kawasimoのファイターズBLOG

文京区から発信中!球団・選手・ファンの為にも新球場建設を!

独立リーグ、思っている以上に強いぞ

先月末の29・30日に、管理人は北陸地方に行ってきました。行先は高岡と金沢でした。
何故北陸かというと、この日にハムの2軍がBCリーグの富山・石川と交流試合のため遠征していたからです。
試合会場には地元のファンに加えて遠征したとみられるハムファンも訪れ、大いに盛り上がりました。
特に石川には勝さんや多田野、木田画伯とハムとゆかりのある人がいるため、結構ハムファンがいました。
BCリーグの底力を見せたい石川に富山と、プロ球団として独立リーグに負ける訳にはいかないハム。

そして、普通に力負けしました。orzorzorz

結果がこちらです
29日(ボールパーク高岡)
日 030 000 000 3 7 0
富 060 000 00x 6 12 0

30日(石川県立)
日 000 000 000 0 3 0
石 000 200 00x 2 5 2

正直、私も1勝はできると思ってました。いくらイースタンでドベのハム2軍でも大丈夫だろう…と。
ですが、ふたを開けてみれば2試合とも見事な力負け。特に石川戦なんて見所が一切なく負けましたもの。
石川の投手陣はお世辞にもいいとは言えません。7月の13試合で2桁失点が実に4度。9-28なんて試合も。
そんな投手陣を相手に見事に完封を喰らうんですから恐れ入りました。ハムの2軍ってスゲーわ(白目)
一方の富山は前期優勝チームですし、力のあるチームです。3点を先行したんですが瞬殺で逆転されるとは…
応援団の人数も多く声も大きく、2裏の猛攻を受けている時は凄くアウェーで劣勢な空気を感じましたね。

ハムの2軍といえば皆さんご存知の通り、育成が最大の目的。いくら成績が出なくても辛抱強く起用します。
ですから、正直なところ勝敗は度外視。私は勝つために試合をしているとはあまり思ってませんけどww
出ている選手達も1~5年目くらいの選手が中心。ルーキーでは一成以外の7人が遠征に帯同しています。
一方でBCリーグのチームは当然ながら目標は勝利、そしてリーグ制覇。勝つためのメンバーを揃えています。
助っ人外人やNPBを退団した選手も呼びます。29日に先発した富山のバリオスはあの元SBのバリオスです。
富山も石川も、リードして終盤に入れば勝ち継投と思われる投手をガンガン投入し、逃げ切りましたからね。
また、個性を出すために変則的な投球フォームの投手が多かったのも印象的でした。初見じゃ厳しいなぁ…

という訳で、独立リーグの球団は想像以上に力があります。勝てるだろうと思ってると痛い目に遭います^^;
この交流戦は勝利を至上命題に戦っているチームと、育成を最優先しているチームの差かなと感じました。

全然関係ないですが、石川のマスコットは喋ります。その名も「タン坊」。
交流戦の宣伝で富山からライティー、石川からタン坊が鎌ヶ谷に来た時のカビーのツイートがこちら。

強烈ですね。もろに手が出ちゃってますよwww 小さな子供がタン坊を見るとどんな反応をするのか…
木田氏から「おい、辻!」といわれ、更には石川応援団から「いいぞいいぞ辻」コールが起きる始末www
辻さんは花咲徳栄高卒(木田氏談)とのことで、客席から「埼玉県民かよ!」とヤジが飛んでいました^^;


あまり当該試合の試合詳報がネットでも見当たらないので、試合経過と選手成績を掲載しておきます。
右のリンクからどうぞ  [独立リーグ、思っている以上に強いぞ]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/08/07(月) 23:42:04|
  2. ファイターズその他の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

