お立ち台では「あれです」発言www

8回戦 5月1日 札ド ○5-0 先発:ダル③-許③ 勝:ダルビッシュ 負:許銘傑
ダルの危なげない投球、打線も5点を奪い、安心して見ていられた試合。前半戦は少なかったですねw

9回戦 5月2日 札ド ●1-4 先発:勝③-帆足③ 勝:帆足 負:武田勝
勝と帆足の対戦は3度目も、勝は中盤に崩れ帆足は打てないという前2試合と全く同じような光景。

10回戦 6月29日 新潟 ○6-4 先発:矢貫①-岸① 勝:矢貫 負:岸
ヨレヨレ岸から3イニングで6得点、矢貫が6回2失点でプロ初勝利。9回の劇場は心臓に悪かったwww

11回戦 6月30日 大宮 ○7-4(11)先発:八木②-野上① 勝:宮西 負:大沼
3-3となってから互いの救援陣の踏ん張り合いで決着つかず延長へ。均衡を破ったのは陽の一打でした!

12回戦 7月1日 西ド ○9-7 先発:金森①-西口① 勝:榊原 負:小野寺
絶好調打線が止まらない。1-5から賢介3ランで反撃の口火を切るとコツコツ点を重ね逆転、今季初6連勝!

13回戦 7月13日 西ド ○9-1 先発:矢貫②-許④ 勝:榊原 負:許銘傑
矢貫はgdgdもそれ以上に許もgdgd。味方が大量点を取ってもHRS投入という盤石采配で堅く勝ちに行った。

14回戦 7月14日 西ド ●2-3x 先発:八木③-野上② 勝:シコースキー 負:武田久
八木と野上、打ち合いの気配も意外と接戦ww 最終的には9回の好機を生かせなかったのが響いた。

15回戦 7月15日 西ド ●0-7 先発:吉川①-平野① 勝:平野 負:吉川
新たなるハムキラーの誕生。吉川は四球が減っただけで炎上、打線は平野から1点も奪えず終了。

16回戦 7月31日 帯広 ○9-7 先発:勝④-涌井④ 勝:武田勝 負:涌井
調子最悪の涌井を滅多打ち、一方調子最高の勝は苦手西武にも意地を見せた!7回に色々ありましたがw

17回戦 8月1日 帯広 ●6-7 先発:八木④-帆足④ 勝:長田 負:菊地
八木は6失点と大炎上。しかし打線が帆足から4度目の対戦で4得点、そして6点差を追いつくも1点が遠かった。

18回戦 8月20日 札ド ○5x-4(10)先発:ダル④-平野② 勝:菊地 負:岡本篤
中田のビデオ判定弾で先制もダル炎上で4失点、絶望的な3点差を飯山先生まさかの3ランで勝利へ導いたww

19回戦 8月21日 札ド ○5-4 先発:増井①-涌井⑤ 勝:榊原 負:涌井
涌井に集中打を浴びせて4点を先制も、増井・榊原が崩れ同点に。しかし中田が犠飛を放ち、それが決勝点に。

20回戦 8月22日 札ド ○4-1 先発:勝⑤-帆足⑤ 勝:武田勝 負:帆足
帆足を初回に攻め立て4得点、勝は全く危なげない投球で9回を90球かからず1失点完投勝利。

21回戦 9月7日 西ド ●5-6x 先発:ケッペル①-許⑤ 勝:シコースキー 負:林
序盤に許を攻め立て4得点もケッペル降板後突如流れが変わり、救援陣まさかの大炎上。痛すぎる大逆転負け。

22回戦 9月8日 西ド ●3-8 先発:糸数①-石井一① 勝:石井一 負:糸数
糸数は相変わらず、糸井も怠慢プレーで途中交代など、大事な時期ながら勝つ意欲の感じられなかった試合。

23回戦 9月9日 西ド ○5-0 先発:ウルフ①-平野③ 勝:ウルフ 負:平野
ウルフ先生最高やww 打線も稲葉・小谷野2人だけで平野を攻略しCSへ望みをつなぐ1勝。

24回戦 9月26日 札ド ○4x-3 先発:ケッペル②-石井一② 勝:武田久 負:シコースキー
負け=優勝消滅の西武と負け=3位が遠のくハムの意地のぶつかり合い。試合を決めたのはまたも糸井!

先発内訳
日:勝5、ダル・八木4、ケッペル・矢貫2、ウルフ・糸数・増井・吉川・金森・ダース・木田1
西:涌井・帆足・許5、平野3、野上・石井一2、岸・西口1



注目ポイント
・14勝10敗。対戦成績は4つ勝ち越したんですがそんな印象がないのは何で?
・今年仕事ができなかった八木が4試合も先発していた件^^;^^;^^;
・ネタに満ちた試合が多い気がするのは気のせい?ww 特に飯山祭りとかwww
・5回も対戦したけど、涌井嫌いじゃないよwww その代わり平野は来ないでねwww
・序盤戦で特に日程の偏りの影響を受けたカードですよね。涌井・許銘傑・帆足3週連続って^^;


次回は、対ロッテ全試合振り返りです。10年に負け越したチームはロッテだけだったんですよね。

blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/10(月) 21:21:07|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ダルビッシュ選手と契約更改 5億ですって奥さんww

契約更改がまだ残っていました。うち1名ははんこを忘れたダースなので実質ダルだけだったんですがw
結局、その後は何も情報は入っていませんがダースは更改したんですかね?

