kawasimoのファイターズBLOG

文京区から発信中!球団・選手・ファンの為にも新球場建設を!

4月30日 サイクル?気にしてました 対ロッテ8回戦

勝の骨折についての続報が入ってきました。
「左親指末節骨」を骨折した勝は今日、東京都内の病院で精密検査を受けました。
結果、同日に局所麻酔による骨の整復手術を行うことになりました。
その後、左指の固定にかかる期間が約4~5週間かかるそうです。
その後スローイングなどを始めるため、復活までは5~6週間はかかると見られます。
つまり復帰が・・・5月末期、復活登板は6月ごろ・・・?

(1日13時訂正 こんなのんきなことを書いてましたが、利き手なのでそんなすぐには直りません。)
(正しくは、復帰に約3ヶ月かかると見られ、前半戦は絶望と見られます。が正しい文です)
うわぁこりゃあきついな~w
一刻も早く骨折を完治し、マウンドに帰ってくることを望みます。



(千葉マリン 対ロッテ 日本ハム4勝4敗 17,516人)
ハ 301 010 001 6 勝 ダルビッシュ
マ 010 020 000 3 負 渡辺俊

HR 橋本4号①-ダルビッシュ 稲葉4号①-渡辺俊 福浦1号②-ダルビッシュ

投 ハ ダルビッシュ → 武田久 → マイケル
手 マ 渡辺俊 → 小宮山 → 根本 → 相原 → 伊藤



得点だけ見るとわからないかもしれませんが、今日は乱打戦でした。
両チームとも11安打づつ、合計で22安打という試合。
しかも、ハム打線の打順がいつもと違います。
1 森本  2 工藤  3 田中賢  4 稲葉  5 スレッジ
です、下位打線はいつも通りです。
この案、吉と出ましたw
さあて、ハイr(ry

1回表 渡辺俊の立ち上がりをファイターズ打線が捕らえる。
     2アウトから賢介がヒット、稲葉が四球で2アウト2・1塁。
     そしてスレッジ、センターオーバーのタイムリー2ベース!2人生還、2-0と先制!
     さらに小田のレフトフライをロッテの野手が見失い、ポトリ。2ベースとなる!
     これでスレッジが生還、3-0と初回から3点を奪い、ムードをハムに引き寄せる!

     稲田は三振に倒れたものの、この回3点を奪い、ジンクス的には勝が確定^^;

2回裏 ダルビッシュもこの回ピンチを招く。
     1アウトから橋本にライトスタンドへのホームランを打たれ、3-1と1点を返される。
     オーティズを抑えるもベニーにもヒットを打たれ、2アウト1塁。
     しかしここは今江をセカンドゴロに打ち取り、最小失点でしのぐ。

3回表 ハム打線が止まらない。もうどうにも止まらない(山本リンダ風(お前何歳よ(14歳w
     賢介・稲葉・スレッジの3連打で1点を追加し、4-1とする。ダルをさらに援護!
     小田が送って1アウト2・3塁としたものの、稲田・鶴岡が倒れこの回は1点止まり。
     ダルの試合でなんと4点の援護点が入り、このまま楽勝ムードで試合が進むはずだった。

4回裏 調子がいまいちのダルにロッテ打線も襲い掛かる。
     先頭の大松にヒットを打たれる。ズレータは三振とするも、続く橋本にもヒットを打たれる。
     次のオーティズに対するピッチャーゴロの間にランナーが進塁し2アウト2・3塁。
     さらにベニーに四球を与え、2アウト満塁の大ピンチ。
     ここで今江に・・・三振!三者残塁とし、エースの意地を見せる。

5回表 勢いづいたハム打線がさらにダルを援護する。
     1アウトから稲葉、ライトスタンドへホームラ~~ン!5-1と、さらに点差を広げる。
     続くスレッジ三振も小田・稲田が連続ヒットで2アウト2・1塁のチャンス。
     しかし鶴岡が3塁ファールフライに打ち取られ、ホームランによる1点で攻撃終了。
     このあと、この追加点が大きな役割を果たすとは、誰も予想していなかった。

5回裏 粘りの投球を続けていたダルが、この回ついに崩れる。
     先頭の西岡にヒットを打たれ、早川のセカンドゴロでランナーが入れ替わる。
     そして福浦にライトスタンドへ運ばれ、5-3と2点差に迫られる。
     大松を打ち取るも、ズレータのサードゴロをサードの飯山、悪送球。ランナー出塁。
     続く橋本、さらにベニーに連続ヒットを許し、ズレータがホームへ向かってくる。
     ここで工藤からホームへ送球、タッチは・・・アウト!!この回は2点で抑える。
     しかし、ロッテ打線につかまり2点を奪われる、いやなムードが漂う。

6回裏 ダルビッシュは相変わらず投球が不安定。
     ベニーにショートへの内野安打を打たれる。今江はセンターフライに打ち取り1アウト。
     そして西岡をショートゴロ併殺に打ち取り、3アウト。
     この回はダルビッシュの粘り勝ち。

7回表 1アウトから稲葉が2ベースを放つ。(これで稲葉はあと3ベースが出ればサイクルヒット)
     しかし後続が打ち取られ、追加点ならず。
     ダルの調子を考えると、もう1点くらい追加点がほしいところだった。

7回裏 1アウトから福浦に四球を与えるも、大松をショートゴロ併殺に打ち取り、3アウト。
     ダルビッシュ、10安打を打たれながら3失点に抑え、7回を投げきった。

8回裏 ピッチャーは昨日救援失敗した武田久にスイッチ。
     1アウトから橋本にヒットを打たれ、オーティズに四球を与え1アウト2・1塁。
     橋本はこれで4安打です。くせ者だなぁ・・・
     昨日を再現してしまうのではという雰囲気の中で、ベニーをショートゴロ併殺で3アウト。
     3イニング連続の併殺で相手のチャンスを潰し、試合の流れをハムに引き寄せる。

9回表 勢いのあるハム打線がロッテ救援陣に襲い掛かる。
     1アウトから工藤・賢介が連続四球で出塁すると、バッターは稲葉。(サイクルヒットか?)
     稲葉、レフト前にタイムリー!1人生還、6-3と3点差にする。(サイクルはならず)
     続くスレッジにも四球で1アウト満塁の大チャンスも、飯山・稲田倒れ1点止まり。
     しかし最終回に貴重な1点が入り、セーブもつく状況でマイケルがマウンドへ向かう。

9回裏 ピッチャーはマイケルにスイッチ。
     今江をセカンドフライ、西岡を三振に打ち取り、2アウト。

そして早川をセンターフライに打ち取り、ゲームセット。6-3で、ファイターズ2連勝!



苦しんだ末の勝利です!
調子の悪かったダルを、ハム打線が早くから援護したことが大きかったですね。
遺伝子打順組み換え、意外と成功でしたね(^^)v

昨日に続き、今日も肝心なところで点を入れれたことが、勝利につながりました。
よくあの超アンダースローから5点も取りましたね!w
初回にまず3点を奪い、チームに流れを引き寄せ、ダルを楽にしました。
2回裏に1点を返され、ダルが苦しくなった直後の3回表、稲葉のホームランで1点を追加です。
さらに5回表に1点を追加しておいたことが、その裏効きました。
2点を返され、ズレータが生還してたら1点差だったんですから。
そして、5-3のままで迎えた9回表に、貴重な1点が入りました。
この1点は、マイケルをかなり楽にしたことでしょう。
打線の調子が悪いときは、投手がカバー。投手の調子が悪いときは、打線がカバー。
など、お互いを楽にしようと努力していることが、アウェーでの連勝につながったんだと思います。
さらに、ヒット11本のうち、3~5番のクリーンナップで8本も打っています。
自分たちでチャンスを作り自分たちで点を入れる、ある意味省エネ(^_^;)
さらに下位打線の小田が2安打、直人が1安打です。
この2人こそ点には結びつきませんでしたが、よくがんばりました。
そして、賢介・スレッジ・小田マルチヒット、稲葉はなんと4安打です。
稲葉は、3塁打が出てればサイクルヒットになったんだけど^^;
でも、2打点でチームに貢献したことは間違いないでしょう。
ダルの調子が悪いのを、みんなが感じ取り、みんなで楽にしようとする。
仲良し集団のファイターズだから出来る技ですよね。

そして、打線の頑張りがあったからこそ、ダルが千葉マリンで初めて勝ち投手になりました。
今日のダルは、今シーズン一番といっていいほどよくない投球でした。
7回打者31人に105球を投げ被安打10、奪三振3、与四死球2、失点3です。
ついに、防御率が1点台となってしまいました。
被安打と奪三振反対じゃない?って思った方、これはリアルです(ぇ
でも、3失点喫してしまったことを責める人はこの試合を見た人ならば少ないでしょう。
あんだけヒットを打たれ、ピンチを作りながら、よくホームランによる3点で抑えられたなぁ。
と、この試合を見た人なら思うはずです。
毎回のようにピンチでしたが、それをホームランによる失点で抑えたことは、やはりエースです。
ハムのエースです。いや、日本のエースです。簡単には崩れませんでした。
もし打線の援護がなかったら、崩れていたかもしれません。
でも、最大のピンチのところで確実に打ち取れる投球、これぞエースです。
屋根があろうとなかろうと、エースということに変わりはありません。
エースという言葉、何回使いましたか?(聞くな
久もピンチを作りましたが、切り抜けたので問題なし(^_^;)
マイケル?もちろん問題なし(^_^;)

今日の時点で、ハムが3位に浮上しました。楽天も負けてれば2位だったのに(ーー;)
本当にオリックスったらもう^^;
明日の予告先発は、ハムが吉川、ロッテが小野です。
吉川も四球から崩れる傾向があるので、先頭の打者には四球を与えないようにしてほしいです。
そして、好調の打線は吉川のときこそ援護してあげないといけません。
チームの真価が試される試合となりそうです。
さあ、あと1試合すれば札幌に帰れます。チケットが残り少ない=かなりお客が入ってます。
そして、ヒデキも待ってます。(ぇ
ぜひ勝って札幌に帰ってきて、6連勝といきたいですね。そのためにも明日は勝ちましょう!
いい流れで勝ち、その流れを札幌に、そして所沢へ!がんばれファイターズ!
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/30(水) 23:12:34|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

4月29日 陽です!勝さん、見てますか! 対ロッテ7回戦

きょうはいつものどうでもいい前書きではなく、緊急ニュースからはじめます。
今日の試合前の練習中に勝が相手の打ったボールを左手に受け、先発を回避しました。
それで千葉県内の病院で検査したところ、「左親指末節骨」の骨折であることが判明しました。
明日都内で再検査を受ける予定ですが、骨折なので少なくとも全治3週間はかかるでしょう。
投手の台所事情が厳しい中でよくがんばってくれていた勝が、この時期に抜けるんですよ!
この影響は、計り知れないものがあります。
「報われない同盟」が不安定な中、安定した投球を続けていた勝がいなくなるということ。
これで、ダルくらいしか勝ちが見込めなくなるという、厳しい状況です。
少なくとも、交流戦までには絶対に戻ってきてほしいところですが・・・
勝の先発回避により、今日はスゥイーニーが代わりの先発として登板しました。
相手はあの成瀬。スゥイーニー、勝の分もがんばってくれ!!!



(千葉マリン 対ロッテ 日本ハム3勝4敗 30,021人)
ハ 001 000 101 3 勝 マイケル
マ 000 000 020 2 負 シコースキー

HR 陽1号①-成瀬

投 ハ スゥイーニー → 建山 → 武田久 → マイケル
手 マ 成瀬 → 伊藤 → 根本 → シコースキー → 川崎



これを見てもわかるとおり、一筋縄ではいかない試合展開でした。
しかし、試合を決めたのは、やはりムードメーカーのあの男です。
わからないよね?ハイr(ry

1回表 ひちょり・賢介・稲葉が成瀬の前に三者凡退。これで24イニング連続無得点。

1回裏 先発のスゥイーニーが初回からピンチを迎える。
     先頭の西岡にヒットを許し、早川を打ち取るもランナーは2塁へ進塁する。
     さらに福浦に四球を許し1アウト2・1塁のピンチ。
     しかしズレータ・大松を打ち取り、ロッテに得点を与えなかった。

2回表 先頭の信二がヒットを放つも、後続3人が打ち取られてしまい、25イニング連続無得点。

2回裏 スゥイーニーはまたピンチを迎える。
     1アウトから橋本に2ベースを打たれ、ベニー打ち取るも今江四球で2アウト2・1塁。
     ここでバッター西岡をレフトフライに打ち取り、この回もピンチを切り抜けた。

3回表 先頭の鶴岡が四球を選び、誠が送って1アウト2塁。
     そしてひちょりがレフトへのタイムリー2ベース!1-0と先制する!
     これでイニング連続無得点が25でようやく止まった。
     さらに賢介の当たりがファーストのエラーを誘い、1アウト3・1塁のチャンス。
     しかし稲葉・信二が凡退、この回は1点止まり。成瀬も簡単には崩れない。

4回裏 オーティズ・橋本・ベニーを打ち取り、三者凡退。スゥイーニー、この試合初の三者凡退。

5回裏 調子が上がってきたスゥイーニーだがこの回またもやピンチを迎える。
     1アウトから西岡・早川に連続ヒットを打たれ、3・1塁のピンチを招く。
     しかし福浦・ズレータを打ち取りこの回も無失点。
     再三ランナーを出すも、粘りのピッチングで1点を守り続けるスゥイーニー。
     この時点で、スゥイーニーに勝ち投手の権利が生まれた。

6回表 ファイターズ打線が、再び成瀬に襲い掛かる。
     先頭の賢介が2ベースで出塁!バッターは稲葉。稲葉ジャンプが巻き起こる。
     しかしファーストゴロになって、ランナーは進塁したものの信二・スレッジ倒れ無得点。
     成瀬を打ち崩せそうで打ち崩せない、いつものファイターズの展開^^;

7回表 1アウトから陽、レフトスタンドへプロ入り初ホームラ~~~ン!!!2-0となる。
     さらに鶴岡のレフトへの2ベースを放つ。ここでバレンタイン監督登場!!
     あのCS2ステ第5戦以来、公式戦で0勝6敗だった、あの成瀬をノックア~ウト!!
     ピッチャーは成瀬からルーキーの伊藤にスイッチ。
     誠三振も、ひちょりが四球を選び2アウト2・1塁。
     ここでピッチャーが同じくルーキーの根本にスイッチ。
     賢介は三振に打ち取られてしまうも、この回追加点が入って勝利をさらに引き寄せた。

7回裏 この回からピッチャーは力投を続けたスゥイーニーに代わって建山にスイッチ。
     陽のナイスプレーにも助けられ、建山はこの回を三者凡退に打ち取る。

8回表 2アウトから工藤・稲田が連続四球で出塁し、チャンスを作る。
     ここでピッチャーがシコースキーにスイッチ。卑猥な名前(コラ
     バッターはラッキーボーイの陽だったが、ショートゴロに打ち取られ無得点。

8回裏 この回からピッチャーが武田久にスイッチ。
     必勝リレーとなるはずだったが、なんと福浦・ズレータに連続ヒットを打たれる。
     しかし大松をショートゴロ併殺に打ち取り、2アウト3塁。
     ところがオーティズ・橋本に連続四球を与えてしまい、2アウト満塁。
     ここでピッチャーが一足早くマイケルにスイッチ。
     だが雰囲気は完全にロッテで、ベニーにライト前タイムリーを打たれて2-2の同点。
     この時点でスゥイーニーの勝ち投手、成瀬の負け投手の権利が消滅した。
     今江を三振に打ち取ったものの、なんと試合は振り出しに戻ってしまった。

9回表 この日のファイターズは、いつもの凡打続きのチームと一味違った。
     先頭の鶴岡がヒットで出塁し、誠がバントを試みたところでシコースキーが足負傷。
     そのためピッチャーが川崎にスイッチ。
     川崎、誠に四球を与えてノーアウト2・1塁のチャンス!2塁走者は代走の紺田。
     そしてひちょり、バントシフトで野手が前に来たところを狙い、カキーン!(ぇ
     ひちょりの当たりは二遊間を抜け、俊足紺田がホームイン!3-2と、再び逆転!
     賢介が送って1アウト2・3塁のチャンス。稲葉は凡退し2アウト2・3塁。
     信二は敬遠の四球で2アウト満塁も、工藤がセカンドフライに打ち取られる。
     しかしこの回、貴重な貴重な1点が入り、最終回をマイケルに託す。

9回裏 この回も8回途中から投げているマイケルが登板。
     西岡のいい当たりは紺田の守備位置がよく、アウト!早川もファーストゴロ!
     そしてバッターは福浦に代わって、こわ~い里崎。

その里崎を空振り三振に打ち取り、ゲームセット!3-2で、ファイターズ連敗脱出!



執念で掴み取った勝利ですね。自分がヤフー予想でロッテが勝つと思ったことはなかったことに(ぁ
8回に追いつかれたときには、「またこれか」「4連覇いか」と思った方もいたでしょう。
でも今日のチームは、一味違いましたね。勝の離脱でチームが燃えたこともあるでしょう。

そして何よりも、今日は課題の打線が大事なところで1本がでました。
中軸にあたりが少なかったことは言わないこと!(ぁ
あんなにあたりが出ず、苦しんでいた下位打線から1本が出たことは非常に大きかったです。
陽がホームラン1本、鶴岡が大事なところでヒット2本、誠がつないでひちょりに回す。
そしてひちょりも、期待に応えてくれました。
洋平も、ヒットこそなかったもののパンチ力がある打者らしいいい当たりを放ってました。
なおもチャンスが続く中で1点しか取れないのはファイターズのご法度?^^;
でも、1点がほしいところで1点を入れることが出来た、ハム打線はこの状況の中では合格点です。
今年は、いつものこつこつ稼ぐ点に加え、ホームランが増えて楽に点をとることも出来ます。
ホームランが、今年の試合で流れを引き寄せるなどといった大きな役割を果たしています。
新しいファイターズ野球ですね。この野球が機能したときこそ、ハムは強いです。

スゥイーニーも、あんなにランナーを出したのによく粘りました。
誰でもわかるとおり、今日は成瀬のほうがよかったです。いつものことですが(コラ
スゥイーニーは6回打者26人に110球を投げ被安打5、奪三振3、与四死球3、失点0です。
成瀬は6回1/3を投げ打者26人に112球を投げ被安打5、奪三振3、与四死球1、失点2です。
打者数はちょうど同じ、球数もほとんど同じ、被安打・奪三振も同じです。
与四死球は成瀬のほうが少ないです。結果、データだけ見ると成瀬のほうが上でした。
では、なぜスゥイーニーは無失点で、成瀬は2失点したのか?
スゥイーニーは、毎回のようにピンチを作るも要所を締め、流れを引き寄せたのです。
成瀬は、出たランナーをひちょりに返され、陽にHRを打たれるなど、要所で失点しました。
成瀬は、「どうせハムだから簡単に打ち取ってくれる」とか、思ってたんじゃないんですか?(ぁ
そんな人に勝たせるほどハムは甘くありませんw
成瀬をノックアウトできたことは、チームにとって相当な自信につながるのではないでしょうか。

そして、救援陣ですが・・・久どうした?w
被安打2、与四死球2です。併殺で2アウトをとってから、さらにランナーをためてしまいました。
別に、誰も「絶対に3塁走者を返すな」なんて言ってないじゃないですか(ぇ
絶対にヒットを打たせないような感じで厳しいところへ投げ、ことごとくボールになっていました。
それで、結局カウントを悪くしてしまって四球を与える、という悪循環でした。
2点ありますし、9回はマイケルがいるんですから別に1点はしょうがないと思ったんですが・・・
そして、あの雰囲気にしてしまってはマイケルだって抑えられません。
でも、ベニーも結構技ありのヒットでした・・・
結局、これであんなにがんばっていたスゥイーニーの勝ち投手の権利を消してしまいました。
マイケルはあのヒットはしょうがないでしょう。あの後はよく粘りました。
両チームとも救援陣が不調で、点を与えてしまい、お互いに流れを離しました。
そこで1点を勝ち越し、守りきったのはファイターズで、勝ちを手にしました。

勝が最低でも3週間以上は離脱するでしょうが、誰が代わりに登板するのでしょうか?
多田野はまだ早いでしょうか?もうそろそろ1軍に来てほしいですが・・・
あと、木下とか山本とか・・・はちょっと心配ですけど(ーー;)

明日の予告先発が、ハムがダル、ロッテが超アンダースロー・渡辺俊です。
ダルがしっかり抑えて、超アンダースローから打線がつながれば、勝てるでしょう。
ダルは中5日が2回連続なので、7回まででもいいです。心配ですが、救援陣に託しましょう。
下位打線が打ってくれれば、中軸がしっかり返してくれるはずです。
仙台での悪い流れは、今日完全に断ち切りました。
3連勝でホームに戻り、6連勝するぞ!ダル今回も頼んだ!がんばれ我らのファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/29(火) 22:52:12|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:2

4・22~4・27振り返り

今週も、恒例のこのコーナーやるよ!!!!!w
誰も見てないとか言うな(ぇ
この1週間は、非常に厳しい1週間でした。



(22~24日日本ハム主催観客動員 44,255人 25~27日楽天主催観客動員 50,673人)
(日本ハム主催試合観客動員1年間累計 15試合 350,433人)
対オリックス3連戦 22日 ○4-2 23日 ●0-5 24日 ○3x-2
対楽天3連戦     25日 ●1-6 26日 ●0-4 27日 ●0-5

1週間総得点 8点(今シーズン総得点 77点)
1週間総失点 24点(今シーズン総失点 100点)

HR 24日 田中賢6号ソロ 小田1号ソロ
今週のホームラン 2本(1年間累計ホームラン 20本)

総合成績 15勝15敗1分け(ホーム10勝5敗、アウェー5勝10敗1分け)、4位 首位と3差



さっさと見て思うことを書いちゃうよ(ぇ
・打線がかなり深刻(8点しか取れてない) このことは散々本文でも書いてきましたw
・完封される回数、なんと3回 打線の深刻さと関連してます。
・ホームの分の貯金をアウェーで放出してしまっている ホームだとかなり強いんだけどねぇ・・・
・結局、勝とダルが登板したときしか勝ち星が狙えない この2人のときだけ打線の援護がねぇw 

打線の深刻度が輪をかけて増してきました。
先週はホームランがハムらしくないのですが量産されたため、点を結構とることが出来てました。
しかし、今週はホームランも出なければ、適時打もほとんど出ず、完封が実に3回(;_;)
昨日も書きましたが、足を絡めたりバントをしたりせずに併殺に倒れたりするシーンが多いです。
何でしょう、梨田監督はあまりそういったことをさせたくないのでしょうか?
でも、そういったことを刺される可能性があるとはいえ積極的にしないと勝てません。
相手を混乱させるには、小技を絡めたりすることが一番です。
しかし、今の野球を見ているとただランナーが出てただヒットで進めようとして凡打・併殺。
こんなことが今週は毎日のようにありました。
さらに、中軸は打っていても、下位打線がまったく打てず、チャンスを作って打順を回せてません。
4月は、小谷野・稲田・糸井などといった開幕スタメンが離脱し、下位打線の要がいません。
小谷野・稲田も調子が悪かったとはいえ、ここぞといったところで1本を打っていたんです。
しかし、現状の打線を見ていると、下位打線に回った時点で諦めを感じてしまいます。
だって、まったく打つ気配が感じられないんですもん。会長もまだ少し心配です。
なので、1~5番だけで点を入れないといけないのですが、この人たちもあまり打てませんでした。
だから、ドミンゴなんかに2安打で完封されてしまうんです。
岩隈・ドミンゴ・マー君が調子がよかったかもしれません。
しかし、自分たちでチャンスを潰すから相手がホームの雰囲気にも乗り好投してしまうんです。
チャンスを生かせていれば、先発陣は少しづつ崩れていったはずです。
現状維持では、このまま泥沼にはまっていってしまうでしょう。

