kawasimoのファイターズBLOG

文京区から発信中!球団・選手・ファンの為にも新球場建設を!

FA持ち選手動向決定 宮西残留でもう大満足?

当球団のオフの火種と言えばFA保有選手との契約交渉。今年もこの時期がやってまいりました。
札幌ドーム様に多額の資金を吸い取られる現状、主力と言えどもあまり高い額は出せません。
故に獲得をしないのに選手が出ていく、我々にとっては半分泣きっ面に蜂状態となりますwww
今季は翔と増井が国内FAを取得し、既にFA権を持つ宮西と大野の複数年契約が切れる年でした。
FA権の行使期限が今日なので、残留と移籍はほぼ確定したようなもの。今日はそちらを紹介します


まずは矢野謙次。移籍初年からFAを持っているので毎年「出戻りするんじゃないか」と心配に…^^;
謙次は無事残留を表明。すでに契約更改も行い、来年もハム戦士の一員であることは確定です。
やっぱりベンチにとって欠かせぬ代打職人。しかし今季は数字もいまいち、ケガもありましたね。
読売以外の報道は全然当たらない報知に戦力外と報道されるような1年で、当然不本意でしょう。
二岡のように渋くも職人な働きがもっと見たいです。そしてより多くファイターズ最高が叫べれば…

続いては宮西尚生。3年ぶりに彼のFAに怯えることとなりましたが、彼も無事残留!一安心…
他のFA持ちの面々も欠かせぬ人材ですが、宮西は格が違います。いないと救援陣が崩壊します。
生涯ハム宣言が出たのも嬉しいですね。育ちそうな左腕も出てきた今こそ、まだまだ彼が必要です。
9年連続50試合登板、更に8年連続防御率が3点台以下。こんな凄い投手からの生涯ハム宣言ですよ。
若手左腕たちは、宮西とともに戦えることに喜びを感じ、日々技術を吸収していってほしいですね。
私のような卑屈なファンとしては、FA権を行使せずに残留ってのが若干引っ掛かりますけどねww
阪神の能見や西武の栗山のように、行使した上で残留してくれれば不安の種が根絶できるのに^^;

続いては大野奨太。こちらはFA権を行使することになりました。地元東海の中日が狙っているとか。
昨年のポストシーズンからどうもおかしかった大野ですが、肘が万全ではなかったようですね。
そんな中で最近は優心を積極起用し、球団も明らかに正捕手に育てたいという意図が感じられます。
今後の出場機会が減っていくことが予想される状況でしたから、彼に関しては行使もやむなしか…
球団としては将来の幹部にと考えているでしょうが、まずは選手として試合に出たいですしねぇ。

4人目は中田翔。今季の成績がアレだっただけに流石に行使はないと思ったら、やはり残留でしたww
賭けに出るにもタイミングというものがありますからね^^; 今年は全く打が上向きませんでした。
3割打ったのももう4シーズン前、あの頃に比べるとどうも好不調のムラが大きくなりましたねぇ… 
WBCやプレミア12、CSに日シリと短期決戦での鬼のような中田翔を知っているだけに、物足りない。
まだ30歳にもなっていないのに、もうピークが過ぎただなんてとんでもない。頼みますよ本当に…

最後は増井浩俊。行使するのはいいですが、あなた先日宣言したら残留はないと言いましたよね?
蓋を開けたら「残留も視野に入れている」?なんだかんだ未練たらたらじゃないですかwww
余計なことを言って不愉快なのは我々だけじゃありません。球団幹部にも不信感を持たれますよ。
抑えをやりたいと直訴し臨んだ今季、去年の序盤よりはましでしたが、セーブ成功率が8割弱です。
5試合に1回勝ちを消す守護神では上位進出はできません。特に敵地ではよく打たれましたね。
社会人からの入団だけに既に33歳と比較的高齢、伸びしろを正直感じませんが大丈夫でしょうか?