背番号/選手名/変動額/推定年棒/備考
11/ダルビッシュ有/1億7000万↑/5億/日本人球界最高年棒

いやあびっくりしましたね奥さんwww まさかこんなに上がると思ってませんもんねwww
自分はね、今回のダルの更改は現状維持か上がって4億がMaxかなと考えてました。ケチ球団のことですしw
確かに12勝8敗、何よりも防御率1.78という数字は両リーグでも飛びぬけていい数字ですしね。
8敗は自身ワーストですけど、かなりのウェイトで打線の無援護が原因だったりしますww
参考までに、以下のデータを見ていただくといかにダルに無援護かよくわかりますww

・ダル先発登板試合の援護得点(93)÷ダル先発登板試合数(25)=3.58点
・ダル負け試合の援護得点(10)÷ダル負け試合数(8)=1.25点
・ダルに勝ち負け付かなかった試合の援護得点(9)÷ダル勝ち負け付かなかった試合数(5)=1.80点
・勝登板試合の援護得点(100)÷勝登板試合数(26)=3.85点
・勝負け試合の援護得点(10)÷勝負け試合数(7)=1.48点
・ケッペル登板試合の援護得点(134)÷ケッペル登板試合(開幕3戦目除く)数(24)=5.58点
・ケッペル9連勝中の援護得点(74)÷ケッペル9連勝中の登板試合数(9)=8.22点

ひどいと思いませんかww ダルに負けが付いた試合は平均援護点がわずかに1.25点って酷過ぎるwww
ちなみに、ケッペルは9連勝中の登板10試合を差し引いても平均援護点が丁度4点なんですよね^^;

それはともかく、5億は流石に上げ過ぎだと思うのは自分だけではないと思います。
岩瀬や小笠原といったベテラン選手を差し置いて一気に日本人選手の年棒トップに躍り出るとは^^;
まだ25歳にもなってない選手で、まだのびしろもあるであろう選手に5億は早いって^^;^^;^^;
ダルはこれからもコンスタントに数字を残してくれるでしょうし、そしたらどうするんですかハム球団は?
そんなに資金力のある球団じゃないですし、ケチ球団で有名なうちが8億も10億も出せると思いません。
糸井の1億も少し上げ過ぎかなとも思いましたが、それをはるかに越える上げ過ぎ筆頭候補です(意味不明

いや、防御率1.78だったりずっと2桁勝利+防御率1点台だったりすごく高く評価したんでしょう球団は。
それは勿論5億はどうかと思う自分だって凄いと思いますし、ダルなしじゃハムは崩壊しますからww
ただね、今後のことを考えるとこんなに早い段階でここまで上げてしまっていいのかと思うんですよ。
将来のことを考えると、個人的ではありますが心配が残るな、そんな感じを受けた今更改でした。
ダルのことはいいからまず自分のことを心配しなさいとか言う人は誰ですか(ぇ

blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/08(土) 21:08:12|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

中空知少雪の理由+ユニフォーム変更 HはHokkaidoのH?

今冬は本当に雪が少ないです。降雪量は比較的多い中空知なんですが、滝川の積雪14cmは異常ですww
この数値は元ネタを作る前の日の4日の数値で、5~7日の3日間で4日の積雪量よりも多い量降りましたw
やっぱり、あれくらい降って北海道、あれくらい降って中空知。冬って感じがしませんねww
気温が高いわけではないんです。寒い日もあります。雪は粉雪ですよ。それなのにこの雪の少なさ^^;
とにかく、雪が降らないんですよ。1月なのに雪が降ったら珍しいなんて、記憶にはないですよ。
1月なのにあんなにアスファルトが出ている道路珍しいです。ただ凍っていないわけではないので注意^^;
元旦に富良野スキー場に行きましたが、雪が降らないせいでバーンが硬く、石草葉が大量に^^;^^;^^;

なんでも、例年冬に日本海側に降雪をもたらす北西季節風が、今年はいつもより弱いそうですね。
このため、湿った空気がピンネシリや暑寒別岳と言った増毛山地を越えられず、留萌地域が大雪になるんです。
実際、それほど豪雪地帯でもない留萌管内の羽幌では積雪が80cmを越えているんですから。
先日テレビで増毛に旅に来ていましたが、本来あの雪の量は中空知になくてはならない量ですwww
つまり、普段中空知で降るべき雪の量が留萌地域で降っているからこの辺は雪が少ないんだとか。
内陸部の少雪の理由はこれ以外にも諸説あるかとは思いますがね。

前書きだけで随分と長くなりましたが、今回のメインテーマは違いますwww
でもツイッターにするには文量が多いですが、記事にするにはちょっと内容が足りなくて微妙ですね(ぁ

【日本ハム】ユニホーム変更 FからHへ (ニッカンスポーツ)