球団別交流戦順位分布と今後のパを軽く考察

今年の交流戦も終了。セの躓いた2球団も最後のホーム6連戦で巻き返し、久々にセパが均衡した成績でした。
やっぱりセで頭一つ抜けていた広島は当然として、阪神も着々と力を付けているのがうかがえる善戦でしたね。
日程の組み方が大きく変わらない限りは、来年は今年のカードの裏返しで、ホームとビジターが入れ替わりです。
つまり、来年の札ド開催は阪神・中日・ヤクルト戦。DeNA・広島・読売戦が敵地です。ズムスタはなんと3年ぶり。
やりやすい敵地なんてないですが、来年の敵地は面倒な場所だなぁ… 苦手な東ド読売戦に魔境ズムスタか…

そして優勝は結局SBでした。投打の飛車角、更に金も片方抜かれた様な状態なのにやっぱあの球団おかしい…^^;
これでSBは交流戦13年の歴史でもう7度目の優勝です。というかここ10年で7度目ですね。やっぱおかs(ry
ここで、球団と交流戦順位の対応表を作ってみました。
17il.png
1~3位の回数10回、Bクラス(7位以下)たったの2回。いかにSBが交流戦を得意としているかがわかります。
セの野球が合う選手が多いんでしょうけど、球団で交流戦を重視し、しっかり戦略を立てていることが伺えます。
たった18試合(07~14年は24試合)と甘く見ず、セの球団の情報収集や研究も徹底してやっているんでしょうね。
なぜSBが21世紀でBクラスたったの2回という常勝球団になれたかが、こういうところにも表れています。

そのSBに次いで平均順位がいいのが実はハムでしたww そこまで毎年圧倒している印象もないんですが…
8位以下が2回しかないことが大きいですね。大きく躍進することも少ないが、派手にずっこけることも少ない。
それなりに堅実な戦いが出来ています。そして交流戦の最後あたりから一気に波に乗ることも多いですからね。
ロッテも今年こそ微妙でしたが、Aクラスが実に9回とこちらも交流戦をしっかりと戦えていると言えます。

一方毎年苦労するセリーグ。優勝2回と唯一健闘する読売を除いては全球団が平均6位以下となっています。
逆に言えば、13年間でリーグで6度優勝している圧倒的な戦力の読売ですら一筋縄では行かないという事か…
順位分布はロッテと似ていて、基本的には安定してます。ただ、派手にずっこけて10位以下という例が3度。
この3度は06・15・17年なんですが、確かに印象的な転び方でしたね。そして3度とも一緒に沈む球団がいる^^;
SBでも9位と11位の年がありますが、全然記憶がありません。常勝が義務付けられる読売だからこそ目立つ?

しかしベイスの平均9.31位ってヤバいですね… Bクラス10回、最下位5回って改めて見ると強烈です。
3年連続6勝18敗とか、貯金10が3勝14敗1分けで消滅とか、2年連続ハム楽天に3タテとか、なんと言うか…^^;
同様にBクラス8回、最下位3回と苦戦していた広島はここ2年は3位、2位。苦手を脱却していけるでしょうか。
そして意外と中日の平均も高くないですね。まあ中日は黄金時代も後半ブースト型のチームでしたし納得?


ところで今季のパ球団はH1位、L3位、E5位、Bs6位、F9位、M11位でした。
交流戦でこの順位になった球団の最終的な順位分布が以下の通りです。
左から1位の回数、2位の回数…と続いて一番右が6位の回数となるように表記しています。

1位:5,2,1,2,1,1
3位:4,3,1,2,2,0
5位:2,2,4,1,2,1
6位:1,2,2,5,1,1
9位:1,2,2,2,4,1
11位:1,2,1,2,2,4

あれ?SBと西武の優勝争いになって残りの4球団は順位確定ですか?(白目)
そういやOP戦で6位になった球団の最終順位は5位が一番多かったんですよね。今年はこのまま終わるのか…
さて、金曜からは札幌で楽天戦です。楽天は次の週末がSB戦だけに、それを見据え好投手が来そうな予感?