なおこの球団はFAの宣言残留を認めているため、他球団の条件提示を受けた上での残留も可能です。
言ってみれば野球選手にとっての転職活動ですから、梯子にかけて進路を決めればいいと思います。
FAを使っても引き留めのために提示額も上げませんし、残留したところで起用法も変わりませんww
我々ファンもFAを行使した選手はいなくなるものと思ってます。だって残った記憶がないですし^^;
去る者は追わない球団ですけども、追い出す球団でもありません。残るのであれば大歓迎ですよ。
2人とも読売に行って巨人軍元ハム同窓会のメンバーが増えたらそれはそれで面白いですね

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中
スポンサーサイト

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/14(火) 21:53:35|
  2. 17-18オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2018公式戦日程発表 飛行機買っちゃえば?

日本シリーズも終わっていよいよ真のオフシーズンスタート。春ははるか遠くです。
まあ結果としてはベイスはあの圧倒的な戦力のSBに対しよく戦ったと思います。接戦続きでしたしね。
最終的には息詰まる展開で出たミスを的確に勝利に繋げた、SBのチーム力と経験が光りましたが…
今年もSBにボコボコにされた我々にとっては、この結果は至極当然としか思いませんけどねwww


さて、その日シリ終了後すぐに来季の日程が発表されました。思ったより早かったですね。今日はそちらを紹介

3月30~4月1 対西武 札ド
4月3~5 対楽天 宮城
4月6~8 対ロッテ 東ド
4月10~12 対SB ヤフド
4月14・15 対オリ 神戸
4月17・18 対西武 17東ド(ビジター)、18西ド
4月20~22 対SB 札ド
4月24~26 対オリ 札ド
4月28~30 対ロッテ マリン
5月2・3 対楽天 札ド
5月4~6 対ロッテ 札ド
5月8~10 対オリ 京セラ
5月11~13 対SB ヤフド
5月15・16 対西武 東ド
5月18~20 対楽天 札ド
5月22~24 対ロッテ マリン
5月25~27 対西武 西ド

5月29~31 対読売 東ド
6月1~3 対中日 札ド
6月5~7 対広島 マツダ
6月8~10 対DeNA 横浜
6月12~14 対阪神 札ド
6月15~17 対ヤク 札ド

6月22~24 対楽天 宮城
6月26・27 対SB 那覇
6月29~7月1 対オリ 札ド
7月3・5 対西武 3札ド、5函館
7月6~8 対ロッテ マリン
7月9・10 対SB 東ド(ビジター)

7月16~18 対オリ 京セラ
7月20~22 対SB 札ド
7月24・25 対楽天 宮城
7月27~29 対オリ 札ド
7月31・8月1 対ロッテ 31釧路、1帯広
8月3~5 対西武 西ド
8月7~9 対楽天 札ド
8月10~12 対SB ヤフド
8月14~16 対ロッテ 札ド
8月17~19 対西武 西ド
8月21~23 対SB 21静岡、22・23東ド
8月24~26 対楽天 札ド
8月28・30 対オリ 28宮崎、30京セラ
8月31~9月2 対ロッテ マリン

9月4・5 対西武 旭川
9月7~9 対楽天 宮城
9月11・12 対ロッテ 札ド
9月14~17 対オリ 札ド
9月18・19 対西武 西ド
9月20 対SB 札ド
9月22 対楽天 札ド
9月23・24 対SB ヤフド
9月26・27 対オリ 京セラ
9月28・29 対楽天 宮城
9月30~10月2 対西武 札ド

突っ込みどころ満載の面白い日程ですwww 気になる点をまとめてみます

・東ド13試合(ビジター6試合)
ホーム開催は週末ロッテ3連戦と西武2連戦、SB2連戦の計7試合です。試合数自体は今年と同じです。
しかし来年はビジター試合が6試合。読売主催の交流戦に加え、SB主催が2試合に西武主催が1試合。
鷹の祭典に2試合も巻き込まれるんですね… 今年も東京と大阪で巻き込まれたのに来年もか…
そして驚愕の西武主催。東ドでの主催試合は初めてなんだとか。西武戦沿線民も西ドより来やすい?
来年は西武が所沢移転40周年のメモリアルイヤーだそうですが、それに関連しているんでしょうか。
ってことは西武ドームも40周年ってことですよね。そろそろ豊島園あたりに新球場作りませんかww

管理人は東京ドーム徒歩圏内に住んでいますが、カードがカードだけに負けそうで行きにくいなぁ^^;