投手陣はよく投げていましたが、打線の不調振りに飲み込まれていったようなm(__)m
あまりに打線が打てない→相手の雰囲気に→投手も飲み込まれる→打たれる→ノックアウト
このパターンの繰り返しでした。楽天3連戦なんかがその象徴です。
星野がプロ初勝利というめでたい出来事もありましたが、勝が打たれたから転がってきたんです。
その勢いも、次の日で断ち切られ、小田が試合を決めてもその勢いは次の日で断ち切られる。
ただ、投手陣はまったく悪くないかというとそうでもありません。
吉川・藤井・グリンに共通することが、渡辺直に四球を出してそこから失点していることです。
1番バッターに四球を与えて無失点で抑えようなんて楽天もそんな甘くありません。
このいわゆる「報われない同盟」は本当に援護が入りませんね。何ででしょう(そんな同盟ない
ただ、リリーフ陣の心配要素だった弥太郎が25日のリリーフで2回2/3を無失点に抑えました。
いつもこんな投球してくれれば問題ないんですけどね(ぇ
ただ、四球が多いのが気になるので、緊迫した場面ではまだ使いづらいですね。

守備はいつもどおりです(ぇ
挙げるとすれば工藤がフェンスにぶつかったりダイビングしたりしながらよく守ってます。

明日の予告先発ですが・・・
ハムが武田勝、ロッテが成瀬という両左腕の対決です。
正直、ファンの中に「あ、こりゃあ4連敗だ」と思った方もいるかもしれません。
確かに今の打線では、勝をしっかり援護できるか疑問です。
しかし、今季対戦した2試合、もうちょっとで打ち崩せるところまで行っているんです。
そこからがまあファイターズなのですが^^;
なので、積極的に仕掛け、1点をもぎ取るファイターズ野球を今度こそやってほしいです。
このシリーズはエース級の投手がたくさん来ることはもうご存知でしょう。
だからあまりダルと勝に負けがついてほしくないですが、1勝2敗でいいほうだと思います。
とにかく、1勝して札幌に帰ってくれば、ヒデキが待ってますwww
今が正念場だ!ここを乗り切れば北海道のファンが待ってるぞ!がんばれファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/28(月) 21:59:28|
  2. 振り返り企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月27日 No!!! 3 Stand up!!! 対楽天8回戦

今日は、家族で札幌に行ってきました。
ファクトリーに行ったのですが、「東方神起」がやってくるということで、アトリウム大騒ぎw
30分間のためだけに、2時間以上前から並んだのでしょうね。
ちなみに、年代は中年層のいわゆる「おばさん」が多かったです(おい失礼だろ謝れw



(クリネックススタジアム宮城 対楽天 日本ハム3勝5敗 20,634人)
フ 000 000 000 0 負 グリン
イ 000 202 10x 5 勝 田中

HR フェルナンデス6号②-グリン

投 フ グリン → 星野
手 イ 田中



何で「フ」の欄には0が9個も並んでいるのかな?(ぁ
何で「フ」の欄にはおとといから通算で23イニング連続0が並んでいるのかな?(ぁ
何でハイr(ry

1回表 1アウトから賢介がヒットを放ち、稲葉が四球を選び1アウト1・2塁のチャンス。
     ところが信二、最悪のショートゴロ併殺。先制チャンスを生かせず。

1回裏 渡辺直・高須・リックを三者凡退に打ち取り、グリンは上々の立ち上がり。

2回表 スレッジ・小田・陽が三者三振で三者凡退。マー君調子あがってきてしまう。

3回表 1アウトから誠が久々のヒットで出塁、ひちょりは倒れ2アウト1塁。
     賢介もヒットを放ちチャンスを広げるも、稲葉が倒れチャンス生かせず。

4回裏 この回からキャッチャーが信二のアクシデントにより鶴岡にスイッチ。
     しかし、鶴岡に代わってからグリンが崩れていく。(鶴岡のせいなのだろうか?)
     高須にショートへの内野安打を打たれるも、リックを抑えて1アウト。
     ところがフェルナンデスにレフトオーバーの2ランを打たれ、0-2と今日も先制される。
     山崎武を抑えるも、磯部にもヒットを打たれ、2アウト1塁。
     しかし、磯部が盗塁を試みたところを鶴岡が刺す!3アウト。
     だが今日もチャンスを生かせないうちに相手に先制される、悪い流れになっていく。

6回表 賢介が四球を選び出塁するも、稲葉三振、盗塁を試みた賢介も刺されダブルプレー。
     次の鶴岡がヒットで出塁(盗塁が成功していれば・・・)するも、スレッジ凡退。
     またしても、決定的なチャンスを生かすことが出来なかった。

6回裏 渡辺直を四球で出塁させると、高須に送られ1アウト2塁。
     リックのセンターフライの間にランナーが進塁し2アウトながら3塁。
     しかしフェルナンデスにタイムリー2ベースを打たれ3塁走者生還、これで0-3となる。
     さらに山崎武にもタイムリー2ベースを打たれ2塁走者生還、これでなんと0-4となる。
     さらに高須にもヒットを打たれ2アウト1・3塁で大ピンチ。
     だがここは磯部をピッチャーゴロに打ち取り3アウト。
     しかし打線の拙攻が続く中あまりにも痛い2点が入ってしまった。

7回裏 先頭の山下にいきなり2ベースを打たれる。鉄平は打ち取り1アウト。
     次の嶋のライトファールフライの間にランナーが3塁へ進塁し、2アウト3塁。
     そして渡辺直にタイムリーを打たれてしまい、0-5と点差が5まで開く。
     続く高須にもヒットを打たれるも、リックを抑え3アウト。
     しかし、この回さらに1点が入り、勝利が遠のいてきた。

8回表 ひちょりが四球で出塁するも、賢介がファーストゴロ併殺に倒れ、2アウトランナーなし。
     稲葉もライトフライに倒れ、四球からのチャンスをまったく生かすことが出来ず。

8回裏 ピッチャーはこの回から星野にスイッチ。
     1アウトから山崎武の大きな当たりを工藤フェンスにぶつかりながらしっかりキャッチ!
     この好プレーもあって四球でランナーを一人出したものの無失点で打ち取る。

9回表 先頭の鶴岡がサード強襲内野安打で出塁も、スレッジがピッチャーゴロ併殺に倒れる。

そして小田も三振に打ち取られ、ゲームセット。0-5で、ファイターズ2試合連続の完封負け。



ひどいです。ひどすぎです。
もう、こうなったらKスタでの試合は全部捨てましょう。いいのかって?ホームで全部勝てばいいw
そうすれば、12勝12敗となるんです。ほら、ちょうどいい(何が

それにしても、打線、ひどすぎです。
拙攻に次ぐ拙攻、併殺に次ぐ併殺でチャンスを潰し、相手に2試合連続で完封されました。
確かに今日は昨日よりはランナーが出ました。下位打線もヒットが出ました。
しかし、そのチャンスをまったく生かせていません。
なんのために野球をしに来ているのか、もっとよく考えてほしいです。
マー君がいい投手なのはわかってると思います。
しかし、1アウトからでも足やバントなどで相手をかき回す、そういった努力が見られませんね。
ただ打とうとしても無駄です。ただ打とうとすると凡打になってしまいます。
相手をかき回し、相手を混乱させ、そこを打ち崩すといった野球がファイターズ野球です。
今日の試合を見ていると、ただ負けに来たようなもんに見えてしまいます。
最近、賢介やひちょりにもバントをさせずに併殺に倒れるシーンが目立ちます。
なぜ送らせないんですか?そのほうが確実じゃないんですか?併殺になるよりよっぽどマシです。
このままでは、このチームはどんどん下位に沈んでいくような気がします。
何かしらの対策を打たないといけない、そんな所までこのチームはまずい方向へ向かっています。
自分がこんなにハムを批判したのは、このブログではおそらく初めてです。
あまりにもこのままだと見込みがないので、厳しいことを言わせてもらいました。

グリンも、6回に先頭の渡辺直に四球なんか与えるから失点するんです。
3試合連続で、渡辺直に四球を与え、高須に送られ、中軸に打たれ失点しています。
結果的に四球はこの1個のみだったのですが、与えてはいけないところで与えてしまいました。
そして、被安打9です。相手の雰囲気にも押され、ピンチで打たれてしまいました。
好機で1本が出ないハムと1本が出る楽天の違いが、今日の試合に出てます。
こんなこと前にも書いた気が(ーー;)
何でしょう、鶴岡はグリンには合わないのでしょうか?4回からガタガタと崩れましたが・・・
もう、打てないの承知で中嶋さんなんか出したらどうでしょう^^;
故障者が続出して、今でもすごく厳しいのに、信二がいなくなったらこのチームまずいよ(;_;)

結局、このシリーズはついてませんでしたね。岩隈がスライドしちゃうし・・・
ただですら厳しい状況なのに、次は「あの」千葉マリンでのロッテ戦です。
最大で4あった貯金も、ついになくなりました。
いい加減打線に打開策を打ってもらわないと、6連敗の可能性も出てきます。
ロッテは福岡シリーズで唐川とコバヒロを使ってるということは・・・ 成瀬と超アンダースロー・・・
なんか、今の状況を見てると、去年以上に勝てる気がしません。
それで成瀬と超アンダースローなんですから・・・
今が一番厳しい時期です。去年も借金が約10になり最下位に沈んでいる時期がありました。
しかし、チームを奮い立たせた人物が去年はいました。そう、幸雄さんです。
幸雄さんの2000本安打にチームは奮い立ち、この直後からどんどん勝ち始めました。
でも、今年はチームを奮い立たせるような人物はいるでしょうか?
今のところ、見当たりませんねぇ(;_;)
ファームも今日の時点で3勝18敗と、こちらも非常に厳しい状況です。
ファイターズ、冬の時代到来です・・・

あさってからは上でも書きましたが、千葉マリンでロッテ戦です。
打線がぜんぜん打てない中であの投手陣ですから、3タテを覚悟している方もいるでしょう。
ただ、運を持ってる勝・エースのダル・ロッテには意外と強いスゥイーニーが登場します。
投手陣は問題なく、0~3失点で抑えてくれるでしょう。
やっぱり、打線ということになりますね。誰か火付け役はいないのでしょうか?
厳しい状況にもめげず、まず1勝しよう!いい加減連敗を止めてくれ!頼むぞファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/27(日) 22:42:58|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:2

4月26日 月刊ローチケにお世話になってます 対楽天7回戦

月刊ローチケ(ローソンチケット)にお世話になっている方も多いかと思います。
後ろのナックス関係のコーナーとファイターズのチケットコーナーを中心に見ています。
ENTA版とLIVE版がありますが、野球関係が詳しく乗っているのはENTA版です。
しかも、無料なんですから収入のない中学生には夢のような本ww



(クリネックススタジアム宮城 対楽天 日本ハム3勝4敗 16,826人)
フ 000 000 000 0 負 藤井
イ 000 040 00x 4 勝 ドミンゴ

HR なし

投 フ 藤井 → 建山 → 菊地
手 イ ドミンゴ



コンサドーレも、0-1で負けてしまいました。ダビの退場が痛かったです。
一方の広島は、ブラウン監督が退場したものの2-1で勝ちました。
関係ないってね(ぇ
いいからハイr(ry

2回裏 藤井が1アウトからヒットを許し、山下を打ち取った後中島にもヒットを許しピンチ。
     しかし、鉄平を打ち取りピンチを切り抜ける。

4回表 ひちょり・賢介・稲葉と三者凡退。ドミンゴの前にいまだノーヒット。

4回裏 藤井がまたピンチを迎える。
     2アウトをとってから山下に2ベースを打たれ、中島に四球を与える。
     さらに鉄平には四球で歩かせ、2アウトランナーなしから2アウト満塁に。
     しかし、楽天の藤井をライトフライに打ち取り、無失点。
     打線の援護がまったくないなか、藤井がよく粘っていた。

5回表 信二がこの試合初ヒット!ノーアウトから出塁する。
     ところがスレッジが最悪のセカンドゴロ併殺。2アウトランナーなしとなる。
     そして小田はショートフライ。この回ようやく訪れた初チャンスを生かせず。

5回裏 ここまで何とか踏ん張ってきた藤井が、ついに崩れる。
     先頭の渡辺直に四球を与え、高須に送られ1アウト2塁。
     リックには1塁への内野安打を打たれ、1アウト1・3塁のピンチを招く。
     そしてフェルナンデスに犠牲フライを打たれ、3塁走者が生還。0-1と先制される。
     山崎武には勝負を避け気味の四球を与え、2アウト1・2塁。
     ところが山下にタイムリー2ベースを打たれ、2人生還。これで0-3と点差が開いてしまう。
     山下はホームへの送球の間に3塁へ進み、中島の2ベースで生還。これで0-4となる。
     鉄平を打ち取ったものの、四球から失点してしまうという悪いパターンでの失点だった。

6回裏 ピッチャーは藤井から建山にスイッチ。
     楽天の藤井、渡辺直、高須を三者凡退に打ち取る。ファイターズに流れを引き寄せる。

7回表 ファイターズ打線が、ようやくチャンスを迎える。
     先頭のひちょりがヒットを放ち、賢介が四球を選びノーアウト2塁のチャンス。
     ところが稲葉がセンターフライに打ち取られ、さらにタッチアップで2塁を狙った賢介アウト。
     2アウトとなってしまい、信二もセンターフライに倒れ、大チャンスをつぶしてしまう。

8回裏 ピッチャーは2回を完璧に押さえた建山に代わって菊池にスイッチ。
     2アウトから鉄平にヒットを打たれるも、楽天の藤井を打ち取り無失点。
     昨日失点してしまった分の汚名返上を果たす。

9回表 1アウトから工藤が死球で出塁。しかしひちょりが打ち取られ2アウト。

そして賢介も打ち取られゲームセット。0-4で、ファイターズ今季4度目の完封負け。



まさかまさかの展開です。
自分の母親が「藤井と弥太郎いらないよね~」なんてのんきなことを言っていました。
ファンじゃないし今の投手陣の台所事情を知らないからそんなことがいえるんです。w
投手陣が手薄な中で二人とも悪いなりにがんばっているのに。。。

さて、ドミンゴにまさか完封、しかも2安打しか打てないとは思いませんでした^^;
「そこまで打てないなんて」と思った方も、いらっしゃると思います。
ドミンゴといえば、開幕戦で2点リードを守りきれずに負け投手となったあの登板が印象的です。
それが、このざまです。別に、ここまですばらしい投球をしなくてもいいじゃんwww
ドミンゴは、9回打者29人に114球を投げ被安打2、奪三振6、与四死球2、失点0です。
すばらしい投球をした上、ハム打撃陣の拙攻にも助けられました。(ーー;)
一方の藤井も、ランナーを出すもののよく粘っていたと思います。
しかし、先頭打者に四球を与えてしまったら、流れが向こうにいくことはわかっているはずです。
昨日の吉川と、失点パターンがまったく同じです。
先頭に四球→送られる→中軸に打たれる
です。調子がいい中軸なので、その前にランナーをためてしまうことは自殺行為です。

そして、打撃陣もチャンスで相手につけ込むことが出来ませんでした。
確かに、2安打しかしていないのでは勝てる気配がありません。
でも、相手を打ち崩すチャンスはありました。7回です。ノーアウトで2人のランナーがいたのです。
しかし、賢介が走塁死でチャンスをつぶしてしまったことでドミンゴを投げやすくしてしまいました。
確かに、タッチアップは負けているのでするでしょう。だとするとしょうがないのでしょうか。
ただ、流れが相手に行ってしまったことは事実です。
さらに、下位打線には今日もヒットなし。スレッジの連続試合ヒットもストップ。
今日の打撃陣には褒める言葉をさがすことのほうが難しいのかもしれません。

投手陣もなんだかんだでがんばっていましたが、四球がすべてです。
それ以外は0点、6回以降はヒット1本に抑えていることを考えると、もったいないですね~(;_;)

明日の予告先発は、ハムがグリン、楽天がマー君です。
またもや厳しい試合になることは明らかです。
ここんとこグリンも不安定で、しかもアウェーなので心配ですm(__)m
少ないヒットをしっかり生かし、グリンが試合をつくり、千葉に乗り込んでほしいです。
4位になってしまいましたが、まだまだ先は長いです。落ち込んでいてはいけません。
3タテはされるな!楽天のホーム連勝を絶対に止めてやる!アウェーでもがんばれファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/26(土) 23:10:36|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:2

4月25日 ヨッシーの球よどこへ行く 対楽天6回戦

前書きを書くの、面倒です(ぁ
今、西武ーオリックス戦を、ヤフー動画で見ています。
西武が勝つか引き分けでゲーム差が開いてしまいます。
なので、オリックスを応援しているんですが、実際オリックスはファイターズのせいで勢いがない^^;
今、11回表2アウト満塁のチャンスを生かせませんでした。さすがオリックス^^;



(クリネックススタジアム宮城 対楽天 日本ハム3勝3敗 13,213人)
フ 000 100 000 1 負 吉川
イ 101 020 02x 6 勝 岩隈

HR リック2号①-吉川

投 フ 吉川 → 坂元 → 菊地
手 イ 岩隈 → 有銘



今、西武の赤田がなんとサヨナラ満塁ホームランです。結果、西武が勝ちました。
やっぱりオリックスだめだね~^^;
先に言いますが、西武が1位、ロッテが2位、ハムが3位となりました。
これで、4月8日から続いていた2位から、転落しました。
4月8日といえば、そうです。7点差をひっくり返した試合です。あれで、チームは勢いづきました。
そんなこんなでハイr(ry

1回裏 2アウトからリックにレフトスタンド最前列に運ばれ、0-1と先制される。
     さらにフェルナンデスに四球(1個目)を与えるも、山崎武を三振で3アウトとする。
     しかし早々に先制され、さらに球が荒れている吉川。

2回表 先頭のスレッジ、チーム初ヒットとなる2ベース!
     しかし陽のショートゴロでスレッジがタッチアウト。1アウト1塁となってしまう。
     紺田が送って2アウト2塁とするも、鶴岡が倒れ先制ならず。

2回裏 先頭の山下に四球(2個目)を与えるも、中島をサードゴロ併殺に打ち取り2アウト。
     ところが鉄平にまた四球(3個目)を与えてしまう。しかし藤井を打ち取り、ここは無失点。

3回裏 先頭の渡辺直に四球(4個目)を与え、高須に送られ1アウト2塁。
     リックのセカンドゴロの間に走者が3塁へ進塁し、2アウトながらピンチ。
     そしてフェルナンデスにタイムリーを打たれ、0-2と点差が広がる。
     山崎武の場面で鶴岡がボールを少しとり損ねる間に走者が2塁へ進むも鶴岡が刺す!
     3アウトとなるも、この回もったいない1点が入ってしまった。

4回表 先頭の稲葉が2ベースで出塁、信二はショートへの内野安打でチャンスを広げる。
     そしてスレッジ、レフトへの犠牲フライで3塁走者生還!1-2と、1点を返す。
     しかし、陽・紺田と倒れてしまい、この回は1点止まり。

5回裏 吉川がまたピンチ。
     先頭の渡辺直に四球(5個目)を与え、高須に送られ1アウト2塁。
     次のリックにタイムリー2ベースを打たれ、1-3と点差がまた2点差になる。
     さらにフェルナンデスにもタイムリーを打たれ、これで1-4と、どんどん点差が開いていく。
     続く山崎武を敬遠の四球(6個目)を与えたところでピッチャーは坂元にスイッチ。
     山下を打ち取るも、中島に四球を与えてしまい2アウト満塁の大ピンチ。
     しかし鉄平を打ち取り3アウト、3者残塁。弥太郎はこの回無失点。
     だが吉川は四球から自滅し5回持たずに4失点という結果になってしまった。

6回表 1アウトから稲葉が3ベースヒット!試合の流れを引き寄せる絶好のチャンス!
     ところが信二三振、スレッジセカンドフライに倒れ、3塁に走者がいたのに無得点。

7回裏 1アウトから山崎武に四球を与えるも、山下、中島を打ち取り無失点。
     坂元が今までとは違い無失点でロングリリーフ。

8回裏 ピッチャーは好投した坂元に変わって先日1軍昇格の菊地にスイッチ。
     簡単に2アウトを取ったのに渡辺直からフェルナンデスまで4連打を浴び2点を失う。
     山崎武を打ち取ったものの、この回で1-6となり、敗色が濃厚となってきた。

9回表 ピッチャーは岩隈から有銘にスイッチ。
     稲葉が四球を選び出塁するも、信二が最悪のサードゴロ併殺に倒れ2アウト。

そしてスレッジも3塁ファールフライでゲームセット。1-6で、ファイターズ完敗。



今知ったんですが、今年のハムの2軍ってまだ2勝なんだ^^;
2勝は2勝でも、総合成績は今日時点で2勝17敗^^;
おうおう、2勝17敗って問題じゃないの?(ぁ
そして今日、多田野が初登板、初負け投手になっています。あ~あw

1軍の今日の試合のほうは、あまり触れたい気分にならないですね(ぇ
吉川は、本人も反省の弁で述べてたとおり、四球がすべてでした。
4回1/3打者23人に球数87、被安打6、奪三振3、与四死球6、失点4でした。
3回と5回は四球から失点しています。しかも、タイムリーを打たれた人はすべて外人です。
やはり、中軸に四球で出したランナーをためて回してはいけませんね。
ところで、弥太郎どうした?ww
登板試合の連続失点は5試合でストップです。2回2/3を無失点でした。
与四死球が3だったものの、被安打0で、アウトはほとんどフライです。
敗戦処理の登板とはいえ、無失点だったので問題なしw
菊地は、う~ん・・・w
2アウトをとったところまではよかったんですが、何があったんでしょうねw
なんと渡辺直・高須・リック・フェルナンデスに4連打を浴び、2失点。
敗戦処理とはいえ、3点差なら追いつく可能性がまだあっただけに、この2点は痛かった。
なんか、ちぐはぐですねw

打線は・・・まあ岩隈だからしょうがないのか?(ーー;)
8回打者29人に球数115、被安打4、奪三振8、与四死球1、失点1でした。
まあ、岩隈から1点を取り防御率を悪く出来たことだけでもよしとしますか?w
でも何回かチャンスは作ってたんですが、いつものファイターズ炸裂^^;
こっちの投手がダルならあの1点を守り抜いて勝ってたんだけど・・・
稲葉が好調でマルチヒット、信二・スレッジにもヒットが出ました。
中軸はいいんです。問題は下位打線とひちょりです。
下位打線は、今日も無安打です。下位打線でチャンスを作り、中軸に打順をまわしてほしいです。
しかし、下位打線もひちょりもヒットが出ないのでは、問題です。
中軸でも確かに得点は出来ていますが、中軸だけで出来ることには限界があります。
工藤もあまり調子がよくないですし、鎌ケ谷組はレギュラーにするほどの打撃ではありません。
なので、梨田さんも毎日試行錯誤を繰り返していますが、見事に毎日失敗m(__)m
下位打線に当たりがこない限り、勝利は厳しいでしょう。

明日の予告先発は、ハムが藤井、楽天がドミンゴです。
藤井は、多くても3失点以内で抑えてくれるでしょう。よっぽどのことがない限り崩れないはずです。
問題は、ハム打線がどこまでドミンゴを打ち崩せるかだと思います。
ドミンゴは開幕シリーズでもご存知のとおり、不安定です。
なので、打ち崩せるチャンスが十分にあると思います。好機に一本が出れば問題ないでしょう。
明日こそは勝つぞ!アウェーの雰囲気に負けずがんばれファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/25(金) 23:38:42|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:2

4月24日 苦労人の涙 対オリックス6回戦

塾の時間が、2時間とかなり長いんです。
中3なのでしょうがないかもしれませんが、21時10分までです。
終わって車に駆けつけたら、ファイターズDEナイトが始まりました。
おいあの講師め余計な話をするなって言ったろ(言ってないだろ



(札幌ドーム 対オリックス 日本ハム4勝2敗 15,644人)
バ 010 000 010 0  2  負 加藤
ハ 000 000 101 1x 3x 勝 武田久

HR カブレラ6号①-ダルビッシュ 田中賢6号①-小松 小田1号①-加藤

投 バ 小松 → 山口 → 加藤
手 ハ ダルビッシュ → 宮西 → 武田久



小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田
小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田
小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田小田~~~~~~~!(しつこい
さあ、お待ちかねのハイr(ry

2回表 先頭のカブレラに難しくない球をバックスクリーンに運ばれ、0-1と先制される。
     後続は3人で抑えるも、一発で先制される嫌な展開。

4回表 先頭の村松にサードへの内野安打を打たれる。そしてローズはレフトへの難しい当たり。
     これを工藤、ダイビングキャッチ!調子の上がらないダルビッシュを援護する。
     暴投と盗塁でランナーが3塁まで進むも、カブレラ・浜中を三振に打ち取る。
     1点リードされる中で、味方の援護を信じダルが粘り強く投げる。

4回裏 先頭のひちょりがチーム初ヒット!賢介が送って1アウト2塁。
     しかし稲葉・信二ともにレフトフライに倒れ、チャンスを生かすことが出来ず。

7回裏 間隔がやけに開いていますが、気にしない気にしない(ぁ
     先頭の賢介、ライトスタンドへホームラ~ン!これで1-1と同点に追いつく。
     調子が悪いなりにがんばっていたダルを打線がようやく援護。
     さらに稲葉・信二が連続ヒットでノーアウト2・1塁とチャンスを広げ、バッターはスレッジ。
     ところがスレッジ、最悪の併殺に倒れ、工藤も打ち取られてしまい、1点止まり。
     あと一押しがほしかった。

8回表 1アウトから坂口がヒットを放つと、村松にタイムリー2ベースを打たれ1-2と逆転される。
     さらにローズに四球、カブレラにヒットを打たれ1アウト満塁の大大大ピンチ。
     しかし古木をダブルプレーに抑え、何とか1点でしのぎきる。
     だが、味方が1点を入れた直後だっただけに、痛い失点となった。

9回裏 この回からピッチャーは抑えの加藤にスイッチ。しかし、札幌ドームが加藤を飲み込む。
     1アウトから賢介が四球を選び出塁。札幌ドーム、盛り上がり始める。
     稲葉がセンターフライに倒れるも、信二がヒット!2アウト1・3塁とし、バッターはスレッジ。
     スレッジ、7回の併殺を帳消しにするタイムリー!2-2と、ついに同点に追いつく。
     これで、ダルの負け投手はなくなり、サヨナラで勝ち投手の権利も出てきた。
     そして、札幌ドームの盛り上がりが最高潮に達した状態で、バッターは工藤。
     しかし、工藤がセンターフライに打ち取られ、試合は延長戦へ。

10回表 9回を投げたダルに代わり、ピッチャーが宮西にスイッチ。
      坂口を三振に打ち取るも、村松にヒットを打たれてしまう。
      しかし、ローズを三振。カブレラは敬遠。
      ランナーが2人たまったところでピッチャーが武田久にスイッチ。
      代打・下山を2球でピッチャーゴロに打ち取り、ピンチをしのぎきる。
      この時点でファイターズに流れが来たといっても過言ではなかっただろう。

10回裏 先頭の小田、ライトスタンドへサヨナラホームラ~ン!