04年のハム北海道移転以来、4種類のWLHユニはありましたが基本のユニフォームはほぼ同じでした。
ホームは白基調(これはどこの球団も同じ)で、ビジターはグレー基調でファンにもなじみが深いですよね。
ところが北海道移転後8シーズン目となる今季から、遂にユニフォームが変わるとの報道が出ました。
球団からは新ユニのデザインが決定してから正式発表があるかと思います。

ニュースによると、ホームユニは「従来のデザインに新たな色が一部加わる」とのこと。
おそらく今までと違った色のラインがどこかに入るのでしょう。そこまで大きな変更ではありません。
一方、今回のユニ変更の中心であるビジユニ。今までのグレー基調のカラーは一新されます。
ゴッドハンド・藤井社長曰く「北海道の大地を意識したカラー」だとか。正式な色は発表されてません。
色々な憶測を呼びますね。ユニの「色」なだけに(ぇ ラベンダー色?黄金色?緑?白?
そして胸のロゴは従来の「NIPPONHAM」に「HOKKAIDO」が加わり、帽子もFではなくHになるんだとか。
帽子のHってどうなんですかね?別にFのままでいいでしょう。Hじゃホークスと被りますよ?
まあ、ホークスの帽子はSとHをもじった形ではありますけどね・・・

個人的には、帽子はFのまま、そしてユニはホーム・ビジターがはっきり区別されたものがいいですね。
西武・読売のユニがそうですね。ホーム・ビジターともユニのデザインがほぼ同じです。
一目見ただけでホームかビジターか区別が付かないのは個人的にあまり好きではありません。
まあ、自分みたくプロ野球に精通?している人は一目見ただけで区別が付くから問題ないんですけど(ぁ


ま、なんだかんだ言ってもそのうち慣れるから問題ないでしょうw QVCマリンフィールドも同様です(ぇ
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/07(金) 16:07:44|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

10年公式戦を11年に振り返る企画第1弾 対ソフバン全試合振り返り

個人的にはあまり迎えたくはなかったですがw、2011年が始まりました。まずは1月です。
1月といえば、もう皆さんご存知の通り、10年公式戦を11年に振り返る企画の時期ですね☆(ぇ
ネタがないんだろ?といわれても否定はできませんが、この企画のために個人的にデータを集めていますww

というわけで10年公式戦を11年に振り返る企画第1弾、今回は対ソフバン全試合振り返りです。
今年からは先発を入れた代わりにどうでもいい一部分をはしょってますが別にいいでしょう(ぇ



1回戦 3月20日 札ド ●3-5 先発:ダル①-杉内① 勝:杉内 負:ダルビッシュ
10年の予兆第1弾。らしからぬエラーで失点を喫し、中田のタイムリーなども反撃及ばず。

2回戦 3月21日 札ド ●1-2(11)先発:勝①-大隣① 勝:ファルケンボーグ 負:武田久
10年の予兆第2弾。絶好調勝の交代が完全に裏目に出て、挙句の果てに無敵抑え・久が勝ち越し弾を喰らう。

3回戦 3月22日 札ド ○16-5 先発:ケッペル①-ホールトン① 勝:木田 負:ホールトン
ネタ試合ww 緊急登板の木田が最高の働きをし、打線はお祭りで2イニングで14得点ww

4回戦 4月9日 ヤフド ●0-6 先発:増井①-杉内② 勝:杉内 負:増井
増井がルーキー投手で初先発、将来性の高さを感じさせるも杉内が無双で全く歯が立たずwww

5回戦 4月10日 ヤフド ○12-1 先発:ダル②-藤岡① 勝:ダルビッシュ 負:藤岡
中盤までは接戦でいい試合だったものの、7回に9点取り試合を決める。鶴岡が今季初ヒットwwwww

6回戦 4月11日 ヤフド ○4-1 先発:勝②-大隣② 勝:武田勝 負:大隣
2死からの攻撃がうまくいき、勝が今季初勝利。今季6カード目にして初のカード勝ち越し。

7回戦 6月22日 ヤフド ○7-0 先発:勝③-小椋① 勝:武田勝 負:小椋
制球◎球威×の勝vs制球×球威◎の小椋の対決は自身初完封を飾った勝に軍配ww

8回戦 6月23日 北九州 ○9-3 先発:矢貫①-高橋秀① 勝:榊原 負:高橋秀
絶好調打線が止まらず、この日も4回までで9得点。矢貫は炎上もHRS・榊原が見事な火消し。

9回戦 6月24日 ヤフド ●1-6 先発:八木①-山田① 勝:山田 負:八木
新たなるハムキラーの誕生。山田の荒れ球に的を絞れず、あわや初勝利が初完封になりかねませんでしたw

10回戦 7月6日 東ド ●0-12 先発:矢貫②-杉内③ 勝:杉内 負:矢貫
格の差。矢貫も谷元も炎上、一方杉内はハムキラー振りを存分に発揮し2試合連続完封orz

11回戦 7月7日 東ド ○6-2 先発:八木②-小椋② 勝:八木 負:攝津
八木と小椋の投手戦、ハムが先制するとソフバが一発で逆転、そしてハムは攝津攻略で勝利を掴んだ。