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中
  1. 2017/06/21(水) 23:17:56|
  2. ファイターズその他の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎌スタへorからの路線バス時刻表をまとめてみた

千葉県鎌ヶ谷市ののどかな丘陵地帯の中にある鎌ヶ谷スタジアム。野球に熱中できる静かな環境です。
自社所有ではない札ドと違い自由に投資が出来ることから、改造に改造が加えられすっかりカオスに。

一方、その立地ゆえに非常に行きにくく、関東の1・2軍本拠地では戸田と並ぶアクセスの悪さです。
そんな鎌スタの行き方として、鎌ヶ谷駅から発着するシャトルバスを利用するのが一般的です。
しかし、鎌ヶ谷駅は船橋から柏を通る東武野田線しか通っておらず、乗換が必要な人も多いはず。
初めて訪れる人なんかはなんだよアーバンパークラインってどこ走ってんだよってなりますよねww
そういう人のために新京成・北総・野田線の交わる新鎌ヶ谷からのバスがあったのに、廃止とは…
という訳で、今回は鎌スタへのもう1つの主要アクセス手段、京成バスについて紹介します。

系統番号もズバリ"Fs"の「ファイターズタウン線」は、西船橋・船橋法典駅から鎌スタを結びます。
ですので、メトロ東西線や武蔵野線から1度バスに乗り換えるだけで鎌スタに行くことが出来ます。
西船橋・船橋法典の両系統を合わせて、およそ20分間隔ですから比較的便数はある方です。
利便性は高いと思うんですが、試合日もそこまで混雑しません。そこも長所の一つでしょうね。
基本的にこの球場は、シャトルバスや自家用車利用での来場が圧倒的に多いですからね…
千葉県内ですが、バス停はカビー付きデザイン。鎌ヶ谷ファイターズ塗装のバスもやってきます。

西船橋駅発着系統は船橋法典駅を経由しませんが、途中に上山町という停留所があります。
この停留所は船橋法典駅から徒歩6~8分ほどのため、ここで乗降し駅まで歩くことも十分可能です。
西船~鎌スタは40分近くかかりますし、運賃も390円とそれなり。時間と金の節約ができますよ。


時刻表と運賃は以下の通りとなります。詳しくは京成バスのホームページも参照ください

・西船橋駅より Fs01系統、390円(京成西船駅前にもバス停あり)
・船橋法典駅より Fs11系統、258円
・上山町バス停より 船橋法典駅から西船方面行は6分、鎌スタ方面は8分 238円

平日 鎌スタ方面
西船橋駅船橋法典駅上山町鎌スタ
9:289:4410:06
9:5010:0610:28
10:1010:2610:48
11:0511:0611:23
11:0011:1611:38
11:3011:3111:48
11:2411:4012:02
11:5511:5612:13
11:4812:0412:26
12:1212:2812:50
12:3612:5213:14
13:0513:0613:23
13:1213:2813:50
13:2813:2913:46
13:3613:5214:14
13:5914:0014:17
14:3214:3314:50
14:5314:5415:11

土休日 鎌スタ方面
西船橋駅船橋法典駅上山町鎌スタ
9:309:4610:08
9:489:4910:06
10:0010:1610:38
10:2410:4011:02
10:4811:0411:26
11:1011:1111:28
11:2411:4012:02
11:4311:4412:01
12:0612:0712:23
12:0012:1612:38
12:2412:4013:02
12:3612:5213:14
12:5212:5313:10
13:1213:2813:50
13:3613:5214:14
14:5514:5615:13
16:0216:0316:24

平日 船橋法典・西船橋方面
鎌スタ上山町船橋法典駅西船橋駅
10:5911:1211:33
11:3111:4411:50
12:0612:1912:25
12:1112:2412:45
12:2312:3612:57
13:1113:2413:45
13:2313:3613:57
13:3513:4813:54
13:4714:0014:21
14:0814:2114:27
14:2914:4214:48
14:3514:4815:09
14:4715:0015:21
15:0615:1915:25
15:2315:3615:57
15:3115:4415:50
15:4315:5616:17
16:0316:1616:37
16:2716:4016:46
16:3216:4517:06
16:4216:5517:16
17:2617:3917:45
17:3117:4518:06
17:5018:0418:25