小田が試合を決め、ゲームセット。3x-2で、ファイターズサヨナラ勝ち!



うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!
小田ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!
しつこいですね。ハイもうやめます(ぁ

実際、今日はダルより小松のほうがよかったです。
ダル→9回打者36人に129球を投げ被安打7、奪三振9、与四死球2、2失点です。
小松→7回打者24人に90球を投げ被安打5、奪三振5、与四死球0、1失点です。
小松のほうがよかったのですが、持ってた(運を)のはダルですね。
5回表途中から塾でしたが、実際今日は負けてしまうような、そんな予感がしてました。
しかも、打線が援護してくれた直後に失点してしまったのです。
防御率が悪くなるのは、しょうがないでしょう。岩隈の防御率を、明日自分たちで悪くすればいいw
今日は、負けがつかなかったことを野手に感謝しましょう。
もちろん、自分と打線にエールを送ったファンにも。
長いシーズン、調子が悪いことも少なからずあります。ダルでも球が浮いてしまうこともあります。
しかし、それを援護する打撃陣。今日は終盤にしっかり役目を果たしましたね。
9回でサヨナラだったら、ダルは勝ち投手だし、俺のヤフー予想も当たってたのに(ぁ
宮西はランナーを出してしまいましたね。ただ、ローズを三振に打ち取ったことはすごいです。
宮西があのまま投げてたらどうなってたかわかりませんが、もし下山にも宮西が投げたとします。
すると、宮西はプロ初勝利になっていたんです。まあ大事な場面だからしゃあないかw
でも、2球で勝ち投手になれる久。リリーフピッチャーの特権ですねw

打線も、終盤に投手陣を打ち崩し、流れを引き寄せました。
6回までは小松の投球の前に散発2安打に打ち取られていました。
しかし、賢介の一発で状況は一変。(^_^;)
札幌ドームの雰囲気も味方し、今までがうそのように当たる当たる^^;
抑えの加藤を打ち崩したんですよ。ハムで言えばマイケルを打ち崩すようなもん(ぇ
スレッジが一回チャンスを併殺でつぶしてしまったあのプレーを帳消しにするタイムリー。
信二がマルチヒット。賢介が反撃の口火を切るホームラン。
そして、怪我で長らく鎌ケ谷暮らしだった小田のサヨナラホームラン。
今年は、大事なところで一発が出るシーンが増えましたよね。
一発で、1点を入れて守り抜く、ファイターズ野球が少し進化した版?w

小田がヒーローインタビューで涙が出そうでした。
尾崎、佐藤と鎌ケ谷で頑張ってきた苦労人が1軍で結果を出し涙ぐむシーンが今年は多いです。
今まで2軍でこつこつ頑張ってきた分、感動も大きかったのでしょうね。

さて、明日は移動後即試合で、仙台で楽天戦です。
楽天のホーム(楽天は仙台でいまだ1敗)なので、おっと明日は厳しいぞm(__)m
しかも、先発はハムが吉川、楽天が今日の雨天でスライドされた岩隈です。
吉川また不利じゃんm(__)m
ただ、相手がいい投手なのは吉川もよくわかってると思います。
なので、自分の投球をし、厳しいところにガンガン投げ込み、味方の援護を信じましょう。
信ずるものが、救われるのです。
今日の勢いで明日も勝つぞ!がんばれファイターズ!頼むからアウェーで勝ってorz

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/24(木) 23:12:50|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:2

4月23日 水曜日どうなんでしょう 対オリックス5回戦

赤いきつねと、緑のたぬき。どんべいの赤バージョンと、緑バージョン。
違いが明確で、わかりやすいですよね。
でも、赤いきつねとどんべえ緑バージョンはうどんです。
緑のたぬきとどんべえ赤バージョンはそばです。
「赤いのは全部うどんだ」とか勝手に覚えこんでいると、凡ミスを犯すことも。
だから何って話だよね(ぁ



(札幌ドーム 対オリックス 日本ハム3勝2敗 14,358人)
バ 202 000 001 5 勝 山本
ハ 000 000 000 0 負 スゥイーニー

HR ローズ8号②-スゥイーニー 日高4号①-坂元

投 バ 山本
手 ハ スゥイーニー → 宮西 → 建山 → 坂元



「バ」と「ハ」を見間違わないようにしましょう(ぇ
こんなに紛らわしい表現を使うのは、文字によってフォントサイズが違うからです。
なので、フォントサイズがほぼ同じ「ハ」と「バ」を使っているんです。
念のため言いますが、5なのは「バ」のほうです(涙
一応ハイr(ry

1回表 スゥイーニーは初回からピンチを招く。
     1アウトから村松・ローズに連続ライトオーバーの2ベースを打たれ、0-1と先制される。
     さらにカブレラを三振に押さえた後浜中にも2ベースを打たれ、0-2と点差が広がる。
     後藤は抑えて3アウトとしたものの、初回から先制される嫌~な展開。

2回裏 先頭の信二がヒットで出塁するも、スレッジはファーストゴロ。
     さらに陽もファーストゴロで、これが併殺となり3アウト。
     結果反撃できず。

3回表 投球が不安定なスゥイーニーにオリックス打線がさらに襲い掛かる。
     先頭の村松にヒットを打たれ、ローズがライトスタンドへホームラン。これで0-4となる。
     さらにカブレラに四球を与えピンチが続く。浜中はサードゴロでランナー入れ替わり。
     後藤センターフライ、木元の打席で浜中の盗塁を鶴岡が刺して3アウト。
     後続こそ抑えたものの、あまりに痛い2点が入り、4点差となってしまった。

4回表 またスゥイーニーはピンチを招く。
     1アウトから日高に2ベースを打たれ、大引にもヒットを打たれ1・3塁のピンチ。
     しかし坂口のピッチャーゴロで3塁走者をアウト、さらに1塁走者が3塁を狙う。
     そこを陽が見逃さず、この走者もアウト!陽がすばらしい守備を見せる。

5回表 1アウトからローズにカメラマン席への当たりを陽がダイビングキャッチ!
     この好プレーもあってスゥイーニーはこの試合始めてオリックス打線を三者凡退にする。

5回裏 先頭の高橋のごく普通のショートゴロが、送球が逸れカブレラ取れず、出塁する。
     さらにスレッジがこの試合初のいい当たりのヒットを放ち、チャンスを広げる。
     ところが陽がいい当たりを放つもセカンド正面で、スレッジアウト、信二も挟まれアウト。
     鶴岡もセンターフライで、この試合初の大チャンスをまったく生かすことが出来ず。

7回表 この回からピッチャーが宮西にスイッチ。
     先頭の日高にこそヒットを打たれるも、後続を3人で抑え無失点。
     宮西、相変わらずのナイスピッチング。

7回裏 1アウトから稲葉がライト前ヒットを放ち、チャンスを作る。
     しかし信二、スレッジと打ち取られてしまいこの回も無得点。
     山本の前に、なかなか得点することが出来ず。

8回表 先頭のローズを三振に打ち取ったところで、ピッチャーが建山にスイッチ。
     カブレラを三振に打ち取るも、浜中のサードへの当たりを陽が1塁へ悪送球。
     ランナーは2塁まで進むも、後藤を三振。
     結果この回、アウトはすべて三振で、流れを引き寄せる。

8回裏 1アウトから高口が2ベースヒット!結果ファイターズこの試合唯一となる長打。
     そして打席には、1軍初打席の小山。いい当たりを放つもライトフライ。
     さらに飯山もライトフライで、またしても大チャンスを逃し、山本の完封が見えてきた。

9回表 この回からピッチャーは4試合連続失点中の坂元にスイッチ。キャッチャーは小山。
     1アウトから日高になんとホームランを打たれてしまい、0-5と点差がさらに広がる。
     坂元はさらに2アウトとした後、坂口にもヒットを与えピンチを招く。
     しかし村松を打ち取り、3アウトとするもこの回あまりに痛い1点が入ってしまった。

9回裏 この回もピッチャーは山本。
     先頭のひちょりがヒットを放つも、賢介が送らずにショートゴロ。ランナーが入れ替わる。
     稲葉がセンターフライに打ち取られ、バッターは信二。

信二はショートゴロに打ち取られ、ゲームセット。0-5で、ファイターズ完封負け。



平日で、オリックス戦とはいえ、お客さん少ないです。
もっと入って、選手の力になってほしいです。
まあ、今日は負けたということで、明日だ明日(ぁ

今日は、山本がすばらしかったです。
相手投手ですが、今日はこの人をほめるしかありません。
プロ初完投で、初完封だそうですね。
9回打者31人に球数110、被安打5、奪三振1、与四死球0、内野ゴロ(併殺含む)19個、失点0。
何よりも、四球を与えなかったことが流れを向こうに与えませんでした。
対するスゥイーニーも、序盤こそ悪かったものの中盤以降は立ち直りました。
しかし、被安打8のうち2ベース4本、ホームラン1本です。要するに長打が5本です。
当たりを、完璧に捕らえられているということですよね。
これは、スゥイーニーの今後の課題になりそうですね。いかに長打を打たせないかです。
ちなみに今日、スゥイーニーの奥さんと娘2人が来場していました。
グリンは家族がいると強くなりますが、スゥイーニーは緊張しちゃうのかな?w

宮西は問題ないですね。ルーキーながらすばらしい投球です。
毎回1本くらいヒットは打たれますが、無失点で抑えられているので問題ないでしょう。
建山も問題ありませんね。十分休養も取れてますし、アウト2つは三振です。
で、坂元・・・w
なんとこれで5試合連続失点です。防御率は8.10まで悪くなりました。
大事なところで、ボールが甘いのと、ボールとストライクがはっきりしてるのが悪いのでしょうか。
捕手がプロ初先発の小山で、意外と相性ぴったりで無失点なんてシナリオは崩れ去りましたw
9回の失点は、流れを自ら放してしまう事になるのです。もったいないです(;_;)

打線も、山本を打ち崩せそうで打ち崩せませんでした。
チャンスは作るんですが、見事に山本に打ち取られました。
上でも書きましたが、内野ゴロがなんと19個。
これぞまさに凡打の山です。ヒットはわずか5本、長打はわずかに高口の1本だけ。
これでは、5点差を追いつくなんてまず不可能です。
あ!そうか!明日のためにパワーを取っておいたんだね!って解釈をしておくべきですか?w
賢介以外の1~5番に、ヒットは出てるんですが、散発ですからねぇ。。。

さあ、明日の予告先発が、オリックスが小松、ハムが・・・ダルです!!!!!!!(びっくり使いすぎ
小松はどんな人かよく知りませんが、おそらく今日の山本ほどのいい投球はしないでしょう。
となれば、ダルの独壇場になるのでは・・・?w
もちろん、打線もダルを援護しましょう。1点といわず、3~5点は援護してほしいです。
リリーフを休ませるべく、ダルには7~9回は投げてほしいです。
勝ってアウェー行脚へ出発だ!がんばれファイターズ!ダルなんだしいける人はドームへ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/23(水) 22:42:44|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:2

4月22日 We are the Fighters 対オリックス4回戦

ちょっとしたコーナー、「小中学生のクイズ」第3弾!!(ぁ
今回の問題はこちら

動詞の「活用の種類」は、五段、上一段、下一段、カ行変格、サ行変格活用があります。
では、「活用形」には何がありますか?「~形」という形で、6つ答えてください。

結局小中学生向けの問題って、大人には簡単かもしれないですねw



(札幌ドーム 対オリックス 日本ハム3勝1敗 14,253人)
バ 000 001 100 2 負 高木
ハ 100 010 20x 4 勝 星野(S マイケル)

HR 大引1号①-武田勝 カブレラ5号①-武田勝

投 バ 岸田 → 高木 → ヤング → 吉野
手 ハ 武田勝 → 星野 → 武田久 → マイケル



また勝に勝ち星がつきませんでしたw
しかし、星野がプロ初勝利です!
でもね、1万5千人入ってないって・・・ 少なすぎないかい(ぇ
まあハイr(ry

1回裏 先頭のひちょりがヒットで出塁し、賢介が送って1アウト2塁。
     稲葉倒れるも、信二のレフト前タイムリー!1-0と、初回から先制する。
     さらにスレッジがヒットを放ったものの、佐藤が倒れてしまい二者残塁。
     しかし、先制点を取れたことは大きかった。

2回裏 ファイターズはこの回もチャンスを迎える。
     先頭の陽がヒットで出塁し、鶴岡が送って1アウト2塁。
     しかし誠・ひちょりが厳しいところをつかれ見逃し三振。チャンスを生かせず。

4回裏 先頭のスレッジがヒットで出塁し、佐藤が送りバントを試みるも2塁アウト。
     ところが1塁への送球がそれ、その間に佐藤は2塁へ。結局は送りバントと同じ形にw
     しかし、陽・鶴岡が倒れ3回連続でチャンスを生かせず。

5回表 ここまでパーフェクトピッチングだった武田勝がピンチを迎える。
     先頭のカブレラにヒットを打たれ、初めてヒットを与える。さらに浜中もヒット。
     下山が送って1アウト2・3塁のピンチを招く。
     しかしここは阿部・辻を打ち取ってピンチを脱する。

5回裏 この回もファイターズ打線がチャンスを迎える。
     先頭の誠がヒットで出塁し、これで1~5回まで毎回先頭打者が出塁する。
     ひちょりが(バントできず)ヒットを打ってチャンスを広げる。
     賢介は3塁ファールフライで1アウト。
     ここで稲葉がタイムリー2ベース!2-0と、点差を広げる。
     なおもチャンスが続くも信二・スレッジと倒れてしまい、好機で1本が出ない。

6回表 先頭の大引にホームランを打たれ、2-1と1点差に迫られる。
     後続は3人で抑えたものの、ついに勝が失点を許した。

6回裏 5回2アウトから登板した高木に、この試合初めての三者凡退に打ち取られる。

7回表 先頭のカブレラにホームランを打たれ、これで2-2の同点。
     浜中を抑えるも、下山に2ベースを打たれまたもピンチを招く。
     阿部をサードゴロに打ち取ったところで、ピッチャーが星野にスイッチ。
     日高に四球を与えるも、大引を三振に打ち取って、ピンチを脱する。

7回裏 金子誠が四球で出塁する。ひちょりが送って1アウト2塁。
     賢介が内野安打で出塁してバッターは稲葉。
     稲葉のサードゴロを塩崎はホームへ送球。これがフィルダースチョイス!誠が生還!
     これで3-2となり、再びファイターズが勝ち越し。
     さらに信二の打席で賢介・稲葉がダブルスチール成功!1アウト2・3塁となる。
     ここでピッチャーがよく知らない人、ヤングにスイッチ。
     信二はピッチャーゴロ・・・がピッチャーの足に当たって内野安打に!賢介が生還!
     これで4-2となり、さらに追加点。
     ここでまたピッチャーが代わり、吉野にスイッチ。
     スレッジが死球を受け、なんと1アウト満塁のチャンスを迎える。
     しかし尾崎・陽が倒れてしまい、この回2点止まり。
     この回ついに勝ち越し点が入り、勝利の方程式につなぐことができた。

8回表 この回からピッチャーが「勝利の方程式」、武田久にスイッチ。
     1アウトから塩崎に四球を与えてしまう。ローズは抑えて2アウト。
     しかし、カブレラ・浜中に連続ヒットを打たれ、2アウト満塁の大ピンチを招いてしまう。
     ここで下山を三振に打ち取り、失点を許さなかった。

9回表 この回からピッチャーが「勝利の方程式」、マイケルにスイッチ。
     しかし、村松に内野安打を打たれ、日高には四球でノーアウト2・1塁。
     木元には2ストライクから送られ、1アウト2・3塁の大ピンチを招く。
     坂口には死球を与えて満塁となるも、塩崎を三振に打ち取り2アウト。
     そしてバッターは、一発が怖いローズ。

そのローズをファーストゴロに打ち取り、ゲームセット!4-2で、ファイターズ逃げ切り勝利!



オリックスも侮れませんねぇ~www
そんな簡単には勝たせてくれません。
しかも、5回以降は毎回ピンチでした。
カブレラは一発があるのはわかってるけど、大引って何様?(コラ

投手陣も再三ピンチを作りましたが、粘って何とか逃げ切りました。相手の残塁は、10です。
勝も4回までのピッチングを見てると「これ今日すごいぞ」とか思ったんですが・・・
やっぱり、俺がラジオを聞けなくなったからかな(な訳ないだろ
ヒットを打たれてから徐々に崩れていきましたね。
あと、ホームランを打たれること、非常に多いんです。なので、球が浮くと怖いです。
星野はよかったんですが、「勝利の方程式」大炎上w
両者とも満塁のピンチを招きました。1点もやらなかったからよかったんですが・・・
この2人、最近打たれる場面が目立つので、少し心配です。

打線も、再三チャンスを作りました。しかし、拙攻が目立ちました。ちなみに、残塁9です。
先発の岸田はあんなに不安定で打ち崩せそうだったのに、あと1本が出ませんでした。
悪いときのファイターズがもろ出てます。三者凡退は2回しかなかったんです。
しかも、岸田からは9安打放ちました。それで2点ですから、いかに拙攻だったかわかるでしょう。
ハンマースレッジ・賢介絶好調です。信二、ひちょりも今日はマルチヒットでした。
こんなに中軸にヒットが出たのに、何で4点しか入らないんでしょうね(ぇ
しかし、佐藤の当たりがあのホームラン以来止まっています。
プロの壁にぶち当たっているのでしょうか。バントも失敗(ある意味成功?)してしまいました。
1軍の投手を打てるようにならないと、レギュラー定着はありません。
なので、どんどん研究し、どんどん素振りをして、どんどんヒットを打てるようになってほしいです。

星野が3年目にしてプロ初勝利をあげました。
インタビュー・・・坪井にはかないませんねwww
星野の投球はだいぶ安定してきたので、安心していていられるようになりました。
そして、誠がついに1軍に帰ってきました。
やはり、会長がいると守備も安心して見れますし、チームを引っ張ってくれます。
HBCラジオで某岩ちゃんが「打率は言わないでおこう」といいながら言ってしまうボケも^^;
でも、打率どうこうではありません。復活した誠なら、打ち出してくれるはずです。

さて、明日の予告先発が一味違います。
オリックスは山本ですが、ハムがなんとスゥイーニーです。
スゥイーニーは先週の西武戦では中継ぎで1回くらいしか投げてないので、先発なのですかね。
今年のスゥイーニーは去年とは一味違います。なので、試合をしっかり作ってほしいですね。
そして、打線は拙攻を繰り返さないこと!w
何回も言うけど、3タテ目指してがんばろう!がんばれファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/22(火) 23:20:23|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

4・15~20振り返り

この企画のコメ少ないけど、今週もがんばるぞ(ぁ
今週は、札幌に帰ってきてからがうちのチームでした。
ドームはやっぱり雰囲気が違うよねw



(15・16日西武主催観客動員 19,660人 18~20日日本ハム主催観客動員 75,684人)
(日本ハム主催試合観客動員1年間累計 12試合 306,178人)
対西武2連戦      15日 △3-3 16日 ●2-4
対ソフトバンク3連戦 18日 ○3-1 19日 ○4-2 20日 ●2-4

1週間総得点 14点(今シーズン総得点 69点)
1週間総失点 14点(今シーズン総失点 76点)

HR 15日 高橋3号ソロ
    16日 スレッジ4号ソロ
    18日 スレッジ5号ソロ
    19日 佐藤1号2ラン スレッジ6号ソロ
    20日 田中賢5号ソロ 稲葉3号ソロ
今週のホームラン 7本(1年間累計ホームラン 18本)

総合成績 13勝11敗1分け(ホーム8勝4敗、アウェー5勝7敗1分け)、2位 首位と1.5差



先週に比べ、内容が充実しましたw
1年間累計観客動員数は間違ってる可能性が大きいですw
これを見て思ったことはこちら↓
・1週間すべての試合でホームランが出てる ファイターズ野球といえるのか?(ぇ
・やはりホーム試合に強い(勝率は.750) あのファンがついていればチームは強くなる!
・ホームの12試合で30万人以上動員している 砂川の人口の15倍くらい?(ぁ 歌志内のz(ry
・スレッジホームラン連発 札幌にもうすぐ帰れるとなると打ち出してくるねw
・3点取れば負けはない 例外を除いて今シーズンはほとんどそうw

打線は、相変わらず小粒です。平均2~4点しか取れないんですから^^;
ただ、ホームランが量産されました。あれ?このチーム巨人よりホームラン打ってる?(ぇ
相手も、去年のチャンピオンチームですからエース級の投手ばかりぶつけてきます。
もともと打線も小粒なので、そんなに点を取ることは期待できません。
そこで、足やバントなどでランナーを進め、タイムリーなどでランナー生還させる。
これがファイターズ野球です。去年はもちろん、今年もこれで勝ってきました。
ところが、今週はファイターズ野球ではないのですが、勝っています。
ランナーが出なくても、一発が出て点が入ってしまうという、いかにもファイターズらしくない(^_^;)
でも、チャンスを生かしきれていないのがやはり気になります。
できれば、満塁のときぐらいは最低1点入れてほしいんですが・・・
そして、問題児の「ジ」のつく人は、途中から大ブレーキです。
「お、今年は打ってくれるか?」という1試合目の希望は、早くも崩れ去りました。
しかも、ホーム試合で三球三振した際に、ブーイングが起こったのです。
北海道の暖かいファンからブーイングを起こさせるんだからジョーンズはすごい(褒めるな
結局、ジョーンズは2軍落ちとなり代わりに生徒選手会長が帰ってきます。