12回戦 7月8日 東ド ○7-0 先発:勝④-ダービン① 勝:武田勝 負:ダービン
ソフバンキラーが止まらない。絶好調勝さんが本領を発揮し、ひちょりがまさかの3ランwww

13回戦 8月3日 旭川 ○13-4 先発:ケッペル②-ホールトン② 勝:ケッペル 負:ホールトン
序盤3イニング連続3得点で早々に試合を決め、ケッペルはなまらけっぱって久々の勝利。

14回戦 8月4日 旭川 ○6-4 先発:木田①-和田① 勝:木田 負:和田
超絶ハムキラーとして名高かった和田を一発攻勢でノックアウト。木田もいい働きをした。

15回戦 8月13日 ヤフド ●1-5 先発:ダル③-山田② 勝:山田 負:ダルビッシュ
10年8月のダルを象徴するような突発性炎上、打てない投手はさっぱり打てない打線。ダメダメ試合。

16回戦 8月14日 ヤフド ●0-2 先発:榊原①-杉内④ 勝:杉内 負:榊原
スコアを見れば接戦。しかし実際は杉内をいつも通り打てずたかが2点差でも10点差のようでしたwww

17回戦 8月15日 ヤフド ○9-5 先発:勝⑤-小椋③ 勝:武田勝 負:小椋
勝と小椋の投手戦も、終わってみれば9-5ww 打線の頑張りで被3タテをどうにか阻止する。

18回戦 8月31日 札ド ●0-2 先発:ケッペル③-ホールトン③ 勝:ホールトン 負:ケッペル
ホールトン→ちょ→SBMの鉄壁リレーになす術もなく完封負け。報われないケッペルorzorzorz

19回戦 9月1日 札ド ○6-2 先発:糸数①-和田② 勝:糸数 負:和田
陽の3点タイムリーなどでまたも和田をノックアウト。糸数は7回に本領発揮wも初勝利。

20回戦 9月2日 札ド ○2-1 先発:勝⑥-山田③ 勝:武田勝 負:森福
勝の好投、大野勝ち越し弾、ネタに満ちたお立ち台と「気持ち悪いほど仲のいい」バッテリーの二人舞台。

21回戦 9月10日 ヤフド ○2-1(10)先発:勝⑦-山田④ 勝:榊原 負:馬原
勝と山田の投手戦は互いに決め手を欠き延長突入、ひちょりのスクイズで試合を決める。榊原8勝目w

22回戦 9月11日 ヤフド ○4-1 先発:ダル④-杉内⑤ 勝:ダルビッシュ 負:杉内
あれほど打てなかった杉内から中田の2点タイムリー含め4得点。ダルは完封こそ逃すも約1ヶ月ぶりの勝利。

23回戦 9月12日 ヤフド ●0-2 先発:八木③-大隣③ 勝:大隣 負:八木
八木はらしさのかけらも見えずあっさり降板、10年の打線を象徴するような打てなさで3タテを逃す。

24回戦 9月25日 札ド ●0-1 先発:ダル⑤-杉内⑥ 勝:杉内 負:ダルビッシュ
球史に残る大熱戦、互いに一歩も譲らない投手戦も川崎にやられて痛すぎる黒星。

先発内訳
日:勝7、ダル5、ケッペル・八木3、矢貫2、榊原・増井・木田・糸数1
福:杉内6、山田4、大隣・ホールトン・小椋3、和田2、藤岡・高橋秀・ダービン1



注目ポイント
・杉内嫌なのに6回も当てないでよwww(杉内の対ハム戦は5勝1敗防御率1.29、自責点は6試合で7)
・勝嫌なのに7回も当てないでよwww(勝の対鷹戦は5勝0敗防御率1.07、自責点は7試合で6)
・ダルで3試合も落としている割には14勝10敗と4つ勝ち越せたのは何で?
・2試合とも負けましたが、旭川はいかがでしたか?楽しめましたか?ww
・18~24回戦の7試合で10点しか与えていないハム投手陣素晴らしい!その割に3試合負けてる^^;


次回は、対埼玉西武全試合振り返りです。飯山裕志大先生まさかの同点3ランは一生忘れませんww
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/05(水) 21:37:31|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

球団回顧企画第4弾 福岡ソフトバンクホークス編

新年を迎えたにもかかわらずうちの横の道に全然雪がありませんwww
11月の末に一度大雪が降った後は雪らしい雪が全然降らず、その上どんどん雪が解けていく始末^^;
まあ、早くチャリが乗れるようになるんなら自分は別に構わないんですけどね(ぇ

というわけで他球団回顧企画第3弾、今回は逆転優勝もCSの壁は高し、福岡ソフトバンクホークス編です。
なお、記事作成は昨年中に終えてあったので10年のことを「今年」と書いてありますのでご注意を

[0] まずはハンドル(お名前)、好きなチーム、好きな選手などの自己紹介を
 (ホークスファンでない方の参加大歓迎!)
ハムファンのkawasimoと申します。勝が好きですね。勝といってもうちには3人勝がいますからねww
ええ、どうでしょう藩士の勝です。先日FFFFF(道内放送)で藤やんと対談してましたよwww