・日本は広いな大きいな
球団初の那覇での主催試合が組まれました。さらに8月末ではオリの主催試合で宮崎に行きます。
両県ともにキャンプ地として有名ですが、セルラーとサンマリンは意外と行く機会がありませんね。
ちなみに那覇の次のカードは札ドです。日本を端から端まで移動することになるんですねwww
那覇空港から千歳空港まで直行便で所要時間実に3時間10分。逆ルートだと3時間55分かかるんだとか。
例年通り釧路と旭川でも試合があります。日本の東西南北の端で主催試合をやる球団になるとは…

・日本は広いな大きいなその2
大阪→札幌→仙台→札幌→道東→所沢→札幌→福岡→札幌→所沢→静岡→東京→宮崎→大阪→千葉→旭川。
ホームとビジターが交互に組まれているせいで、飛行機乗りまくりの鬼のような日程となっています。
球宴前まではそこまででもないですが、7月後半から2ヶ月はほぼ3日おきに移動。マイルがたまりそう^^;
この途中に大阪福岡とか仙台関東とか、新幹線を使える移動があれば幾分負担が減るんですが…
北海道をホームとする球団の宿命ではありますが、本拠地といい選手たちには負担を強いますねぇ…


見ている側としては地方開催が多かった2010年のような面白い日程ですが、選手には厳しい日程です。
プレー以外のところで体力を消耗し、試合でパフォーマンスが出せないという事態にならない様願います。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/11/08(水) 23:10:09|
  2. 17-18オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017ドラフト指名選手紹介 高卒も大卒も時間をかけて

毎年恒例・ドラフト会議の季節がやってきました。育成が信条のこの球団にとっては最重要な一日。
かと思いきや定期的にネタに走ったり近年ではミーハー路線を進むなど、驚かされることもしばしば。
そして、例年であれば1位指名選手は直前に公言する球団なのですが、なぜか今年は指名まで黙秘。
菅野ほどではないですが、何かサプライズを用意しているのか、とこっちは疑心暗鬼になっていましたが…

2017年ドラフト会議 選択選手
・1巡目 清宮 幸太郎(早稲田実高・内野手・右投左打)
・2巡目 西村 天裕(県和歌山商高-帝京大-NTT東日本・投手・右投右打)
・3巡目 田中 瑛斗(柳ヶ浦高・投手・右投左打)
・4巡目 難波 侑平(創志学園高・内野手・右投左打)
・5巡目 北浦 竜次(白鷗大足利高・投手・左投左打)
・6巡目 鈴木 遼太郎(石巻西高-東北学院大・投手・右投右打)
・7巡目 宮台 康平(湘南高-東京大・投手・左投左打)

以上、7選手で指名終了
各選手の紹介・寸評(球団公式サイト)

ふたを開けてみれば大方の予想通り清宮。栗さんから木田さんに変えて臨んだくじ引き。7球団競合。
そんな中でよく当たりくじを引き当てました!木田さんお見事!栗さんは采配だけやっててくださいww
今年は堅実に攻めるのかと思いきややっぱりミーハー、最後に東大の宮台を指名。この球団らしい?
しかし、北浦は2000年生まれですか… 来年には21世紀生まれの選手がプロ入りすることになるのか…


清宮はもう説明不要の左の長距離砲。小学校から早実系列に通う、生粋の早稲田っ子でもあります。
戦国・西東京ゆえに甲子園出場こそ2回だけですが、国際大会も経験し大舞台の空気も知っています。
凄い選手を指名出来ました。この球団はあまり左の大砲って多くない印象ですが、育てられるでしょうか?
疑問形じゃダメなんですけどね。監督も言うとおり、彼を日本一のアーチストにしないといけませんね。
で、彼の守備位置は基本的には一塁。翔とかぶります。DHで場数を踏ませようにも、近藤とかぶります。
流石に1年目からバリバリ活躍するとは思っていませんが、将来的には翔に代わる一塁手になるでしょう。
今年は楽しみな内野手がいろいろ出てきましたし、定位置をかけた壮絶な戦いが繰り広げられそうですね。
メジャー志向でも結構。選手の夢の実現を手助けするのも球団の宿命。彼の望む未来をかなえてあげねば。