土休日 船橋法典・西船橋方面
鎌スタ上山町船橋法典駅西船橋駅
10:1610:2910:35
11:4111:5412:00
12:2812:4112:47
13:1013:2413:45
13:1613:2913:35
13:3413:4814:09
14:1014:2414:45
14:3414:4815:09
15:0915:2215:28
15:1915:3315:57
15:3815:5115:57
15:5516:1116:33
16:1916:3316:57
16:3816:5216:58
16:5517:0917:33
17:1917:3317:57
17:2417:3817:44


なお、路線バスですので当然バス停での乗降や信号、道路混雑により遅延の可能性があります。
加えてこの路線は、ギリギリの2車線で大型車のすれ違いに難儀するような箇所も多数走行します。
千葉の丘陵地帯の道路はこういう道が多いですからね… 時間には余裕をもって利用しましょう。


更に、鎌ヶ谷市が運航するコミュニティバスを利用すると、新京成線の北初富駅に出られます。
運賃は100円。ルートの関係で帰りしか使えませんが、こちらも活用すると帰り道が楽になります。

平日
鎌スタ15:48→北初富駅15:54、鎌スタ17:28→北初富駅17:34

土休日
鎌スタ14:48→北初富駅14:54、鎌スタ16:48→北初富駅16:54


改装と共に値上がりして2軍球場としてはお値段高めですが、イベントも多く来て楽しい球場です。
路線バスも活用して、ぜひ一度鎌スタに足を運んでみましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/17(月) 18:11:38|
  2. ファイターズその他の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

侍野手はシーズンで苦戦しているのか検証してみた

相次ぐ主力勢の不調に関して色々球団に注文を付けようと記事を作りましたが、途中でやめました。
実際の内部事情が分からないのに、あれこれ詮索して書いても中身がなく文句だらけになりますし…
ただ、選手の自主性の重視が行き過ぎて、何もかもを選手任せにしすぎなのかなという気はしますね。
若い選手も多いですし、彼らの行動が正しいとは限りません。助言や軌道修正も絶対に必要です。
特に今オフは休みの少ない異例の年でしたからね。こういう時の為のコーチ陣だと思うんですが…

ところで、WBCに出場した野手陣はハム勢も散々ですが他球団もあまり好調だという話は聞きません。
という訳で、9日終了時点でのWBC出場野手の成績を羅列してみました

内 田中 .395(38-15) 0HR 2RBI 3K
内 坂本 .367(30-11) 1HR 5RBI 8K
外 内川 .353(34-12) 4HR 9RBI 3K
外 鈴木 .333(39-13) 1HR 7RBI 10K

外 秋山 .273(33-9) 0HR 0RBI 5K
内 山田 .265(34-9) 1HR 5RBI 7K
外 平田 .263(38-10) 1HR 5RBI 9K
外 青木 .250(12-3) 0HR 0RBI 1K
外 筒香 .226(31-7) 0HR 1RBI 6K
内 中田 .200(30-6) 0HR 1RBI 4K

捕 炭谷 .190(21-4) 0HR 1RBI 5K
内 菊池 .189(37-7) 0HR 2RBI 6K
内 松田 .121(33-4) 0HR 2RBI 7K
捕 小林 .087(23-2) 0HR 0RBI 9K
捕 大野 .059(17-1) 0HR 2RBI 5K

※デスパイネ .267(30-8) 0HR 1RBI 8K
※バレンティン .206(34-7) 1HR 4RBI 10K
※アマダー .143(35-5) 0HR 3RBI 11K
※レアード .071(28-2) 0HR 1RBI 8K
※クルーズ 出場無し