[1] 2010年シーズンに活躍したと思うホークスの投手は?
 (活躍度の強い順に)
・和田 毅(26試合17-8、率3.14)文句なし。復活を遂げた最強左腕が優勝に貢献したのは明白。
・森福 允彦(36試合3-1、率2.59)ソフバの課題であった左の中継ぎとして、特に終盤いい働きを見せた。
・攝津 正(71試合4-3-1、率2.30)若き鉄腕今年も躍動。小椋の時だけ打たれる印象があるのは気のせい?w

[2] 2010年シーズンに活躍したと思うホークスの野手は?
 (活躍度の強い順に)
・川崎 宗則(.316、4HR53打点)9月25日のダル対杉内の投手戦でやられた悔しさは今も残るww
・多村 仁志(.324、27HR89打点)この人が1年怪我せず、フル稼働できたのは優勝に大きく貢献した。
・本多 雄一(.296、3HR39打点)盗塁王。恐ろしいその俊足は、全球団のバッテリーを揺さぶった。

[3] 2010年シーズンで印象に残ったホークスの試合は?
 (オープン戦・公式戦・ポストシーズン全試合が対象)
・9月19日 対埼玉西武22回戦 H9x-7L(11)
それまでも決して状態がいい訳ではなかったソフバンの、逆転優勝へ舵を切ったカードです。
はっきり言って、3試合とも死闘でした。ソフバンが一方的だったか?全然そんなことありません。
西武も一歩も引かずにぶつかっていきましたし、そんな状況で西武を3タテできたのが優勝を近づけました。
初戦では3点リードから馬原がまさかの3失点で追いつかれてからの小久保サヨナラ弾。
そして3戦目の9回、馬原対中島の迫力ある対戦など、本当に見応えのあるカードでしたね。

・9月25日 対北海道日本ハム24回戦 H1-0F
息詰まる投手戦、素晴らしい試合でした。でもハムファンにとっては負けたので悔しさしかありませんww
CS出場権確保に負けれないうちはエースダルを、一方逆転優勝へ勢いづくソフバンもエース杉内を立てます。
試合は小谷野のビデオ判定ファールを除けばw全く試合が動く気配を見せないまま進み7回。
2死2塁で川崎がタイムリーを放ち、それを知った自分は態度が豹変しましたww
塾から「とにかく点を取れーーー!!杉内に意地見せろーーー!4試合も完封されて恥ずかしいと思わんか!」
とずっと気合を送り続けていたのですが、結果はご存知の通りですw ああ情けないハム打線orzorzorz

・10月19日 対千葉ロッテCS2ステ第6戦 H0-7M
劇的な逆転優勝を果たしたソフバンの、あまりにも呆気ない幕切れを象徴する試合ですね。
成瀬は神ピッチで全然手が出ず、杉内も悪いながら踏ん張っていたものの5回2死から突如崩れ4失点。
和田はよかったものの8回に登板の無敵艦隊・ファルケンがまさかの一発を喰らい3失点。
一方の成瀬は最後まで崩れず完封でゲームセット。呆然とし、泣く選手もいるベンチが印象的でした。
杉内なんて大舞台は何度も経験し、百戦錬磨のはず。その杉内でも一本のヒットからボロボロと崩れる。
大舞台、そして負けられないという重圧が最強左腕・杉内でもこうさせるかと再認識しましたね。


[4] 2010年シーズンで印象に残ったホークス関連のブログ記事は?
 (ブロガーさんの記事からどうぞ。わからない場合は無回答でもOK)
ソフバンファンの方のブログはあまり拝見しないのでスルーで(毎年スルーでごめんなさい^^;)


[5] 2010年シーズンで印象に残ったホークス関連のニュースや選手コメントは?
 (日々の報道で目に耳にした中からどうぞ)

・ペタジーニ入団(今季で退団^^;)
衝撃を受けたファンも多いでしょう。自分もその時期からちょくちょく野球を見ていただけにびっくり^^;
まだまだやれそうでしたけど、残念ながら今季限りのようです。インパクトだけを残し消えていきましたww
オルガ夫人との濃厚なラブラブシーンを見てもちっとも興奮しないのは自分だけではないはず(ぁ

・松中2億ダウンの推定年棒2億で契約更改
確かに故障もあり、自分の力を発揮できなかったシーズンでした。しかしここまでえげつない減額とは^^;
50%減ですよ。年収700万の家庭なら350万になると考えると結構な減額です。それでも2億ありますがww
11年はライバルも増え、松中にとっては厳しいシーズンになりそうですが結果を残せるでしょうか。


[6] ホークス以外で2010年シーズンの活躍を表彰したい野球人・団体などを!
 (プロ・アマ、国内外問わず。監督・コーチ、マスコットも対象)
チーム:中日ドラゴンズ  選手:和田 一浩(中)

こちらは2010ハム回顧企画の同質問の回答と同じです。


[7] クライマックスシリーズでのホークスの戦いについてコメントをどうぞ
 (今季の戦いを中心に、ですがここだけは過去も未来も含めて語ってください)