ちなみに、早実の練習場は昨年まで私が住んでいた南大沢の外れにある、「王貞治記念グラウンド」です。
管理人が住んでいた街で、ハムに来る選手が練習をしていた。なんか、勝手に不思議な縁を感じますww
甲子園で生で本塁打を見た姫野も入団したり、一方的ですが縁ってあるんだなぁ、とつくづく思いますね。

西村は和歌山出身の本格派右腕。よかったですね西川君、同郷の近い世代の選手が入ってきますよww
大学時代には圧倒的な成績を残しましたが膝の大けがで社会人入り。球速も大きく上がったそうです。
ただ、今年の都市対抗野球では打ち込まれたのも不安要素。四球で自滅するタイプではなさそうですが…
田中は大分出身。長身ながら多彩な変化球を操ります。体を作って、計算の立つ先発を目指したいですね。
難波は元々投手でしたが内野手としての指名です。大舞台でも光る器用かつ勝負強い打撃は魅力的です。
創志学園と言えば今夏の県大会、大雨の中引分再試合を演じた高校です。甲子園出場もある実力校です。
北浦は長身でいい直球を持つ左腕ですが、本人曰くカーブを武器としています。右利きなんですね…
タイプとしては昨年指名した高山と似たタイプですね。カーブはあまり投げませんが上原とも同タイプ?
最近は球界全体でベイスを除き左腕が少ない印象がありますが、3年連続で高卒左腕を指名しています。

鈴木は少し腕を下げた投げ方で低めを丁寧につく投手です。この球団が大好きそうなスタイルですねww
大学時代は10回完封もしていますが、右封じなどの短いイニングを担うことになるかもしれません。
宮台は神奈川トップクラスの進学校・湘南高校から東大法学部に進んだとんでもない秀才です。すごい…
卒業するだけでも大変なのに、野球部ではエースとして奮闘、東大に久々の勝ち点をもたらしました。
好不調の波もありますが、能力は高い選手です。4年間チームを引っ張ったリーダーシップにも期待。
鈴木も宮台も大卒からのドラフト下位指名ですが、何も焦る必要はありません。じっくりやりましょう。
この球団は大卒でも光る原石を数年かけて一から磨き上げます。下位指名でも主戦力になれる球団です。


さあ、明後日から日シリです。下克上を果たしたベイスが完全体SBと対戦します。無理だろうなぁ…^^;
ヤクルトと言いベイスと言い、久々に日シリに出た球団の相手が最強SBってなんかかわいそうですww
優勝争いをできる球団でプレーすべく移籍した内川は、生まれ変わった古巣との対戦に何を思う…

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/10/26(木) 23:02:09|
  2. 17-18オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種まきは道半ば 対楽天25回戦(10月9日)

こちらは、9日に行われたコボパーク宮城での対楽天25回戦の試合の記事です。
Bクラスなのでもう今季最終戦。しばらく放置気味でしたが、最終戦くらいは試合の記事を作りますかね…



(Koboパーク宮城 対イーグルス 日本ハム9勝16敗 26,510人)
日 000 110 100 3 7 0
楽 100 000 000 1 9 2

勝 有原 10-13-0
負 美馬 11-8-0
S 増井 6-1-27

HR なし

投 日 有原 → 鍵谷 → 増井
手 楽 美馬 → 高梨 → 青山 → 菅原

ファイターズ対イーグルス第25回戦試合詳報(ニッカン式スコア)はここから



結論

4連勝締め。有原なぜか2桁勝利。剛規定打席到達。全てよしじゃないですが、終わり方はグー。

ちなみに4連勝自体は今季5回目。思ったよりありました。ちなみに4連敗は9回もあります(涙)


有原は相変わらずポコポコ打たれるのでちっとも安心できませんでしたが、終わってみれば7回1失点。
フラフラだった立ち上がりを1点でしのいだのと、長打が1本しかなかったことが鍵だったんでしょう。
2回以降は一度満塁のピンチがありましたがそんなに悪くなかったですし、しっかり試合を作れましたね。
でも、やっぱり打たれすぎ。被安打9ですよ。3回までに被安打7だったとはいえ、信頼がおけませんよ。
被打率が.294なので、ずっと打率が.296の西川と対戦してるようなもんです。見てる方もヒヤヒヤ…
鍵谷と増井は完璧でした。鍵谷も投げすぎて一時は調子を落としましたが、60試合登板は立派ですよ。