このようになりました。松田が33打数4安打ということで見事に例の数字に収束していますwww
言うほど苦戦してませんね。本領発揮という感じではありませんが、程々のスタートといった印象です。
開幕から心身共に絶不調なのはハム勢くらいじゃないですか?やっぱり選手のケアの問題なんじゃ…
ただ、全体的にHRや打点が少なめな傾向です。疲労もあってか、微妙に球を芯でとらえられていない?
しかし、上4人は凄いですね。坂本以外はずっと試合に出ていた訳でもないのにこの数字はお見事です。
出場機会が少なかった選手も結果を残しているのを見ると、実戦感覚の空きは言い訳なんでしょうね。

大会中は神捕手と絶賛されていた小林は完全に魔法が解けてしまいましたwww すっかり元通り^^;
守備は間違いなく上達しましたけど、読売ファンは期待が打ち砕かれて相当がっかりしてるでしょう…


さあ、今週は中軸がごっそりいない打線になりそうです。1試合でも3点取れるかな?(白目)

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/04/10(月) 23:59:45|
  2. ファイターズその他の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CS1st所感諸々 希望僅少不安山積?

CS1stステージは両リーグともに終了。パは順当にSBが、セは勢いの差でDeNAが勝ち進みました。
MLBの地区シリーズも見ごたえのある展開続きです。現在はTORがTEXを破り勝ち進んでいます。
ダルの直球がアリーグ屈指の重量打線に簡単にスタンドに運ばれる光景はなかなかに衝撃でした。
11年の鬼のような彼を知っているだけにねぇ… こんな引き出しの少ない投手じゃないんですが。

まずはパの感想から。お祭り男清田は健在でしたが、終わってみれば至極当然の結果でしたね。
冒頭で順当にとは書きましたが、2位のチームがFinalに進むのはパでは09年の楽天以来です。
それに加え相手がロッテですから、ずっと応援しているSBファンは少し嫌な予感がしていたかも?
ただ、いざ蓋を開けてみれば危なげなし。ロッテも以前ほどの短期決戦の強さがなくなってます。
ほぼ完璧な戦い方が出来た相手に、どう3勝しますかね。難しいですね。負けそうですね(白目)
内川もそうですが、今宮が好調なのが気になるなぁ… 打率よりはるかに打たれてる印象ですし…

続いてセを。勢いでひた走るDeNAと、もはや経験だけが頼りの読売。勢いが経験に勝りました。
経験が取り柄のチームが、肝心なところでミスをしていては厳しいですね。らしくない姿だ…
バッテリーの意思疎通やバントミス、打席に4番なのに牽制死。更に言えば決戦前の体調管理も。
これまで読売の「気付けば勝利」を支えていた基本的なことが、おろそかになっている印象です。
3試合とも最終盤までもつれたように、実力はほぼ互角でした。それだけにミスが響きましたね。
ベイスも少し動きが硬いかなと感じる場面はありましたが、守りがしっかりしていたのが見事。
大舞台を知り尽くしたラミレス監督の采配も、若いチームを見事に次の舞台へ進めたのかも?

しかし、初CSという一大イベントにDeファンは大盛り上がり。東ドの3塁側を埋め尽くしました。
土曜の20時前に三田線に乗っていましたが、水道橋から乗ってくるユニ着用者は全員Deファン。
地上を歩いていてもDeユニはよく見かけるのにGユニが全くいない。非常に珍しい光景でした。


という訳でCSFinalはハム対SB、広島対DeNAに決まりました。なんとなく予想の付いた顔合わせ?
しかし、広島とDeNAがCSFinalで対戦するだなんて、4年前ですら誰も信じなさそうですね^^;
ちなみにパのこの組み合わせは12年、14年に引き続きここ5年で早くも3回目ですwww
そりゃそうですよね。09年以降この2球団以外が優勝したのは13年の楽天だけですからねぇ…

優勝チームなので負けてはいけない宿命がありますが、今のSB相手だと勝てる気が全然しません。
なんせ札ド開催ですからね。札ドでの対SB戦はなんと09年以来勝ち越しがないんだから驚き。
あのチームの打線は確実に福岡よりも札幌で対戦する時の方が強力です。間違いないですwww