投手陣はまあ問題ないでしょう。今週の最大失点は4です。
どんな試合でも4点で抑えられていることはよくがんばっていると思うんですが・・・
本当に、報われない人が2~3人いますね~。
ただ、「報われない同盟」の一員、藤井がようやく勝ち星を挙げました(そんな同盟いつ結成したよ
2~3失点で抑えればいいほうかもしれませんが、打線が打てないのでそれではキツいんです。
確かに打線は、がんばっています。ただ、爆発しなければそんなに点は入りません。
なので、結果的に投手陣への負担が大きくなってしまうんです。
それで、「報われない同盟」が結成されてしまうんです(だからそんな同盟いつ結成したよ
あと、個人的に心配なのが、弥太郎です。
弥太郎はなんか登板するたびに失点しているような気がします。
やはり、四球が多いことが失点につながっているのかもしれませんね。
大事な場面でこの人に任せられるかといえば、任せられません(ぇ
う~ン、もう少し投手層を厚くしたいところです。金森~~~~!w

守備はまあ問題ないでしょうw
今週はほとんどエラーはなかったですからね。

明日の予告先発が発表になっています。
ハムが武田勝、オリックスが岸田です。
岸田といえば、自分が去年見に行った試合のこと。
4回までにスゥイーニーが3失点して降板、その年の観戦成績が2勝無敗だったので
「負けるか?」とも思った矢先の4回裏のこと。
あんなによかった岸田が3連打で突如崩れ、信二にグランドスラムを打たれ、なんとハムが逆転。
さらに1アウトをとってから2連打を浴び降板。
という、ある意味すごい経歴の持ち主ですwww
まあ、こんな投手なら勝てるでしょう(コラ失礼だろ
またしばらくアウェー行脚が続くので、3連勝して札幌を出発したいところです。

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/21(月) 22:09:26|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

4月20日 目と鼻の先の首位 対ソフトバンク6回戦

先日の「平行四辺形になるための条件」、正解者がいました。すばらしいです。
しかし、現役中学生の自分としてなんか悔しかったです(意味不明
というわけで、今日もクイズ!!(ぁ

問1:「質量保存の法則」とは何か説明しましょう。
問2:「アンモニア」を発生させ、集める際に使う置換法はどれ?(水上・上方・下方)
問3:「不定詞」には、名詞的用法とあと何用法があるか、2つ答えましょう。

1つでもできた方はぜひコメしてくださいww



(札幌ドーム 対ソフトバンク 日本ハム4勝2敗 30,536人)
ソ 100 110 001 4 勝 和田(S ホールトン)
フ 000 000 020 2 負 グリン

HR 田中賢5号①-和田 稲葉3号①-和田

投 ソ 和田 → 小椋 → ホールトン
手 フ グリン → 宮西 → 建山 → 坂元



3万人入りましたが、勝てませんでした。。。
9回に1点が非常に余計で、流れを手放してしまいました。
詳しくは、ハイr(ry

1回表 先発のグリンは1回からピンチを招く。
     1アウトから仲澤の2ベース、柴原のヒットで1アウト1・3塁のピンチを作ってしまう。
     そして松中に犠牲フライを決められ、0-1と先制される。
     小久保は三振に打ち取り3アウトになるも、初回から先制される嫌な展開。

1回裏 一方ホークスの先発・和田は絶好調。
     ひちょり・賢介・稲葉が簡単に三者凡退に打ち取られ、点を返すことができず。

2回裏 先頭の信二が2ベースを放ち出塁。スレッジはセカンドゴロに倒れる。
     ここでジョーンズはなんと三球三振。あまりのふがいなさにドーム内からブーイングも。
     陽が四球を選び2アウト2・1塁とし、佐藤はいい当たりを打つもレフトの正面。
     結局この回は得点できず、和田を攻略できない。

3回表 川崎・仲澤・柴原を三者凡退。
     これでグリンはペースをつかみ好投を続けるように見えた。

4回表 この回ついにグリンがつかまる。
     簡単に2アウトを取りながら松田のヒットでピンチを招く。
     さらに1球目から盗塁を決められ、そして荒金に2ベースを打たれ、2塁走者ホームイン。
     0-2となり、2アウトを簡単に取れた中で痛い失点を喫する。
     城所は押さえたものの、和田が好調な中でこの失点は相手に流れを与えてしまう。

4回裏 ファイターズ打線は和田をなかなか捕らえることができない。
     1アウトからスレッジがヒットで出塁するも、ジョーンズ倒れ2アウト。
     陽が四球を選び2アウト2・1塁とするも、佐藤がファーストゴロに倒れ二者残塁。
     3回連続でチャンスを作るもそれを生かせず、ドームを嫌な雰囲気が包む。

5回表 グリンがまたまた崩れてしまう。
     この回も簡単に2アウトを取ったのに仲澤・柴原に連続ヒットを打たれる。
     そして松中には1塁線を破る2ベースを打たれ、0-3とついに点差は3まで開く。
     小久保は三振に打ち取ったものの、この回も2アウトを取っていながら失点を許した。

6回裏 稲葉・信二・スレッジのクリーンナップがいずれも凡退してしまう。
     和田が尻上がりに調子を上げ、完封されるのではないかという雰囲気が広がる。

7回表 この回からピッチャーがグリンに変わって宮西にスイッチ。
     1アウトから好調の仲澤に猛打賞となる2ベースを打たれるも、柴原・松中を抑える。
     ピンチをしっかり切り抜け、味方の反撃を待つ。

8回表 この回からピッチャーは建山にスイッチ。
     先頭の小久保に2ベースを打たれる。松田は抑えて1アウト。
     そして荒金に死球を与えてまたピンチが広がる。しかし後続を抑えて無失点。
     勢いづいてしまったホークス打線を何とか抑える。

8回裏 完封も見えてきた和田に、3万人のファンが襲い掛かる。
     1アウトから賢介がセンターオーバーのホームラーーン!1-3と、ようやく反撃。
     さらに続く稲葉も、センターオーバーのホームラーーン!2-3と、ついに1点差。
     ここでピッチャーが和田から小椋にスイッチ。
     信二、スレッジが変わった小椋の前に凡退してしまい、この回は2点止まり。
     しかし完封されそうな和田を終盤で打ち崩し、ドーム内は一気に盛り上がる。

9回表 この回からピッチャーは防御率があまりよくない坂元にスイッチ。
     ドーム内のサヨナラもありか?という雰囲気をよそ目に、先頭の川崎に四球を与える。
     続く仲澤にバントを決められ、ドーム内のせっかく盛り上がった雰囲気が冷めてしまう。
     そして柴原は坂元を強襲する内野安打で、1アウト1・3塁のピンチを招く。
     続く松中にライトへの犠牲フライを打たれ、2-4と再び点差が開く。
     森本を抑えたものの、この回あまりにも余計で雰囲気を壊す1点が入ってしまった。

9回裏 ピッチャーはこの回から新外国人のホールトンにスイッチ。
     ジョーンズの代打工藤・陽と倒れてしまい簡単に2アウト。バッターは佐藤。

佐藤は3塁ファールフライに倒れ、ゲームセット。2-4で、ファイターズ3連勝ならず。



なんか、もったいないですねw
8回に2点を返して反撃ムードを作りましたが、そのあとに2人の凡退&坂元の四球が痛かったです。
3万人のファンが和田を完封させまいとしましたが、先頭への四球はすべてを壊します。
まあ、速やかに和田を変えた王監督の判断もよかったってことになりますがww

今日はグリンの誤算から始まりました。
1回に1点を失い、4・5回は2アウトを取りながらそこから1点づつを失いました。
2アウトをとり、打たれてからの粘りが足りませんでしたかね。
宮西・建山は打たれながらもしっかり抑えました。
ランナーを出してしまっても、しっかり抑えたことが8回裏の2連発につながったのかもしれません。
しかし、坂元・・・w
自分は、9回も建山で行ったほうがよかったような気がします。
弥太郎には失礼かもしれませんが、信頼できません。絶対打たれるような気がします。
もうちょっと、2軍で投球を磨いてから1軍でもいいと思います。
確かに、現在の中継ぎ投手陣の事情は厳しいです。最低限の人数で何とかまかなっています。
しかし、弥太郎の現状を見ていると、完全に信頼することができないんです。
2軍も、1軍に上げれるような投手がいるかといえば、実際は厳しいんですよね(ーー;)
もう1~2人、絶対的な信頼が置ける中継ぎ投手がほしいです。

打線も、和田の前に散発に抑えられていました。
何でしょう、簡単に打ち取られているように感じます。
しかも、和田のコメント「普通に投げていれば勝てる」というのを聞くと、ナメられてるような気が^^;
2~4回はチャンスを作れていたんですが、あと1本が出ませんでした。
それ+3点の援護が、和田を楽にしてしまったんでしょうね。
しかし、8回の2連発のホームランは、「これだけファンが入ってるのに完封だけはされてたまるか」
という、気合を感じるような、目が覚める一発でした。
自分も、8回までテレビの前で寝そうでしたが、あのホームランでリアルに目が覚めました^^;
あのまんま終わってしまっては、和田にとってはよい印象しか残りません。
しかし、2発のホームランで一矢報いたことで、相手に悪い印象を与えることが少しだけできました。
あと、ひちょりノーヒットも痛かった。火付け役がまったく打てないのはなぁ。。。
そして、「ジ」の付く人・・・あの人はどうやったらヒットが打てるんですか?(おぃ

とにかく、ホークスの中軸に打たれ放題打たれたのは(仲澤・柴原猛打賞)、失点の原因でした。
警戒はしているんですが、勢いがあるから仕方ないのでしょうか。

西武が残念ながら勝ってしまったため、ゲーム差が1.5に開いてしまいました。
も~楽天さんしっかりしてください(ぇ
次の試合は、またまた札幌ドームで今度はオリックス戦です。
最下位だからといって、甘く見てはいけません。ローズ・カブレラはしっかりマークしましょう。
そうしないと、大変なことになります(;_;)
今度こそ、3連勝してアウェーに出発しよう!がんばれファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/20(日) 22:12:52|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:3

4月19日 初物を初物が撃破 対ソフトバンク5回戦

皆さんは、1次関数とか平行四辺形になるための条件とか、覚えてないでしょう(決め付けるな
1次関数の式はy=ax+bで、aが傾き・変化の割合、bが切片などを意味しています。
xの増加量 分の yの増加量=傾き・変化の割合 です。
2元1次方程式ax+by=cのグラフは、直線になります。
平行四辺形になるための条件は、平行四辺形の定義を含め5つあります。
覚えていた方は、ぜひコメしてください(誘導するな



(札幌ドーム 対ソフトバンク 日本ハム4勝1敗 27,041人)
ソ 000 001 010 2 負 大場
フ 021 001 00x 4 勝 藤井(S マイケル)

HR 佐藤1号②-大場 スレッジ6号①-大場

投 ソ 大場 → 藤岡 → ガトームソン
手 フ 藤井 → 星野 → 宮西 → 武田久 → マイケル



藤井、やっと勝てましたね(^^)v
そして、佐藤って誰?と思ったファイターズ初心者の方も、いるかもしれません。
ならば、ハイライトにいけb(ry

1回表 先発の藤井がいきなりホークス打線につかまる。
     1アウトから仲沢にヒットを打たれ、柴原を打ち取るも松中にもヒットを打たれる。
     そして小久保を四球で歩かせ初回から2アウト満塁の大ピンチ。
     しかし、ここは藤井は松田を三球三振に打ち取り、点を与えない。
     ピンチを切り抜け、上々のスタートを切る。

1回裏 成瀬に投げ勝つというとんでもない新人・大場が先発。
     2アウトから稲葉が四球を選ぶも、信二がサードフライに倒れて、先制ならず。
     大場も、順調なスタートを切った。

2回裏 先頭のスレッジがセンター前ヒットで出塁!ジョーンズが倒れ1アウト1塁。
     ここで1軍に来たばかりの佐藤、ライトスタンドへホームラーーン!2-0と先制!
     しかも、1軍初ヒットがなんと初ホームランとなる。ドームは一気に盛り上がる。
     だが尾崎・高口は連続三振。大場は一発を打たれても簡単には崩れない。

3回裏 大場がこの回もピンチを迎える。
     1アウトから賢介・稲葉が連続ヒット!1アウト1・3塁のチャンスを迎え、4番に打順が回る。
     信二はショートゴロとなってしまうも、その間に3塁走者が生還!これで3-0となる。
     なおも続くチャンスでスレッジがセカンドゴロに倒れてしまい、この回1点止まり。
     しかし追加点が入り、藤井を援護する。

6回表 安定した投球をしていた藤井が、6回についに捕まる。
     柴原、松中に連続ヒットを打たれ、小久保は賢介の好プレーで打ち取るもピンチが続く。
     そして松田に2ベースを打たれてしまい、3-1とついに藤井が1点を失う。
     本間をファーストゴロに打ち取り、何とか2アウト。
     ここでピッチャーが藤井から星野にスイッチ。重要な場面を任される。
     そして田上のセカンドゴロを1塁へ送球、きわどいタイミングでアウト!
     この回、1点でしのぎぎり、藤井に勝ち投手の権利が生まれる。

6回裏 先頭のスレッジ、3試合連続ライトスタンドへホームラーーン!4-2と引き離す。
     ホームに帰ってきてから絶好調のスレッジが、今日も一発を放つ。
     しかし、その後は3人で打ち取られる。

7回表 この回もピンチを迎える。
     1アウトから川崎にヒットを打たれ、仲沢には四球を与えてしまう。
     ここでピッチャーが星野から左腕の宮西にスイッチ。
     柴原を三振、松中をショートフライに打ち取り、ピンチをしのぎきる。
     この6・7回を押さえて、8回からの勝利の方程式につなぐことができたのは大きい。

8回表 この回からピッチャーは「勝利の方程式」、武田久にスイッチ。
     しかし、先頭の小久保にいきなり2ベースを打たれ、ピンチを迎える。
     松田・本間のファーストゴロで2アウトとするも、小久保が生還し4-2と2点差にされる。
     さらに山崎にヒットを打たれるも、城所をピッチャーゴロに抑え、3アウト。
     1点を失うも、リードを保ったまま最終回のマイケルにつなげることができた。

8回裏 この回からピッチャーがガトームソンにスイッチ。
     先頭の稲葉が2ベースで出塁すると、代打の鶴岡はファーストライナーで1アウト2塁。
     スレッジは敬遠の四球で1アウト2・1塁のチャンス。
     しかしジョーンズ・工藤が連続三振に打ち取られ、追加点ならず。

9回表 この回からピッチャーは「勝利の方程式」、マイケルにスイッチ。
     川崎、仲沢を打ち取り2アウト。

そして柴原をセカンドゴロに打ち取り、ゲームセット。4-2で、ファイターズ連勝!



やっと藤井に勝ち星が付きましたか。めでたしめでたしwww
この文章を打っているのが23時半を過ぎているので、手短に行きたいと思います。
ただの手抜きとか言うな(ぇ

やっと藤井に勝ち星が付きましたか。(さっきと文同じだろ
毎回勝ち星は付かなくてもいい投球はしてたんですけど、打線の援護がないんです。
しかし、今日は早くから打線の援護があったので、藤井も余裕を持って投げれたんだと思います。
大場も今日は一発こそ打たれましたがなかなかの投球でした。
藤井→5回3分の2打者25人に81球を投げ被安打7、奪三振2、与四死球1、失点1です。
大場→6回打者26人に125球を投げ被安打6、奪三振5、与四死球2、失点3です。
というわけで、投球自体は両者互角でした。
何が勝負を分けたか?そう、一発です。
一発を打たれた大場と、ピンチでも打たせてとって一発を打たれなかった藤井。
一発では、やはり一気に点が入ってしまいます。だから大場はもったいなかったです。
しかし、藤井は今日は球が高く、いい当たりも何本か打たれていました。
それだけに、バックの好プレーがあったことは藤井を大いに助けました。
とにかく、これで勝ち星が1つ付きました。藤井もこれで投げやすくなると思います。

そして、藤井を何よりも助けたものが、打線です。
4点のうち3点がホームランでの得点という、あまりファイターズらしくない展開でした。
そして、1軍2打席目で佐藤がそんなに甘くない球をライトスタンドへ運びました。
相当喜んでいましたね。背番号55というのも、何かつながっているような感じがします(ぇ
しかし、佐藤もその後は凡退していたので、課題と成果の両方ができたと思います。
今日は、一生忘れない1日になるでしょうね。
そして、スレッジ。ホームに帰ってくる直前から、またあたってきました。
信二が倒れて回が終わり先頭打者としての出番が多いスレッジ。
しかし、今日の4打席中3打席で出塁しています。しかも、2回は得点に絡んでいます。
6回は中盤で貴重な1点でしたし、8回も敬遠されて出塁です。
中軸としての機能をしっかり果たしてるじゃないですか。いいぞ!(ぇ
そして稲葉もマルチヒットです。しかも、全打席出塁です。
1・2番がチャンスを作り、クリーンナップが点を入れる。信二もゴロでも点を入れる。
このパターンが、最近はできているように感じます。
ところで「またか」というのがそう、ジョーンズです。今日はノーヒットです。
しかも、2回ほどボールをポロリ。去年のジョーンズに逆戻りですか~~~~~~?(ぁ

今日はもうすぐ24時になるのでこのくらいに(ぇ
明日の予告先発はハムがグリン、ホークスが和田です。
これは思いっきり投手戦になりそうですね。
打線のつながりが出てきているので、こつこつ加点してグリンを楽にしてあげたいところです。
さあ、対ホークス3タテ目指してがんばれファイターズ!いける人はドームへ行きましょう!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/19(土) 23:56:25|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

4月18日 ダル様、稲葉様、スレ様、信二様 対ソフトバンク4回戦

早すぎですが、5月の修学旅行の連絡をします(ぇ
自分も、中3です。というわけで修学旅行に行ってきます。
8~9日は青森・秋田に、10~11日は北海道に戻って函館に行ってきます。
日程が、3泊4日です。もちろん、パソコン、ケータイ(持ってないですが)は持っていけません(ぁ
なので、旅行に出かける5月8・9・10日は更新できません。TB承認もできません。
ただ、8・9日は試合なしで10日には試合があります。11日は帰ってきてから更新します。
ここで、「あれ?もしかして」と思った方、するどいぜwww
そうです。10・11日は函館でファイターズが試合をしているのです。
「これは行くしかないしょ!」と思い自主研修で行こうとしましたが、ほかの班員に拒否されましたw
自分の班は5人班で残りの4人は野球に興味ありません。わかってないね。行ったらはまるのに(ぇ
11日は試合開始前に函館を出ます。10日の自主研は16:30までです。
別に間に合うと思うんですけどね(ぇ
というわけで、市電が千代台に近づいたとき、窓を開けて音と空気を感じ取ろうと思います。
あ~こんなおいしい機会もうないよ?w 行きたいよ~(ToT)/~~~



(札幌ドーム 対ソフトバンク 日本ハム3勝1敗 18,107人)
ソ 100 000 000 1 負 杉内
フ 001 000 11x 3 勝 ダルビッシュ

HR スレッジ5号①-杉内

投 ソ 杉内
手 フ ダルビッシュ



前書きすごく長かったですが、ちゃんと読んでくれましたか?(ぁ
ダルビッシュなのにお客さんが2万人入ってないのが気になりますね~
家でこんなことしてるんならドーム行って応援したいんだけど・・・
それはともかくハイr(ry

1回表 先発のダルビッシュの立ち上がりは不安定だった。
     先頭の川崎にいきなりヒットを打たれると、川崎が盗塁を試みる。
     ここで鶴岡が2塁へ送球するも、飯山がとれずボールがセンターに。川崎は3塁へ。
     仲沢は抑えていたが、柴原に詰まった当たりのタイムリーを打たれ、0-1と先制される。
     さらに続く強力打線の松中・小久保は打ち取って、追加点は許さない。
     しかし、投手戦が予想される中で早くも1点を失ってしまった。

1回裏 先発の杉内も立ち上がりが不安定。
     1アウトから賢介がヒットを放ち、さらに稲葉がセカンドのエラーを誘い、チャンスを広げる。
     ここから続く中軸、信二・スレッジが凡退してしまう。
     先制された直後のチャンスだったが、点をあげることはできず。

3回裏 1アウトからひちょりがヒットを放ち、賢介が送って2アウト2塁。
     そして稲葉がレフトへのタイムリー2ベース!1-1と、同点に追いつく。
     信二はチャンスで2打席連続の三振に抑えられてしまい、3アウト。
     しかし、杉内から1点を奪い、試合を振り出しに戻す。

4回表 2アウトから小久保にヒットを打たれるも、松田を三振に打ち取る。

4回裏 スレッジ・ジョーンズ・鶴岡が3者連続三振。(杉内、4者連続アウト)

5回表 本間・城所・的山を三者凡退。(ダル、4者連続アウト)

5回裏 飯山・高口・ひちょりが三者凡退。(杉内、7者連続アウト)

6回表 川崎・仲沢・柴原を三者凡退。(ダル、7者連続アウト)

6回裏 賢介・稲葉・信二が三者凡退。(杉内、10人連続アウト)

7回表 松中・小久保・松田が三者凡退。(ダル、10者連続アウト)

7回裏 先頭のスレッジ、ライトスタンドへ弾丸ライナーー!2-1と、ついに逆転。
     これで、連続凡退は10人でストップ。ダルビッシュにとっても大きな1点が入る。
     しかし、後続のジョーンズ、鶴岡、飯山がなんと3者三振。杉内は簡単には崩れない。

8回表 本間・城所・的山を3者連続三振。(ダル、13者連続アウト)

8回裏 先頭の高口がヒットを放つ!ひちょりが送って1アウト2塁。
     賢介はセカンドゴロながら、2塁走者は3塁へ進塁、これで2アウト3塁。
     稲葉ジャンプが起こる中、稲葉は敬遠の四球を選びこれで2アウト1・3塁。
     ここから、札幌ドームのあのムードが杉内に襲い掛かる。
     ここで信二。レフト前タイムリー!3-1と、ソフトバンクを突き放す!
     さらにスレッジ。厳しいところへのボールをしっかり見極め、四球を選び、これで満塁。
     バッターは紺田!札幌ドームの盛り上がりは最高潮に。
     しかし1塁線へのいい当たりを放つもファーストゴロとなってしまい、三者残塁。
     1点しか入らなかったものの、ダルビッシュにとっては十分な1点が入った。

9回表 川崎・仲沢を抑える。(ダル、15者連続アウト)

そして柴原を三振(ダル、16者連続アウト)でゲームセット!3-1で、ファイターズ連敗脱出!