打線では一成がキープレーヤーでした。先制点の口火を切り、2・3点目は自らで決めましたからね。
特に3点目は満塁の場面、楽天が0点に封じるために投入した左サイドの高梨から打ったのが価値大です。
相手の自滅で貰ったチャンスでしたからね… あれをものにできたことでぐっと勝利が近づきました。
ほぼ1年間起用され、プロの厳しさに苦労した彼が最終戦で猛打賞。見ている我々も嬉しくなりますね。
剛の2点目につながる一打や、横尾の軽打もできるぞ先制点。今季の成長株が頑張っているのはグッド。


これで2017シーズンの143試合が全て終了しました。60勝83敗と、実は引き分けがありませんでした。
振り返ると、まぁ悲惨な1年でしたね。優勝翌年の低迷は恒例ですが、それがあまりにも長すぎました。
交流戦後の勝敗が○●●●●●○●○●●●●●○●●●●●○●●●●○●●●●○●●●●●●です。
4月の6連敗2連勝10連敗も大概でしたが、7月のこの星取表は暗黒球団そのものだと絶望しましたよ。
とにかく昨年の優勝メンバーが散々でした。経験不足は勿論、オフの過ごし方もよくなかったかも?

ただ、お盆以降は少し持ち直したのが救いでしたね。きっかけはマーティンのブチ切れだった?^^;
3割3分台まで落ち込んだ勝率も、最終的には4割2分まで戻しました。見れる数字にはなりました。
我慢して起用し続けた野手が1年戦い抜いたことも大きな収穫です。剛と泰示は規定打席を達成しました。
剛は9月に少し下がりましたがそれでも打率.274です。打撃10傑に入ったという事実が素晴らしいです。
横尾や賢吾の活躍も必ず来季以降につながるはず。先述した一成も含め、内野も定位置争いです。
のっけから逆噴射しすぎて早々に若手起用に切り替えたことが、来季以降の土台になってくれれば…


にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/10/09(月) 20:46:11|
  2. 17年度今日の試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恐怖のオフ第1弾 3選手で戦力外通告は終わるか?

オフと言えばない年はないんですが、やっぱり来ました戦力外通告。予想通り人数少なめでした。

来季契約について(球団公式サイト)

というわけで、榎下・瀬川・宇佐美の3名が戦力外となりました。2軍で2桁本塁打でも切られるか…

榎下は佑や西川らと同期入団でした。1年目から2軍では前評判通りの奪三振率の高さで、防御率も1.68。
その後は一時期先発にも挑戦しましたが、再び中継ぎに戻り16年は1軍救援陣を支える働きが光りました。
複数イニングは勿論、連投の2日目に回跨ぎなど無茶な使い方をしましたが、本当に頑張ってくれました。
今年は2軍が主でしたが、8月中旬までは安定していたんですよ。防御率は2点台前半でしたからね。

しかし8/23の西武戦で負け投手になってから状況が暗転。突如制球に苦労し、一気に内容が悪化しました。
四球を出す。カウントを取りに行くと痛打。これの繰り返し。一気に防御率も悪くなりましたしねぇ…
管理人が見た2度の楽天戦でも四球からの3連打でサヨナラ、四球(盗塁死)安打四球安打満塁弾で4失点。
終盤の大事な時期にこの感じの内容ではヤバいなぁ…と思っていたら、やっぱり切られてしまいました。
夏もまずまずの調子だったのに上に呼ばれず秋を迎えた危機感が、彼の投球を狂わせたのかもしれません。

瀬川は室蘭シャークスから入団。道産子選手として期待されましたが、制球が全く改善されませんでした。
9月は5試合連続無失点と生き残りへ尻に火をつけてやっていると思いましたが、届きませんでしたねぇ…
入団時点で28歳と即戦力としての働きを求められる中で、2軍続きとなり球団も期待外れだったかと…