不安になるのも当然ですよ。紅白戦で投げた先発陣のこの成績見て下さいよ(白目)
5日 大谷1回2失点、有原3回9失点
7日 増井3回無失点、高梨3回4失点
9日 メンドーサ3回2失点、加藤3回2失点
いつもの味方が相手打者で遠慮もしたんでしょうが、こりゃあ酷い。やはり増井が頼みの綱か…
打線は今打っても、本戦になったらどうせいつも通り好機で打てずに沈黙するんでしょ?(涙)

CSがある以上仕方ないですけどね。殆どのチームは堂々と勝って日シリに出てるんですから。
短期決戦に勝てないチームは、リーグを代表して日シリに出る資格はない、ということですよ。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/10/10(月) 23:30:30|
  2. ファイターズその他の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここ10年のハム開幕スタメンを整理してみた

さて、いよいよ今シーズンも開幕しましたが、1年の幕開けとなるメンバーである開幕スタメン。
しかし、実際のところシーズン中に色々と面々の入れ替えがありながら、一定の形に収まります。
ですから、開幕スタメンというのは実はお試しな要素もあったりするのかな、と思っています。
今日は、2006年から2015年までのハムの開幕スタメンを整理してみました。昔を懐かしみましょう^^;

では、まず2006~2010年の分です
20062007200820092010
札幌D○3-1E千葉マリン△4-4M札幌D○1-0M札幌D×1-3E札幌D×3-5H
4マシーアス8森本8森本4田中4田中
7坪井4田中賢4田中5小谷野DH二岡
3小笠原9稲葉9稲葉9稲葉9稲葉
DHセギノールDHセギノール3スレッジ7スレッジ3高橋
9稲葉3木元5小谷野DH二岡8糸井
8SHINJO2高橋7糸井3ヒメネス5小谷野
2高橋5グリーンDH坪井8糸井7中田
5飯山7坪井2鶴岡2鶴岡2鶴岡
6金子6金子誠6金子誠6金子誠6金子誠
P金村PダルビッシュPダルビッシュPダルビッシュPダルビッシュ

黄金時代を築いていた当該時期、田中賢介と金子誠の二遊間は07年以降は変わっていません。
そして5年連続ライト稲葉に08年から定着したサード小谷野と、主力の面々が安定していましたね。
不動の面々が安定して出続けて数字を残すことが、常勝チームの1つの条件なのかもしれません。
貧打ながらも優勝した07年の途中頃から、打順の基本的な並びが確立されてきたような印象です。
意外と稀哲の開幕スタメンが少なかったんですね。完全に糸井に持っていかれたような感も…
しかし10年の2番DH二岡って面白い打順だなぁww 相手が杉内だったのでその対策もあるでしょう。
1・3・3番みたいな上位打線はどこも理想として思い浮かべるんですが、現実はそううまくいかない…

しかし、チームは一気に動き始めます。2011~2015年の分をどうぞ
20112012201320142015
札幌D×3-12L札幌D○9-1L西武D○5-3L札幌D○6x-5Bs札幌D○5-2E
4田中4田中887西川
93稲葉4西川4西川4田中
8糸井9糸井5小谷野9大谷8
5小谷野7中田7中田7中田3中田
DH稲葉DHスレッジ3稲葉DHミランダ9ハーミッダ
3ホフパワー5小谷野DHアブレイユ5小谷野5レアード
7中田86大引3稲葉2近藤
2大野6金子誠9大谷6大引DH谷口
6金子誠2鶴岡2鶴岡2大野6中島卓
PダルビッシュP斎藤佑P武田勝P吉川P大谷

賢介は2年間メジャー挑戦、稲葉マックが成績低下し引退、小谷野や鶴岡がFA移籍、糸井はトレード。
一気に野手の新陳代謝が進み、30代の野手がほぼいないとてもフレッシュな顔ぶれになりました。
すっかり別のチームになったようですが、それでも変わらず応援し続けてくれるファンに感謝ですね。