文章打ってから思いましたが、ハイライト長っ(ぁ
いつも、文章はそのときの思いつきで打っています。そのため、文章がとても長いこともしばしばw
それはどうでもいいか(ぇ
やっぱり、札幌ドームです。悪い流れも止めてします。杉内を飲み込みます。
7回表までは「いつファイターズに点が入るのかな(←勝つ気満々w)」という気でいました。
7回裏。スレッジ。弾丸ライナーーーーーーーーーーー!(おい長いな
そのとき、自分はニラに苦戦して打った瞬間を見れませんでした(;_;)

決めるべきところであんなにあと1本が出なかったのに、今日は出たことが勝利につながりました。
稲葉、信二、スレッジといった中軸が今日はしっかりと仕事を果たしました。
そして、中軸の前の打者がしっかりチャンスメークできたことも大きかったですね。
また、あんなに簡単に三振していた高口が8回にヒットを打てたのも流れを引き寄せました。
結局、四球含めても今日は8人しか出塁できていません。そのうち、8回に4人です。
杉内があまりにいい中で、数少ないチャンスをしっかり生かせた、ファイターズの勝利です。
ダルビッシュには1点のリードがあれば十分ですが、3点目は9回の投球を楽にしました。
ファイターズは、そういう野球で勝ってきたチームだと、何回も言っています。(ぇ
自分たちの野球ができた日は、勝つんです。それが我がファイターズです。

ダルビッシュには特に言うことはありません(ぁ
杉内との息詰まる投手戦、格の違いを見せ付けました。
何ですかあのヒーローインタビューどこで仕込んだんですか(コラ
でも、杉内もかなりよかったんです。
ダル→9回打者30人に103球を投げ被安打3、奪三振10、与四死球0、失点1です。
杉内→8回打者33人に121球を投げ被安打6、奪三振11、与四死球2、失点3です。
結果はともかく、この数字を見ると本当に互角の戦いだったことがよくわかります。
さらに、ダルは16者連続、杉内は10者連続でアウトにしとめたことがありました。
両投手とも、中盤はまったく手がつけられませんでした。
しかし、終盤にさらに調子を上げたダルが、ホームランを打たれても崩れない杉内を上回りました。
ホームランを打たれても、2アウト満塁のピンチでも崩れない杉内もすばらしかったです。
ただ、このような投手戦では、終盤に1点を与えたほうの負けです。ダル、万歳!(ぁ
これで、ダルは4勝負けなしです。ダルの先発=勝つ という方程式、成り立ちますね?w

ここんとこ、守備の乱れが目立っていましたが、今日は安定した守りでした。鶴岡を除いてw
ただ、鶴岡もとんでもないところに投げたわけではないので、そんなに責める必要もありません。
でもその後失った1点が、ダルの防御率を悪くしたと考えると・・・w
とにかく、ファイターズは守備のチームでもあります。守備が崩れなければ、勝てるんです。

明日の予告先発はハムが藤井、ホークスが大場です。
大場って成瀬に投げ勝ったあの大場です。ついにきたかw
札幌ドームだから勝てるという人がいますが、大場は千葉マリンであの投球です。うわぁ~。
千葉マリンと札幌ドームは雰囲気が違います。札幌ド-ムは、成瀬をも飲み込みます。
この雰囲気があれば、大場なんてへっちゃr(ry
そして、打線も新人には弱い傾向がありますが、一場みたいに打ち崩しちゃいましょう。
何よりも、藤井に勝ち星を恵むのだ!がんばれファイターズ!6連勝しちゃうぞ~!いくぞ~!w

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/18(金) 22:34:35|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:2

4月16日 2アウトからの襲来 対西武5回戦

自分たちの修学旅行の計画で、副班長はなんと部屋割りの担当となっています。
あんなに班長なりたかったのになれなかった悲劇から1ヶ月。
班長が決めるのは電車の座席とかでした。なんというラッキーw
もうこうなったら、好きなように決めさせていただきますwww
先生見てないよね?(ぁ



(西武ドーム 対西武 日本ハム2勝2敗1分け 11,263人)
フ 100 001 000 2 負 吉川
ラ 000 121 00x 4 勝 涌井(S グラマン)

HR ブラゼル9号①-吉川 スレッジ4号①-涌井

投 フ 吉川 → 坂元 → 宮西 → スゥイーニー
手 ラ 涌井 → 岡本真 → グラマン



また先制点を守りきれない展開ですか~~~~~~?(ぁ
なんと、これで5試合連続で同点・あるいは逆転されているんです。
投手陣の粘り、足りないんですかねぇ。。。
まあ、ハイライトでも見てください(ぁ

1回表 2アウトから稲葉が四球を選び、信二がセカンドのエラーを誘い1・2塁のチャンスを作る。
     ここでスレッジ、センター前タイムリー!2塁走者が生還、1-0と先制する。
     これでファイターズは3試合連続で1回に先制点を取る、理想的な展開を作る。

3回表 ひちょりが四球を選ぶと、賢介が送り1アウト2塁。
     さらに稲葉も四球を選び、1アウト2・1塁とチャンスを作る。
     しかし信二・スレッジが倒れてしまい、チャンスを生かせず。

4回表 1アウトから鶴岡が四球を選び、尾崎が送って2アウトながらランナー2塁。
     次の高口、タイムリーヒット!となるはずがライトの好返球で鶴岡ホームでタッチアウト。
     3アウトとなってしまい、チャンスを生かせず。

4回裏 吉川が先頭のブラゼルに第9号となるソロホームランを打たれ、1-1の同点。
     後続は四球を1個与えるも抑える。
     しかし、ここから吉川の投球に微妙な狂いが生じ始める。

5回裏 三振2つで簡単に2アウトを取ったのに赤田に四球を与えてしまう。
     中島にはヒットを打たれ、ブラゼルにも四球を与えて、2アウトながら満塁の大ピンチ。
     ここでG・G・佐藤に2ベースを打たれ、2人生還。1-3と、逆転されてしまう。
     中村を三振に打ち取ったが、ついにこの回西武打線につかまってしまった。

6回表 先頭のスレッジ、ライトポール際にホームラ~ン!2-3と、1点差に詰め寄る。
     後続は打ち取られるも、1点を返し反撃の兆しをつかんだかに見えた。

6回裏 この回からピッチャーが久しぶりの登板となる坂元にスイッチ。
     簡単に2アウトを取りながら松阪・片岡・赤田に3連打を浴び、2-4とされる。
     中島は三振に打ち取り3アウトとするも、この回痛い1点を失い、反撃ムードに水を差す。

7回表 2アウトから賢介・稲葉が連続ヒットでチャンスを作るも、信二三振。
     結局涌井を打ち崩せそうで打ち崩すことはできなかった。

7回裏 ピッチャーは坂元から宮西にスイッチ。
     中村にヒットを打たれたものの4人で抑え、追加点を許さなかった。

8回表 相手ピッチャーがこの回から前中日にいた岡本真にスイッチ。
     1アウトから工藤が内野安打で出塁。しかし小田・佐藤が打ち取られ、この回も凡退。
     なかなかチャンスを生かせない。

9回表 相手ピッチャーが抑えのグラマンにスイッチ。
     簡単に2アウトをとられるも賢介・稲葉が7回に続き連続ヒット。
     ここでバッターが4番の信二。

しかしセンターフライに打ち取られ、ゲームセット。2-4でファイターズ、引き分け挟み3連敗。



今日も千葉からの悪いムードを断ち切れず、今季初の3連敗となってしまいました。
2アウトからチャンスを作った両チームも、生かせた西武と生かせないハムの差が出ました。
今日の涌井、12日の成瀬、13日の渡辺俊と、打ち崩せそうで打ち崩せない試合が続いています。
初回で完璧に捕らえられないから、こういう結果になるんです。

今日は投手陣も打たれてしまいました。
やはり、このチームの生命線である投手が打たれてしまうのは、非常に大きいです。
吉川は決して悪い投球ではありませんでした。前回同様、自分の投球ができてたように思います。
しかし、ブラゼルに一発を浴びてから徐々に崩れていきました。
そこはやっぱり若いが故です。そこは勉強してってくれればいいと思います。
最初の2戦はひどかったですが、最近の2戦は自分の投球ができています。
下を向く必要はありません。前向きに前向きに!(ぇ
弥太郎は・・・(ぁ
う~ん2アウトは取ったのになぁ~w
なんか、打たれ方も打たれ方だったのでもったいないですよね。
宮西・スゥイーニーは今日の投球に関して特に言うことはありません。すばらしいです。
ヒットは打たれたものの、崩れずにしっかり抑えて、中継ぎの役割を果たしていました。

打線は、2アウトから粘りを見せながら、あと1本が出ませんでした。
ヒットが9本も出ています。賢介は猛打賞です。スレッジも今日は奮起しました。
でも信二?昨日がんばりすぎた?(ぇ 5打数ノーヒットってw
信二にいずれもチャンスの場面で回ってきましたが、ことごとく凡退してしまいました。
ここがつながらなかったのが、今日の敗因の一つではないでしょうか。
やはり、涌井が四球が多かっただけに点を入れれなかったのはかなりもったいなかったですね。
残塁11、併殺1です。やはりこの残塁11という数字が今日の試合を象徴しています。
本当に何回もチャンスを作っていただけに、今日の敗北はもったいないですね。
あと、守備の乱れにつけこんで6回に点を取れなかったことも大きかったです。

今年は意外と負けが多い気がしてならない自分です。
というわけで、今季初の3連敗というのがすごく意外に感じます。
負けて勝って負けて勝っての繰り返しでしたしね。
でも、あさってからは札幌に帰れます。もう、負けません。負けてはいけません。
なんか悔しいので今日はこの辺で終わりにします(早

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/16(水) 23:12:39|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

4月15日 2夜連続の延長戦 対西武4回戦

先日、「移転します」ときっぱり言ってしまいましたが、正直迷っております(ぁ
gooアカウントは所得してありますが、実際fc2は1年以上使っているので慣れています。
そして、インポートが面倒(個人の事情w
移転を決めましたら、大々的に発表します。それまでお待ちください。



(西武ドーム 対西武 日本ハム2勝1敗1分け 8,397人)
フ 110 001 000 000 3
ラ 000 020 010 000 3

HR 松坂1号②-武田勝 高橋3号①-岸

投 フ 武田勝 → 星野 → マイケル → 武田久
手 ラ 岸 → 帆足 → 岩崎 → 岡本真 → グラマン → 小野寺



決着、つきませんでした~ww
このスコアを見ると、点を入れていたのに追いつかれたことが、わかると思います。
というわけでハイr(ry

1回表 2アウトから稲葉が2ベースで出塁し、信二がレフト前タイムリー!1-0と先制する。
     スレッジは倒れたものの、2試合連続で初回に1点をもぎ取った。

2回表 立ち上がりが不安定だった岸をファイターズ打線が捕らえる。
     1アウトから鶴岡がヒットを放ちチャンスを作る。
     さらに尾崎、入団6年目にして1軍初ヒット!1塁ベース上で号泣寸前に。
     陽は倒れるもひちょりが四球を選び、2アウト満塁。
     ここで賢介、押し出しとなる死球を受け、3塁走者ホームイン!2-0と引き離す。
     しかし、なおも満塁の場面で稲葉がセカンドゴロに倒れてしまい、三者残塁。

5回表 ひちょり・賢介・稲葉が三者凡退に抑えられる。
     岸が調子を上げてきて3回からずっと三者凡退とされる。

5回裏 1アウトから平尾がショートのエラーで出塁する。細川は打ち取り、2アウト。
     しかし松坂にレフトオーバーの2ランホームランを打たれ、あっという間に2-2の同点。
     片岡は抑えたものの、エラー+ホームランという最悪のパターンになってしまった。

6回表 先頭の信二、レフトスタンドへホームラ~ン!3-2と、再び西武にリードする。
     後続は倒れたものの、中盤に貴重な1点が入った。

8回表 この回、ファイターズ野球に不足している部分が露呈する。
     先頭の賢介から稲葉・高橋の連続ヒットでノーアウト満塁の大チャンスを作る。
     ところが、スレッジがダブルプレーに打ち取られ、3塁走者も生還できず、2アウト。
     そしてジョーンズもセンターフライに打ち取られ、この回得点できず。
     ノーアウト満塁のチャンスを生かせなかったことが、後々響いてくる。

8回裏 完投ペースで投げていた武田勝に、思わぬ落とし穴が待っていた。
     先頭の細川に2ベースを打たれ、松坂が送って1アウト3塁の大ピンチ。
     そして片岡にも2ベースを打たれてしまい、3-3と再び同点に追いつかれる。
     8回表に1点でも入っていれば、同点ではなかったのだが・・・
     そして片岡には盗塁を許し、栗山の代打江藤には四球(この試合初めて)を与える。
     ここでピッチャーはしばらく投げていなかった星野にスイッチ。
     依然、1アウト3・1塁というピンチでの当番となった。
     しかし、片岡が3塁を飛び出したところを鶴岡が刺す!これで2アウト。
     そして中島を捕手ファールフライに打ち取り、3アウト。
     追加点は免れたが、8回表に点を奪えなかったことが響き試合は振り出しに戻った。

9回裏 1アウトからG・G・佐藤に四球を与えるも、その佐藤が盗塁を試みた時に鶴岡が刺す!
     それもあって結局星野は3人で攻撃を終わらせ、試合は2試合連続の延長戦へ。

12回表 ピッチャーは11回から投げている小野寺。
      1アウトからこれまた1軍初昇格の佐藤が四球を選び、飯山が送って2アウト2塁。
      しかし、ひちょりが中途半端なスイングの三振に倒れ、ランナー残塁。
      これでファイターズの今日の勝利はなくなった。

12回裏 ピッチャーは11回に投げたマイケルから武田久にスイッチ。
      1アウトから石井義に内野安打を打たれ、大島が送って2アウト2塁。
      しかし、久が最後に意地を見せる。

松坂を三振!これでゲームセット。3-3で、ファイターズ今シーズン初の引き分け。



結果は引き分けですが、なんか負けたような気分ですw
それは、学校での友達関係でイライラしていたからかもしれません。(ぇ
あいつしつこい(リアル話だろw
それはともかく、今日は勝てた試合だったのではないでしょうか。
なんか、もったいないな~って感じです。

打線は確かにヒットが出てました。9安打です。9安打で3点取っています。
しかし、8回表のあの拙攻を見逃すわけには行きません。
お~いスレッジ~w
あのときの勢いはどこへやら。チャンスを、思いっきりつぶしてしまいました。
結果的にこのときの流れが、その裏に同点に追いつかれる流れになってしまいました。
今日は、何つーか、はっきりしてました。
ヒットが出るときは2安打くらい出るけど、打てないときは三者凡退。伝わった?(ぁ
ただ、2回と8回のあのチャンスでもう1点くらいがほしかったですね。
特に、2回は岸が不安定な中でしたから、もったいなかったです。
これで岸がテンポよく投げ出してしまったため、ヒットが出なくなってしまいました。
確かに今日は得点が入りましたが、内容的には千葉シリーズの拙攻続きとほとんど同じです。
「詰めの1本」的な当たりがほしいですね。

ところで、尾崎に1軍初ヒットが出ました。尾崎は1塁ベース上で号泣しそうでした。
02年のドラフト1位でファイターズに指名された尾崎。
しかし伸び悩み、ほかの若手(金森、糸井、紺田など)が続々1軍に呼ばれていきます。
これは尾崎にとっては「ドラフト1位の選手」というのもあったのか、悔しかったのでしょうね。
そして今年。小谷野がわき腹を痛め離脱。そこでついに尾崎に白羽の矢が立ちました。
1軍初打席となった12日のロッテ戦では、サードのエラーを誘い、さらにホームに生還しました。
しかし、ヒットが出たのは今日が初。うれしかった、の一言では伝えきれないでしょう。
途中で交代したものの、今日は一生忘れることのない1日となるでしょう。
本当に、おめでとうございます。これからも、がんばってくださいね!
そして、今日は佐藤も1軍初打席でした。結果は四球でした。
でも、相当緊張している中でしっかりボールを見極めたことは評価に値します。
鎌ケ谷でがんばってきた若手に光が当たってきたことは、いいことだと思います。

勝は・・・うん(ぇ
ホームランを打たれやすいのはあまり変わってないですね~。
エラーでランナーが出てた中だったので、非常に痛かったです。
しかし、他はさすが勝です。打たせて取る、勝本来の投球でした。
星野は、実戦間隔があいていたものの、ヒットを許しませんでした。
この選手も、今年鎌ケ谷からやってきた新星です。鎌ケ谷勢、がんばってますね~(^^♪
久とマイケルは問題ないでしょう。
後、久を夏に備えてもう少し休ませてやりたいですね。

他球場は、ロッテが7-6で楽天を、ソフトバンクが7-3でオリックスを下しました。
ついにパウエルがマウンドにやってきました。恐ろしい恐ろしいw

明日の予告先発は、ハムが吉川、西武が涌井です。
吉川これ明らかに不利じゃんm(__)m
しかし、前回のような投球ができれば問題ないと思います。クリーンナップ要警戒!w
後は、打線だな~w 前回もダルとの投げあいのときでしたが、1点しか取れていません。
とにかく、吉川は最小失点に抑えてもらいましょう。後は、打線を信じるのみ!
勝って札幌ドームに帰っておいで!がんばれファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/15(火) 23:28:32|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

4・8~4・13振り返り

今週から、こんな企画を始めました。
月曜日は基本試合がないので、その週の試合を振り返り、自分なりにコメントしました。
独断がかなり入ってますので、「私はこうだと思う」的なコメもお待ちしています。
どうせ誰もコメしてくれないんだろうけど(マイナス思考w



(8~10日日本ハム主催試合観客動員数 64,498人 11~13日ロッテ主催試合 58,956人)
対楽天3連戦   8日 ○8-7   9日 ○4-2   10日 ○1-0
対ロッテ3連戦  11日 ○3-2  12日 ●1-2x  13日 ●1-2x

1週間総得点 18点(今シーズン総得点 55点)
1週間総失点 15点(今シーズン総失点 62点)

HR 8日 田中賢4号2ラン 
   9日 稲葉2号2ラン スレッジ3号ソロ

総合成績 11勝9敗、現在2位 首位と0.5差



基本的なレイアウトがいつもと変わってない(ry
それはともかく、これを見て思うことが一つ。
・失点のほうが得点より多いこと そりゃあそうだよね貧打だから(ぁ
・8日の前まで総得点が37点で今週18点 要するに今までのほぼ2分の1の点を今週で入れた
8日を除いていずれも3失点以内 まあそうだよね投手ががんばるチー(ry
・9日以来ホームランがなし 千葉マリンのほうが狭いはずなんだけどね(ぁ

やはり、10日以降は相手がいいピッチャーだったためそんなに点が取れていません。
9日までは・・・(言うな
ただ、今まで何回も言ってきたように、数少ないチャンスが生かしきれていないんです。
札幌ドーム3連戦では、ホームの声援も受けチャンスでしっかり得点ができていました。
8日なんてその象徴だと思います。一場を打ち崩し、救援陣にも襲い掛かるその打線。
7点差となり雰囲気が悪かったドームが、工藤のヒット1本でもう大変です。w
その打線は、10日以降8日ほどの勢いは鳴りを潜め、チャンスでも凡退する場面が増えました。
確かに、アウェーです。千葉マリンです。ファンが熱狂的です。
い~~ま~~え!い~~ま~~え!わぁ~~w 千~葉!ロッテ!マリ~~ンズ!
確かにこの応援は相手を威圧します。この応援は耳に残ります。(関係あるのか?w
ただ、その雰囲気に負けているようではいけません。北海道・鎌ケ谷等からファンが来ています。
そのファンのためにも、チャンスはちゃんと生かしてほしかったですね。

投手陣は言うことないですね。勝はいったいどうしたのかって感じですがww
本当に投手陣はよく抑えているんです。だから、もう少し打線に踏ん張ってほしいですね。
負け試合はいずれも0~2点しか取れていないんです。
かわいそうな投手1位といえば、やっぱり藤井でしょうw
4試合目でいまだに勝ち星なしです。
大量失点することもほとんどなく、試合は作っているんですが、いかんせん援護がないから・・・
誰か、藤井に運をくださいw

守備については、あえて触れません。
本当はできるんです。たまたまエラーしてしまったんです。
反省して次回につなげてくれれば、問題ないと思います。

明日の予告先発は発表になっています。
ハムが武田勝、西武が岸です。
ハム打線は岸を苦手としていますが、昨日言いましたよね。
勝が投げる=打線が打つ という連立方程式が成り立つんです。
岸に、2年目のジンクスを教えてやりましょう。
できれば、2連勝してホームに戻ってきてほしいですね。
そうすれば、ホームで勢いをつけて6連勝、合計で8連勝・・・なんてことも(妄想w
今日は、オチがないですが、勘弁してください(というオチw

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/14(月) 21:09:06|
  2. 振り返り企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月13日 宝を守り抜け! 対ロッテ6回戦

自分が小2の運動会のときに、こんな競技をしました。
入れ物の中に薄力粉(だったかな?)と飴玉を入れておいて、粉の中から飴玉を探すんです。
もちろん手は使ってはいけません。口だけを使うんです。
そして、口にくわえたままゴールへ駆け込むんですが、運が悪いと落としそうになります。
勢いよく顔から粉の中に突っ込んでしまうと笑いものになるのはお分かりでしょうww



(千葉マリン 対ロッテ 日本ハム2勝4敗 16,282人)
フ 100 000 000 0  1  負 武田久
ロ 000 000 100 1x 2x 勝 渡辺俊

HR なし

投 フ グリン → 武田久
手 ロ 渡辺俊



いわゆる「宝物」を守りきれませんでした(T_T)
まあ、最終回はもう自分たちで手放してしまったようなもんですが・・・
そこんとこ、ハイライトを見t(ry

1回表 不調のファイターズ打線が立ち上がりの超アンダースロー・渡辺俊を捕らえる。
     先頭のひちょりがヒットを放つと、賢介が送って1アウト2塁。
     そして稲葉がタイムリー2ベース!ファイターズ、1-0と初回に先制!
     後続は倒れたものの、この回早々に先制点を奪い、試合の主導権を握る。

1回裏 ファイターズの先発は先週初勝利をあげたグリン。
     先週の勢いをそのままに、根元・早川・大松を三者凡退に仕留め、上々のスタート。

3回表 2アウトから田中賢がレフトへの2ベースを放ちチャンスを作るも稲葉ショートゴロで凡退。

3回裏 先頭の今江にチーム初となるヒットを打たれる。細谷は打ち取る。
     次の田中雅にもヒットを打たれ、ピンチを迎える。
     しかし、根元をセンターフライ、早川をショートゴロに打ち取り、点を与えない。

5回裏 この回は角中・今江・細谷を三者凡退に仕留める。
     ところがこの回からグリンが太ももの股間に近いあたりを気にし始めた。

6回表 先頭のひちょりが3回以来となるヒットを放ち、賢介が送って1アウト2塁。
     しかし稲葉は三振。信二が四球を選ぶも、スレッジセカンドゴロ。
     尻上がりに調子を上げてきた渡辺俊から追加点を奪えなかった。

6回裏 足を痛めたらしいグリンに、ロッテ打線が嫌がらせ的な攻撃を仕掛ける。
     先頭の田中雅がピッチャーの前にわざと転がして、セーフティーバントを試みる。
     しかし、これはファーストのほうへ転がる。グリンへの嫌がらせ、失敗w
     次の根元には2ベースを打たれ、こちらも3回以来となるヒット。
     早川はサードゴロに抑えるも、大松に四球を与える。しかも、グリンは暴投してしまう。
     これで、ランナーは2アウトながら1・3塁となり、バッター里崎という大ピンチ。
     ここはグリンが里崎を・・・三振!ピンチを切り抜ける。

7回裏 この回もグリンがピンチを迎える。
     先頭の橋本がヒットを放つと、角中に送られ1アウト2塁。
     今江は打ち取ったものの、1軍初先発の細谷にタイムリーを打たれ、1-1の同点。
     田中雅は打ち取ったものの、これで試合は振り出しに戻った。

9回裏 グリンが里崎・橋本・角中を打ち取り、三者凡退。試合はファイターズ2度目の延長戦へ。

10回表 先頭の工藤がヒットで出塁し、高口が送って1アウト2塁。
      しかし飯山、ひちょりが倒れてしまい、大チャンスを生かせず。

10回裏 この回からピッチャーは9回を投げきったグリンから武田久にスイッチ。
      しかし、今江にヒットを打たれ、細谷が送りバント。久が2塁へ送球も、判定はセーフ。
      さらに田中雅の送りバントをジョーンズが3塁へ送球も、これまたセーフ。
      結果、フィルダースチョイス2つでノーアウト満塁の大ピンチを招いてしまう。
      そしてバッターは好調の根元。

根元にタイムリーを打たれ、ゲームセット。1-2xでファイターズ、2試合連続サヨナラ負け。



守備の乱れが、こういう結末を招くのです。
無理して先の塁に投げずに、1塁に投げとけばこんなことにはならなかったような気がします。
ランナーには進まれても、アウトを1個取れるんです。
それなのに無理して先の塁に投げてしまえば、ランナーは2人になり、アウトは取れません。
それを、2回もしてしまったんです。そりゃあ千葉マリンの雰囲気がロッテサヨナラに傾きます。
武田久は前にノーアウト満塁、1-0の場面を無失点で切り抜けたことはありました。
しかし、あれは札幌ドームだったからできたんです。
アウェーで、しかも守乱でムードが悪い中でのノーアウト満塁とは訳が違います。
2回のミスが、負けという結果につながってしまいました。