宇佐美は鎌ヶ谷ファイヤーズの内野を象徴する存在。2年目は守備率8割に失策41と三塁守備に大苦戦。
松本森本宇佐美の火を噴く内野守備が、高梨を筆頭に奪三振マシーンを続々と生み出していきましたww
3年目から外野に転向し、守備の負担が減ったからか打撃成績が向上。4年目には自身初の二桁本塁打達成。
打撃を武器にする選手になりましたが、総合的に見て1軍に定着できる力はないと判断されたでしょうか。
外野の争いは厳しいですからねぇ… 2年連続2桁本塁打を打てる選手ならトレードの駒にできた気も^^;


FA選手・外国人の動向が読めないだけに、状況次第では戦力外第2弾があるかもしれません。
おそらく大荒れ確定の今オフの人事の火ぶたが切って落とされました。楽しみではありますが、正直怖い?

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/10/06(金) 23:07:01|
  2. 17-18オフネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

守備職人・飯山裕志引退に寄せて 生涯忘れぬあの一発

9月中旬のオリ3連戦の記事が完成間近でPCの突然死により消えて以来、すっかり更新意欲が落ちてしまいました^^;
久々の更新ではありますが、試合の記事ではありません。飯山裕志の引退ということで感想をつらつらと…


東京時代を知る今や数少ない選手であり、守備で飯を食うという表現がふさわしい守りのスペシャリスト。
終盤の重圧がかかる場面で守備固めで出る。ミスが許されない厳しい状況で、自らの役割に徹し続けました。
13年からのラスト5年間・約260試合で失策がわずかに2。年齢を重ね、守備も更に磨かれたことの証ですね。
そんな裕志ももう38歳。丈夫だった彼が最近はケガがちになり、1軍に通年でいることが少なくなりました。
9月頭に若手と入れ替わりで2軍に行ったときに少し嫌な予感はしましたが、いざ引退となると寂しいですね。
なんせ内野陣は翔や卓也はともかく、それ以外は終盤の競った場面では少し怖い人たちばかりですし…^^;
それだけにまだまだ裕志の安心して見ていられる守備力は欠かせませんでした。守備に怯えることになりそう?

そんな彼が特に印象的だったのが10年シーズン。故障のマックに代わりスタメンで出る機会が多い年でした。
ところがシーズン序盤は守備がまさかの大スランプ。信じられないようなミスが続出し、失点につながる。
優勝翌年おなじみの序盤の低迷時期だったこともあり、その低迷の象徴のようですごく印象的でした。
そんな苦しい状況を徐々に抜け出して迎えた8月20日。ダルがよもやの4失点、マウンドに抑えのシコースキー。
2死1・2塁、重たい空気で打席に立つ裕志。追い込まれてからの3球目、内角に抜けた変化球をフルスイング!
打球はぐんぐん伸びてレフトポール際へ!自身初にして最後となった本塁打が、チームを窮地から救いました。
その試合は延長で高口隆行がサヨナラ打を放ち大逆転勝利となりましたが、裕志のせいで全く目立ちません^^;
12年日シリでのサヨナラ打と言い、彼が打った試合は印象的ですね。第一次黄金期を陰で支えた名選手ですよ。

しっかりこの球団を応援し始めた05年からずっと在籍する数少ない選手。私にとっても思い入れはひとしおです。
彼が出てくれば大体勝ちパターン。彼のところに打球が飛べば心配なし。打席が見れたら運がいい日?ww
当時からいる選手も減りましたねぇ… 久も退団で、これで04年からずっと在籍している選手が0になりました。
他球団では阪神の糸井、読売の實松、オリの小谷野とわずか3人。金森が今日戦力外になってしまって…
賢介は一時MLBにいましたし、「北海道」日本ハムの全てを知る選手がいなくなってしまったということですね。
まあ来年で移転後15年目のシーズンとなりますし、この球団の新陳代謝を考えると致し方ないでしょうけど…


こういう報道を見ると時の流れを痛感させられます。ラジオを聞いてけなげに応援していたのも10年以上前か…
10月に入り、そろそろ戦力外通告があってもおかしくない時期です。うちは今年は少なめかなと思ったり。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/10/03(火) 23:51:42|
  2. ファイターズ関連ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連勝が続かない 対ロッテ22・23回戦(9月13・14日)

こちらは、13・14日に行われた札幌ドームでの対ロッテ22・23回戦の試合の記事です。
結局翔平は渡米前に足首を手術するって報道が出てますね。じゃあ痛みに耐えたこの1年は何だったんだか。
この球団の選手のケア体制はどうなってんですか?選手の力を最大限に引き出すのが球団の仕事でしょう?