2011年から陽と中田が定着しました。これまでの主力勢とはまた違う、ロマンのある2人でした。
ようやく現れた和製大砲に、走攻守揃った台湾の星。彼らが今のチームを引っ張ってくれています。
開幕投手もダルの渡米後は手探り状態。核となる投手がいない中、現在は翔平がその座を担うことに。
しかしその開幕投手大谷が、1年前には千尋から値千金の同点打を打っているんだから面白いですね。


なぜこんな記事を作ったかというと、明日は利府に行くため更新が絶望的だからですwww
これで12球団の1・2軍本拠地は完全制覇です。タマスタ筑後ができてしまいましたけど…^^;

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2016/03/28(月) 17:09:07|
  2. ファイターズその他の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SB打者の対ハム戦成績から少し見える苦戦の要因

今日はいつものような文章を書く気にもならないので、ちょっとデータを用意してみました。
なお、今回使用するデータはデータで楽しむプロ野球(リンクはこちら)様から引用しています。

ソフトバンク打者 対日本ハム打率
通算ハム戦
打率HR打点打率HR打点
高田.248111.31301
内川.2801172.315215
今宮.210532.288111
松田.2863182.200515
吉村.204312.30816
中村.300135.29307
柳田.3643091.311516
李大浩.2982887.26236
高谷.159114.09101
細川.12705.26700
川島.267115.27303
明石.266226.38317
福田.255112.31001
本多.22004.19201

SB打線のチーム打率は通算で.267、対ハム戦でも.267と飛び抜けて打たれてる訳ではありません。
でも、なんとなく傾向が見えますね。中軸には比較的善戦しているのに、それ以外にやられてます。
例外は内川くらいでしょう。ただ昨日の印象が強いだけでこてんぱんにはやられていないですね。
柳田とかよく抑えている方ですし、打たれる場面は正直そこまで重要ではない場面が多い印象。
むしろ松田は数字上は結構抑えていますが、試合を決める場面でやられている印象がありますもの。
なので、この2人に対する印象は真逆です。勝負を決めそうな場面で怖いのは柳田より松田です。

で、何故こんなに打たれるのか。伏兵的な打者にやられ過ぎなんですよ。苦手な人が多すぎます。
昔からハムキラーの明石を筆頭に、左の巧打者にやられてます。後は代打の切り札である吉村。
彼らが求められているような役割を、見事なほどにされてしまっているのが大きいと思いますね。
そして今宮と細川ですよ。他が約1割台に抑えている打者にこんなに打たれるから打線が繋がります。
この打率ということは、穴が確実にあるんですよ。もっと分析して、そこを徹底的に攻めないと…


まあ、一番の問題はしっかりと抑え込んでいる打者が少ないことでしょう。多くの打者が2割以上。
どの打者にも平均的に打たれているから、打線を切ることができないというところかなと思います。
さあ、明日は翔平が先発。ソフバ打線にかなりやられていますから、そろそろ意地を見せてほしい…

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへblogram投票ボタン

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/09/09(水) 21:55:54|
  2. ファイターズその他の記事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kawasimo

Author:kawasimo
北海道砂川市出身で現在は東京都文京区に在住の、23歳です

上京してから早4年、地元には見切りをつけるも、05年から応援してきた地元の贔屓球団をどうしても見捨てることができず、今日もゆる~く見守り中。そんな管理人です

日本各地の球場を訪問中。15年8月28日、ヤフオクドーム参戦により12球団本拠地完全制覇!
16年3月31日、イーグルス利府球場訪問により12球団1・2軍本拠地完全制覇!残すは新規に建設されたタマスタ筑後のみ…

コメ・TBは荒らし対策のため承認制及び投稿時に数字認証制としています。反映まで時間がかかりますので、ご了承ください。


09年8月9日より「にほんブログ村」のファイターズカテゴリに参加しました。マンネリ化+文章が日に日に長くなる当ブログですが、アクセスは増えるでしょうか(ぁ

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する