そして、打線もグリンをぜんぜん援護できませんでした。
序盤こそ打ち崩し、1点を奪いました。このときは「今日はいけるかな」と思いました。
しかし、徐々に調子を上げる渡辺俊の前に、ヒットが出なくなってきました。
もちろん、三者凡退ばかりではなく、チャンスも何回かありました。
でも、そのチャンスをことごとく逃しているうちに、ロッテに追いつかれ、やがては逆転です。
結局、今日は6安打放ったものの、4回以降はわずか2安打です。
それでエラーもなかったので、点が入る要素があまりになかったんです。
今回の千葉シリーズ、相手から奪えた点はわずかに5点。
投手陣に対する負担があまりにも大きすぎです。
そして、スレッジが千葉に来て急ブレーキです。
ついに打率がまた2割2分をきってしまいました。
主砲の音がなかったことも、打線の不調につながったのではないでしょうか。

守備、打線といいところがなかった中で、唯一といっていいほどよかったのが、グリンです。
9回打者33人に、被安打6、与四死球1、三振3、1失点でした。
感情をあらわにすることもなく、足が気になる中でもよく投げました。
このがんばっている姿を見て、なぜ打線が奮起しなかったのでしょうか。
まあ、「渡辺俊がよかった」からに過ぎませんがww
久に特にコメントすることはありませんw
守乱で流れがあっちに行ってますから、打たれてしまうのも当然といえば当然です。
「二兎を追うものは一兎も得ず」って言いますよね。まさにそのとおりだと思います。
欲張らずに1塁に投げれば・・・といっても、後の祭りです。

他球場は、楽天が12-6でオリックスを、ソフトバンクが5-4で西武を下しました。
楽天、ホームに戻ってからまた連勝し始めました。

西武も負けたため、首位とのゲーム差は0.5で変わりませんが、3位ソフトバンクとの差も0.5です。
そして、火曜日からは埼玉に行って西武との首位攻防戦です。
お互い負け越しての2連戦なので、ホームの西武が若干有利かもしれません。
しかし、火曜日の先発はたぶん武田勝でしょう。
つまり 勝が先発=打線爆発 という方程式が成り立つはずです。
社会人のみなさん、連立方程式とか覚えてますか?(ぇ
それはともかく、いい流れを札幌ドーム6連戦に持って行きましょう!がんばれファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/13(日) 23:24:58|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

4月12日 上を向いて歩こう 対ロッテ5回戦

L特急「スーパーカムイ」がデビューします!
2007年10月1日、「ライラック」車両(781系)の老朽化取替えとして、789系新製車両を投入します。
現行の「スーパーホワイトアロー」車両(785系)とあわせて列車愛称を「スーパーカムイ」に統一し、
札幌~旭川間を80分(一部列車除く)で運転します。



(千葉マリン 対ロッテ 日本ハム2勝3敗 27,513人)
フ 000 000 001  1  負 宮西
ロ 000 001 001x 2x 勝 成瀬

HR 里崎2号①-藤井

投 フ 藤井 → 宮西 → 建山
手 ロ 成瀬



連勝が5で止まってしまいました。
でも、自分は意外と悔しくありません。
いつも負けるとえらいテンション下がる自分ですが、今日はなぜか前向きになれます。
なんたって、2試合連続で成瀬に一矢報いて同点にできたこと、それが大きな収穫だと思います。
建山は、まあ・・・w
ハイライトにいk(ry

1回裏 2アウトから里崎にいきなりヒットを打たれるも、ベニーをセカンドライナーに打ち取る。

3回裏 先頭の今江にヒットを打たれるも、早坂・大塚を三振に打ち取り2アウト。
     しかし、田中雅に四球を与えてしまい、2アウト2・1塁のピンチ。
     ここで里崎をファーストゴロに打ち取り、先制点を許さない。

5回表 先頭の高橋が四球で出塁し、この試合ファイターズが初出塁。
     しかし後続3人が倒れ、調子が悪いという成瀬を攻略できない。

5回裏 先頭の竹原にヒットを許し、今江が送って1アウト2塁。
     しかし後続を抑え、点を与えない。
     藤井は、何回かピンチを作るもその都度切り抜け、無失点に抑える。

6回表 工藤セカンドフライ、飯山センターフライ、ひちょりピッチャーゴロで三者凡退。
     ファイターズ、成瀬の前にヒットがいまだに出ない苦しい状況。

6回裏 ここまで好投を続けていた藤井。
     しかし、1アウトから里崎にホームランを打たれ、0-1とされる。ついに均衡破れる。
     その後ベニーを抑えるも、オーティズ・橋本に連続四球を与え、2アウト2・1塁とされる。
     ここで竹原をショートゴロに抑え、追加点は許さなかった。

7回表 先頭の賢介がチーム初ヒット!成瀬攻略の兆しか?
     しかし、稲葉が三振、ここで盗塁を試みた賢介もタッチアウト。絶好のチャンス逃す。
     信二も倒れてしまい、成瀬をなかなか打ち崩せない。

9回表 先頭の1軍初昇格の尾崎がサードのエラーを誘い出塁し、飯山が送り1アウト2塁。
     さらにひちょりがチーム2本目のヒットを放ち、1アウト1・3塁の大チャンス。
     ここで賢介が痛恨のファーストゴロ・・・しかし賢介が1塁を駆け抜け判定セーフ!
     1-1と、ついにファイターズが成瀬から点を奪い同点に追いつく!

     ひちょりはさらに盗塁を決め2塁へ進むも、稲葉が三振に倒れてしまいチャンスを逃す。

9回裏 この回からピッチャーは8回を投げきった藤井に代わり、宮西にスイッチ。
     しかし、先頭の角中に四球を与え、サヨナラのランナーを出してしまう。
     だが橋本を三振に打ち取り、次のバッターは堀という場面でピッチャーが建山に変わる。
     しかし、堀にヒットを打たれ、大ピンチ。今江は打ち取る。バッターは代打大松。
     2ストライクと追い込んでからヒットを打たれる。

3塁走者が生還してしまい、ゲームセット。1-2xで、ファイターズ、サヨナラ負け。



前書きは、そこらへんに投げてあった札幌ドームでもらったJRのパンフに書いてあった文章ですw
「った」ばかりだね(ぁ
連勝は、5で止まってしまいました。
しかし、上でも述べたとおり、そんなに自分は悔しくなかったりw

今日は両先発投手とも、すばらしいピッチングでした。
藤井は8回打者31人に被安打4、与四死球4、三振9で1失点でした。
成瀬は9回打者30人に被安打2、与四死球1、三振7で1失点でした。
見てわかるとおり、両投手とも互角のピッチングでした。
どうせ本州の人たちは「成瀬がすばらしかった」とばかり言うんでしょうが、藤井もよかったんです。
何でしょう?藤井には何か憑いてるんですか?おはらいしてもらおうよ(ぇ
ただ、成瀬は自責点は0です。エラーで点が入ったからです。
しかし、エラーを絡め点を入れる、ファイターズ野球では点は入ります。
つうか、審判なんであんな厳しいの?ww
9回表までは、キテると思ったんですが・・・
宮西はまあまあでした。しかし、建山・・・・・・ww
なぜ建山をマウンドに送ったのかがわかりません。
制球はあまりよくなくても、星野とか弥太郎とかいました。しかも、この2人は休養が十分です。
わざわざ連投で疲労がたまってきてるであろう建山を送る必要もなかった気もします。
結果、負け投手は宮西ですが、ほぼ建山が負け投手のようなもんです。
建山に、もう少し休養をください!w

そして、建山を何回も使わないといけなくなる原因が、低調な打線です。
相手が成瀬とは言え、2安打は少なすぎです。
しかも、四球やヒットなどでチャンスを広げれた場面が何回かありました。(中盤以降)
さらに、いずれもノーアウトからランナーが出たんです。
それを9回以外、まったく生かせなかったのが反省点です。
成瀬の投球には打てる球もありました。しかし、凡打してしまうんです。
成瀬だからという理由で、警戒してしまっていたのではないでしょうか。
ただ、今日もエラーを絡めて点を奪う、ファイターズ野球はできていました。
そして、1軍初昇格の尾崎が、エラーを誘い出塁できたことも大きかったです。
しかし、流れが9回裏まで持ちませんでしたねぇ(;_;)

他球場は、楽天が3-0でオリックスを、ソフトバンクが8-5で西武を下しました。
マー君は完封勝利です。

西武が負けたため、首位とのゲーム差は0.5のままです。
明日の予告先発が、ハムがグリン、ロッテが渡辺俊です。
グリンには、明日もぜひ勝ってもらいましょう。
そして、そろそろ打線も火を噴いてもらいたいところです。投手陣の負担を少しでも減らしましょう。
連敗はするな!いい流れを作って埼玉へ持っていこう!がんばれファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/12(土) 22:12:31|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

4月11日 今日はガッツポーズの日 対ロッテ4回戦

タイトルが手抜きだって事、分かるよね(ぁ
ちなみに、今日は本当にガッツポーズの日です。
はい、どうでもいいd(ry



(千葉マリン 対ロッテ 日本ハム2勝2敗 15,161人)
フ 000 201 000 3 勝 スゥイーニー(S マイケル)
ロ 010 100 000 2 負 小林宏

HR なし

投 フ スゥイーニー → 建山 → 武田久 → マイケル
手 ロ 小林宏 → 根本 → シコースキー → 荻野



試合がどっちに転ぶか分からない、まさにシーソーゲームでした。
「シーソーゲーム」ってミスチルの曲g(ry
試合を決めたのは、ロッテでした。
まあハイライト見てくれw

1回表 先頭のひちょりが四球で出塁すると、賢介のバントが小林宏のエラーを誘い、賢介生還。
     ノーアウト2・1塁のチャンスを作るも稲葉、信二、スレッジがいずれも倒れてしまう。
     結局この回は先制することが出来なかった。

2回裏 先頭の里崎の高く上がった内野フライを信二が取れず、里崎に出塁される。
     大松を抑えるも、オーティズに四球を与え、更に橋本にヒットを打たれ満塁とされる。
     次のベニーはセンターフライ、ひちょりのレーザービーーーム!
     しかしこれはわずかに間に合わず、ロッテに1点を先制されてしまう。
     今江はサードゴロに打ち取り3アウトとするも、エラーが絡み1点を先制された。

4回表 先頭のスレッジが出塁し、今日1軍復帰のジョーンズが2ベースヒット!
     小谷野は三振に倒れてしまい、1アウト3・2塁となる。
     ここで鶴岡がレフトフェンス直撃のタイムリー2ベース!2-1と逆転に成功!
     高口はショートゴロに打ち取られたものの、この回ようやく小林宏から得点できた。

4回裏 1アウトからオーティズにもう少しでホームランという当たりの2ベースを打たれ、ピンチ。
     橋本はセカンドゴロに打ち取るも、ベニーに四球を与え、2アウト3・1塁。
     ここで今江にタイムリー2ベースを打たれ、3塁走者が生還。2-2と、同点にされる。
     根元は打ち取ったものの、味方が得点した直後に追いつかれ、悪いムードが漂う。

6回表 先頭のジョーンズがヒットを放ち、小谷野が送って1アウト2塁。鶴岡は三振に倒れる。
     そして高口はファーストゴロ・・・ところがオーティズの送球が逸れ小林宏が取れず!
     2塁走者、一気にホームイン!これで3-2と、ファイターズ再び逆転!

     ひちょりはショートゴロに倒れるも、相手エラーを絡め得点に成功した。

7回表 先頭の賢介がヒットで出塁も、稲葉が併殺に倒れてしまい2アウト。
     次の信二がまたヒットで出塁するも、スレッジが倒れこの回はチャンスを生かせず。

7回裏 ピッチャーはスゥイーニーから「新・勝利の方程式」、建山にスイッチ。
     おとといはピンチを作り自分の役割を果たせなかっただけに、燃えていたのだろう。
     早川、西岡、里崎を3人連続でいずれもショートゴロに抑え、3者凡退。
     昨日の汚名返上が出来た建山。勝利がグンと近付く。

8回裏 ピッチャーはこの回から「新・勝利の方程式」、武田久にスイッチ。
     先頭の大松に内野安打を打たれるも、オーティズをショートゴロ併殺に打ち取り、2アウト。
     しかし橋本に2ベース、ベニーに四球を与えるなど、武田久今日は不安定。
     だがここは今江をレフトフライに打ち取り、二者残塁。
     絶対に同点にしないという久の気合が勝った。

9回裏 ピッチャーはこの回から「新・勝利の方程式」、マイケルにスイッチ。
     危なげのないピッチングで簡単に2アウトを取るも、西岡に死球を与えてしまう。
     バッターは一発のある里崎。

マイケル、最後は里崎を三振に仕留め、ゲームセット!3-2で、ファイターズ5連勝!



スカイマークに始まり、札幌ドームで盛り上げたあの勢いは不滅でした。
本当に途中まではどっちがリードし、どっちが勝って、どっちがエラーしてもおかしくない展開。
しかし、中盤の6回にエラーを絡め1点を勝ち越してしまえば、あとは勝利の方程式です。

今日は乱打戦でした。
ハムがヒット7本を放ち、四死球2個を選び3点。ロッテがヒット8本を放ち、四死球4個を選び2点。
両チームともに要所を締める投手陣の粘りで、毎回のようにあったピンチをしのいでいました。
しかし、1回の小林宏のエラーを除くといずれもエラーが得点に絡んでいるのです。
やはり、エラーは試合のリズムを壊します。信二は目測を誤っただけとか^^;
でも、エラーを生かす名人(名チーム?)ですよね、ファイターズは。

投手陣は、ロッテがかなり打つ中で、よく最後まで粘りました。
スゥイーニーも、カウントを悪くして四球を与えたり、長打を打たれることがありました。
しかし、大きく崩れたりすることはありませんでした。スゥイーニーは、去年から成長しました。
三振こそ3つと少ないものの、スゥイーニーの打たせて取るピッチングがしっかり出来ていました。
去年はカウントを悪くして真ん中に投げたりして打たれ、早くに降板してしまうことがありました。
でも今年は違います。鶴岡の好リードもあるでしょうが、2-3からでも厳しいところに投げてます。
そして、ゴロやフライに打ち取る。これこそ、スゥイーニーの持ち味です。
そして、建山。一昨日の失敗を見事に払拭しました。
鉄壁の守りもあって無失点でしたが、満塁という大ピンチで久にマウンドを譲りました。
建山は、相当悔しかったでしょうね。
今日は、全部ショートゴロ。自分の役割をしっかり果たしました。
久は、うーん・・・w
併殺がなければ1点入ってたことになりますから、危ない危ないww
しかし、ピンチを作っても崩れないところが、いろいろな修羅場を経験した久です。(意味不明
マイケルはまあ問題なし(ぁ

打線は、チャンスを生かせない回が多かったのが残念です。
3・5・7回はいずれもヒットを放ち、1・2回はフォアボールなどで得点圏にランナーを進めました。
三者凡退は8・9回だけでした。
しかし、4・6回以外はチャンスを生かせず、凡退してしまいました。今日の残塁は8です。
いつものファイターズのひどいときは14残塁とかあるからそれに比べればましかもしれません^^;
そして今日はジョーンズが1軍に帰ってきて、早速マルチヒットです。
更に、この2安打はいずれも得点に絡むヒットでした。
ジョーンズも打ってくれるようになると、そのうち長打も期待できるようになるでしょう。
そうすれば、今ファイターズが抱える長打力不足は少し解決できるのではないでしょうか。

明日の予告先発はハムが藤井、ロッテが成瀬です。
そろそろ藤井には勝ってほしいけど、成瀬ってあんたねぇ(誰に言ってる
成瀬のパリーグに対する連勝が18(だったかな?)連勝で止まったとマスコミは言います。
じゃあ、CS第2ステージ第5戦はどうなるの?(ぁ
それはともかく、前回も成瀬を打ち崩せそうだったので、希望はあります。
明日は厳しい試合になると思いますが、頑張れファイターズ!6連勝目指し頑張れ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/11(金) 23:29:23|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

4月10日 128分間の激闘 対楽天5回戦

gooアカウントを所得しました。
今週中には、完全にブログ機能を移転します。
記事をインポートできるのであれば、全てインポートしようと思います。
完全に記事を新ブログに移行できた場合は、こちらの記事は全て消去します。
リンク・ブックマークされている方にはお手数をおかけしますが、アドレスの変更をお願いします。



(札幌ドーム 対楽天 日本ハム3勝2敗 25,197人)
イ 000 000 000 0 負 岩隈
フ 000 000 10x 1 勝 ダルビッシュ

HR なし

投 イ 岩隈
手 フ ダルビッシュ



なんと、試合時間2時間8分、20時8分に試合終了。
塾で携帯ラジオを用いてファイターズ戦聞いてて、休み時間(8時5分ころ)で試合が終わってるw
そのあと約1時間の授業は頭に入っていません(ぁ
さあ、ハイr(ry

1回表 ファイターズ先発はここまで2勝負けなしのダルビッシュ。
     渡辺直をレフトフライ、高須をセカンドゴロ、草野をファーストゴロに打ち取り、三者凡退。
     ダルビッシュ、順調な立ち上がり。

1回裏 イーグルス先発はこちらも2勝負けなしの岩隈。
     ひちょりをファーストゴロ、賢介をピッチャーゴロ、稲葉を三振に打ち取り、三者凡退。
     岩隈も順調な立ち上がりを見せる。

5回表 山崎武を三振、磯部をショートゴロ、リックをセカンドゴロに打ち取り、三者凡退。
     ダルビッシュ、ここまで出塁が2回に与えた四球のみというすばらしいピッチングを魅せる。

5回裏 高橋を三振、スレッジをライトフライ、高口をサードゴロに打ち取り、三者凡退。
     岩隈もここまで出塁が3回に与えた四球のみというピッチングを魅せる。
     更に、ここまで両投手1本もヒットを許さない、完全な投手戦となり試合が進む。

6回表 2アウトから渡辺直にライト前ヒットを打たれ、この試合両チーム通じて初ヒット。
     しかし高須をライトフライに打ち取り、ダルビッシュは先制を許さなかった。

6回裏 ファイターズはこの回も三者凡退。こちらは1本もヒットが出ない。

7回表 1アウトからフェルナンデスに今日2本目となるヒットを打たれる。
     しかし山崎武を併殺に打ち取り、ダルビッシュ、気迫のピッチングを見せる。

7回裏 この回先頭のひちょり、チーム初となるセンター前ヒット!賢介が送り、1アウト2塁。
     そして稲葉は敬遠の四球、信二は四球を選び、1アウト満塁。バッターは好調のスレッジ。
     スレッジ、追い込まれてからレフトへ犠牲フライを放ち、3塁走者ホームイン!
     ファイターズに待望の1点が入り、1-0とする。

8回裏 1アウトから鶴岡・紺田の連続ヒットでチャンスを作るも、ひちょりが併殺に倒れてしまう。
     岩隈もこれ以上点をやらないという気迫のピッチングで追加点を与えない。

9回表 この回ももちろんマウンドにはダルビッシュが上がる。
     藤井の代打憲史にヒットを打たれるも、渡辺直・高須を打ち取り2アウト。バッターは草野。

ここで草野をショートゴロに打ち取り、ゲームセット!ファイターズ、4連勝!楽天に3タテ!



2回~4回はどうしたという苦情は受け付けません(ぁ
それにしても、両チームエースの投げ合い、すばらしいの一言に尽きます。
ダル→9回打者30人に球数95、被安打3、与四死球1、三振6、失点0という文句なしの投球。
岩隈→8回打者28人に球数100、被安打3、与四死球3、三振5、失点1というこちらも文句なし。
レベル高すぎw
しかし、7回1アウト満塁の場面でのスレッジの集中力は特筆すべきものがありました。
犠牲フライでも、いいんです。ダルは0点に抑えてくれるからねw

打線が全然打てなかったとか、そういうことはどうでもいいんです。
チャンスでしっかり決められたファイターズと、生かせなかった楽天の差が、この結果です。
7回にひちょりがチーム初ヒットを放ったところで、いつものファイターズ野球で賢介が送ります。
そして1アウト満塁の場面で、札幌ドームのあのムードで、バッターが好調のスレッジです。
何も起こらないはずがありませんwww
ただ、8回のチャンスは生かしてほしかったなぁm(__)m
でもあそこは岩隈の気迫が勝ったという感じでしょう。これは岩隈をほめるしかありません。
結局、チャンスで自分たちの野球が出来た、ファイターズが一歩上を行きました。

ダルビッシュに特に言うことはないですね。すばらしすぎですからww
なんたって12回を投げきるつもりで調整していたそうですね。頼りがいのあるエース!w
ピンチを作っても、そこからがダルの真骨頂です。簡単に崩れることはありません。
ほんとうに、すごいですね。(ぇ
そして、奥さんと子供に会ってきたんでしょうね。
ね、本当に幸せな人生を歩んでるんだから!うらやましい(ぁ

もう終わりです(ぁ
他球場は、西武が15-5でロッテを、ソフトバンクが5-1でオリックスを下しました。
西武は昨日大量得点されたからお返し的な感じですw
ただ、ロッテが大量失点で負けて千葉マリンに行くのは、ファイターズにとって大きいですね。

明日は移動日ではありません、移動して即試合があります。
千葉マリンで、ロッテと開幕戦以来の対戦です。
予告先発が、ハムがスゥイーニー、ロッテが小林宏です。
スゥイーニーはロッテを得意としていますから、今の勢いに乗じて頑張ってほしいです。
さあ、どんどん連勝を伸ばそう!アウェーの中でも頑張れファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/10(木) 22:51:47|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

4月9日 息を吹き返したヨッシー 対楽天4回戦

同じ水温でも、露天風呂のほうが室内の風呂より水温が低く感じます。
誰でも知ってるってね(ぇ
体重計には同じ裸で乗るとしても水をたっぷりつけてのったほうが、重く表示されます。
機械壊れるってね(ぁ



(札幌ドーム 対楽天 日本ハム2勝2敗 19,044人)
イ 001 100 000 2 負 永井
フ 200 001 10x 4 勝 吉川(S マイケル)

HR 稲葉2号②-永井 山崎武4号①-吉川 スレッジ3号①-永井

投 イ 永井 → 有銘 → 小山
手 フ 吉川 → 建山 → 武田久 → マイケル



去年の好調ヨッシーが戻ってきましたw
ノムさん、ぼやくならどうぞぼやいてくださいww
さあ、ハイライトww

1回裏 先頭のひちょりが四球で出塁、賢介が送りバント・・・がキャッチャーフライになってアウト。
     そして次の稲葉、ライトスタンドへ2ランホームラ~ン!2-0と、早々に先制する!
     楽天先発の永井は制球が安定せず、高橋に死球、スレッジに四球を与え、チャンス続く。
     しかし小谷野、工藤と倒れてしまい追加点はならず。

3回表 2アウトから渡辺直にこの試合初(唯一)の四球を与える。
     更に自身の暴投も重なり、2アウト3塁のピンチで、バッターがチャンスに強い高須。
     ここでライト戦を破る2ベースを打たれ、2-1と1点を返される。
     しかし次のリックは抑え、最小失点でしのぐ。

3回裏 2アウトから高橋、スレッジが連続四球で出塁するも、小谷野が倒れ追加点ならず。

4回表 1アウトから山崎武に甘く入った球をレフトスタンドへ持ってかれる。これで2-2、同点。
     後続は打ち取り、今日の吉川は失点をしても崩れなかった。

6回裏 先頭のスレッジ、ライトスタンドへ弾丸ライナー!1点追加、3-2と逆転。
     後続は倒れたものの、貴重な1点が入り、吉川に勝ち投手の権利が付いた。

7回表 この回からピッチャーは「新・勝利の方程式」、建山にスイッチ。
     先頭の山下の代打草野にヒットを打たれ、1人挟んで鉄平にもヒットを打たれ、大ピンチ。
     そして嶋の高いバウンドのゴロを信二、しっかりキャッチ!ホームへ投球!
     三本間にランナーを挟む!鶴岡、小谷野へ送球!おい、鶴岡どこへ行く??
     ホームに誰もいないよ~!ここでセカンドから賢介登場!小谷野、賢介に投球!
     賢介、走者にタッチ!アウト!タッチアウト!!!追加点を許さない鉄壁の守り!