今年のソフバンのCS敗退の要因として、後半の鉄壁救援陣崩壊もありましたがやはり貧打が一番でしょう。
ロッテ投手陣の状態もよかったですが、6試合で9点しか取れてないのに日シリに行けるわけがありません。
ただ、何かシーズンと変わったのか?といわれると、特に見当たりません。シーズン通りの戦いのはず。
ポストシーズンだからといって、普段とは別のソフバンを演じているかというと、そうは思いません。
じゃあどうしたらCSを勝ち抜けるのか?それはソフバン関係者なら誰もが知りたいはず。
いつも通りの戦いをしてるはず。手を尽くしているはず。勝てない理由はないと思うんですけどね・・・

自分は、今CSのソフバン打線は初戦の成瀬に狂わされたな、という印象を持っています。
1点こそ奪いましたが成瀬があまりにもよすぎて、感覚の薄れていたソフバン打者陣が打撃を崩された。
小久保なんか象徴的でしたね。成瀬の内角への直球に手を焼き同じように三振していました。
ちなみに6戦目に至っては1戦目に増して絶好調で、もうどうしようもありませんでしたからねwww
直球の切れ・伸びが最高で、チェンジアップも決まり、あの抜群の制球力じゃあ何しても打てません^^;
今季のチーム打率はリーグ5位の.267、総得点もリーグ4位の638と決して高くなかったのは確かです。
ですけど、ここまで沈黙することは珍しいです。いかにロッテ投手陣がよかったかって話ですよね。


[8] #sbh2010=つぶやきタカ!ボード元年!ツイッターでの応援ってどう思います?
 (2010年スペシャルお題!ネットでの新たな応援についての感想や活用法などを)

悪くないとは思います、ええ。ヤフー予想などでやってるコメント欄と似たようなもんですよww
ツイッターやコメント欄を通じて沢山のファン友達を作れるというのは楽しいと思いませんか?ww
特に、本拠地と離れている地域で応援しているファンとの交流で知ることは結構ありますよ。
自分もこうしてハムに関するブログを通じて、道外在住のハムファンとも知り合えました。
最近やってませんがヤフー予想でも沢山のハムファンと知り合えました。ネット社会の利点ですよね。

ただ、こういうコメント欄的なサービスだとどうしてもDQNが登場し荒らしにかかることもしばしば。
また、熱すぎるファンの行き過ぎたコメントが他のファンの気分を害することもありますよね。
こういうのは難しいですよね。一生懸命チームを応援したいのにDQNに邪魔されて快く思う人はいないはず。
でもどこからがDQN、どこからが荒らし(削除対象)って基準は人により違いますしね・・・

自分としては、こういう応援は推進していいと思います。やっぱり一人で応援するのは孤独ですよwww


[9] 2010年シーズンのホークスについて改めて振り返ってください!
 (移籍・退団選手へのメッセージがあればここでお願いします)

序盤から決して状態はよくなかったですし、鷹・獅子・鴎三つ巴の上位争いは結局最後までこのままでした。
どこの球団にもこの争いを抜け出す力はなかったですし、つまりどこが優勝してもおかしくなかったです。
正直今年のソフバンの優勝は終盤の勢いで決めた感が強いです。自分もそう思ってしまいます。
ただ、最後まで大混戦でどこも抜け出せなかったパリーグを最終盤に抜け出しリーグを制したのも事実。
その事に関しては凄く評価できますよね。最後まで上位争いから落ちることなく、栄冠を手にした。
やっぱり力のあるチームなんですよ。うちだって4月さえなければ余裕でCSn(ry


[10]2011年シーズンを迎えるにあたってホークスにメッセージを!

来年はえげつない補強をして最強の布陣で挑むソフバンですが、そんな簡単に走らせるわけにはいきません!
うちは勿論、他の4球団だって独走は許しません!また今年も団子状態で最後まで楽しみましょうやww
なんだかんだで11年も混戦の予感がします。お互い切磋琢磨し合い、パリーグをアツくしましょう!!

そして、来年は杉内に絶対に借りを返す!4試合もうちに完封しておいて来年はただじゃ済まさんぞwww
ま、どうせうちの打線のことだからまた来年も好き放題やられて終わるんでしょうね


参加してみたい方は以下のテンプレをご利用ください
☆★☆★☆★☆★☆★【鷹ブロガーコンベンション2010】☆★☆★☆★☆★☆★

【企画内容】

 激戦の末7年ぶりのリーグ優勝、そしてクライマックスシリーズの壁。
 福岡ソフトバンクホークスの2010年の戦いを明るく楽しく振り返りませう。
 回答は清く正しくブロガーらしく(謎)。

【参加方法】

 2010年のホークスの戦いを振り返って、以下の10+1の質問(お題)に回答するだけ。
 お題ごとに回答数の制限はありません。また無回答でもOK。答えられる範囲でどうぞ。
 お題の後に注意事項があるので、そちらも読んでね。


【お題】

[0] まずはハンドル(お名前)、好きなチーム、好きな選手などの自己紹介を
 (ホークスファンでない方の参加大歓迎!)