(札幌ドーム 対マリーンズ 日本ハム14勝8敗 23,013人)
千 201 100 000 4 11 0
日 000 000 001 1 8 1

勝 佐々木 3-7-0
負 上沢 4-7-0

HR ペーニャ12号①-上沢 横尾3号①-佐々木

投 千 佐々木
手 日 上沢 → 玉井 → 村田

ファイターズ対マリーンズ第22回戦試合詳報(ニッカン式スコア)はここから



(札幌ドーム 対マリーンズ 日本ハム14勝9敗 22,382人)
千 101 000 013 6 12 2
日 100 020 100 4 12 0

勝 チェン 2-4-0
負 有原 7-13-0
S 内 5-1-13

HR 角中6号①-有原 加藤4号③-増井

投 千 関谷 → 南 → チェン → 内
手 日 有原 → 増井

ファイターズ対マリーンズ第23回戦試合詳報(ニッカン式スコア)はここから



結論

やっぱり9月はダメじゃないか(憤怒)

ここからまさかドベに落ちるとかやめてくださいね…


13日は序盤の差。両先発投手とも立ち上がりは少しフラフラ気味でしたが、そこでの攻撃が勝敗を分けました。
上沢は変化球が全然制球できませんでした。これまでも悪い時はありましたが、修正できていたんですがね…
まあこういう時もあるでしょう。救援陣が良かったので、試合を立て直すことはできたのが救いです。
村田はやはりある程度のイニングを投げさせることで良さが出るタイプのようですね。富山の失敗に学んだ?
打線は良くも悪くも鎌ヶ谷打線ですね。結果が欲しいですから、早いカウントから打ちに行きますもんね。
昨日みたいにうまくはまれば得点になりますが、はまらないとただ相手を助けるだけになってしまいますね。
佐々木の直球は序盤は力もなく打てるチャンスでしたが、それを逃したことでリズムに乗られた感があります。

14日は方針転換?隙あらば継投がお約束のこの球団が、最近は妙に先発を引っ張りますね。何があった…?
確かに有原なので球数は少なかったんですよね。ただ8回の内容を見ると誰もが9回は増井だと思ったら…
カウントを悪くして被弾した増井も悪いですが、中途半端に有原を引っ張った結果、後手に回りました。
勝てる試合をベンチワークで落としてしまいました。2点リード、相手は下位打線。勿体ない試合ですね。
打線はいいところで点は取りましたが、それでも残塁11です。もっと点を取って試合を優勢にできたはず。
4回とかなかなか酷いですよ。ロッテが失策2に暴投1で好機をくれたのに、走塁死1と牽制死1で結局無得点。
今日は多少鎌ヶ谷成分が減った1軍っぽい打線の並びでしたが、拙攻が多いのは相変わらずなんですねぇ…


よくなってそうでよくなってないチーム状態。土曜からはオリと3連戦です。打たれそうだなぁ…

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへにほんブログ村 北海道日本ハムファイターズ 参加中

テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ

  1. 2017/09/14(木) 23:18:02|
  2. 17年度今日の試合
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kawasimo

Author:kawasimo
北海道砂川市出身で現在は東京都文京区に在住の、23歳です

上京してから早4年、地元には見切りをつけるも、05年から応援してきた地元の贔屓球団をどうしても見捨てることができず、今日もゆる~く見守り中。そんな管理人です

日本各地の球場を訪問中。15年8月28日、ヤフオクドーム参戦により12球団本拠地完全制覇!
16年3月31日、イーグルス利府球場訪問により12球団1・2軍本拠地完全制覇!残すは新規に建設されたタマスタ筑後のみ…

コメ・TBは荒らし対策のため承認制及び投稿時に数字認証制としています。反映まで時間がかかりますので、ご了承ください。


09年8月9日より「にほんブログ村」のファイターズカテゴリに参加しました。マンネリ化+文章が日に日に長くなる当ブログですが、アクセスは増えるでしょうか(ぁ

にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 多摩情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する