     3塁走者はアウトにしたものの、その間にランナーは進塁し、2アウト3・2塁と依然ピンチ。
     しかし、渡辺直に死球を与えてしまい、2アウト満塁の大ピンチ。
     ここでピッチャーが「新・勝利の方程式」、武田久にスイッチ。
     建山は自分の投球ができなかった。ここで、バッターはまた高須。
     打った、ショートゴロ!高口捕った!2塁へ送球!アウト~!三者残塁!!
     この回は再三の大ピンチをバックの堅い守りもあり無失点で抑える。

7回裏 先頭の高口がヒットを放ち、ひちょりが送って1アウト2塁。
     次の賢介はファーストごろも、その間にランナーは進塁、2アウト3塁。バッターは稲葉!
     大地震(?)が起こる中、センター前タイムリー!4-2、ファイターズ追加点!
     信二は大きなライトフライに倒れるも、この回貴重な×2追加点が入った。

8回表 この回もピッチャーは武田久。
     2アウトから山崎武に今日猛打賞となるヒットを打たれるも、後続を抑え追加点許さず。

9回表 この回からピッチャーは「新・勝利の方程式」、マイケルにスイッチ。
     1アウトから四球を与えてしまうも、嶋の代打憲史を三振。バッターは1番・渡辺直。

渡辺直はピッチャーライナーでゲームセット!4-2で、ファイターズ今季初の3連勝!



今日はご存知だとは思いますが、内藤大助WBC世界フライ級チャンピオンが始球式を務めました。
北海道豊浦町の出身、北海道には縁が深いです。
この、内藤大助パワーが雰囲気を後押ししたのではないでしょうか。
でも、そんなに観客が増えないで、昨日より少ないという事実^^;
できれば最低でも2万は入ってほしいですね。自分、行きたくてもいけないんだよなぁ~(;_;)
内藤大助はHBCの実況席に入りましたが、岩ちゃんのあの解説をどう思ったのでしょう?ww

先発・吉川のすばらしい投球が帰ってきました。
前々回も前回も、ボコボコに打たれノックアウトされましたが、共通点が一つありました。
失点するときは、必ずカウントを悪くしてしまい、真ん中に投げたところを持っていかれていました。
実際、今回も2-0から2-3になってしまうなど、カウントを悪くしてしまうときもありました。
なので、球数が増え、6回打者23人に105球を投げています。
しかし、今日はカウントが悪くなってもしっかり打ち取れていたことです。
前みたいにど真ん中に投げ込んだりはせず、真っ向勝負で厳しいところを突いていました。
そして、何よりも今日の吉川がよかった点は、四球をほとんど出さなかったことです。
今回も、四球が1個ありましたが、それが失点に結びついてしまいました。
でも、今日は結果的にこの1個で抑えたことが、流れを楽天に傾けないポイントになりましたね。
これで吉川は3試合目にしてようやく1勝が付きました。後は藤井だ(^^ゞ
吉川が計算できるようになると、苦しい台所事情の中で大きいですね。

打線は、いつもと違ってホームランが2発。広い札幌ドームだよ?ww
ホームランを打った稲葉・スレッジはいずれも球を完全に捕らえていました。
そして、また肝心なところで一発が出る!(^^♪
稲葉は4点目のタイムリーも放ち、今日なんと猛打賞!
ようやく昨年の首位打者が復調してきましたね。
そして、スレッジの打率も.269まで上がって、完全に勢いに乗ったといってもいいでしょう。
チームで賢介に次ぐ3本のホームランを放ち、長打力も開花してきました。
また、高口もヒットを放ち、猛アピールです。
誠、早く直さないとまずいよ~m(__)m

さて、小谷野はどうしちゃったんでしょう。
今日の守備はすばらしかったです。なんと言っても7回のあの場面。
賢介が来るのをしっかり確認していたんです。そしてタッチアウト。
あの連係プレーがなければ、同点になっていたんです。あのプレーは大きかった。
しかし、守備とは裏腹に打撃のほうが元気がありません。
スレッジが打ち出したんです。となれば打順的にも、次は小谷野?ww

他球場は、ロッテが10-1で西武を、オリックスが4-1でソフトバンクを下しました。
西武の連勝は6でストップです。ローズが12度目の退場となっています。

明日は、投手戦になりそうですね^^;
なんたって、予告先発がハムがダルビッシュ、楽天が岩隈ですよ!
両チームのエースが投げるんですから、楽しみですw
さあ、明日も塾にラジオを持って行こうwww
貯金が2となり、更に西武が負けたため、首位西武とのゲーム差が0.5となりました。
勢いついてきたぞ~!このまま連勝しよう!頑張れファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/09(水) 22:42:52|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

4月8日 ザ・集中打(ザ・ダイソー的に 対楽天3回戦

もう我慢できません。言います(ぁ
2回表、悪夢の7失点。自分の食べているカレーも喉を通らない(ぁ
ところが。あれ?あれ?あれれ?



(札幌ドーム 対楽天 日本ハム1勝2敗 20,257人)
イ 070 000 000 7 負 インチェ
フ 005 201 00x 8 勝 武田勝(S マイケル)

HR 田中賢4号②-小倉

投 イ 一場 → 吉崎 → 小倉 → インチェ → 小山
手 フ 武田勝 → 建山 → 武田久 → マイケル



これぞ、ホームの力!w
ちなみにノムさんがぼやきにぼやいていましたが、それは負け惜しみt(ry
ハンパねぇ逆転劇w
今日のHBCラジオは中立の放送でしたが、山ちゃ~ん全然中立じゃないじゃんw
さ、ハイライトw

2回表 先頭のフェルナンデスにヒットを打たれると、山崎武をショートフライに打ち取り、1アウト。
     しかし、1軍初先発の山下に、続く憲史にもヒットが出て、なんと1アウト満塁。
     そして、これまた1軍初先発の中島に2点タイムリーを打たれ、0-2と先制されてしまう。
     更に藤井にも1塁線を破られるタイムリーを打たれ、0-3と点差が広がる。
     しかも渡辺直を四球で歩かせ、また1アウト満塁。ここでバッターは高須。
     そこで左中間を破るタイムリー2ベースを打たれ、走者一掃。0-6と、点差更に広がる。
     なおも1アウト3塁の場面でリックに犠牲フライを決められ、これでなんと0-7。
     フェルナンデスは三振に打ち取って攻撃終了。
     しかしこの回、なんと序盤に7点を奪われ、ファイターズは圧倒的に苦しい場面となる。
     勝は基本的に球が高く、打率パリーグ1位の楽天打線に簡単に捕まってしまった。

3回表 山崎武を1塁ファールフライ、山下をサードゴロ、憲史をショートゴロに打ち取り、三者凡退。
     前の回とはうってかわってすばらしい投球を披露する。

3回裏 この回、ついに打線が奮起する。
     先頭の工藤が2ベースを放つと、動揺したのか一場は鶴岡に四球を与える。
     金子誠は三振に倒れてしまうも、ひちょり四球でこれで1アウト満塁の大チャンス。
     そして賢介、押し出しのフォアボール!1-7と、ファイターズ反撃スタート!
     ここでピッチャーが一場から前にファイターズに在籍していた吉崎にスイッチ。
     しかし、勢いづいたファイターズ打線をとめることは出来るはずがなかった。(ぇ
     まず稲葉、センター前タイムリー!1人生還、これで2-7と5点差。
     更に信二、ライト前タイムリー!2人生還、これで4-7と3点差。
     スレッジもヒットを放つ・・・と思ったらランナーに当たってしまい、守備妨害を取られアウト。
     2アウト1・3塁となる。ここで小谷野、ピッチャーへの内野安打!これで5-7と2点差。
     打者一巡し、工藤はショートゴロに倒れるも、この回5点を取り、反撃ムードをもり立てる。

4回裏 火が付いたファイターズ打線はこの回も止まらない。
     2アウトからひちょりがヒットを放ち、チャンスメーク。ここでバッターは田中賢。
     そこで賢介、ライトスタンドへホ~ムラ~ン!7-7と、ついに同点に追いつく!
     稲葉が倒れたものの、この回賢介の第4号となるホームランでついに同点に追いついた。

5回表 悪夢の2回を除いて順調な投球を続けていた武田勝。
     だが1アウトを取ってからフェルナンデス、山崎武に連続ヒットを打たれ、久々のピンチ。
     しかしここは山下、憲史を打ち取り、追加点は許さない。

6回裏 この回先頭の鶴岡が2ベース!バッターは4回から登場の高口。ここで送りバントを試みる。
     ところが、高口は空振り。しかも鶴岡が飛び出してしまい、ランナーは挟まれてしまう・・・
     しかし!処理を焦った渡辺直が鶴岡にボールを当て、ボールが転々とする!
     この間に鶴岡、2塁から一気にホームイン!8-7と、ついにファイターズ逆転!!

     後続が倒れてしまったが、ついにこの回逆転。ファイターズ打線恐るべし。

7回表 この回からピッチャーはいよいよ復活の建山にスイッチ。
     フェルナンデスをショートゴロ、山崎武をサードゴロ、山下の代打草野をセンターフライ。
     建山、復活後初登板は三者凡退。すばらしいスタートを切った。

8回表 この回からピッチャーは「勝利の方程式」、武田久にスイッチ。
     2アウトから藤井の代打磯部に四球を与えるも、渡辺直を打ち取り、無失点。

9回表 この回からピッチャーは「勝利の方程式」、マイケルにスイッチ。
     簡単に2アウトを取り、バッターはフェルナンデス。

そしてフェルナンデスはショートゴロ、ゲームセット!8-7で、ファイターズ大逆転勝ち!



正直、2回の時点でこの結果を予想した人はいたのでしょうか。まあ、いたでしょう(ぁ
でもいたとしても本当に数えれる位だと思いますし、もちろん楽天ファンは勝つと思ってたでしょう。
結果はご覧の通りです。どうだ、楽天。これがホームのファイターズだ。w

今日のヒーローインタビューがまた斬新でした。
なんと、野手9人がインタビューに呼ばれるというwww
ひちょり、賢介、稲葉、信二、スレッジ、栄ちゃん、工藤、高口、鶴。
誠は?って話w(足を痛めたようです。早く直して、今度こそ打つようになることを願います。)
ちょっと、賢介・稲葉・信二!前の人ほめてるだけじゃないの(いいだろ別にw

なんたって今日は、すばらしい打撃陣の攻撃をほめるしかありません。
ホームランの2点を除けば、こつこつタイムリーを放って入れた5点、エラーで入った1点。
この6点はいつものファイターズらしい点の入れ方ですw
ところが、意外にも10安打放っていながらマルチヒットだったのは1人だけ。そう、スレッジです。
スレッジの打率はついに2割6分となりました。ようやく本領を発揮しだしたようですね。
5番に下がってから、徐々に調子が上がっていって、ホームランも出るようになりました。
ここがつながるようになってから、ファイターズはずっと好調を維持しています。
最近、こつこつ点を重ねる野球がしっかりできていると思います。

勝は、う~ん・・・w
確かに、いつも通りの投球でランナーが出ても打ち取る投球でした。2回以外はww
2回の投球は、明らかに球が高かったです。好調の楽天打線ですから、そりゃあ打たれます。
何を投げても打たれ、悪循環が続いた結果が7失点という結果につながってしまいましたね。
しかし、3回以降は立ち直って普段の勝の投球ができていたように思います。
防御率は3.60になってしまい、0点台から3点台へと大きく下がってしまいました。
でも、今日は3回以降の立ち直った投球を評価すべきだと思います。
2回はいい経験になったかな、ということで(ぇ

そして、怪我で出遅れていた建山がついに1軍に帰ってきました。
リリーフ投手が不足する中で、建山が帰ってきたことはすごく大きいです。
制球が不安定で、緊迫した場面ではちょっと弥太郎は出しづらかったと思います。
そして、ルーキー左腕2人にもプレッシャーが大きいですよね。
こういった場面こそ、建山です。ベテランの味です。ロングリリーフもOKです。
去年は先発で結果を出せぬまま、怪我で2軍落ちしてしまい、悔しい思いをしていたと思います。
今年は中継ぎという形にはなりますが、大車輪の活躍をしてほしいです。

ソフトバンクがオリックスに負けたため、ファイターズが単独2位に浮上しました!
そして、通算成績も8勝7敗となり、開幕直後以来の貯金生活です!
この好調を維持し、交流戦で一気に勢いをつけ、優勝!うん、理想的なパターンww
明日の予告先発は、ハムが吉川、楽天が永井です。
吉川はこの2試合、結果を出せていないので、そろそろ結果がほしいところです。
なぜ勝てないんでしょうね。2年目のジンクス?大量得点の翌日だから?
だとすると・・・あ~(ぇ
とにかく、去年を思い出し、安定した投球を今度こそ見せてほしいところです。
今季初の3連勝へ向けて、明日も勝つぞ!頑張れファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/08(火) 23:01:07|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

4月6日 キレないグリン 対オリックス3回戦

ようやく更新が波に乗ってきた当ブログですが、移転を計画しております。
理由は、fc2ブログにバグが多くTBを送信したはずなのに送信できてないことが多々あるからです。
fc2自体はすごく使いやすいんですが、TBが送信できないというのはこっちとしては重大な問題^^;
移転が決まりましたら、連絡します。



(スカイマーク 対オリックス 日本ハム1勝2敗 14,111人)
ハ 000 011 001 3 勝 グリン(S マイケル)
バ 010 000 001 2 負 川越

HR ローズ3号①-グリン

投 ハ グリン → 武田久 → マイケル
手 バ 川越 → 吉野 → 本柳 → 菊地原



あと3000人少なかったら11111人だったのに~(どうでもいいw
とにかくおもいっきりテレビファイターズ野球でしたね。
ハイライト、いきま~す(ガンダム芸人風w

2回裏 先頭のローズがライトスタンドへ弾丸ライナー。ファイターズ、0-1と早々に先制される。
     カブレラを三振に取るも、続く後藤にもヒットを打たれ、1アウト1塁とされる。
     しかし浜中を打ち取り、日高の打席の場面で後藤が盗塁を試みる。
     ここでキャッチャー高橋、2塁へ好送球!1塁走者、タッチアウト!
     レギュラーを鶴岡に取られかけている信二が絶好のアピール。失点を1でくいとめる。

3回表 1アウトからひちょりがヒットで出塁。しかし賢介がキャッチャーフライに倒れ、2アウト1塁。
     更に稲葉もヒットで出塁。しかし高橋三振で2アウト1・3塁のチャンスを生かせず。

3回裏 なかなか調子の上がらないグリン。1アウトから大引に2ベースを打たれ、またピンチ。
     そして坂口にセンター前ヒットを打たれる。大引は3塁を回る。
     ここでひちょりのレ~ザ~ビ~~~ム!2塁走者大引、ホームでタッチアウト!
     不調だったグリンをバックがもり立てる。グリンは後続を抑え、無失点で切り抜ける。

5回表 ここまで川越に抑えられていた打線がついに奮起する。
     先頭の小田が2ベースを放ち、誠が送る。これで1アウト3塁。
     そしてひちょりの当たりがショートの横を破る・・・かと思ったら大引に取られてしまう。
     前進守備を敷いていたため、3塁に足止めをくらい、2アウト3塁となる。
     しか~し!賢介がタイムリー2ベース!1-1と、ようやく同点に追いつく!
     稲葉はレフトフライに倒れてしまうも、この回貴重な1点で同点に追いついた。

5回裏 浜中三振、日高・大引をレフトフライに打ち取り、グリン1回以来の三者凡退。

6回表 先頭の高橋がヒット、スレッジもヒットで続き、ノーアウト2・1塁、バッターは小谷野。
     しかし、高橋が裏をつかれ牽制タッチアウト・・・かと思ったらボールが逸れる!
     その間にランナー進塁。ノーアウト2・3塁となり、期せずして送った形となる。
     そして小谷野がしっかり犠牲フライを決め、2-1と、ファイターズついに逆転!
     坪井・小田は三振に倒れるも、いつものファイターズ野球で逆転に成功した。

6回裏 先頭の坂口にヒットを打たれ、村松が送り、ラロッカセカンドゴロの間に進塁、2アウト3塁。
     ここでローズを敬遠(初めてのフォアボール)、バッターはカブレラ。
     そして・・・三振!大ピンチを切り抜ける。

7回裏 先頭の後藤に死球を与え、浜中に送られ1アウト2塁。
     しかし日高セカンドゴロ、大引の代打木元を三振に打ち取り、追加点を許さない。
     グリンはこの回でマウンドを降り、7回打者27人に114球を投げ被安打6、1失点だった。

8回裏 ピッチャーはこの回から武田久にスイッチ。
     坂口を三振、村松をショートゴロ、ラロッカをピッチャーゴロに抑え、三者凡退。

9回表 ピッチャーはこの回から本柳にスイッチ。
     先頭の小谷野はサードゴロ・・・ところがラロッカの送球が逸れ、小谷野は出塁。
     更に工藤が送り、小田がヒット。これで1アウト1・3塁という場面で、バッターは不調の誠。
     ここはしっかりと犠牲フライを決め、3塁走者ホームイン!3-1と、追加点!
     そしてひちょりもヒットで出塁するも、賢介が倒れ二者残塁。
     しかし最終回に貴重な追加点が入り、勝利を確実にした。・・・

9回裏 ピッチャーはこの回からマイケルにスイッチ。
     ところが先頭のローズに死球を与え、カブレラにはヒットを打たれ、ノーアウト2・1塁。
     更に次の後藤に送られ、1アウト2・3塁という大ピンチを迎える。2塁走者生還で同点。
     浜中はセカンドゴロに打ち取るも、その間に3塁走者がホームインし、3-2と1点差となる。
     そしてバッターは一発がある上がり調子の日高。

しかしここはマイケルがレフトフライに打ち取り、ゲームセット!3-2で、ファイターズ勝利!



今日もいつもどおりのファイターズ野球が出来ていました。
3点のうち、2点が犠牲フライ。ホームランはなし。どうだ巨人、ホームランバッターばっかいてもd(ぁ
そして最終回の貴重な追加点がなければ、同点にされてたんですから、危ない危ないw

今日は先発のグリンの粘投が光りました。
三者凡退は1回と5回だけ。毎回のように得点圏にランナーが進む苦しい展開。
しかし、怒りを爆発させることなく、落ち着いて変化球を多用して相手を翻弄しました。
バックの好守備や2点だけながらも援護があった打線。
グリンの投げやすい環境を、他のナインが作ったともいえるでしょう。
前々回は制球に苦しみ4回までに4失点、前回はボークの判定に激高し5回までに3失点。
これまでどおり厳しい展開でしたが、今日のグリンは一味違いましたね。
五輪期間中にダルが抜けることは確実で、勝や久も抜ける可能性があります。
その期間、グリンにはダル級のエースとして活躍することを望みます。

そして、打線はいつもどおりで11安打放ちながら3点しか挙げれませんでした(ーー;)
しかし、大事なところで追加点が入ったことが今日はよかったでしょう。
5・6回で2点を入れ、グリンを助けて、9回にも貴重な1点を入れ、救援陣を楽にしました。
おかげで、9回裏のピンチを落ち着いて対処することが出来たといえます。
もし、点差が1点しかなかったらマイケルも守備も慌てて、エラーが出てしまうことも予想されます。
ところが2点あることで、「1失点は仕方ない」と、余裕を持って守れたことが大きいです。
ファイターズはそういう野球で勝ってきたチームです。この攻撃が機能しなくなると・・・(;_;)

誠は相変わらずヒットが出ません。
今日も送りバントと犠牲フライでチームに貢献したことは評価します。それが誠の仕事ですし^^;
ただ、ボール球に手を出してしまい簡単に三振を取られてしまうシーンが目立ちました。
誠も相当悩んでいるとは思うんです。だから手が出てしまうんでしょうね。
う~ん、深刻だぁ_(_^_)_

他球場は、西武が4-3で楽天を、ロッテが5x-4でソフトバンクを下しました。
楽天が7連勝から3連敗で、ファイターズと並びました(^^ゞ

明日は移動日で、あさってから札幌ドームに戻ってきて楽天戦です。
勢いを完全に失った楽天に、前回のお返しをしてあげましょう!
そして、9日(水)にはフライ級世界チャンポンチャンピオン、内藤大助が始球式を行います。
HBCさん、ちゃんと始球式も中継してくれるんでしょうね^^;
ホームの力があれば無敵だ!頑張れファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/07(月) 14:42:13|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

4月5日 あ~あやばいなw 対オリックス2回戦

昨日は、ワイヤレス接続がつながらなかったため、更新が出来ませんでした。
TB反映などが遅れ申し訳ありません。
しかも、今日は我が家のとある事情により非常にPCをしづらい環境にあるため、今日の試合は
明日の更新とさせていただきます。何でって?始業式で早く帰ってこれるから^^;



(京セラドーム大阪 対オリックス 日本ハム1勝1敗 18,129人)
ハ 010 000 001 2 負 藤井
バ 010 003 03x 7 勝 近藤

HR カブレラ1号①-藤井 ローズ2号②-藤井 スレッジ2号①-近藤

投 ハ 藤井 → 坂元
手 バ 近藤



コメントのしようがありませんね。なので、いろいろと省略します(おぃ
結果とかは他のブログでいろいろと書いてあるでしょうからそちらを参考になさってくださいw

終わり(ぇ
(この記事のTB送信は明日とさせていただきます。ご理解ください。)

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/06(日) 22:35:34|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

4月4日 春休み最後の平日 対オリックス1回戦

あのすごい形した京セラドームに、ファイターズナインが乗り込んだ。
ソフトバンクに2勝1敗と勝ち越して大阪入りしたファイターズ。勢いはある。
先発が、ハムがスゥイーニー、オリックスが・・・鴨志田?聞いたことあるw
さあ、ハム初の連勝なるか?



(京セラドーム大阪 対オリックス 日本ハム1勝0敗 11,738人)
ハ 030 000 000 3 勝 スゥイーニー(S マイケル)
バ 100 000 100 2 負 鴨志田

HR 日高2号①-星野

投 ハ スゥイーニー → 星野 → 宮西 → 武田久 → マイケル
手 バ 鴨志田 → 山本 → 小松 → 吉野 → 山口



ハとバじゃすごい分かりにくいなぁ、ってねw
分かると思いますが勝ってるほうがファイターズ、負けてるほうがバファローズです。
なんかすごいファイターズらしい試合でしたw
ハイライトいきま~すw

1回表 鴨志田は最初からいきなり制球が乱れ、三連続フォアボールを与える。
     それなのにひちょり・賢介が盗塁を試み両方とも失敗。
     そして高橋がセンターフライに抑えられ、大チャンス生かせず。

1回裏 1アウトから村松に2ベースを打たれ、ラロッカは抑えるもローズに死球で2アウト2・1塁。
     ここで調子の上がらないカブレラにライトへタイムリーを打たれ、0-1と先制される。
     後藤は三振に打ち取るも、早々に先制されてしまった。

2回表 制球が相変わらず不安定な鴨志田をファイターズ打線が捕らえる。
     まずスレッジが口火を切る2ベースを放つ。小谷野はピッチャーゴロに倒れ、1アウト。
     工藤は四球で歩くも、鶴岡が1塁ファールフライに倒れ、これで2アウト。金子誠は四球。
     そしてひちょりがタイムリー3ベースヒット!走者一掃。これで3-1とハム逆転。
     ここでピッチャーが鴨志田から山本にスイッチ。
     田中賢がサードフライに倒れるも、この回ファイターズらしい攻撃ですぐに逆転した。

3回裏 坂口をライトフライ、村松を三振、ラロッカをピッチャーライナーで三者凡退。
     スゥイーニー調子を上げる。

5回表 ひちょりがヒットで出塁。しかし賢介、なんとバント失敗。1塁は何とかセーフとなる。
     そして稲葉、スレッジと三振に倒れチャンス生かせず。

7回表 鶴岡ショートゴロ、金子誠セカンドフライ、ひちょり三振で三者凡退。
     4回頭から登板の小松にここまで1安打と抑えられてしまう。

7回裏 この回からピッチャーがスゥイーニーに代わって星野にスイッチ。
     しかし、1アウトから日高にホームランを打たれ、3-2と1点差に迫られる。
     大引を打ち取ったところで、ここから左打者が続く関係か宮西にスイッチ。
     宮西は坂口にヒットを打たれてしまったが、村松を三振に打ち取り、追加点は許さず。

8回表 2アウトから高橋が今日2本目のヒットを放つも、スレッジが三振でチャンス生かせず。

8回裏 この回からピッチャーは「勝利の方程式」、武田久にスイッチ。
     しかしいきなりラロッカに2ベースを打たれ、超強力クリーンナップを迎え撃つことになる。
     そして4番のローズを三振、次のカブレラをサードゴロ、次の後藤はファーストゴロ
     昨日に続いてピンチを作るも無失点で切り抜ける。

9回裏 この回からピッチャーは「勝利の方程式」、マイケルにスイッチ。
     浜中にフォアボールを与え、日高に送られて1アウト2塁。
     ここで代打はファイターズから移籍した木元。ここはセンターフライに打ち取り、2アウト。
     次のバッターは1番に戻り坂口。

そして坂口を三振に打ち取り、ゲームセット。3-2で、ファイターズ今季初の連勝!