[1] 2010年シーズンに活躍したと思うホークスの投手は?
 (活躍度の強い順に)

[2] 2010年シーズンに活躍したと思うホークスの野手は?
 (活躍度の強い順に)

[3] 2010年シーズンで印象に残ったホークスの試合は?
 (オープン戦・公式戦・ポストシーズン全試合が対象)

[4] 2010年シーズンで印象に残ったホークス関連のブログ記事は?
 (ブロガーさんの記事からどうぞ。わからない場合は無回答でもOK)

[5] 2010年シーズンで印象に残ったホークス関連のニュースや選手コメントは?
 (日々の報道で目に耳にした中からどうぞ)

[6] ホークス以外で2010年シーズンの活躍を表彰したい野球人・団体などを!
 (プロ・アマ、国内外問わず。監督・コーチ、マスコットも対象)

[7] クライマックスシリーズでのホークスの戦いについてコメントをどうぞ
 (今季の戦いを中心に、ですがここだけは過去も未来も含めて語ってください)

[8] #sbh2010=つぶやきタカ!ボード元年!ツイッターでの応援ってどう思います?
 (2010年スペシャルお題!ネットでの新たな応援についての感想や活用法などを)

[9] 2010年シーズンのホークスについて改めて振り返ってください!
 (移籍・退団選手へのメッセージがあればここでお願いします)

[10]2011年シーズンを迎えるにあたってホークスにメッセージを!


【注意書き】

・ブログをお持ちの方は、上記のお題に答えてブログ記事をお書きください。
 ブログをお持ちでない方は、本エントリーのコメント欄にお書きになって結構です。

・記事を書いたら「福岡ソフトバンクホークス トラックバック・ピープル」に
 トラックバックしてください。
※トラックバック送信先URL: http://member.blogpeople.net/tback/01396

・他のブロガーさんの回答も「福岡ソフトバンクホークス トラックバック・ピープル」でご覧ください。

・本エントリーへのリンクやトラックバックはご自由にどうぞ。

・集計などを行う予定はありませんので、書きたいときにご自由にお書きください。
 一応、記事を書く目安としては2011年1月31日までがよいかと思います。

・お題からかけ離れた回答や、チーム・選手・ブロガーへの誹謗中傷はアウトです。
 もちろん、これらに類するコメントやトラックバックもしないやうにお願いします。
 ネタ回答もフェアプレーで。

・その他、お題の変更やルール改正などがあればこのエントリーでお知らせします。

※気軽に誰でも参加出来るようテンプレを文末にコピペするか、
 テンプレ配布URLを記事の末尾にお知らせください。
 http://www.fuespo.net/~sabakozo/blog/archives/003405.html

テンプレ編集 脳みそのしわアネックス
http://www.fuespo.net/~sabakozo/blog/
Powered by 百花繚乱「ぼたんの屋敷」
http://botan.exblog.jp/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/03(月) 23:37:10|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

2011(平成23)年・新年の挨拶 遂に文章が短くなる??

さあ、新たなる年の幕開けです。2011年になりました。皆さん、あけましておめでとうございます。
平成の時代が始まり早23年。西暦が2000年代に突入し早11年。21世紀に突入しついに10年。
平成が始まった時にはまだ自分は精子にもなってませんがw、月日の流れは本当に速いですね。
上記の文章に一部よろしくない表現が含まれていたことをお詫びします(なら書くな


さて、昨年の新年の記事同様前の年について簡単に振り返りましょう。

去年はオープン戦を首位で終え、投打ともに不安要素は見当たらず日本一奪還へ期待が高まりました。
しかしいざ開幕して我々を待ち受けていたのは、目を疑うような、ハムとは思えない光景の数々・・・
打線が低調なことこそ時々ありますがw、無敵守護神久の炎上、守りのチーム・ハムの守備崩壊・・・
主力選手の極度の不振、期待された先発陣の炎上による駒不足、他にも色々・・・
交流戦前、突入直後に浮上のきっかけを掴みかけるも再度低迷、交流戦終了の段階で3位と約10ゲーム差。
現実逃れしたくなったファンも多いでしょう。みるみるうちに上位との差が離れていきました。
今年は早期の段階で若手育成モードになってしまうのか?そんな不安を打ち砕いたのがオリ3連戦でした。
あのあたりからハムの戦いが戻り、一気にAクラスを射程圏内にしたもののそこからが遠かった。
最終的には熾烈なCS争いを繰り広げたものの後一歩ロッテに及ばず、Bクラスで幕を閉じました。

成績だけ見ると、意外といいんですよね。何で4位に沈んだの?と疑問が浮かぶくらいですwww
チーム打率は.274でリーグ1位・ロッテとは1厘差。今年は打てなかったという印象の割に高いです。
更にチーム防御率は3.52でリーグ2位のソフバ・3.89に0.37差をつけてのダントツの1位ですwww
ちなみに全体では6位だった交流戦でチーム打率が.288で2位、チーム防御率は2.70でダントツ1位ですww
これだけ投打ともいい数字を残している割には、どうして首位と3差とはいえBクラスに沈んだのか?