キタァ~~~(小田裕二風w
1回を除いてはファイターズ野球をしっかり出来ていました。
何しろ、2回のタイムリーで奪った3点を8イニングもピッチャー陣の粘りでよく守り抜きました。
ちなみに昨日はチームナックスの大泉洋の35(だったかな?)回目の誕生日です。
いきなり何よって思うかもしれませんが、去年の札幌ドーム公式戦最終戦で国家を歌った人です。
なら昨日書けって?はいはいわかりましたw

打撃陣は相変わらずヒットが少なかったです。
しかし、ヒットと四球でチャンスを作り点を返せた2回の攻撃は、ファイターズ野球そのものです。
このあとは、3回のチャンスを逃した以外はさっぱりチャンスを作れませんでした。
だからこそ、2回のような攻撃が必要となってくるのです。
去年はこの攻撃パターンと投手陣の頑張りがパリーグ優勝という栄冠を勝ち取った原動力です。
これを続ければ、今年も優勝できるはずです。
そしてスレッジ、いいぞいいぞ(^^♪
今日もマルチヒットです。日本の野球になれてきたかな?当たりが徐々に増えてきましたね。
鶴岡がノーヒットだったため、ファイターズで一番打率が高い人がひちょりになりました。

そして、打撃陣の援護が2回以降ない中で投手陣はよく踏ん張りました。
スゥイーニーは去年、早々に降板した試合が多かったものの、今日はしっかり試合を作りました。
星野は、う~ん・・・w 前回も打たれたよね~。頼みますよ八千穂さ~んw
しかし、宮西はなおも続くピンチを三振で切り抜けました。
ルーキーで1年目ながら、重要な戦力になりましたね。
そして久・マイケルは大丈夫でしょう。ピンチを作ってからが本当のこの2人です。
がたがた崩れるとか、どっかのピッチャーのような感じではありません(誰よ
今年も投手陣が勝利の鍵を握ることでしょう。だからこそ先発の役割は重要です。

ところで、骨折した直人は「左母指末節骨」の骨折だそうです。
左手の親指を骨折したそうですが、骨の名前を出されても14歳には分からんなぁ~w
とにかく、守備でも重要な役割を果たし、何よりもチームのムードメーカーが抜ける影響は大きいです。しかも監督が一番寂しがってるんですから^^;
とにかく、直人は若いですから、早く直して1軍に戻ってきてほしいです。

さて、皆さん忘れてませんか?誠が今日もヒットを打っていないことに・・・
自分からは、もう何も言いません(ぁ
早く調子が戻ってくることを待ち、声援を送ることしかファンには出来ません。

他球場は、西武が4-2で楽天を、ロッテが6-3でソフトバンクを下しました。
楽天の連勝は7でストップしましたが、ソフトバンクも負けたため単独首位をキープです。

明日の予告先発は、ハムが藤井、オリックスが・・・誰だっけ?(おぃ
藤井は、毎回のようにいい投球をしてるんですから、そろそろ勝ち星をつけてあげたいです。
あ、思い出した。近藤だ(ぁ
できれば、4連勝をして札幌に戻ってきてほしいですね。
というわけで、明日も頑張れ!みんなのファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/04(金) 22:43:36|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

4月3日 下克上の風潮 対ソフトバンク3回戦

やあーやあー徳政だぁー!
借金証書とかも全部破いてやる~。
品物とかも全部盗んでやる~。
酒屋とか土倉とか寺院とか、破壊してやる~。
高利貸しめ、覚えてろ~!徳政だ~!



(福岡Yahoo!JAPANドーム 対ソフトバンク 日本ハム2勝1敗 32,144人)
フ 003 001 002 6 勝 ダルビッシュ
ソ 000 000 200 2 負 ガトームソン

HR なし

投 フ ダルビッシュ → 武田久 → マイケル
手 ソ ガトームソン → 久米 → 森福 → 柳瀬 → ニコースキー



気付きましたか?下克上と一揆を間違えているという小ネタに(^^ゞ
どうでもいいってね(ぁ
更に気付いた方がいるかもしれませんが、4月1日の記事に(S マイケル)と書いてあります。
これは、間違いです。6-0だったんだからセーブは付かないよねw
ちなみに、エイプリルフールだからわざと間違ったわけではなく、素で間違えてしまいました(汗
くだらないからハイライトいこw

3回表 先頭の鶴岡が四球を選び、金子誠が送り、ひちょりも四球で1アウト1・2塁。
     ここで田中賢がタイムリー3ベース!2人ホームイン、2-0と先制する!
     更に稲葉のファーストゴロの間に賢介生還、これで3-0とする。
     今日もファーストで起用の高橋は倒れるも、この回早々に3点を先制した。

5回裏 松田、レストビッチ、田上と三者連続三振、前の回の柴原から数えると四者連続三振。
     ダルビッシュ、ここまでヒットを与えないピッチングを続ける。

6回表 1アウトから稲葉が2ベースを放つと、高橋倒れるもスレッジ敬遠で1アウト2・1塁。
     更に小谷野のヒットで1アウト満塁とする。ここで打席には糸井。
     糸井、ライト前タイムリーヒット!1人ホームイン、これで4-0となる。
     鶴岡が倒れ攻撃終了。しかしこの回、貴重な1点を追加した。

7回表 この回からピッチャーが先発のガトームソンから久米にスイッチ。
     2アウトから賢介が死球、稲葉がヒット。賢介は3塁へ進塁、2アウトながら3・1塁。
     しかし、稲田が1塁ファールフライに倒れ、この回は追加点ならず。

7回裏 ここまで申し分のないすばらしいピッチングを披露していたダルが突如崩れる。
     先頭の多村にレフト線への2ベースを打たれると、松中は不運なヒットでこれで3・1塁。
     さらに柴原のあたりはピッチャーの前にいくも、1塁への投球がセーフとなって満塁。
     そして松田にタイムリー2ベースを打たれ、4-2と2点を返される。
     ここでダルビッシュの開幕以来続いていた連続無失点記録は24イニングで止まる。
     しかし、日本を代表するエース、ダルビッシュはここからが違った。
     レストビッチの代打、本間を三振、次の田上も三振、井出をショートゴロで3アウト!
     ダルビッシュがこのピンチを何とか2点で抑える。

8回裏 この回からピッチャーは武田久にスイッチ。
     だが悪い流れを止められず、川崎、本多の連続ヒットでノーアウト1・2塁のピンチ。
     しかし武田久がここから本領を発揮する。
     次の多村をセンターフライに打ち取り、まず1アウト。(川崎は3塁へ進塁)
     そして松中は1塁ファールフライ、これで2アウト。バッターは好調の柴原。
     本多に盗塁を決められるも、柴原は三振!二者残塁とし、この回は無失点に抑える。

9回表 先頭の金子誠が四球を選ぶと(代走紺田)、森本三振も盗塁を決め1アウト2塁。
     ここでピッチャーが柳瀬からニコースキーにスイッチ。
     そして田中賢のピッチャーゴロ・・・をニコースキーがなんとトンネル!ランナー1・3塁。
     ここで稲葉がピッチャー強襲の内野安打を放ち、5-2と追加点を挙げる。
     更に稲田が打ちに行ったところで手の甲に死球を受け、これで1アウト満塁。
     (4日12時追記 この死球で稲田は左手の先を骨折したようです。ニコースキーめ・・・)
     そしてスレッジのファーストゴロの間に賢介ホームイン、6-2と更に追加点。
     小谷野が倒れ攻撃終了も、貴重な貴重な2点が入った。

9回裏 この回からピッチャーはマイケルにスイッチ。
     マイケルは危なげのないピッチングで2アウトを取り、バッターは的山。

この的山をセンターフライに打ち取り、ゲームセット。6-2で、ファイターズ勝利!



神様、仏様、ダル様!ww
さすがは日本のエース、ちゃんと試合を作ってくれました。
打線も、着々と得点を重ねるすばらしい展開。
まあ、9回の点の入れ方がファイターズを象徴してますねww

ついに連続無失点記録は止まってしまいましたが、失点してからがさすがダルビッシュです。
リズムが悪くなっても決して崩れない、ノーアウト2・3塁からランナー返さずに3アウトを取れる。
4連打といってもしっかり芯で捕らえられているのは多村と松中の当たりだけですよ。
後は運がなくてヒットになったようなもんですw
5回まで打者17人に対し四死球を2個与えたものの、被安打はなんと0ですよ!
これは本当にノーヒットノーランも考えてしまうほどのすばらしい投球です。
ダルビッシュは、今後もチームの勝ち柱として、活躍してくれるでしょう。
ところで、オリンピック中どうすんだろ~(ぇ

打線も、大事なところでどんな形でもしっかり得点できる、いい時のファイターズの姿でした。
3回のチャンスは、賢介が3ベースで2点、稲葉のファーストゴロの間に1点。計3点。
これでチームに流れがきたといっても過言ではないでしょう。
6回のチャンスも、糸井がしっかりタイムリーを放ち1点。
9回のチャンスは、稲葉の幸運な内野安打、スレッジのファーストゴロの間にそれぞれ1点。
チャンスを生かせなかったのは、7回だけです。
どうですか!ファーストゴロの間が2つ、幸運な内野安打が1個で3点も取ったこの華麗な攻撃!
全然華麗じゃないって?うるさいな(ぁ

しかし、目を背けてはいけない問題が一つ。
誠&直人が今日もヒットがありませんでした。
ここまで打てないと本当どうしたんだろう?ってなります。
誠の打率はついに5分を切ってしまいました。
ちなみに、ひちょりの連続安打記録も今日で止まってしまいました。
というわけで、規定打席到達者で一番打率が高いファイターズの選手は、鶴岡です。意外w
意外とは失礼だろって?すみませんm(__)m

他球場は、楽天が9-1でロッテに、西武が4-3でオリックスを下しました。
楽天が球団初の7連勝で単独首位です。ホームだもんねぇ。恐ろしい恐ろしいw
セリーグでは、こここそ本当の下克上です。w
いまだ勝利なしの広島・巨人がついに勝利です。

ロッテ・オリックスが負けたため、ファイターズが4位に浮上しました。
このまま最下位には今シーズン2度と落ちないといいんですが・・・
明日は、大阪に移動して不調のオリックスとの対戦です。
予告先発がハムがスゥイーニー、オリックスが鴨志田です。
鴨志田?巨人にいた気がw
こっちは勢いのあるファイターズです。このまま3連勝して、ホームに戻ってきてほしいです。
札幌にいい結果を持って帰ってきてね!頑張れわれらのファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/03(木) 23:46:05|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0

4月2日 ヨッシー大暴れ 対ソフトバンク2回戦

タイトルを考えるのが面倒になってきました(ぁ
だって、ねぇ(ぁ
そういえば、こっち(砂川)は全然雪がないですが、道東地域ではなまら暴風雪だったようです。
お見舞い申し上げます。
その雪をニセコに少し分けてほしかった(不謹慎だろ謝れ



(北九州市民球場 対ソフトバンク 日本ハム1勝1敗 17,721人)
フ 000 000 000 0 負 吉川
ソ 302 400 00x 9 勝 大隣

HR 多村2号③-吉川

投 フ 吉川 → 坂元 → 豊島 → 宮西
手 ソ 大隣



ん?これはリアルですか?ww
きゅ、9-0って・・・
吉川何したのさww
一応・・・ハイライト行こう(ぇ

1回裏 先頭の川崎にセンター前に、続く本多にレフト前にヒットを打たれ、早くもピンチ。
     そして、多村に3ランホームランを打たれ、早くも0-3と先制される。
     後続の3人は抑えるも、早くも試合を崩してしまった。

3回裏 1アウトから多村が2ベースを放ち、松中ヒット、柴原四球でなんと1アウト満塁。
     そして松田のサードゴロの間に1点が入り、0-4とされる。
     更にレストビッチのショートへの内野安打の間に1人ホームイン、これで0-5。
     続く田上は押さえたものの、吉川は依然として調子が上がらない。

4回裏 先頭の井出にヒットを打たれ、続く川崎にもヒットを打たれる。本多は抑える。
     ここでピッチャーは絶不調の吉川から坂元にスイッチ。
     しかし、多村にフォアボールを与え1アウト満塁。
     そして松中にタイムリー2ベースを打たれ、0-7となる。
     更に続く柴原にタイムリーを打たれ、2人ホームイン。0-9とされる。
     後続を抑えたものの、ダメ押しとなる4点を入れられ、試合が決定的となってしまった。

5回表 この回はスレッジ、小谷野、高口三者凡退。この回までヒットなし。
     大量援護もあり好投を続ける大隣をなかなか打ち崩せない。

5回裏 1アウトから井出、川崎に連続ヒットを打たれ、この回もピンチを迎える。
     しかし本多、多村の代打・城所を抑え、追加点は許さなかった。

6回表 2アウトからひちょりがチーム初ヒット!しかし賢介がセカンドフライ、チャンス生かせず。

7回表 2アウトからスレッジがチーム2本目のヒット!しかし小谷野ライトフライ、チャンス生かせず。

7回裏 この回からピッチャーは坂元に代わって高卒ルーキーの豊島が登板。
     しかし1アウトから井出に3ベースを打たれ、プロ入り後初めてヒットを打たれる。
     続く川崎を死球で歩かせ、これで1アウト1・3塁のピンチ。
     しかし本間、代打荒金を抑え、プロ入り初失点はなんとかしのぎきる。

8回裏 この回からピッチャーは豊島に代わってこれまたルーキーの宮西が登板。
     先頭の松中のレフトへの大きな当たりを、工藤、フェンスに飛びついてキャッチ!
     その闘志あふれるプレーにホークスファンからも拍手が起こる。
     結局宮西は柴原、松田を三振に打ち取り、この試合ホークスは初めての三者凡退。

9回表 この回もピッチャーは大隣。
     簡単に2アウトを取られ、バッターは工藤。

しかし、ショートフライに打ち取られ、ゲームセット。0-9で、ファイターズ完敗。連勝ならず。



昨日のあれはエイプリルフールだから嘘だったのかな?(な訳ないだろ
それにしても昨日の勝のすばらしいピッチングを、見事に大隣に再現されたような感じw
2安打しか打てなかった打線。4回までに被安打11、9失点の投手陣。
ある意味ファイターズ野球ですが、9失点はさすがにひどすぎるなぁ・・・
そして吉川は今日も試合を作れないまま4回持たずノックアウト。
これは、2軍行きを覚悟したほうがいいのではないでしょうか。
前の試合が打線爆発してるから援護が全くない、というのもあるでしょうが(ーー;)

投手陣がホークスの打撃陣にこてんぱんにやられてしまいました。
川崎・井出が猛打賞、多村・松中・柴原の中軸がマルチヒット。
こんなに打線がつながるようではファイターズの投手はかないません。
豊島もプロ入り初のピンチを迎えましたが、何とか抑えました。
流れを完全に止めたのは、宮西・・・いや、工藤でしょう。あのプレーはすばらしいです。
そのおかげで、宮西が落ち着いて投げることが出来たのでしょう。
それにしても・・・信二のリードでは勝てませんね~。
確かにリードは鶴岡のほうがいいです。打撃がいいのは信二です。
でも、こんなに試合が崩れてしまうのであれば鶴岡にすべきだと思います。
リアルにファーストでも全然いいと思いますが^^;

肝心の打線も、大隣の前に2安打と抑えられてしまいました。
不調の金子誠は出番なし、代わりに飯山がショートでしたが見事にエラー。
誠の守備はやっぱりすばらしいですね。天下一品です。後は打撃(;_;)
あんなに調子のよかった賢介も、気付いたら打率は3割を切っている・・・
そんな中で唯一といっていいほど調子を上げている選手が1人。そう、スレッジです。
今日も2打数1安打、1割台前半だった打率も今ではもう少しで2割3分。
でも、周りが打てないようではスレッジが1人気を吐いてるだけになってしまうm(__)m

他球場は、楽天が6-3でロッテを、西武が5-1でオリックスを下しました。
楽天がなんと勢いに乗り6連勝。このままペナントレース好調になってしまうとすると・・・怖い怖いw

西武が勝ったため、ファイターズはまたもや最下位に転落してしまいました。
まあ、試合が始まって十何試合しかしてないんですから、順位のことを気にしないほうがいいです。
なんたって、明日の先発は日本を代表するエース、ダルビッシュ有です。
あっちは抜け毛が心配で育毛剤を使いドーピングに引っかかったガトームソンです。
どちらもいい投手ですが、もちろんダルのほうがいいです。
多分明日も愛の力、子供の力を味方につけ好投してくれることでしょう。
連敗だけはするな!頑張れファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/02(水) 21:29:27|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

4月1日 嘘じゃないぞ 対ソフトバンク1回戦

今日は、エイプリルフールです。
だから?って話ですがww
今日からは、新年度です。
だから?ってh(ry



(福岡Yahoo!JAPANドーム 対ソフトバンク 日本ハム1勝0敗 29,204人)
フ 000 000 132 6 勝 武田勝(S マイケル)
ソ 000 000 000 0 負 新垣

HR 高橋2号②-新垣

投 フ 武田勝 → 武田久 → マイケル
手 ソ 新垣 → 三瀬 → 西山



タカアンドトシのどぉーだ!w
11安打6得点。昨日までが嘘のよう^^;
ハイライト行こうぜ(ぇ

1回表 先頭のひちょりがヒットで早速出塁、賢介が・・・送らない!しかしレフトフライ。
     稲葉の打席でひちょりが牽制で1塁に戻れずアウト、稲葉は三振に倒れ先制できず。

2回表 1アウトからスレッジがレフト前にヒット!しかし後続続かず。

3回表 先頭のひちょりヒットで出塁!しかし後続続かず(^^ゞ

4回裏 武田勝、この回も三者凡退に抑え、ここまでパーフェクトピッチング。

5回表 工藤がヒットで出塁!稲田が送るも、後続続かず。

5回裏 1アウトから柴原にソフトバンク初ヒットを打たれる。しかし後続を抑え、先制は許さない。

6回表 先頭のひちょりヒットで出塁!(新垣ボークでランナー2塁へ)賢介送るも、後続続かず。
     この回まではファイターズ野球全開^^;

6回裏 1アウトから井出にこの試合初の長打を打たれるも、後続抑え、またもや無失点。

7回表 先頭のスレッジが右中間破る2ベース!代走紺田。工藤が送って、打席には稲田。
     その稲田、今シーズン初ヒットが三遊間破るタイムリー!1-0と先制。
     更に鶴岡が送って、2アウト2塁とするも、代打坪井ファーストゴロ。頼む坪井打ってくれ^^;

8回表 先頭のひちょりがフォアボール、新垣またボークでランナー2塁へ。
     ここでピッチャーが新垣から三瀬にスイッチ。
     賢介はしっかり送って、稲葉が右中間破るタイムリー3ベース!これで2-0!
     更に信二がレフトスタンドへ2ランホームラ~ン!4-0と、ホークスを突き放す。
     後続は倒れるも、この回貴重な3点を追加、試合のムードはファイターズに。

8回裏 ホークス打線を被安打2、無失点に抑えた武田勝に代わってピッチャーは武田久。
     ボールが若干高かったものの、三者凡退。ここまで投手陣無失点。

9回表 1アウトから鶴岡がヒット、飯山倒れるも、ひちょりが四球を選び2アウト2・1塁。
     ここで賢介、センターオーバーのタイムリー3ベース!2人ホームイン、6-0となる。
     稲葉は倒れてしまうも、ダメ押しの2点を追加した。

9回裏 ピッチャーはマイケルにスイッチ。
     2アウトから本多にヒットを打たれ、2アウト1塁。バッターは多村。

しかしマイケルはサードゴロに押さえ、ゲームセット。6-0で、ファイターズ連敗脱出!



ガッキー撃破!(結衣のほうの新垣とごっちゃになるなぁw)
撃破といっても、新垣からは7安打放ちながら1点しか取れてなかったり(ーー;)
でもでも、7回からはチャンスでしっかり1本が出たのはすごいうれしい。
いままで打てなかったのはなんでだぁ?(ぁ
梨田采配の「4番ファースト信二」には驚きました。あの人キャッチャーだよ?(ぇ
でも、いい動きもしてましたし、何よりもホームラン。
定着しちゃったりして・・・w

そして、ファイターズに流れを呼び込んだのはやはり武田勝の粘り強い投球があったからでしょう。
7回を投げ打者23人に被安打2、与四死球なし、無失点の投球は特筆すべきものがあります。
援護がなかなか入らないものの、辛抱強く投げた勝の姿に、打線が奮起しないはずがありません。
久は三者凡退、マイケルはヒット1本打たれるも無失点。いずれも与四死球はなし。
やはり四球を与えないというのは、チームに流れを呼び込みますね。
それにしても、勝は1~2点しか入らなくても勝てるのにこんなに得点が入る。グリンのとき3失点だったのに援護がわずか1点。なんで?(ぁ

何より今日の勝利の要因といえば、よくつながった打線でしょう。
6回までは毎回のようにヒットを放ち、何回か3塁までランナー進むも得点なし。ま、いつもどおり?w
しかし、上でも述べたとおり勝の粘り強い投球が、ナインの心に届いたんでしょうね。
今までヒットなしの稲田が初ヒット。不調の稲葉の3ベース。信二のホームラン。賢介の2ベース。
その他、チャンスの場面で何回も送りバントを指示した監督も、隠れたヒーローです。
1回に賢介に送らせなかった時には、「えなんで?」と思いましたけど(@^^)/~~~

しか~し!誠&坪井は深刻ですの~m(__)m
日曜日打ったから今日も波に乗って打ってくれると思ったんですが、あれれ~w
誠に至っては2三振。坪井も代打で登場も凡退。
いつかは打ってくれると思うんですが・・・って何回このフレーズ使ったでしょう(ぁ

他球場は、楽天が7-4でロッテを、オリックスが10-6で西武を下しました。
楽天が5連勝で2位浮上です。不気味だ不気味だww

4月1日なのに1回もエイプリルフールネタが出てきませんでしたが、別にいいじゃん(ぁ
明日は、北九州でホークスとの対戦です。
予告先発が、ハムが吉川・バンクが大隣です。
吉川には前回の借りをしっかりと返してほしいですね。
この球場は狭いので、長打を打たれないようにしてね~w
それでは、今季初の連勝へむけて、頑張れファイターズ!

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2008/04/01(火) 22:29:13|
  2. 08年度今日の試合
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:1

プロフィール

kawasimo

Author:kawasimo
北海道砂川市出身で現在は東京都文京区に在住の、23歳です

上京してから早4年、地元には見切りをつけるも、05年から応援してきた地元の贔屓球団をどうしても見捨てることができず、今日もゆる~く見守り中。そんな管理人です

日本各地の球場を訪問中。15年8月28日、ヤフオクドーム参戦により12球団本拠地完全制覇!
16年3月31日、イーグルス利府球場訪問により12球団1・2軍本拠地完全制覇!残すは新規に建設されたタマスタ筑後のみ…

コメ・TBは荒らし対策のため承認制及び投稿時に数字認証制としています。反映まで時間がかかりますので、ご了承ください。


09年8月9日より「にほんブログ村」のファイターズカテゴリに参加しました。マンネリ化+文章が日に日に長くなる当ブログですが、アクセスは増えるでしょうか(ぁ

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する