結論から言うと、先発の駒不足もありますが、やはり打線の決定力・長打力不足でしょう。
チーム打率では1厘しか違わないロッテですが、得点612はロッテの708に大きく水をあけられています。
本塁打が少ないのは元々なのでなんとも思いませんがw、決定力不足は最後まで響きました。
612という数字も、もういいってくらい大量点を取った試合があることを考えると尚更ねぇ・・・
投打がかみ合わず、僅差の試合を落とした試合が今年はよくありました。歯がゆかったですね。
点差別の勝敗は、おそらく今月中に振り返り企画で紹介するのでお楽しみに。


続いてのネタとして、昨年に新年記事で挙げた目標がどれだけ達成できたか振り返りww

・なかなか野球観戦に行きづらい環境になりそうですがそれでも最低3試合観戦に行く
結局1試合しか観戦に行けませんでしたwww でもkawasimo単独観戦で勝ったんだからよしとせねば(ぇ

・読売に夢破られた日本一、今年こそは4年ぶりに奪還だ
どうにか3位に食い込めば、日本一をつかめる可能性があるということをロッテが実証した年でした(ぇ

・中空知or旭川で行われるハムイベントに積極的に参加する(旭川ってところ重要w)
芦別でファームの試合があったようですが雷雨により中止、芦別市は再度招致の方向のようでw

・定期テストなんかどうせやっても点数取れないから真剣模試でSS66超えるw
66どころか60すら超えることが稀になって来ましたww 成績低下は深刻です(ぇ

・1度でいいから美人or可愛くて若い女性が相席で自分の隣に座ってくる(ぁ
そもそも相席してくるのは基本的に年配の人ばかりwww

・長文+内容平凡が常態化しているwブログの文章を閲覧者がまた見たくなるような感じにする
なんだかんだ言って書きたいことが多いのか、短くまとまりませんね・・・

・球場内から福八グッズを追い出し、公認or手作りグッズでいっぱいの球場を作る
グッズを販売している選手がどんどん流出しているのは吉と捕らえるべきなのでしょうか^^;


ちなみに、2学年になって新クラスで「野球好き」のイメージが定着しました☆(ぇ
なぜか授業中審判のまねをすることになったんですが、野球好きというだけで俺を推薦するなwww
ま、白井球審の絶叫ストライクコールの真似をしてしっかりと笑いを取りましたとも(ぇ

さあ、ここからはいよいよ2011年のテーマに移りましょう。

今年の目標を挙げましょうw
・どうせ野球観戦なんてほとんどいけないので、せめて1試合(ぁ
・まず3位に食い込もう!そうすれば日本一の可能性がある!でも狙うはリーグ優勝かつ日本一!
・北大が合格圏になるようにいい加減勉強しないとwww
・1度でいいから美人or可愛くて若い女性が相席で自分の隣に座ってくる(またか
・簡潔でも読んで面白い文章を作り、アクセス数が上がるよう頑張るw

1つだけどうでもいいのがありますが、出来るだけすべて達成したいですねw

あらかじめお知らせしておきますが、11年に入り受験勉強もそろそろ本格化しないといけません。
今のうちはまだ更新できますが、6月くらいになるとパソコンすらやる時間が殆どなくなるかと思います。
この為、今年の試合記事は内容を大幅に削減し、更新率も大幅に減ることが予想されます。
時々更新するどうでもいい振り返り企画や他の小ネタは今年は中止でしょうね。
おそらくシーズンが終わる頃には1度更新を完全に停止し、二次終了後に再開することになるでしょう。
中3の時は入試直前でも普通に更新していましたがw、おそらく今回はそうは行かないと思われます。
もしかしたらもっと早く更新が止まるかもしれませんが、その際は連絡をします。突如更新停止はないですw
入試が終わればまたブログは再開する気でいますので、これからもよろしくお願いします。


え?出だしの文章とか1度見たことがある?実はこの記事は10年の新年の記事を改ざんしたものですww
内容は勿論変えてありますが、基本的な骨組みは昨年の新年の記事とほぼ同じですww
blogram投票ボタンにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/01/01(土) 01:01:01|
  2. 10-11オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kawasimo

Author:kawasimo
北海道砂川市出身で現在は東京都文京区に在住の、23歳です

上京してから早4年、地元には見切りをつけるも、05年から応援してきた地元の贔屓球団をどうしても見捨てることができず、今日もゆる~く見守り中。そんな管理人です

日本各地の球場を訪問中。15年8月28日、ヤフオクドーム参戦により12球団本拠地完全制覇!
16年3月31日、イーグルス利府球場訪問により12球団1・2軍本拠地完全制覇!残すは新規に建設されたタマスタ筑後のみ…

コメ・TBは荒らし対策のため承認制及び投稿時に数字認証制としています。反映まで時間がかかりますので、ご了承ください。


09年8月9日より「にほんブログ村」のファイターズカテゴリに参加しました。マンネリ化+文章が日に日に長くなる当ブログですが、アクセスは増えるでしょうか(ぁ

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する